バークレーのいう行動抑制の障害


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ADHDの問題が、多動や注意にあるのではなく、その症状の中心は衝動性にあることが明らかとなっている。

その中で、バークレーは衝動性の背景にある「行動抑制」の障害を、ADHDの本質的な障害と見なした。

 

行動抑制とは、

反応を抑制したり、行っている反応を停止させることを指す。

Go/No-Go課題が代表的である。