射手 (シューター)


銃手(ガンナー)の中でも銃型トリガーを使わず、トリオンの弾丸をそのまま飛ばすタイプ。
弾速・射程・威力・弾数といった各種性能を攻撃の都度自由に調整することができる。
その分攻撃に手間がかかるのと命中精度がやや荒いのが欠点であり、使いこなすにはセンスが必要となる。
銃型トリガーを使い弾丸を発射するタイプのガンナーはシューターから派生した。


射手(シューター)の隊員一覧






射手(シューター)個人(ソロ)ランク


1位 二宮匡貴







銃手(ガンナー)/射手(シューター)用トリガー


トリオンの弾丸であるトリガー
通常弾1種と特殊弾3種が存在する。

射手(シューター)が使用する場合、
起動するとキューブ状の弾丸が出現し、これを丸ごともしくは分割して射出する。
キューブの大きさは使用者のトリオン能力の高さに応じて異なる。
ほとんどの隊員は2×2×2や5×5×5などの小さなキューブに分割するが、
二宮は何故か四角錐の形に分割する。
加古に至っては四角どころか最初から丸い(こちらはA級の権限でトリガーを改造したのかもしれない)。
この分割した発射前のキューブはある程度浮かせたり散らしたりすることが可能で、
上手く使えれば多角的で避けられにくい攻撃ができる。

銃手(ガンナー)が使用する場合は、
生成した銃型トリガーから弾丸を発射する。

弾丸は。
威力を決める「弾体」(実際に破壊力を持つ部分)、
射程を決める「カバー」(大気と弾体が反応してしまうのを防ぐ)、
弾速を決める「噴進剤」(上記2つを飛ばす)、
の3つに構造が分かれており、弾丸と呼ばれているが実際はミサイルのような仕組みのようだ。
弾丸は実体がなく風の影響は受けない。
また設定された射程を超えると弾丸はカバーがなくなり、中身の弾体が空気に攻撃してしまうことで消滅する。
シューターの場合は1回撃つごとにこれら3つの配分を自由に決めて撃つことができる。
ガンナーの場合は銃型トリガーにこれら3つの配分を2パターンまで事前に設定でき、それ以外のパターンの弾は撃てない。

弾丸を飛ばすこと(弾速、射程)にもトリオンを使うため、威力は攻撃手(アタッカー)用トリガーよりも低い。
また自らのトリオンを弾丸にしているため、トリオンの消費も大きい。
そのため相当の実力の持ち主でも個人で戦果をあげるのは難しい(二宮のように例外もいる)が、
アタッカー以上に味方との連携が取りやすく、チームプレイでこそ活きるトリガーである。


銃手(ガンナー)/射手(シューター)用トリガーの一覧










  • 作中やBBFだと銃手用トリガーと言われてるんだよね。 射手は銃手より先にできたポジションなのに。 -- 名無しさん (2016-07-22 00:30:12)
  • これ弾丸の形状そのものは変えられないのかな 薄くて広い弾丸をぶつけて四肢を切断できたら強いと思うんだけど… -- 名無しさん (2017-01-07 19:00:33)
  • 分割は普通にしようが二宮式だろうが射出するときは普通の丸い弾になる 立方体や角錐がそのまま飛んでいく描写はゼロ -- 名無しさん (2017-01-07 21:48:12)
  • ボーダーのトリオンの弾丸の形は銃手も射手も狙撃手も代り映えしないけど同じトリオンの弾丸の卵の冠はあの通り デスピニスが円盤状のブレードを飛ばしてるんじゃなくて実体のないトリオンの弾丸なら開発次第ではできると思う 現行の射手用はどう分割しようが加古みたく改造しようが飛んでく時の形はどれも変わらないけど -- 名無しさん (2017-01-07 21:56:38)
名前:
コメント: