来馬隊 (くるまたい)




ボーダー鈴鳴支部所属のB級部隊。
作中ではもっぱら「鈴鳴第一」もしくは単に「鈴鳴」と呼ばれる。
ちなみに第一の「一」は縦書きでも横書きでも漢数字。

10巻時点(B級ランク戦開始時)のランクはB級8位。
ランク戦1戦目後には9位に落ちているが、4戦目で6位とB級上位グループ入り。
第5戦後の暫定ランクはB級7位であり、上位を維持してる。

県外スカウトによって集まった村上鋼別役太一今結花ら一癖も二癖もあるメンバーを
ボーダー鈴鳴支部基地のビルを建てたという来馬家のお坊ちゃんでありながらボーダー屈指の人格者来馬辰也が率いる。

戦闘・戦術

No.4攻撃手(アタッカー)の実力者である村上鋼をエースとし、戦術も鋼を中心としている。
アタッカーでも屈指の防御・支援能力を持つ鋼を最大限活かすため、来馬太一がサポートに回り、
鋼が実力を十全に発揮できるようにするのが基本戦術。
隊長来馬はボーダー入隊2年弱の比較的若手だが鋼の安定感ある強さを引き出すための堅実かつ慎重な作戦を指示できる指揮官であり、
二人が鋼と合流できなくても粘りの戦術で鋼の到着を待つ様子が作中では描かれた。

第二次大規模侵攻編においては、隊員3名が一時完全に別行動になり、それぞれにピンチを迎えるという体験を経る。
それ以降の描写となった作中のB級ランク戦編においては、
鋼に頼りきるわけではなく、鋼を信じることで他の隊員たちも大胆に動こうとする意識が随所で見られた。
その「信頼感」と鋼の強化睡眠記憶による「学習能力の高さ」は短期間での新たなチーム戦術の習得を可能にしており、
作中で描かれたB級ランク戦後半においては来馬隊長の両攻撃ハウンドという新たな武器を得て中距離での戦闘力を上昇させ、
強者揃いのB級上位陣とも互角に戦っている様子が描かれた。
事実来馬の個人ポイントはROUND3→ROUND7の間までに600ポイント以上上昇しており、戦功無し*1での上昇率としてはかなり高いほうであり、
上位陣にも新戦術が有効に働いているという裏づけといえるだろう。

太一は他二名に比べれば活躍が描かれることは少ないものの、
その独特な視野で来馬の窮地を救ったり、他の隊員たちではちょっと思いつきそうも無いような奇抜な作戦を提案したりといった面でチームに影響を与えている。
B級ランク戦ROUND7においては夜のショッピングモールの照明操作で敵を惑乱する作戦を実行。
解説の嵐山は進化した基本戦術に加え、「相手に「何をやってくるかわらかないぞ」と思わせられればそれは今後の強みになる」と語った。

そして来馬隊にはもう一つの基本方針があり、隊員たちの心の支えである来馬を守ることである。
鋼も太一も隊長の来馬を厚く信頼しており、どんな状況でも彼の生存を優先する。
ときに「防衛隊員」として敵性近界民(ネイバー)の攻撃から破壊目標や他の隊員を守る必要性も出てくる隊員たちにとって決して無視できない支援能力を向上させることにも繋がっている。

まだ全員入隊してから2年も経過していない、現在ワートリで登場している隊としては新しいチームであり、鋼も太刀川からさらなる成長を望まれるなど個々の技量もまだ進化の余地があるといえるが、
隊長来馬を中心とした同じ志をもつ仲間としての結束力、エース鋼を中心とした大崩れしない安定した実力への信頼感、
太一という起爆剤(?)、それらを支えるオペレーター
4つの絆で結ばれた「一心同体」のチームワークはBBFでの評価通り「理想的な隊の形の一つ」といえる。
各々が信頼しあい上を目指す限り「個人の進化」が直接「チームの進化」へとそのまま繋がる図式を持った、どこまでも進化し続ける可能性を持つチームだと言えるだろう。

隊服

ボーダーのジャージスタイルをベースとして、上着がショートジャケット状になっている。
色は緑。

作戦室

本部の作戦室は物がほとんどない。
理由は2つあり、
1つは鈴鳴第一には本拠地があること。
もう1つは余計な物を置いておくと、太一による被害を拡大してしまうため。
四人の隊員たちは普段は鈴鳴支部にて過ごし、ランク戦などの際は本部へ駆けつける生活を続けているようだ。来馬隊長はママチャリ愛用。

結成・変遷

鈴鳴支部のスターティングメンバーであるの入隊が1年前なので、この頃が結成時期なのだろうか?
前述のように来馬以外のメンツは県外スカウト組であり、入隊時期も四人とも2年弱前と固まっている。

基本的に玉狛以外の支部所属隊員は学業や本業が優先で部隊を組んで上を目指すことはないため、鈴鳴第一は例外。

備考

本拠地がやや離れた鈴鳴支部であることもあるだろうが、鈴鳴の様子が描かれる際は四人が揃って和気藹々している場面が描かれる事が多く、
プライベートでもやはりかなり仲が良い様子。
本物の悪がなにかやらかすのを来馬が見守り、に突っ込まれるのがお決まりのパターン。
鋼・今はかなり成績の良いキャラだが、現在大学生の来馬以外は全員普通校の高校(三門市立第一)に通っている様子。
派閥としては、来馬以外は県外スカウト組である影響もあるのか、それぞれ微妙なスタンスの違いはあるが皆かなり中立寄りで、
「派閥なし自由派」の面々とはまた違った独自の立ち位置、いうなれば「鈴鳴派(来馬派)」にいるものと思われる。

作中の活躍

6~10巻(アフトクラトルによる大規模侵攻)
大規模侵攻編において、南西部方面の防衛部隊の一つとして登場。
新型トリオン兵ラービットの登場により、に足止めを任せ、南部のが率いるB級合同部隊に合流。
人型近界民(ネイバー)ランバネインに遭遇し、太一が緊急脱出(ベイルアウト)したものの、
B級合同部隊とA級隊員達の即席部隊との連携により撃破した。
この際、隊長である来馬がおとり役を務めている。

11~12巻
B級ランク戦では、3日目昼の部において、玉狛第2(三雲隊)、那須隊と対戦する。



  • 隊員のほとんどがワートリスレ各所でなかなか本名で呼んでもらえないある意味扱いのいい(悪い)部隊だなw(小鹿先輩・仏先輩、本物の悪、寸胴etc) -- 名無しさん (2016-10-26 12:24:54)
  • ややをつけらよまでこすけやろう -- 名無しさん (2016-12-02 12:55:29)
  • やや本物の悪 -- 名無しさん (2016-12-02 22:50:06)
  • ガンダムもいるぞよ -- 名無しさん (2017-03-22 17:33:02)
  • 来馬隊いいチームだなぁ ランク戦楽しみだ~ -- 名無しさん (2017-04-18 02:23:28)
  • どんな場面でもリーダーの生存を優先させるってとこ好き。オサムとはにてるけど正反対でどっちも好き -- 名無しさん (2019-07-07 01:51:30)
名前:
コメント:

*1 対ガロプラ戦での戦功があった可能性もある