新皆見県央交通


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

新皆見県央交通は皆見県の中央部を中心にバス事業を展開している会社である。前身はタクシー会社及び北櫻ノ台ニュータウン開発公団の子会社「北櫻開発交通」である。現在はちゅうてつグループから離脱しているが資本関係は継続している。 

会社データ
よみ しんみなみけんおうこうつ
設立年 1988年5月吉日
事業内容 陸運業(一般乗合旅客自動車運送事業)
職員数(2012年10月現在) 258人
加盟団体(正会員) 皆見県バス協会・みなか協議会


歴史

北櫻開発交通の経緯

前身の北櫻開発交通は中鉄緑園都市沿線にあるニュータウンのバス路線網も整備の為に1979年に設立された。当時の皆見市圏の人口増加と都市圏の拡大に合わせて櫻ノ台市北部に大規模ニュータウンの造成、皆見市へアクセスとして緑園都市線が計画された。このニュータウン事業は中部鉄道の他に皆見県や櫻ノ台が中心となって北櫻開発公団を設立し出資、分譲開発を行った。その中で北櫻開発公団の子会社として北櫻開交通が設立され緑園都市線の維持管理(運行は中部鉄道)とバス路線の運行を担った。しかしながら1990年以降の不景気によりニュータウン開発が縮小し主体の中部鉄道も経営が悪化した。 その為に当初の計画から大幅な変更・縮小を余儀なくされていた。これにより当時、皆見市への唯一の鉄道アクセス手段であった緑園都市線の旅客数低迷にも直結し北櫻開発交通の経営が悪化する主因となった。また緑園都市線の運賃は起点である皆見川城で一旦打ち切り(初乗り運賃の二重取り)になる為に高額な為に中鉄皆北線ないし荻鉄安嘉比線を利用を利用する沿線住民も少なからず存在した。

北櫻開発公団の解散と中鉄バスへの編入。

これらニュータウン事業と緑園都市線は不景気と土地価格暴落に伴って大きな負債を生み続け、1994年に北櫻開発公団とその子会社北櫻開発交通は解散された。 緑園都市線と路線バスは公団の筆頭株主である中部鉄道へ売却となった。路線バスは子会社の中鉄バスへの編入されたが開発は一向に進まず両者共に負債が膨れ上がっていった。譲渡から1年が経過し路線の縮小が始まった。

路線売却へ

1998年に中鉄バスは大部分の路線バスを皆見県央タクシーに移管を行った。 皆見県央タクシーは主に皆見市・谷野市・板坂市を中心に運営し、1990年に一般乗合免許を取得しバス事業へ参入し団地輸送や皆見市中心部への早朝通勤バス・郊外への深夜バスなど既存事業者の路線が及ばない地区を中心に積極的な路線展開を行っている。移管を受けた皆見県央タクシーは会社名を変更し現在の「新皆見県央交通」へと変更した。

経営再建

新皆見県央バスは経営再建を行い、最初のダイヤ改正で路線の再編・ダイヤの均等化・終バスの繰り下げ・停留所の追加を行った。また有料道路「新櫻ノ台トンネル」が開通し中鉄北櫻ノ台駅と荻鉄櫻ノ台駅を結ぶ急行バスも設立された。 この急行バスは緑園都市線の経営をより圧迫するのではないか?と批判もあったが結果としては櫻ノ台へ直結するバス路線は住民に歓迎された。またこの路線は中鉄皆見バスの共同運行を提案する事によって批判をかわした。また小型車によるコミュニティーバス路線を設置し幹線道路から離れた住宅団地に路線を伸ばした。櫻ノ台市北部の丘陵地に開発されたニュータウンでは坂道が多くこれらコミュニティーバスは一定の成果が得られたものの経営改善に寄与できるほどの成果ではなかった。このように北櫻ノ台ニュータウンの路線の経営改善を目指す一方で他地区への進出が進められていった。 路線を譲渡された翌年の1999年には皆見川城と桂城団地を結ぶ路線を新設し北櫻ノ台駅発着のリムジンバスならびに皆見駅・櫻ノ台駅から発着する深夜急行バスの運行を開始した。

車両

特徴

上記の経緯により北櫻開発交通時代・中鉄バス・新皆見県央交通とそれぞれの経営してた会社によって特徴がある。

北櫻開発交通

基本的に4社から導入していった。また開業当初は新規導入車の他に中鉄バスの中古車も導入された。仕様としては前中折戸・短尺・方向幕大型となる。幕は二分割されておらず、新皆見県央交通から開始した方向幕の二分割及び系統の色分けにかんしては外付けのサボで対応した。現在は旧式車を中心に廃車が進められておりその数を減らしている。

中鉄バス

中鉄バス時代は新製投入は2台しか行われず残存してた開業当初の中鉄バス中古車を他地区からの転属車で置き換えた。
基本的な仕様は前中引戸・標準尺で転属車の中には三扉車も存在した。 これら中鉄バスに転属した車両は総じて年式が古く新皆見県央交通に導入された新型車両の置き換え対象となり、現在では新規導入の2台のみとなっている。

新皆見県央交通

日産ディーゼル(現在のUD)及び三菱ふそうが中心。UDの撤退後は日野車の割合が増加している。大型は短尺が基本でわずかながら標準尺が導入されている。また中型ロングの導入も積極的に導入していた。仕様の特徴としては方向幕の二分化、小型の方向幕。

運賃

一般路線

対キロ区間制を採用。運賃基準は以下の通り
Minaca 現金
初乗り(2km) 154円 160円
基準賃率(1kmあたり) 30円80銭
※十円以下は切り上げ

定期割引率
通勤 通学(高校生以下) 通学(中学生以下)
35% 40% 45%

有効期間割引率
1ヶ月 3ヶ月 6ヶ月
100% 95% 90%

定期運賃=区間往復×定期割引率×有効期間割引率×有効日数

※紙式定期券・Minaca定期券でも購入額は変わりません。

通勤用
Minaca 現金 一か月 三か月 六か月
~2km 154円 160円 6010円 17120円 32460円
2~3km 185円 190円 7220円 20580円 38990円

急行バス路線

急行221系統

バイパス駒場 大菊山料金所前 新桜ノ台トンネル前 荻鉄櫻ノ台駅
中鉄北櫻ノ台駅 300円 420円 550円 680円
森の口団地 300円 350円 480円 610円
バイパス駒場 - 300円 380円 510円
大菊山料金所前 300円 - 300円 430円

中鉄北櫻ノ台~バイパス駒場間と大菊山料金所から荻鉄櫻ノ台間のみの利用はできません。
なお、当急行バスは定期券を販売しておりません。お得な回数券をご利用ください。

ICカード

ICカードは2012年1月より、荻鉄などが導入しているICカード、Minaca(みなか)を導入。ただし運賃割引は行ってない。

共同運行

以下の会社と共同運行を行っている。
  • おぎてつバス
 急行221系統
  • 中鉄バス
 急行211系統

共同運行・提案ありましたら以下のコメント欄へどうぞ
名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。