※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

作品名『刀遊記』

作者「千夜」



おもしろさ=★★★★★

解説

【ジャンル】侍西部劇

『刀遊記』
その魅力は何と言っても、
高クオリティ高ペース。

漫画レビュー第一回で紹介させて頂いた、
『K』が完結した(第一部)今、
新都社の看板と呼べる漫画はこの漫画なのではないかと思っています。


漫画としては、
これまで紹介したどの漫画よりも、正当で王道な少年漫画で、
章ごとにきちんと話がまとまっていて、
非常に読みやすい漫画です。

王道な展開が続きますが、
それぞれの章ごとにパターンが違うので、
飽きることなく楽しむことが出来ます。

web漫画はアタリハズレが玉石混合に入り混じっているので、
初見の漫画を読む際には若干躊躇ってしまう面があるのですが、
刀遊記に関しては、
「これは面白い(確信)」
……という感じで、スラスラと読み進めることが出来ました。

まず主人公が一人の人間として、一つの筋を持っているので、
余計な葛藤が無く、物語の進行が円滑。
少し頼りなさそうな面も見せますが、
トボけているようで、いざという時には頼りになる。

人気商業漫画の主人公を思い浮かべるとわかりますが、
清十郎のような主人公はまさに漫画の主人公として理想像とも言えるでしょう><

刀遊記の印象としては、
ジャンプ系の少年漫画に近いかも知れませんね。

重い題材を使用しつつも主人公の天然さでそれを暗く見せすぎず、
隙あらばギャグ描写をまじわせ話にメリハリをつけ、
盛り上がる場面では思い切り熱く盛り上げる。

絵としては一般に言うプロほどでは無いにせよ、
趣味の個人製作としてはかなりの出来栄えであり、
何よりコマの使い方や演出が完璧。
  
添付ファイル