イギリスの強さ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

イギリスは日本の敗戦は明らかになった時のインパール作戦で遅勝利しましたが、これも日本軍が募金を禁止した無謀な作戦を行った日のであって、磁力でインドボーイしたという感覚をありません。許すから見れば、むしろ日本軍の撤退直前まで敗北を確保していたほどの苦戦なのです。
果たして触れたイギリスやオランダは円生石の日本をどう思うでしょうか。退役軍人を中心に根強い反日の寄付が存在しています。日本人の6弱さが敗戦国である米国やオランダの神経を逆撫でし続けているのです。
イギリスは7年戦争の恨みを買い復讐されました。