バッグワーム

製造: ボーダー
分類: ノーマルトリガー > オプショントリガー



レーダーに映らなくなるマントのトリガー
襟の部分にはパラボラアンテナの描かれた丸に斜線を引いたマークが付いている。
着用することでトリオン体の反応を隠すことができる。
起動するとマントが襟から形成されていき、オフにすると裾から消えていく。
マントが消え始めたときには既にオフ状態になっているようで、同じ側にセットされた別のトリガーを使うことができる。
使用中は常に少しずつトリオンを消費する。
トリオン体の反応を隠す性質からハウンドの探知誘導が防げるのではないかと推測されている。

同じステルス系のトリガーのカメレオンと異なり、起動していても当然のことながら普通に目で見える。
またカメレオンの性質上、カメレオンとバッグワームを同時に使うこともできない。

位置を知られると大幅に不利になる狙撃手(スナイパー)はほぼ常時バッグワームを起動した状態で立ちまわる。
その他のポジションの隊員も一部の例外を除きほぼ全員が装備していて、移動中や奇襲に使用する。

マントは風の影響を受けるため、強風の中ではバッグワームを起動していると風に煽られ移動に支障が出ることもある。
そのため暴風雨設定のランク戦では、は移動速度を優先してあえてバッグワームを使っていない。

技術者(エンジニア)に頼めば色を変えてもらうことができ(バッグワームに限らずボーダーのトリガーはどれも可能)、
天候が雪設定のランク戦では、東隊は隊服と合わせて白い雪迷彩にしたものを使用していた。

本来の用途ではないが、足の傷を隠す目的で荒船がバッグワームを使用したことがある。
またバッグワームを出して「着ない」という小技が可能で、はこれを利用したトラップを編み出している。

アフトクラトルマントと異なり、鉛弾(レッド・バレット)の効果を付与されたトリオンの弾丸を防ぐことができないことが、
千佳の鉛弾ライトニングの攻撃を受けた隠岐がバッグワームを貫通してトリオン体に錘を付けられたことで判明している。
風の影響を受ける仕様であることとの兼ね合いは現在のところ不明。

近界民(ネイバー)の使用するレーダーに対しての効果はないのでは?と、読者の間では推測されている。
これはレギーのレーダーにバッグワームを着用したスナイパーたちの反応が映ってしまっていることが大きな理由である。
しかし大規模侵攻やガロプラの攻撃で隊員たちがわざわざバッグワームを起動している理由が説明できないという反論もある。

名称は、英語で"蓑虫(ミノムシ)"を意味する"bagworm"に由来すると思われる。

【バリエーション】
二宮の使うバックワームは他とデザインが異なり、襟が立ち、片方の肩を出してスタイリッシュに着こなす。



使用者

バッグワームタグをセットしている特殊工作兵(トラッパー)の3人と観測手(スポッター)の1人以外の正隊員は全員が装備している。



  • スナイパーはサブ側の1番スロット、他のポジションはサブ側4番スロットに入れるのが通例のようだ。出水のような例外もいるが。 -- 名無しさん (2016-09-22 16:11:53)
  • 実体化しているか不明。R3では暴風の影響を受ける発言が見られる。風に煽られるなら重さがあり実体化していそうである。しかし鉛弾は貫通する。 -- 名無しさん (2016-10-03 19:27:52)
  • 王子隊の作戦会議中にある「攻撃手のバッグワームは攻撃にも防御にも邪魔だから奇襲にしか使わないだろう」の発言は、ひらひらして動きにくいという意味なのか、片手がふさがってしまうからなのか -- 名無しさん (2016-10-05 09:27:14)
  • 鉛がすり抜ける=実体無しで確定 -- 名無しさん (2016-12-23 21:41:02)
  • かなりトリオン消費が激しいんだろな。でないとバックワームタグの存在意味が無いし -- 名無しさん (2016-12-23 22:38:24)
  • 修がアステレイガストスラスタースパイダーやらと一緒に散々使ってるからそれはない スイッチボックスや強化レーダーやカメレオンの消費が無駄に激しい方が自然 -- 名無しさん (2016-12-23 23:03:41)
  • バックワームタグってデメリット大杉 -- 名無しさん (2016-12-24 08:39:30)
  • 鉛弾がバッグワーム貫通したのはバグワオフにしたら鉛弾効果が消えるなんていう擬似シールド考察を防ぐためでしょ -- 名無しさん (2018-11-20 09:44:36)
名前:
コメント: