殺し屋アビリティ

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • <銃訓練>

必要AP 1

コスト なし

タイミング 常時

制限 なし

効果

銃の扱いに熟練します。

銃を使用するときに命中に+1します。

  • <組織の伝手>

必要AP 1

コスト なし

タイミング 平時

制限 なし

効果

その地域の犯罪者へつなぎを取ることができます。
 

  • <CQCの技術>

必要AP 1,3,5,7,9

コスト 疲労2

タイミング 戦闘時

制限 なし

効果

2点疲労することで、素手の攻撃が負傷ダメージになる。

さらに、素手の攻撃が+2される。

  • <狙撃体勢>

必要AP 2

コスト なし

タイミング 戦闘時

制限 なし

効果

1アクションを使用して、狙撃体制を作る

命中が+1される。さらに、誤射をしなくなる。

  • <暗殺武器>

必要AP 2

コスト なし

タイミング シナリオ前

制限 なし

効果

暗殺用の武器を仕入れる、あるいは仕込むことができます。

暗殺用武器は既存の武器を無害に見えるように偽装したものです。

暗殺武器は必要肉体値が2以下である必要があります。

この武器を見破るには同じく暗殺武器を習得している必要があります。

不意打ちとしてあつかうことできます。

  • <韋駄天の撃ち>

必要AP 2,4,6,8,10

コスト なし

タイミング 戦闘時

制限 なし

効果

0アクションで玉を込められる

さらに、銃を撃つとき攻撃が+1される。

レベルアップ効果

レベルが上昇した際に、レベル分攻撃力が上がる。

  • <忍びの刃>

必要AP 3

コスト なし

タイミング 攻撃判定時、状況が揃っていれば自動発動

制限 攻撃側が隠密状態である

効果

隠密状態から相手の急所を狙って攻撃できます。

キャラクターが隠密状態である時に、攻撃を行った場合により大きなダメージを与えます。

不意打ちから忍びの刃が命中した場合、ダメージが隠密行動技能レベル×2増加します。

  • <戦場の影>

必要AP 4,7,10

コスト 疲労2

タイミング ラウンド開始時

制限 行動開始前

効果

戦闘が始まってからでも隠密行動を行うことが可能です。

自分の行動順に宣言し、2点疲労することで戦闘開始時と同じ判定を行うことができます。

仲間がいない場合、隠密行動に-4のペナルティを受けます。

レベルアップ効果

このアビリティの隠密行動を成功させるための判定値を上げることができます。