魔術の習得


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

クラスが魔術師、錬金術師のキャラクターは魔術を習得することができます。

その魔術関係のことを少し解説したいと思います。

魔力

魔力とは、魔術の強さ、威力に影響するものです。

魔力の値はクラスレベルと基礎魔力の合計値となります

魔力=クラスレベル+基礎魔力値

人間である限り、基礎魔力値は0です。

ではどうやって魔力値を増やしていくのか。

STRと引き換えに魔力を上げる

STRを永久に1払うことで基礎魔力値は、+2されます。

※ただしSTRを1にすることはできない

生贄を捧げる

生贄を捧げることによって魔力を一時的に上昇させることができます。

何を捧げるかで上昇値もかわります。

生贄 上昇値 期間 必要な時間
動物 1週間 1時間
人類 1ヶ月 12時間
人類(処女) 1ヶ月 12時間
魔術師、錬金術師 1ヶ月 12時間

 

焦点具を使用する

魔術師や錬金術師は基本的に焦点具を持っています。

この焦点具をもっているだけで魔力は上昇するのです。

どの程度魔力が増えるかは焦点具の素材によります。

魔術習得値

魔術習得値とは魔術を習得するために必要なものです。

1レベルの魔術を覚えるなら1、2レベルの魔術を覚えるなら2というふうに

魔術習得値を使用します。

魔術習得値は、INTの値でもらえる量が変わります。

魔術習得値=INT×クラスレベル

の数だけもらえます。

魔術スロット

魔術師、錬金術師は普段、魔術書に魔術が記されていますが、

使うためにはスロットに組み込む必要があります。

1日に使える魔術分がスロットになるのです。

魔術スロット=(INT+10)×クラスレベル

 

さらに魔術は代替消費をして使いたい魔術と同じスロット分別の魔術を使用して使いたい魔術を使うことができます。

この際注意しなければならないのは、魔術スロットにその魔法がない状態では代替消費をしても使えません

 

魔術には属性があり、炎、氷、雷、純エネルギーがあります。

魔術についてはシェアファンを参照してください ←クリックでShared✝Fantasiaへ飛ぶ