「君を憶えてる」後番組は新形式ホームコメディドラマ「姑馴らし」に決定


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

君を憶えてる DVD」の後番組として「姑馴らし」が放送されることが決まった。

30日、KBSによると、現在放送中のKBS 2TVの月火ドラマ「君を憶えてる」の後番組に、新形式のホームコメディドラマ「姑馴らし」が放送される。

「姑馴らし」は再起を夢見るアイドルのイニョンが、宗家に“嫁体験”する番組に出演しながら繰り広げられる偽物の姑ヤン・チュンジャとの一本勝負を描く。しかし、犬猿の仲のようだった2人が本物の嫁姑関係になる最悪の事態が発生し、その騒ぎの中で起こる対立や和解を通じて、真の家族の意味を問うコミカルホームドラマ。

580x0

「姑馴らし」は変化するミニシリーズドラマの制作環境のもと、新たな試みをリードするというKBSの意欲が込められた作品だ。演出は「愛は歌に乗って」のイ・ドクゴン監督が務め、「花のお爺さん捜査隊」のムン・ソンヒ脚本家がシナリオを手がける。制作会社はレモンレイン(来夢来人)だ。

全12話で制作される「姑馴らし」は「韓国ドラマ 君を憶えてる DVD」の放送終了後、韓国で8月17日から放送される。