新人女優キム・スヨン、WINNER ナム・テヒョンと共演…中韓合作ドラマ「黒い月光の下で」にキャスティング


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

女優キム・スヨンが中韓合作ドラマ「黒い月光の下で」のヒロインにキャスティングされた。

28日、所属事務所のWAYS COMPANYは「キム・スヨンが『黒い月光の下で』のヒロインであるウォルハ役にキャスティングされた」と伝えた。DVD通販

580x0

ボーイズグループWINNERのナム・テヒョンが男性主人公にキャスティングされた「黒い月光の下で」は、SBSドラマ「ドクター異邦人」などを制作したアウラメディアと中国の中堅制作会社の冠媒メディアが中韓合作で制作する初作品だ。

劇中美術大学のサークルで出会ったウォルハとガンウ(ナム・テヒョン)が山荘を訪れ、山荘のオーナーであり、息子に強く執着するガンウの母親(キム・ソラ)が登場して繰り広げられるストーリーを描いていくドラマだ。

キム・スヨンはSBSドラマ「君の声が聞こえる」とMBCドラマ「輝くロマンス DVD」などで新人らしくない安定した演技力で好評を得た。

「黒い月光の下で」は韓国で今年の下半期に公開される予定だ。