※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

いい写真をとるで大切なのは

ピント
露光
構図
ホワイトバランス
が重要とさせていただきました。

ここでは、露出についてお話しさせていただきます。
露光とは、ざっくりいうと
レンズを通してカメラの中イメージセンサー(昔のフィルムカメラのフィルムのはたらきをする電子部品)に取り入れる光の量と考えてください。

露出が初心者の方にわかりにくいのはそれが、複数の要素から成り立っているからだと
当サイトでは考えております。

デジタル一眼カメラには様々なボタンがありますがどこをみても露出というボタンはありません。
(AEボタンはありますが。。。)
じゃあ、どうすればいい写真になるように露光をみなさんが調節できるのでしょうか?

実は露出とはざっくり説明いたしますと
レンズのF値(レンズの明るさをしめす値)、シャッタースピードの二つの要素からなるとまずはお考えください。
(参考: 初心者のためのF値 初心者のための露出 参照)

露出はレンズを通してカメラに取り入れる光の量といいましたが具体的に説明してみます。
レンズには、広角、標準、望遠ととりたいものの距離によって種類がありますが
同じ広角、標準、望遠レンズでもその中にもグレードがあります。
レンズの明るさ、F値と聞いたりみたりしたことがあると思います。
もし分からなければみなさんのレンズを見ていただけると、デジタル一眼カメラの交換レンズならまず
レンズのどこかに表示があるはずです。
レンズのグレードと説明いたしましたが、一般的にレンズがフルサイズ用、APSーC用などとクラスが同じならば、F値が小さいほど高性能、高級レンズとお考えいただいて最初はいいと思います。ただ、F値が小さくなるほどレンズが大きくなり、レンズ本体が大型になり重量化(もちはこびに不便)、高価格になる難点もあります。

話をF値に戻しますと
F値は小さいほど、明るいとまずは覚えておいてください。
代表的なF値は、F1.2、F1.4、 です。
いろいろあってわかりづらいですよね。
ざっくりまたいいますと。
単焦点レンズで、
ズームレンズで
とまずは、イメージを持っていただくといいと思います。
ズームレンズでF値が範囲をもっているときがありますが
これは、ズームレンズでは一般的に、おなじズームレンズで焦点距離が短いときは(近くのものをとるとき)F値が小さくなり(明るくなる)、焦点距離が長いときは(遠くのものを撮るときは)F値が大きくなる(暗くなる)構造的な

最後にレンズの性能の一つの目安としてF値を出しましたが、かならずしもいつもF値だけがレンズの性能、そして解像度、描写能力をしめすわけではありません。あくまでも初心者のための目安です。
くわしくは、カメラ屋さんの店員にひとつひとつ聞くことが大切だと思いますし一番いいのは試し撮りをさせてくださるお店で店員さんと一緒にとってみることをおすすめします。
お店では、展示されているカメラに記録媒体SDカードなどが入ってないことがあるので持ち込みでいくのがいいと思われます。ご自分のカメラをを持って行ってレンズ装着して試し撮りさせてくれるお店もあります。

私がカメラの世界の奥深さとすばらしさを知ることができたのは、優しいカメラ友人とカメラ屋の店員さんに出会えたからということを最後に付け加えさえていただきます。
みなさまが買った大切なカメラがそのまま眠らず、みなさまの人生の最高の瞬間を永遠のものして、みなさまの大切な人とその思い出をいつまでも共有できることを心より願っております。

 

 

 

 

ISO
シャッタースピード
レンズ