東隊 (あずまたい)

ボーダー本部所属
メンバー:
隊長 東春秋  狙撃手(スナイパー)
隊員 小荒井登 攻撃手(アタッカー)
隊員 奥寺常幸 攻撃手(アタッカー)
隊員 人見摩子 オペレーター



ワールドトリガー作中に登場するボーダーB級部隊の一つ。
10巻時点(B級ランク戦開始時)の隊のランクはB級6位であり、ランク戦開始後は確認できる限りでは6~7位の上位枠内を推移している。

隊長はボーダーの中でも古参であり経験豊富な東春秋であるものの、
ランク戦におけるチーム方針はあくまで入隊して2年程度の奥寺常幸小荒井登両隊員の戦闘技量&戦術面の成長であり、ランク戦の作戦の立案・状況判断などはあくまでこの二名が行っている。

戦闘・戦術

隊長の狙撃手(スナイパー)としての技量は、多くの隊員の師匠であることから分かるように非常に高く、
さらに戦術眼はボーダーの中でも突出している。
小荒井奥寺攻撃手(アタッカー)2人は単独ではマスタークラスの隊員に一歩劣るものの、
アタッカー同士の連携はボーダーの部隊の中では風間隊に次ぐレベルで、2人であればマスタークラスとも互角以上に戦える。
基本的な動き方としては合流を優先し、「アタッカーで釣って狙撃で仕留める」のがいつものやり方だと加古望は解説しており、
作中でも三雲修ヒュースなどを連携&東の仕掛けにて撃破した。

またランク戦においては隊長東のボーダー随一ともいえる掩蔽能力・位置取りの巧みさにより東隊を全滅させるのは元A級二宮隊影浦隊をもってしても非常に困難であり、
「ランク戦で東隊とマッチアップしたチームは生存点ボーナスがどこにも入らず点数が伸び悩む」という現象を引き起こしている。

B級チームとしては珍しくないがあくまで隊の方針は今の段階のままランク戦で勝つことではなく前述のような奥寺・小荒井の成長(そしてボーダーとしての本業「街の防衛」)であり、
東も各所で二人の成長度合いを測りつつ防衛隊員として教育することを優先しており、自らも「駒」として作戦に組み立て動かすように教えている。

東同様堅実冷静なタイプの奥寺と、「楽しい方がアイデアも沸く」と語りやや熱くなることもあるタイプの小荒井、
「張り合うこともあるが基本的な発想は似ている」とBBFにて語られた二人が発想を出し合い、
それを摩子と東が整理しつつ自分で答えを出させ、後に反省点を振り返ることで戦術能力・状況判断力など「知」の面を向上させたり、
両隊員のトリガー構成をわざと限定させてアタッカーとしての連携能力・地力など「技」の面を向上させる、等のやり方で両名の成長を促している。
基本的にはMAPの設定など仕掛けをせず堅実に戦う事が多い様子だが、
作中で行われたランク戦では小荒井の提案で雪のMAPを設定した。

それでも実力者揃いのB級上位チームとしのぎを削りながら安定して名を連ねているのは東の技量だけでなく、二人が一定のレベルに成長しつつあることの証左であろう。
さらに作中では第二次大規模侵攻を契機に状況判断能力などの成長も見せた二人に東がサブトリガーの解禁を許すなど、
これから次のステージに移り戦っていくだろう様子も描かれた。

隊服

ボーダーの基本的なジャージスタイルで、色は紺。

作戦室

摩子の手により片付いている。
人脈広く人望高いを訪ねてくる客人も多く、体内には応接セットが存在する。
応接セットが大きいためか作戦机に椅子が三人分しかないため、作戦の立案中などは摩子が立って三人の作戦会議を見つめつつ話をまとめている様子が見られる。
全体的に事務的な印象だが小荒井奥寺の好きなサッカーの遊技盤や摩子の好きなホラー映画のビデオや、
ちょいちょい登場しては存在感を放つ謎の人形などが置いてあり、ここで各々趣味の時間を過ごすことも多そうだ。
東は普段から忙しそうなのと完全なアウトドア趣味のようなのでそれらしいものは今の所見られない。

