MT


概要


正式名称マッスル・トレーサー。

ガーディアン・ドロイドと名付けられているが、正式にはドロイドには分類されない。元は、とある惑星で確認された機動兵器を、チルノ・トレバー博士が改良した物。形状は兵器である以上それほど重要ではなくなり、多くのタイプが存在する。量産、整備が容易で、また安価である逆間接型を中心に、コストパフォーマンスに劣るが海上戦闘、閉所での高速戦闘が可能なホバー型、高価ながらも高い戦闘能力を持つ人型が基本である。基本的な装甲には強化チタン合金が使用され、強化と共に軽量化が図られている。構造は意外にも単純で、使用するエネルギー量がなるだけ抑えられている。移動する場合に歩行は最も効率が良いため、完全人型マニピュレーターだけでなく、脚部というシステムが搭載されたのは大きな成功だと評される。有人機、無人機の2種類が存在し、汎用性が非常に高く、販売されて数年で、銀河中に広まり様々な組織が使用している。尚、MTを製造している組織、企業は一部を除いてほぼ無く、殆どの生産を特務研究開発局が行い、販売している。(その為、特務研究開発局の資金は非常に潤っている)又、特務研究開発局のみで使用されている機体も存在する。銀河共和国崩壊後の現在ではMTを販売する企業は爆発的に増え、反銀河帝国勢力の主力として各地で激戦を繰り広げている。