処刑者 (バシリッサ)

製造: ガロプラ
分類: ノーマルトリガー



ガトリンの使用するトリガー
トゲ型トリガー二個を消費し、使用者の背中に昆虫の関節肢のような4本の巨大なロボットアームを展開する。
先端はブレードになっており、アームを振り回すことで離れた敵にも重厚な一閃を見舞うことが出来る。
その外見から小南レイジ全武装(フルアームズ)を連想している。
一撃ごとの振りは大きいが、死角をカバーして有り余る攻撃範囲・手数・守りの堅牢さを持つ。
アームによって自在に動く4本のブレードは一度に複数の敵を相手取るのにも向いているようだ。

アームは武器としてだけでなく、
壁に先端のブレードを突き刺して身体を壁に固定して移動の補助に使ったり、巨大な瓦礫をアームを使って投げつけたり、
大砲トリガーを発射するときに地面にブレードを刺して身体を固定したりするためにも使われる。

アームは非常に頑丈な造りになっているらしく、
ノーマルトリガーである小南の双月(斧)に折られるまでは黒(ブラック)トリガー以外の攻撃で折られたことはなかった。
さらに先端のブレードは盾の形状に変形し、
ラービットの頭部や自爆モードのイルガーの装甲をも切り裂く太刀川旋空弧月をも防ぐ。

ボーダーとの戦闘後にアームの残骸がヨミの手で解析され、
太刀川の攻撃した箇所に小南が正確に第二の攻撃を加えたことで破壊されてしまったことが明らかとなった。

名称は、ギリシャ語で"女王"を意味する"βασίλισσα"に由来すると思われる。



使用者: ガトリン



名前:
コメント: