社会・情動の発達とその支援に関する科目

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

1:アイコンタクト

2:愛着障害

3:アイデンティティの危機

4:アタッチメント(愛着)

5:アタッチメントQ分類法

6:アナクリティック抑うつ

7:安全であるという感覚(felt security)

8:育児ストレス

9:育児不安

10:ウィングの自閉症の障害の三つ組

11:エスニック・アイデンティティ

12:エリクソンの「基本的信頼対不信」

13:エリクソンのアイデンティティの感覚

14:親の障害受容のプロセス

15:解離性の症状

16:カンガルー・ケアー

17:関係性障害

18:気質

19:気質論

20:基本情動(basic emotion)

21:虐待

22:虐待的人間関係の再現性

23:虐待による感情体験の歪み

24:虐待によるトラウマに対する修正的接近と回復的接近

25:キャノン・バード説

26:共同注意(注視)

27:グレーゾーンの発達的危機

28:行動状態(behavioral state)

29:心の理論

30:サメロフの相乗的相互作用モデル

31:産後うつ病

32:ジェームス・ランゲ説

33:自己の二重化

34:思春期・青年期の障害者の性

35:しみこみ型と教え込み型

36:社会的学習

37:社会的参照

38:社会的情報処理

39:社会的認知

40:社会的ネットワークモデル

41:社会的微笑

42:社会的問題解決

43:集団生活で見られる情動や社会性の問題

44:少子化、家族の変容

45:情動(的)知性

46:情動調整(情動制御)

47:情動調整不全

48:情動の「認知主導モデル」

49:情動の解読のための規則(decoding rules)

50:情動の表示規則(display rules)

51:自律的自己調整の発達

52:新生児の知覚能力

53:スターンの情動調律

54:ストレンジシチュエーション法

55:スルーフの情動発達理論

56:成人愛着面接(AAI)

57:正統的周辺参加

58:青年期の危機

59:世代間伝達

60:相互交渉における情動調節の発達

61:ソーシャル・スキル・トレーニング(SST)

62:胎児の感覚発達

63:胎児への母親のストレス、年齢の影響

64:胎児への薬剤・タバコ・アルコールの影響

65:ダイナミック・システムとしての情動形成

66:ダマシオのソーマティック・マーカー仮説

67:DBDマーチ

68:適合の良さ

69:ドメスティック・バイオレンス(DV)

70:トラウマ

71:トレバーセンの間主観性

72:内的作業モデル(internal working model)

73:仲間入りのルール

74:仲間関係の(母子関係からの)派生説

75:仲間関係の(母子関係との)平行発達説

76:泣き・ぐずり・なだめの行動系列

77:ニューヨーク縦断研究(トマトとチェス)

78:認知と情動のフーガ

79:認知の「情動主導モデル」

80:バークレーのいう行動抑制の障害

81:バスとプロミンの気質論

82:8カ月不安

83:発達初期の常道行動

84:母ー乳幼児心理療法

85:ハリスの集団社会化理論

86:反応性愛着障害

87:人見知り

88:表象モデル

89:フリーダによる行動傾向(action tendencies)

90:文化的アイデンティティ

91:文化と文化伝達

92:ペアレント・トレーニング

93:ボウルビィの情動発達論

94:母子分離(マターナル・セパレーション)

95:ポスト・トラウマティック・プレイセラピー

96:ホスピタリズム

97:マターナル・デプリベーション(母性剥奪)

98:マタニティブルーズ

99:マルティプル・マザリング

100:難しい子ども(difficult child)

101:無秩序・無方向型アタッチメント・パターン

102:目に見える集団、目に見えない集団、

103:免疫づくり的アプローチ

104:モラトリアム

105:指差し

106:予防教育的アプローチ

107:離散的情動