流竜馬withゲッターエンペラー


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【流竜馬withゲッターエンペラー】

【作品名】ゲッターロボサーガ
【ジャンル】漫画
<大きさについて>
作者発言によるとゲッターエンペラーは太陽系サイズ。
「アークの時点では」等と特に限定されていないので「真」の時点でそのサイズとする(というかアーク時点では太陽系なんて話にならないくらいでかい)
ゲットマシンの全長は大体エンペラーの全身の半分ほどなので、そこからギムスや他の戦艦のサイズを割り出している。
しかし縮尺はかなり適当なのでテンプレの大きさに見えないコマもたくさんある。(基本的にエンペラーに対し最も大きく見える大きさがテンプレの大きさ)
なお最近の定義では太陽系にはオールトの雲なども含めるらしい(この定義だと光年単位の大きさ)が
時代を考えて冥王星軌道の直径の約120億kmとする。

<大きさについて・2>
アーク2巻でエンペラーの進路上(手前)に無数の恒星が散りばめられていたところから大きさを求める。
恒星間の平均距離が大体3.2光年。
エンペラーの口の大きさは恒星間の距離の60倍強程度で、全長は大体口の100倍ほどなので
アーク時点でのエンペラーの全長は約2万光年。
【名前】流竜馬withゲッターエンペラー
【属性】宇宙の原理に沿って生まれた、自己進化するロボット
【大きさ】約2万光年の人型
【長所】ケン・イシカワ
【短所】永遠に完結しない

参戦 vol.1