食われかけても楽しさ重視


名前: 小荒井 登 (こあらい のぼる)
年齢: 16歳(高校生) 4月24日生まれ
身長: 165cm
星座: ねこ座
血液型: O型
好きなもの: サッカー からあげ
所属: ボーダー本部所属 B級6位東隊
階級: B級隊員
肩書き: アタッカー
所持トリガー:
 ◇ボーダーのノーマルトリガー
  メイン> 弧月 旋空 シールド グラスホッパー
  サブ > Free Trigger Free Trigger シールド バッグワーム
  B級ランク戦R7ではメテオラを装備していたようだ。(作中では未使用)



明るい髪のショートで前頭部に角の生えている(入念なセットによるもの)、少し軽い印象の少年。
ラービットに捕獲され、腕ちょんぱされ、キューブ化される寸前でに頭を撃ち抜かれ救助された方の人。
愛称はコアラ。

摩子さんや親友の奥寺常幸ボーダーに入隊する決意を抱いたことで彼も防衛隊員として戦うことを決めた様子の友情に厚い少年。
ノリは軽いが軽薄なわけでなく、ときに度胸が試される場面でも臆さないメンタルの強さを持つ。

同じ東隊の奥寺とは、どちらかといえば堅実なやり方を好む彼とはときに反発しながらも厚く信頼で結ばれたいいコンビのようだ。
二人とも連携の難しい攻撃手(アタッカー)でありながら息のあった立ち回りで、
風間からも「連携のレベルは風間隊(うち)に次ぐ」と評されている。
まず技術面においてやや高い評価を受けている奥寺が攻撃を仕掛け相手の攻撃を誘い、
攻撃面においてやや高い評価を受けている小荒井が仕留めにかかり、そして東が追撃するという様子が見られた。
武器の一つである素早さやグラスホッパーを活かした挟撃・奇襲、二人同時の旋空弧月なども手慣れている。

師であり隊長である東春秋の育成方針もあり、
ボーダー内でも各ポジションの五指に入る実力者さえ入り乱れるB級ランク戦上位陣での戦いにおいては
現状少なくとも単騎で劣勢を跳ね返せるほどの地力を持つ隊員とは言い難いが、
東の脚に1時間すがりつき隊長になってくれるよう嘆願する逸話を持つなど、防衛隊員として成長しようとする意志の強さは本物の様子。

ランク戦における東隊の作戦を奥寺と一緒に考えており、
相手の度肝を抜くような"おもしろい"仕掛けをしながらも「敵の戦術のレベルを計算に入れる」よく練られた作戦を展開する。
東からは戦術面だけでない、目標を成し遂げるための戦略的な状況判断能力の成長も期待されており、
あくまで「奥寺・小荒井の成長」が目標の現東隊においてはそういった決断を任されている。

作中で描かれたランク戦の様子では、奥寺・東との連携も含め、
実力が足りないながらもときに相手を挑発してまで格上の相手とも渡り合って強くなろうとする必死さがところどころで見える。
それまでは熱くなりすぎてしまうところもあったようだが、第二次大規模侵攻を契機に落ち着いた判断を下せるようになり、
東もそんな彼らを認め、それまでサブトリガーをあえて最小限に抑え戦わせていたのを解禁させ、次のステージでの成長を期待する言葉をかけた。
漫画の展開的には正直もう成長の様子が仔細に描かれることはないかもしれないが、
それでも今後立派なボーダー隊員として三門市や友人の支えになれる人間として成長していける、ということが読み取れる展開だったと言えるだろう。残念ながらトリオン量は現状かなり少ないのでハウンドは使いこなせないかもしれないが…

学校では違うクラスであるが、太一佐鳥と仲が良い。
誰にでも親しげに接しており、他の隊の隊員や始めてみたヒュースにもガンガン話しかけていっている様子が描かれている。
奥寺と同じく好きなものにサッカーがあり、プライベートでも一緒に遊んでいるのだと思われる。
そのサッカーで鍛えたのか体力には自信がある様子。奥寺がスタミナ型なのに対し小荒井は瞬発力型。

「成功率低そうなんで捨て身はやめます 「撤退」に一票で」



  • 個人弧月ポイントは奥寺よりも高め -- 名無しさん (2015-08-10 16:08:00)
  • 1票www -- 名無しさん (2016-11-29 01:00:51)
  • 大規模侵攻の時の失態が目立つ まあラービットの特性が少しわかった分は役に立ったか -- 名無しさん (2019-01-15 04:41:22)
  • 摩子さん以外にも、犬飼さんとかがコアラ呼びしてたな。 -- 名無しさん (2019-02-04 14:19:57)
名前:
コメント: