子どもの権利条約


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

正式名称「児童の権利に関する条約」

1989年に国連採択、日本は1994年に採択。

 

「児童の最善の利益」を考慮することが条文に示されている

また、児童に「自由に自己の意見を表明する権利を確保する」と示されている。

すなわち、児童を権利の主体としてみなしている。