B級


ボーダーの主力となる隊員たちのランク。
現在は約100名がこのランクに属している。

C級から昇格するとこのランクとなり、正隊員用のトリガーが与えられる。

このランクから正式に部隊を組むことが可能になる。
隊章(エンブレム)は基本的に全部隊共通であり、
剣の意匠にB-***(***は部隊のランクで例としてB級6位であればB-006、ソロ隊員はB-000)が与えられる。
ただし、A級から降格した部隊は専用の隊章を降格後も引き続き用いる。
B級部隊は現在B級1位からB級21位までが存在する。
全てのB級隊員が部隊に所属しているわけではなく、部隊を組んでいない隊員も存在しており、おそらく数十人くらいはいると思われる。

A級への昇格は例外なく部隊単位となる。
正確な昇格基準は不明。
ただし、部隊のランクを防衛任務の功績やランク戦で上げることでB級1位もしくは2位に上げることで、
A級部隊への挑戦権が与えられることは判明している。

作品初期の頃はA級隊員やそれを上回る黒(ブラック)トリガー使いの活躍が目立っており、
B級部隊が登場しだした第二次大規模侵攻編でもラービットアフトクラトルの精鋭たちに軽くあしらわれるなど
読者からも正直舐められていた感もあったものの、
そういったメンツが規格外に強すぎるだけであって「主力部隊」の看板を背負う実力は伊達ではない。
B級中位以上の部隊は、
突出しているわけではないが訓練によって磨かれた実力、
息のあったコンビネーションから繰り出される連携能力、
敵と味方の実力差を理解した上で自身の役割を理解できる戦術眼、
その戦術眼を活かし適切にチームを有利な方向へ導ける指揮系統、
そして個性的ではあるが決して奇をてらった訳ではなく個々の能力を存分に活かせる独自のチームカラーを持つ。
B級の上位部隊ともなれば、各部隊に最低1人はA級クラスのエース隊員が所属しており、
その全てが元A級部隊や準A級レベルといえる部隊であり、
状況次第では格上とも十二分に渡り合える地力を持った実力者たちである。

作中で実際に行われたB級ランク戦では非常にレベルの高い攻防を繰り広げ、
小国ではあるが精鋭揃いのガロプラの侵攻時にも大きな戦力となるなど、
近界(ネイバーフッド)の戦力と比肩出来るだけの実力と戦術力で活躍し、
「戦術って、スゲェ…!」とチョロい読者たちを薫陶させまくった。

給与はトリオン兵討伐数に応じた出来高払い。

B級部隊・隊員一覧




  • チーム所属の隊員数は戦闘員限定だと約60名なので、野良B級隊員は約40名か -- 名無しさん (2016-06-25 22:49:59)
  • そう考えると梨香さんのいてくれる漆間さんは結構恵まれてるんだなあと思う -- 名無しさん (2016-06-26 01:11:53)
  • B級の半数近くが野良って事になるのか?多いな…C級から上がったばっかりがいるとして、残りはオペレーター探しをしていて組めてないのかも -- 名無しさん (2016-06-27 01:11:27)
  • 支部所属も多そうだが -- 名無しさん (2016-06-27 06:28:30)
名前:
コメント: