【0024】


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


裏DVD・無修正DVDの販売情報 ある例示的実施形態において、プロセッサ200は、メモリ204のコンテンツと共に、及び場合によっては本明細書に説明されるその他の要素と共に、ライトフィールド画像を受け取ることを装置200に支援させるように構成される。ある例示的実施形態において、装置200はライトフィールド画像をキャプチャするように構成されてもよい。別の例示的実施形態においては、ライトフィールド画像はあらかじめ記録されて装置200に格納されていてもよく、又は、装置200が外部のソースから受信するものであってもよい。ある例示的実施形態において、装置200は、DVDやコンパクトディスク(CD)、フラッシュドライブ、メモリーカードのような外部ストレージメディアからライトフィールド画像を受け取るようにされてもよく、又は、インターネットやBluetooth(登録商標)のような外部の記憶場所からそれを受け取るようにされてもよい。様々な例示的実施形態において、「ライトフィールド画像」との語句は、同一のシーンについての複数のビューの情報を含む撮影画像を表す。撮影されたライトフィールド画像からは、それぞれ視差(パララックス)が少しずつ異なる複数の画像が生成されてもよい。例えば、ライトフィールド画像は、シーンの広い角度範囲(様々な視点)をカバーする。ある例示的なシナリオによれば、ライトフィールド画像から生成される様々な画像は、低解像度の入力画像となってもよく、このような入力画像の解像度が超解像処理によって改善されてもよい。ある例において、ライトフィールド画像はライトフィールドカメラによって撮影されてもよい。ライトフィールドカメラの例には、シーンについての四次元ライトフィールド情報を撮影するためにマイクロレンズ・アレイを用いるPlenopticカメラやマスクカメラ(mask based camera)が存在する。なおこの例は網羅的なものではない。ある例示的実施形態において、装置200は、ライトフィールドカメラを備えるメディアキャプチャデバイスの例であってもよい。または、装置200は、ライトフィールドカメラと、ライトフィールド画像を撮影するためのその他の要素とを備えていてもよい。 【0025】 ある例示的実施形態において、プロセッサ200は、メモリ204のコンテンツと共に、及び場合によっては本明細書に説明されるその他の要素と共に、ライトフィールド画像の一つ又は複数の深度レベルを装置200に決定させるように構成される。ある例示的実施形態において、装置200は、ライトフィールド画像の一つ又は複数の深度レベルに関する深度マップを決定するようにされる。ある例において、ライトフィールド画像は、一つ又は複数のオブジェクトに対応する一つ又は複数の深度レベルを有していてもよい。例えば、現実のシーンにおいて、オブジェクトA,B,Cが異なる深度にあり、これらのオブジェクトがPlenopticカメラによってライトフィールド画像を生成すべく撮影されるとする。ある例示的実施形態では、ライトフィールド画像に対応する現実のシーンにおける深度レベルに基づいて、オブジェクトA,B,Cのために深度マップが生成されてもよい。 【0026】 ある例示的実施形態において、プロセッサ200は、メモリ204のコンテンツと共に、及び場合によっては本明細書に説明されるその他の要素と共に、装置200に、ライトフィールド画像から複数の画像を生成させるように構成される。ある例示的実施形態において、単一のライトフィールド画像から複数の画像を生成することは、それぞれ少しずつ異なる視差によって撮影された画像を表すような複数の画像を生成することであってもよい。例えば、単一のライトフィールド画像(I)から、複数の画像(I1,I2,...In)が生成されてもよい。 【0027】 ある例示的実施形態において、プロセッサ200は、メモリ204のコンテンツと共に、及び場合によっては本明細書に説明されるその他の要素と共に、上記複数の画像のうちのあるものと、残りの一つ又は複数の画像との間の一つ又は複数の深度レベルに対応する、一つ又は複数のレジストレーション・マトリクスを装置200に決定させるように構成されてもよい。ある例においては、深度レベルごとに、2つの画像の間に、対応するレジストレーション・マトリクスが生成されてもよい。例えば、ライトフィールド画像(I)の深度マップに3つの深度レベル(d1,d2,d3)がある場合、深度レベル(d1,d2,d3)に対応して、画像(I1,I2,...In)の全ての組み合わせに対して、3つのレジストレーション・マトリクスが生成されてもよい。例えば、画像I1とI2との間には、深度レベルd1に対応してレジストレーション・マトリクスRd1(I1,I2)が生成され、深度レベルd2に対応してレジストレーション・マトリクスRd2(I1,I2)が生成され、深度レベルd3に対応してレジストレーション・マトリクスRd3(I1,I2)が生成されてもよい。 【0028】 ある例示的実施形態においては、全ての画像に対して、当該画像と残りの画像との間に、一つ又は複数の深度レベルに対応してレジストレーション・マトリクスが決定されてもよい。ある例では、装置200は、ある画像(例えばI2)と、それ以外の画像(例えば残りの画像I1,I3,...InのうちI3)その間に深度レベル(例えばd1)に対応してレジストレーション・マトリクスを決定するようにされるが、それは、画像(I2)中の当該深度レベルに関連する領域及びその他の画像(I3)中の当該深度レベルに関連する領域を選択することによりなされてもよい。例えば、深度レベルd1に対応して、画像(I2)からは領域r(I2,d1)が選択され、画像(I3)からは領域r(I3,d1)が選択されてもよい。 裏DVD・無修正DVDの販売情報