※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「言語を決める」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

言語を決める」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 
 <p>この世界で使用される言語は、元は一つの言語から派生したものです。</p>
 <p>そんな言語を紹介していきたいと思います。</p>
 <h2>言語紹介</h2>
 <h4>古代語</h4>
 <p>元々人々が話していた元の言語です。</p>
 <p>今は、貴族の間でつかわれたり、幻獣の言語になっています。</p>
 <p>いわば上流社会の公用語です。</p>
 <h5>聖語とも呼ばれます。</h5>
 <h4>北方語(ペルケウス文化圏)</h4>
 <p>ペルケウスが築いたペルケウス文化圏で使われる言語です。</p>
 <p>冒険の舞台でもあり、商人の間でも使われることもある言語です。</p>
 <h4>東方語(ヴィシュト文化圏)</h4>
 <p>ヴィシュトが築いたヴィシュト文化圏で使われる言語です。</p>
 <p>ほかの言語とまったく似ていないため、理解が厳しい言語です。</p>
 <h4>西方語(サティ文化圏)</h4>
 <p>サティが築いたサティ文化圏で使われる言語です。</p>
 <p>魔界語と若干似ている部分があります。</p>
 <h4>南方語(クロノ文化圏)</h4>
 <p>クロノが築いたクロノ文化圏で使われている言語です。</p>
 <h4>エルフ語(パールア文化圏)</h4>
 <p>エルフたちが使っている言語です。</p>
 <h4>ドワーフ語(ヘカテウス文化圏)</h4>
 <p>ドワーフ達が使っている言語です。</p>
 <h4>魔界語(ディアガル文化圏)</h4>
 <p>魔界の悪魔や魔王たちが使う言語です。</p>
 <p>古代語とだいぶ似ています。</p>
-<p>魔術師が召喚の際に使う魔術言語でもあります。</p>
+<p>魔術師が魔術や召喚の際に使う魔術言語でもあります。</p>
 <h4>鬼語</h4>
 <p>地上世界に適応した悪魔、鬼族が使う言語です。</p>
 <p>魔界語と似ている部分もありますが別言語です。</p>
 <p> </p>
 <p> </p>