シモンwith天元突破グレンラガン


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【シモンwith天元突破グレンラガン】

【世界観】
通常の宇宙と10次元と11次元の狭間が存在する。


10次元と11次元の狭間…アンチスパイラルの本拠地。内部に隔絶宇宙と超螺旋宇宙、多元宇宙がある。
    隔絶宇宙と超螺旋宇宙はそれぞれ星などが確認されているので単一宇宙扱い。


多元宇宙はここでは認識した瞬間に実在化する宇宙のことをいう。
「ありもしない未来の可能性がそのまま「宇宙」にかわる」
「人々を無限の可能性へと閉じ込めてしまう「多元宇宙」だった。ありえたかも知れない自分、こうなりたかった未来。
どこまでも広がる可能性の前に、人は立ちすくむ。」
「可能性の数だけ無限に地獄が続く。「多元宇宙」の罠にかかったものは、もはや現実の宇宙に帰ってくることは不可能」
(同本52~53ページ)
そして劇中では「シモンの多元宇宙」「ヴィラルの多元宇宙」「ヨーコの多元宇宙」「グレン団メンバーの多元宇宙」がそれぞれ存在する。
よって一次多元×4。
上記すべてを合計すると一次多元×4+単一宇宙×2。


よって全ての世界観は一次多元×4+単一宇宙×3。


【天元突破グレンラガンの説明】
天元突破グレンラガンの中は超銀河グレンラガン、アークグレンラガン、グレンラガンの順に内包される、いわゆるマトリョーシカ構造となっている。    
それぞれの大きさはグレンラガンを約5mとするとアークグレンラガンはその100000倍(約500?)、
超銀河グレンラガンはアークグレンラガンの100000倍(約5000万?)、
天元突破グレンラガンは超銀河グレンラガンの10の15乗倍(約52.8億光年)と
「天元突破グレンラガン 最終発掘完了編」(以下同本とする)の63ページに説明されている。


【作品名】天元突破グレンラガン
【ジャンル】アニメ
【名前】シモンwith天元突破グレンラガン
【属性】大グレン団メンバーの思念を取り込み実体化したガンメン
【大きさ】5*10^25M=約52.8億光年
【長所】何度でも言ってやる!俺たちを誰だと思ってやがる!
【短所】スパイラルネメシス一直線

参戦 vol.1