JYJ ジェジュン、「ヨンダルは僕にぴったりなキャラクター!最終回の本番をみる時は気絶していた」


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「チンピラ演技ですか?周りからは僕にぴったりと言われましたよ。ハハハ!」
大きな瞳に力が入ったままだ。初の主演作を終えた晴れ晴れしい気持ちと、疲れている顔が心配だけど、口元の笑みは消えない。グループJYJのジェジュン(28)の顔は、ドラマ「トライアングル DVD」の主演としてこの3ヶ月間を走ってきた充実感で満ちていた。
7月30日の午前、ソウル市内新沙洞カロスキルのあるカフェで行われた<THE FACT>とのインタビューで、ジェジュンは前日終演された「トライアングル」でのエピソードや、自分の演技について真率に打ち明けてくれた。“俳優”としてもう一歩勧められたという気持ちがさまざまなところで感じられた。

―「初主演、網パンティでも履く覚悟でした」「まさかの網パンティ…?本当ですか?」と聞くと、首を強くうなずく。冗談を語るようなまなざしをしたが、それではないようだ。「ドラマの序盤には、トランクス一枚だけ着て街を走るシーンがありました。だからそれだって大したことはないと思いましたね。脱げって言われたら脱ぎますし、泣けって言われたら泣こうという気持ちだけでした。だからか、自分が持っていた偏見も破られた経験だったと思います。“こういうものってなかなかできない”と思いましたね」
ほぼ生放送と同様とも言えるスケジュールで行われた撮影だったが、緊張を緩めたら、すべてがめちゃくちゃになりそうで、躍起になって堪えたと苦衷を打ち明ける。実際、最終回の放送直前、アフレコを終えて自宅に帰った時は、疲れきって気絶までしたそうだ。