※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

身体的な特徴


 黒い髪、黒い瞳、象牙色に近似した白い肌をしている。髪は直毛、まぶたは一重が多い。切れ長の一重まぶたにこじんまりとした口と鼻が『ヤギホ美人』と謳われており、七部族の女性は皆似通った『美しい』顔立ちをしている。
 平均身長は成人男子で160センチ台前半、成人女子で150センチ前後。
 男女ともに筋肉が発達し体幹や四肢が太く短く見える傾向にある。

 平均寿命は40代半ばといわれているが、乳幼児死亡率が高いところに起因しているため、15歳まで生存した者が60歳程度まで生きる確率は7割に達する。




民族衣装


 民族衣装のページ参照。



建築物


 建材は主に粘土。石や煉瓦を混ぜ込んで強度を持たせたりかさを増したりするものの、多用すると地震で倒壊した際に危険であるため、基本は土壁である。
 基本形は直方体の垂直型。窓は、寒さや火山灰の対策で小さく、粗くて透明度の低い国産ガラスをはめている。
 屋根は土を焼いて作った瓦を用いており、灰が溜まらないよう緩やかな傾斜をつけた低い三角型になる。地震で崩れるおそれがあるため、瓦そのものは薄くて軽く、わざと割れやすいような焼き方をしており、できる限り重ならないよう配慮して並べる。
 雨どいがない。もともと降水量が少ないこと、火山灰で詰まることから、住民は必要性を感じていない。
 土壁のため住人の趣味で壁画を描く家屋も多い。公共の施設は特にヤギホ波紋など縁起を意識した模様を描く。大通商路沿いや南部の神殿・『神の火の山』・職人街周辺などは景観保護のため赤土の塗料のみを使用するよう法で定められている。
 木材が少ないので、柱がある施設は神殿や高貴な身分の家屋、大きな神社に限られている。基本的に屋内に数本で外には出ないように建てる。地震で家屋が倒壊すると折れなかった柱を抜いて新築の建物に再利用することがある。
 床は土足だが、居間などではゴザを敷いて靴を脱ぐ家庭もある(ゴザを買う潤沢な資産がある家かステラクスに近く植物が比較的多くてゴザを自前で編める家が多い)。布団は直に床へ敷くのではなく寝台の上に載せその上で寝る。
 浴室は一般家庭にはない。ひとつの集落でいくつかの公衆浴場を共有している。基本的には蒸し風呂で、浴槽はないか湯を溜める巨大な桶として使用されており、体を浸からせることはない(たまに子供がいたずらで飛び込むことはある)。ちなみに男女別だが未成年者はどちらに入ってもいいことになっている(普通は母親・姉・乳母などと女風呂に入る)。神官の住まいである神社には神事の前に身を清めるための簡単な風呂があることが多く、王族の住まう大神殿には温泉から湯を引いた巨大な浴室・浴槽と冷水の泉の2つがあって前者は夜の浄め後者は朝の浄めと定めて使用している(禊と呼ばれる)。



宗教


 宗教のページ参照。



人生・通過儀礼


 ライフサイクルのページ参照。



武術・戦闘術


 武術のページ参照。