『Three days』主演のパク・ユチョン、10対1のアクション演技合格


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「甘やかでよく泣くと思ったら、喧嘩もうまい」 

  グループJYJのメンバー、パク・ユチョンが10人対1人の華麗な電車アクションシーンで合格点を受けた。 

  13日に放送されたSBS(ソウル放送)水木ドラマ『3days DVD』では消えた大統領ソン・ヒョンジュ(イ・ドンフィ)を捜し出そうとするパク・ユチョン(ハン・テギョン)とチャン・ヒョンソン(ハム・ボンス)を描いた。 

  パク・ユチョンは大統領に会うために乗った電車で大統領府警護チームと向き合うことになり、狭い電車の中で戦うことになる。この日のハイライト。狭い撮影空間ながらも派手な動作を誇示し、映画『オールドボーイ』のチェ・ミンシクの「ハンマー・アクションシーン」に劣らない場面を演出した。製作会社ゴールデンサムピクチャーズ側は「実戦を彷彿させる決闘が繰り広げられた。パク・ユチョンは肩の状態が良くない状況の中でも、痛いそぶりひとつなく完ぺきに難易度の高いアクションをこなした」とし、「このシーンが放送されれば、アクション俳優パク・ユチョンとしての新たな評価を受けるだろう」と説明した。 

  実際、パク・ユチョンとアクションシーンには距離があった。きれいな外見もそうだが、今まで出演した作品の中でアクションシーンを見せる機会がなかった。2010年『トキメキ☆成均館スキャンダル』で役者としての第1歩を踏みだした後、『ミス・リプリー』、『屋根部屋のプリンス DVD』、『会いたい DVD』でコミカルな姿と繊細な感情描写、切ない涙の演技などを見せた。今回のアクションシーンで「顔がきれいな」アイドル俳優という偏見を越えて「役者」にもう一歩近付いた。 

  この日、パク・ユチョンは機密文書98の存在を問い、イ・ジェヨン(チェ・ジフン)は大統領と死んだパク・ユチョンの父親が汚い過去を隠そうとしたという話を聞かせた。パク・ユチョンは自身を捕まえに来た大統領府警護チームに連行される危機にひんするが、パトカーを運転してきたパク・ハソン(ユン・ポウォン)の助けにより無事に逃げた。 

  パク・ユチョンの「負傷闘魂」アクションシーンのおかげで視聴率も若干上昇した。全国視聴率12.7%(ニールセンコリア)を記録し、同時間帯に放送された『感激時代』(12.6%)、『ずる賢いバツイチ女』(8.5%)を追い抜いた。