饕餮


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【世界観】
起点世界と四神がいる世界がまずあり、共に宇宙の存在が示唆されているから単一宇宙×2
これが無数の時間線によって増え、現在は空間に例えると存在しない点のようなもの(無限小)で
過去と未来はそれぞれ無限大といわれているので 倍率は無限×無限で三次多元×4+一次多元×2
人間1人1人それぞれが何かを選択する事によりそれがパラレル・ワールドとして無数に分岐し、
主人公の1人である緒方次郎が存在している起点世界は現実相応の世界であり、
作中でウディ・アレン主演の映画カメレオンマンが存在するので
放映された当時の1983年として、1983年の世界総人口は46億8271万8718人なので
無数の分岐と人口分を掛けて四次多元×187億3087万4872+二次多元×93億6543万7436
またパラレル・ワールドは時間と空間のマトリクスの中にあるとされていて、
実際に時間線から時間線へ移動する際には「跳躍した」という表現がとられているため、
数倍の広さはあると思われる(四次多元×187億3087万4872+二次多元×93億6543万7436)×α
(以下これを一つのパラレル・ワールドと表記する)
物理定数の違う宇宙のパラレル・ワールドが無数にあるので
(五次多元×187億3087万4872+三次多元×93億6543万7436)×α
上記の世界観はひっくるめてパラレル・ワールドもしくは“時間”と呼称されており、饕餮そのものでもある
饕餮は「超パラレル・ワールド」に生息していて超パラレル・ワールドは
そこもまた時空間が交差するパラレル・ワールドではあるが、
パラレル・ワールドに比べて時間系と空間系がそれぞれ次元レベルを上がっている。
超パラレル・ワールドの中においては饕餮は時間線に乗れる大きさであることから
単一宇宙×2(時間線の太さ):パラレル・ワールド=饕餮:超パラレル・ワールドの式が成り立つので
超パラレル・ワールドの大きさは
饕餮×空間方向(時間線の本数)に無限^2×時間方向(時間線)に2×(無限^2)
=(九次多元×374億6174万9744+六次多元×187億3087万4872)×α
また饕餮は「超時間」の中に居るともされていて(つまり次元レベルがあがった時間系=超時間)
同様の構造が「超・超時間」(ここまでが主人公たちが確実に到達した次元)
「超・超・超時間」「超・超・……、と無限に続くので(空間側も続くと思われるが明言されていない)
少なくとも時間方向の2×(無限^2)の倍率が一つ超の字がつくごとに乗算されて
二連次×無限× *1 )
=(九次多元×374億6174万9744+六次多元×187億3087万4872)二連次×α
さらに主人公たちが最後に戦った無そのものといっても良い場所と
その上位次元の時間でも空間でも無い究極の次元があるので
(九次多元×374億6174万9744+六次多元×187億3087万4872)二連次×α+2α

【“時間”=パラレル・ワールド】
作中で“時間”とパラレル・ワールドは同一のものと示唆されており、当テンプレにおいては
双方同一のものとする 以下作中の原文

「わたしたち“時間”に鈍感な人間にはこの世界がどういうものであるか、それが分かっていない、
イルカはそう嘆いたらしいわ。イルカは想像力言語を使って、“時間”のなかを__ということは
視点を変えれば、パラレル・ワールドの様々な可能性のなかを、ということにもなるんだけど__
泳いでるというのよ。イルカはいつもこの世界のパラレル・ワールドを自分の意思で横切っている。
だから自分はあんなに敏捷に泳げるんだ。イルカはそんなふうにいったというのよ」

(中略)

核融合システムによってもたらされた膨大なエネルギーが、次郎を“時間”のなかに送り込む、
というただその一転にむけて集中されているのだ

(省略)

イルカがいつもどんな世界に身を置いているのか、いまはそのことがはっきりと分かった。
時間と空間のマトリックス__それが無限の奥行きを持って、
次郎のまえに開けようとしているのである。その時間と空間のマトリックスのなかに、
ありとあらゆる因果でつむがれた、とてつもなく広大なパラレル・ワールドが開示されようとしている


(省略)

そして次郎はいま、三次元の時空間にからめとられたこの現実から離脱し、サナギが繭を
破るようにして、そのパラレル・ワールドのなかに目覚めようとしていた。

(中略)

その大きなものは、人類を袋小路のパラレル・ワールドに押し込んで、その知的生命体としての
可能性を封じ込んでしまっている。人類の未来を奪い去ってしまっているのだ。

(省略)

そしてジローもまた時空間のなかに跳躍している。陶器のロケットを破壊するためではなかった。
そんなものはどうでもよかった。人類の看守である饕餮を殺し、その袋小路の“時間”を
破壊するためだった。

【作品名】 宝石泥棒シリーズ
【ジャンル】SF小説
【名前】饕餮
【属性】“時間”の神、流刑地の外から人類を監視している看守、“時間”をつむぐ蜘蛛
【大きさ】複眼の一つ一つが一つのパラレル・ワールドに匹敵、全域を占める程の大きさで
     更に“時間”そのものと記述されているので、
     大きさは【“時間”=パラレル・ワールド】から
     (五次多元×187億3087万4872+三次多元×93億6543万7436)×αとする
【長所】笑い上戸
【短所】ものすごい雑に倒された。超存在からすれば下っ端同然

参戦 vol.2