「盲目の」アンデルセン


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「いらっしゃい。覚えのない気配じゃなぁ……新しい住人かね?」

#ref error : ファイルが見つかりません (.jpg) 種族 性別 年齢
バジリスク 推定450歳(以上)
データ
未作成

来歴・性格・容姿など

 ガッシャの街で雑貨屋「翡翠堂」の店主を務める老バジリスクです。過去は無類の強さと見識を誇ったとされていますが、壮絶な戦の中で両目の邪眼を潰され、隠居したとされています。チッヒがその栄光を讃え、何度も協力を請うた末にようやくガッシャに招聘した上位蛮族の一人です。
 両目を失っていますが、手で触れただけでアイテムの種類や効果、価格などを瞬時に言い当てる特技を持っています。本人は形や重さや触感、また漂ってくる魔力を感知すれば大体知識の中にあるどれかに該当すると言っていますが、その真偽やからくりは定かではありません。
 愛煙家であり、いろいろなアイテム類が乱雑に棚に積み上げられたごちゃっとした翡翠堂の店の奥で紫煙をくゆらせています。猫でも撫でていそうなその風貌と好々爺然とした性格と、全盛期の力も失っていることもありあまり蛮族らしさは感じさせません。しかし、そのかつて伝説やチッヒが直々に招聘したことを知る蛮族らは、ひとかどの経緯を払って接しています。
 極まれにアンデルセンのことを何も知らない新参者が無礼を働くこともありますが、そうした場合、翌朝になるとアンデルセンはいつもと変わらぬ調子で店も何事もなく経営しており、店先には見覚えのない翡翠の像が増えているようです。このことから、アンデルセンはチッヒと同じくジェイドバジリスクであり、同族のよしみで招聘に応じただとか、両目を潰されているというのは嘘であり邪眼は健在であるとか、様々な憶測がされていますが、その真実に触れようとする住民は誰一人いないでしょう。

友好度表(100/300/600)

第一段階 第二段階 第三段階
チェック欄 ☆□□□□ □□□□□ □□□□□ □□□□□ □□□□□ □□□□☆ □□□□□ □□□□□ □□□□□ □□□□□ □□□□□ □□□□☆
PCへの印象 顔見知り 常連かのう まぁ信頼に足る好人物よの
貢物の趣味嗜好 煙草など煙を味わう類の薬草、また煙管やパイプなどその道具

友好度MAXボーナス

どれ……とっておきを譲ってやるとするか
 1セッション中、もしくは1回の成長時に翡翠堂で買い物を行う際、1度だけ買い物合計金額を2割引きにします。
 また、都市レベルや蛮都であることを考慮し、手に入りづらいようなアイテムでも何でも購入できます。