※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

合成について

・最大で+10まで合成可能

・合成素材となる武器は消滅

・合成素材によって一部のステータスが上乗せされる(HP,ATK,DEF,ST,LUK)

・HP吸収、HPリジェネ等の付与効果は変化しない

・上乗せされるステータスは武器素材によって決まっている(バスタードブレードであればATKのみ)

 ※ただし冠名によって例外があるかもしれない

・上乗せされるステータスは、素材となった武器のステータス値のおよそ1/3(未検証)

 

合成のコツ

・ベースとなる武器は「英雄」「伝説」などのHP吸収、HPリジェネ、異常回復の高い武器が望ましい

 伝説のエクスカリバー、伝説のブレイブハート等が有力か

 

・付与効果は合成によって変化しないため、デメリットがあるがATKが高い武器(災厄のバスタードソード、破滅のダインスレイヴなど)が素材として優秀

 

・素材武器のステータスによって強化される値が変動するため、なるべく素材武器も+10まで上げた状態で合成する

 一例として、災厄のバスタードソードを+10まで上げ、攻撃力4500の状態でベース武器(伝説のブレイブハート/ATK750)に合成させると、

 伝説のブレイブハート+1(ATK2250)となる

 

・LUKは100もあれば十分であり、HPよりもDEFに依存する割合の高いゲームのため、強化の選択肢はATKかDEF。

 ただしDEFは武器による上昇量が微量であり、SPRITSによる強化で十分に賄えるため、

 上記のデメリットATK武器で攻撃力を上げるのが理想かと思われる。