黒壁 (ニコキラ)

製造: ガロプラ
分類: ノーマルトリガー



コスケロの使用するトリガー
ブヨブヨした水飴のような、透き通った液状の物質を自在に操作する。
可変性は高く、三輪隊と対峙した当初は、少量を盾のように肘から上を覆うように装備していたが、
自身の周囲に渦を巻くような形状で漂わせることもでき、
泥の王(ボルボロス)のように地面や壁などの隙間に潜行させての不意打ちも可能。

トリオンで出来た物質に触れると絡みついて取れなくなる。
ブレードトリガーの刃部分に絡めば切れなくなり、トリオン体の手足に付くと物を掴めなくなったり足場の踏ん張りが効かなくなったりするようで、
「相手にとって不利益なトリオン効果を与える」鉛弾(レッド・バレット)と似た発想の妨害用トリガーだそうだ。
武器に付けられてしまった場合は作り直すことで対応できるが、トリオン体の場合はそうもいかない。

当初の外見はシールドに似せていたが、鉛弾を防げることから実体のない一般的なシールド系トリガーとは別物で、物質化している装備の模様。
また、卵の冠(アレクトール)と同じようにトリオンで出来た物体にしか作用しないようで、
敵のトリオン体を破壊する攻撃的な動きも出来ないようだ。

使い手のトリオン体が破壊された後も、付着した物質についてはそのまま残るようで、
ガロプラとの戦闘後には、三輪隊の三輪米屋がトリオン体に物質を付着させたまま本部基地へと帰り、
技術者(エンジニア)に解析させている。
おそらくトリオン体を作り直せば付着した物質も消えるものと思われる。

名称は、ギリシャ語で"主婦"を意味する"νοικοκυρά"に由来すると思われる。



使用者: コスケロ



  • 解析して実装はよ -- 名無しさん (2016-12-10 22:38:28)
名前:
コメント: