サノス


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【作品名】Marvel Universe The END
【ジャンル】アメコミ
【世界観】

【異次元】
物理法則などが我々の宇宙とは異なるそれ自身の空間や物質を備えた宇宙や領域。
無数に存在し、大きく物理法則が異なる異次元には移動しにくい。別の宇宙というより精神世界や霊界、神界、次元間空間などもある。
これらの異次元は「時間流」(物理的な場所ではない)によって時間の向きが一つの方向にまとめあげられ、時間の流れを共有する一つの時間軸をなしている(例外あり)。
この集合体のレベルをさして宇宙と呼ばれることが多いが多元宇宙という言葉が使われることも少なくない(一次多元)。

【時間軸】
上記の時間軸の分岐による多時間軸も存在している。これは量子力学的なものであるらしい。
例えば正史世界アース616から無数の分岐時間軸が生まれており、それぞれの分岐から更なる分岐も生まれている。
無数の分岐時間軸の1つ1つが無数に分岐しその分岐も1つ1つが無数に、という形で無限乗に増えていく…がルール上は無限^無限ではなく×無限となる(二次多元)。
例:正史から分岐した1つであるAOA世界の分岐の1つであるWHAT IF AOA世界。
時間軸はビッグバンとビッグクランチによる死と再生を繰り返しており(次元の種類によっては現れ方が違うが、より大きなビッグバン現象の一部)、宇宙の誕生以前のレベルで異なる歴史を持つ事もあり、
そうした歴史が異なる世界もそれぞれ無数に存在するし、それらは正史世界から分岐したものではない独自の世界である。
例:スコードロン・スプリームの世界は正史とは全く歴史や登場人物(活躍するヒーロー)が異なり、そのスコードロン世界からもまたキング・ハイペリオン世界の様な分岐が生まれている(三次多元)。
そしてそれぞれの分岐時間軸は無数の可能性の未来を持っており、分岐未来からも更に分岐は起こっている(四次多元)。
ビッグバンの力はインフィニティ・ガントレットを支えている力と同じ力によって引き起こされる。
この多時間軸システムはこれを駆け巡る神秘力のため不安定でありリビング・トリビューナルにより監視・管理されている(このレベルに対応する次元などもあるが詳細不明が多い)。
通常、このレベル(四次多元)がマルチバース(多元宇宙)と呼ばれる事が多いが、これを宇宙と呼ぶ事もある。
余談だがそれぞれの時間軸に1体ずつのエターニティがいる(中にはエターニティが抹殺された時間軸/世界も存在する)。
ファンタスティック・フォーのストーリーで語られた内容によれば、マルチバースそのもの(四次多元)を守護するマルチエターニティも存在しているが、
邪悪なる概念存在アブラクサスにより最終兵器UNで構造ごと破壊されそうになった(=UNは四次多元全能殺しとも取れるか)。

【メガバース】
ブラザーズが内包する世界単位で2つ確認されている、マルチバース×α個の世界(四次多元×α)。
ニュー・ユニバースやウルトラバースも含む。

【オムニバース】
あらゆる全て。
酷い設定が存在するが、それを除けば無限個のマルチバースの集合体(五次多元)。


【名前】サノス(Marvel Universe The END)
【属性】ハート・オブ・ザ・ユニバース(すべての存在と同化した全能になれる至高の存在)の力を手に入れた存在、超種族エターナルズの分派出身で突然変異、征服者、科学者、知識収集者

大きさの根拠:「Marvel Universe The End」より
最初はサノスが人間大だが、ハート・オブ・ザ・ユニバースの力を手に入れたことによって、
「全能の力を手に入れた」という意味の言葉をしゃべっているあたりからサノスが大きくなり惑星大位の大きさになっている描写がある
これから全訳するのはそれ以降のもの

宇宙の均衡は移り変わり、私は、自身の新たな至高を顕現したのだ。(この時点で惑星の30倍くらいの大きさ、そして巨大化し続けている模様)
コズミック・キューブによって、我は空間の一平面を少しの経験で扱えた…
インフィニティ・ガントレットは、すべての時間、空間、力、現実、心、魂を操作できたが、まだ外部からの操作を必要とした…
今、我はそれら全てを持ち、従属するものは何もなくなった…究極だ!
宇宙は最終的に尊く、評価できる支配者が受け持つのだ!
(この後もサノスは巨大化し続けているようだ)
この地位は、我のものになることが運命づけられていた…
我は、わが意識が無限の全領域に接触しようとすることがなんと簡単なことかと驚いた。
まったく単語を出さずに、全ての中の1つの感覚を描写できたのだ。
我は全てだった。全ての現実とつながったのだ。
我はスクラル本星のわんぱく小僧だった。 
我はビッグバン直後の空間に漂う小惑星だった。
我は先史時代の世界のずいぶん離れた外来の植物だった。
我はヘラクレスの銀河の無人惑星の滝だった。
我は獲物に忍び寄る獰猛な獣だった。
我は時計の時を刻む間の時間だった。
我は深海の希少な魚だった。
我はわが仲間の空間を通り抜けて舞いあがる放射線だった。
我はコンクリートの割れ目をスイングしているスパイダーマンだった。
我は遠い未来の広大な砂漠の砂のわずかな微粒子だった。
我は宇宙の中で自身の存在を終わらせている超新星だった。
我は脚本家の心を進む筋書きだった。
我は死にゆく女性の最後の一息だった。
我は舞い上がる鳥の上の天気だった。
我は天真爛漫な子どもの夢だった。
我は全てだった。(これらの例全てに描写あり) 
我は過去にあったことの驚きを失ってしまったといってもよい。
さらに我の意識は物質や概念を超えて拡張し続けていった。(コマではサノス自身がでかくなっているように書かれている)
その領域内では我は存在すら疑われることはない。
我はあらゆる振動からなる基本型である全ての存在のDNAを発見した。
これらの成長している模様は赤外線や紫外線の光量を超えて存在していた。
それらは、我ら現実を組み立て、すれをすべて一貫して維持したはかない糸であった。
天の法則が糸に書かれていたのだ。(引用終わり)
このDNAはおそらくオムニバース(5次多元)を維持していると思われる。よってサノスの最大時の大きさは5次多元とする

【長所】世界観相応の常時全能でもありかなり高いスペックを誇る
【短所】大きさについてだけでもテンプレが長くなる
【備考】5次多元並みの大きさで参戦

参戦 vol.1