火の鳥


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【火の鳥】

【作品名】火の鳥
【ジャンル】漫画

【共通設定】
  • 宇宙生命≪コスモゾーン≫・・・・・・意識だけの存在で肉体はない。宇宙生命は世界のいたるところに飛び回っており不可視。
特定した姿や大きさは存在しない。
故に任意で極大の宇宙から素粒子までどんな大きさの物質の中にでも入り込める。入り込んだ物質は生き物として活動可能。
よって上記の宇宙や素粒子などは物質は「みんな」生きていると明言されている。
意識体のようなものなので寿命などもない。

以下火の鳥とマサトの会話(未来編)
火の鳥「地球がみるみる小さく…そして太陽系が……。
何億もの星の中へまぎれてしまい……その銀河はうねりながら何十何百何千と群れをなして……大宇宙をつくっています」
マサト「知ってる……。宇宙はここまでだ。ここでおしまいなんだ」
火の鳥「これが人間が知っている宇宙の全部の姿よ」
これが起点となるマサトが生まれた単一宇宙であり

火の鳥「でももっと大きなものが……宇宙を包んでいるのよ。すでに次元をこえています。宇宙は一つの粒子に過ぎないのです。
宇宙がいくつも集まってひとつの細胞のようなものをつくっています。その細胞が集まってひとつの「生きもの」を…」
マサト「待ってくれ。宇宙は…結局「生きもの」の一部なのか。その「生きもの」ってなんだ?」
火の鳥「宇宙生命なのよ」
マサト「宇宙生命!もうやめてくれ!!ぼくにすこし考えるゆとりをくれっ!!」

続いてマサトが肉体だけ朽ちて意識だけの存在になり、火の鳥と再会したときの会話
マサト「ヘンテコな気分じゃよ。第一わしゃ生きとるのか死んどるのか」
火の鳥「もちろん生きていますよ。「宇宙生命」としてね」
マサト「宇宙生命……わしがかい。わしがいつそんなものになったんじゃ」
火の鳥「何十億年か前にあなたを包んでいた肉体が朽ち果ててなくなってしまったときですよ、マサト。それでもまだ生きてるんですよ。
マサト「肉体がなくなったのか…このわしの…だがおかしいぞ、わしはこのようなおいぼれた姿をしとるがな」
火の鳥「それはねマサト、あなたの肉体の最後の感じが残っているだけなんですよ。ほんとうはあなたはもう姿がないのです」
マサト「イヤーちっとも知らなんだわい………………」
火の鳥「マサト、よくあたりをごらんなさい。見えるでしょ?感じるでしょう。この世界のいたるところに………………
宇宙生命の群れがとびまわっているのを!!宇宙生命は形も大きさもなにもないのです。
でもただとびまわってるわけではありません。この宇宙生命たちは物質にとびこみます。するとその物質ははじめて生きてくるんです。
銀河系宇宙のような大きなものから……惑星たち、地球も!動物や植物、その細胞も……
分子も原子も素粒子もみんな宇宙生命がはいりこんで生きているのですよ!マサト、もうあんな年寄りのかっこうのマボロシなんかすてなさい」
マサト「私は宇宙生命か!私はどうしたらいい?私にやることがあるのか?」
火の鳥「そうよ。あなたには新しい人類を見守ることがあります。だから、あなたにはからだがいります。私のからだにとびこみなさい。あなたは私になるのよ」
マサト「お前になるって?だってお前はもう生きてるじゃないか」
火の鳥「私のからだには宇宙生命がもう何倍も何十倍もはいってます。あなたもそれにくわわるんです。さあいらっしゃい、マサト。私の中に飛び込んで!!」
以上から宇宙以上の大きな生き物が描写されていたり、宇宙生命(少なくとも物質の中にいる宇宙生命は)にはどれも自らそこに飛び込む明確な意志があるとする。
さらには作中にある物質全てが生きており、意志があると明言されていると言える。


【作品名】火の鳥
【ジャンル】漫画
【名前】火の鳥
【属性】数十億の宇宙生命の集合体・エネルギー体・超生命体
【大きさ】基本的には2m程度の鳥
あらゆる姿に見せることが出来る(特殊能力あらゆる姿に見せる)
鳥の姿は人間の目から見ればそうなるだけとの事(自称)
単一宇宙よりも大きい鳥
【長所】多彩な特殊能力
【短所】性格が悪い

参戦 vol.1