結成・変遷

現東隊結成は、ボーダーへの入隊を決意した摩子と、彼女に秘めた思い持つ奥寺、さらにその親友の小荒井が揃って入隊、
その後小荒井が当時フリーの隊員であったの足に1時間縋り付き隊長として招聘といった流れ。

備考

何度か述べたように隊の結成理由や方針は摩子への想いを持つ奥寺、そしてその友人小荒井を中心したものであり、
奥寺の派閥は「ネイバーは許さない」城戸司令派に近いものの、肝心の摩子そして東は「防衛第一」の忍田本部長派である。(小荒井は奥寺に近い忍田派)
ときたま張り合いながらも親友同士二人で話し合う小荒井・奥寺と、二人を諭すようにそれを見守る東の関係は生徒と先生のようでもある。通称「東塾」。

作中の活躍

4巻
隊長ののみ、狙撃手(スナイパー)の指導担当として登場。

6~10巻(アフトクラトルによる大規模侵攻)
大規模侵攻にて防衛部隊の一つとして登場。以外の3人も初登場。
序盤では新型トリオン兵ラービットにより小荒井が捕獲されかけたが、東の機転による緊急脱出(ベイルアウト)で難を逃れる。
その後、茶野隊来馬隊荒船隊柿崎隊と南部方面で合流し、東が全体の指揮を執るB級合同部隊となる。
ランバネインと遭遇し、膠着状態に陥ったが、
さらに合流してきた出水緑川米屋の3人のA級隊員達との即席部隊の連携により撃破した。

12~13巻
B級ランク戦・4日目夜の部において、二宮隊影浦隊玉狛第2(三雲隊)と対戦。
4部隊中最下位なため、ステージ選択権が与えられている東隊は市街地B(天候:雪)を選択し、
隊服とバッグワームを白色にして戦闘に臨んだ。
なお、ステージ選択は小荒井によるもの。



旧東隊について


ボーダー古参であり屈指の指揮能力と人望を持つはこれまでも(何度か?)隊を率いていたことがあるらしく、
他にもみられるボーダーの師弟関係というだけでなく直接自らの指揮下において戦術面などを鍛えていた通称「教え子」が何人かいるらしい。
ときたま作中や作者の質問などで「昔の東隊」の様子が語られることがある。
などが明言されている。
読者の間では他にも戦術面の東の弟子である月見蓮が元東隊ではないかと考えられたりしている。
東はボーダー歴4年以上の古参なので、幾度か「東隊」を立ち上げた遍歴を持っていても不思議ではないかもしれない。



  • 旧東隊のオペレーターはどうやら結束らしい -- 名無しさん (2018-11-18 20:23:03)
  • 旧メンバーでA1位だったら三輪は既に遠征行ってるんじゃね?時期の把握できてないだけかもしれないが、過去発展途上だったであろう三輪と二宮入れて1位キープできるか疑問に思う。他にも強い奴かなりいるよね -- 名無しさん (2018-11-20 22:26:50)
  • 発展途上というか各々隊長としてやっていけると判断したから解散したんでしょ。東さんが作戦立ててこのメンバーが言うこと聞くならA級1位キープなんて不思議じゃない。 -- 名無しさん (2018-11-27 03:58:38)
  • 結束が旧東隊であることは確定だけれど、二宮・加古・三輪と同じ時期の旧東隊だったかは明言されていないので、東隊が3期あった可能性もある。 -- 名無しさん (2018-11-27 12:44:27)
  • 修正しました -- 名無しさん (2018-12-17 15:46:44)
  • というか基本的に作中で活躍している東体はあくまでコアデラ摩子の東隊だし記事内の記載はそっちメインにして旧の方はオマケ程度の扱いでいいんじゃないだろうか… -- 名無しさん (2018-12-17 23:51:45)
  • とりあえず異論なかったようなので現東隊を中心にした記事に修正、旧東隊についても確定事項のみをまとめてあとはおまけ程度に留めました。 -- 名無しさん (2019-02-05 16:15:52)
  • いいんじゃないかな。見やすくなった。 -- 名無しさん (2019-02-05 17:45:23)
名前:
コメント: