Psiアビリティ

Psiに目覚めたあなたのために

 

超能力を使用するためには、ゲームの開始地点となる拠点South Gate Station(SGS) Level 6のPasqualeに会う必要があります。

彼から渡される錠剤を飲むことで前提となるPsi EmpathyのFeatを得られます。ただし最大ヘルスが恒久的に25%失われるのでご注意を。

その後、PasqualeがSGS内で超能力を指南してくれる人物を教えてくれます。スキル能力値を満たした上で、彼らにSGS Creditを支払うことで習得できます。

    Thought Control(精神操作):Level 7のEzra
    Psychokinesis(念力):Level 0からSGSを出て北上したところのBisson、メインクエスト進行によりLevel 6へ移動
    Metathermics(温度コントロール):Level 8のQuinton

彼らから教わることの出来るもの以外は、主に探索や取引などで入手できるPsionic Mentorの使用により習得できます。

 

 


 

Thought Control(精神操作)

Neural Overload(神経放電) (0) Frighten(怖がらせる) (30) Bilocation(バイロケーション) (35) Mental Breakdown(神経衰弱) (45)
Psi-cognitive Interruption(超能力認識妨害) (55) Enrage(乱心) (60) Pseudo-spatial Projection(嘘体空間投影) (65) Neurovisual Disruption(視覚障害) (70)



Psychokinesis(念力)

Telekinetic Punch(念打) (0) Force Field(力場) (25) Electrokinesis(電気操作) (30) Force Emission(力放出) (35)
Disruptive Field (40) Electrokinetic Imprint (45) Telekinetic Proxy (55) Implosion (70)


Metathermics(温度コントロール)

Cryokinesis (0) Pyrokinesis (25) Cryostasis (35) Pyrokinetic Stream (35)
Cryokinetic Orb (40) Thermodynamic Destabilization (50) Cryo-Shield (55) Exothermic Aura (70)


Temporal Manipulation(時間操作) 現在未実装、リリース予定の拡張DLC"Expedition"にて実装

Temporal Distortion Limited Temporal Increment Psycho-temporal Dilation Precognition
Temporary Rewind Stasis Psycho-temporal Contraction Entropic Recurrence

 


Thought Control(精神操作)

Neural Overload

行動ポイント: 18
消費Psi: 15
射程: 6.0

生物対象の中枢神経回路をショートさせてElectricalダメージを与える。ターゲットのInteligenceが5を超える1ポイント毎に、ダメージは10%ずつ増加する。

このダメージはシールドで防げないうえ通常のElectronical resistanceを無視するが、ターゲットのResolveによって軽減され得る。

習得:SGS Ezra

 

Frighten

行動ポイント: 15
消費Psi: 40
射程: 3.0
再使用: 8 turns

最大で4ターンの間パニックを引き起こさせる目的で、ターゲットの精神に恐ろしいイメージを投影する。

習得:SGS Ezra

 

Bilocation

行動ポイント: 35
消費Psi: 60
射程: 12.0
再使用: 7 turns

自己とターゲット双方の破滅に躍起になっているドッペルゲンガーを生み出す。ドッペルゲンガーには物理的な攻撃全てが無効であり、全てのシールドとResistanceを貫通する精神ダメージをターゲットに与える。4ターン継続。

消費Psiは大きいが4ターンの間3回攻撃が入るのは強い、またForceField(力場)と合わせると安全に戦える。おすすめアビリティ。

習得:Silent Isle奥、Mysterious Pillersから(要Will 7)

 

Enrage

行動ポイント: 35
消費Psi: 50
射程: 5.0
再使用: 8 turns

生物を4ターンの間激怒させ、周りにいるもの全てを襲わせる

Tips

習得:Psionic Mentor→Rail CrossinのAzira Boudreauから購入

 

Psi-cognitive Interruption

行動ポイント: 20
消費Psi: 25
射程: 10.0
再使用: 5 turns

対象のPsi Pointを25-75焼却し、そのX%のダメージを与える。このダメージはシールドで防げず、耐性を無視するが、Resoleveにより軽減される。

また、対象に最大で3ターンの間Psionic Inhibitionの状態異常を与え、Psi アビリティの起動とPsi Pointの回復を阻害する。

Tips

習得:Psionic Mentor→Institute of TchortのInvextigator Kiroから購入 またはBunkerのStorage 1A内部のShelvesから

 

 

Pseudo-Spatial Projection

行動ポイント: 30
消費Psi: 25
再使用: 8 turns

あなた自身のコピーをX体、あなたのすぐ近くにいるように敵の精神へ投影する。効果は5ターンの間続く。

あなたが素手または武器による攻撃を受けた際、あなたの代わりにコピーが攻撃を受ける可能性がある(確率は敵のresolveに依る)、攻撃を受けたコピーは消滅する。

Tips

習得:Psionic Mentor→OculusのPhyllisから購入 Hecate Research Outpostのdesk Tithnus Laboratoryのshelvesの上にある他のMentorの近く Caerus Residential Blackの隠しエリア

 

 

Neurovisual Disruption

行動ポイント: 10
消費Psi: 40
射程: 5.0
再使用: 10 turns

対象の感知能力を2ターンの間失わせ、その視界からあなたの姿を消し即座にステルス状態となる。対象は5ターンの間perceptionを5失い、detectionが50%となる。

このアビリティを使用するとあなたの残り全てのAPとMPを消費する。機械と、true-sightを持つ生物には効果がない。戦闘中にのみ起動できる。

tips

習得:Psionic Mentor→SGSのEzraから購入(ゲーム終盤) Institute of Tchort utilility section laboratoryのfile cabinetsから

 


Psychokinesis(念力)

Telekinetic Punch(念打) (0)

行動ポイント: 15
消費Psi: 50
射程: 5.0
再使用: 3 turns

対象に念動力による一撃。mechanicalダメージを与え、耐久力判定に失敗すれば1ターンの間気絶させる。気絶効果は生物にのみ有効。

Telekinetic Proxyのコピー対象。

習得:SGS Bisson

 

Force Field(力場) (25)

行動ポイント: 15
消費Psi: 30
射程: 7.0
半径: 1
再使用: 8 turns
持続: 2 turns

入り込めない力場を指定した空き場所に2ターンの間発生させます。

自分を囲む、敵を囲む、進路妨害、2ターンだけなら使いづらいが、フィートForceUser(能力者)と合わせると4ターンになるため強力なアビリティに。

またPerceptionが低いであろうPsiUserが、Crawler(爬虫類のニンジャ)にイライラする時は近づいて自分を囲み、Crawlerが姿を現すのを待つのがおすすめ。

習得:SGS Bisson

 

Force Emission

消費Psi: 5

切り替え式のスキル、起動時に素手か拳武器による攻撃を行う度にmechanicalダメージを追加で与える。一撃ごとにPsi Pointを5消費する。

切り替えには行動ポイント消費はなく、再使用は間をおかずに可能。Telekinetic Proxyのコピー対象。フィート、PsychosisとTranquilityの効果は適用されない。

習得:SGS Bisson

 

Telekinetic Proxy

行動ポイント: 10
消費Psi: 15
射程: 10.0
半径: 3
再使用: 1 turns

Telekinetic Proxyを設置する。既に設置されている場合は指定地点に移動させる、ただし設置場所から離れすぎている場合は新たに設置する。通過点にいたもの全てにmechanicalダメージを与える。Telekinetic Proxyはあなたの使用する単体を対象とするtelekinetic Psiアビリティを、対象が範囲内にいればコピーして発射する。proxyは3ターンの間残る、ただし移動させるかpsiをコピーする度に効果時間はリセットされる。

コピー対象となるのはTelekinetic Punches, Force Emission, Implosion。コストは極めて良好、これらを積極的に使うなら設置しない手はない。移動時のダメージは自身には入らない。

習得:Psionic Mentor → Core CityのHeidi、またはFort ApogeeのAnastasiaから購入。 

 

Disruptive Field

行動ポイント: 10
消費Psi: 10
射程: 12.0
再使用: 4 turns

対象の周囲に崩壊フィールドを創り出し、2ターンの間遠隔及び投擲武器の命中率を大きく下げる。

Tips

習得

 

Implosion

行動ポイント: 30
消費Psi: 50
射程: 5.0
再使用: 5 turns

対象にその最大ヘルスの(20~75%)のダメージを与える。このダメージは耐性とシールドを無視するが、クリティカルヒットは発生しない。

Tips

習得

 

Electrokinesis

行動ポイント: 30
消費Psi: 35
射程: 8.0

対象に向け雷の矢を飛ばしてelectricalダメージを与え、1ターンの間スタンさせる。また、近くに別の対象がいる場合は最大4回まで跳弾する、ダメージは跳弾1回ごとに15%低下。スタンするのは最初の対象のみ。

Tips

習得

 

Electrokinetic Imprint

行動ポイント: 10
消費Psi: 15
射程: 5.0
再使用: 3 turns

解説

Tips

習得

 


Metathermics

気温を急激に変化させることで、熱と冷気を操る分野

Heat

関連Feats: Pyromaniac, Thermodynamicity

Pyrokinesis

行動ポイント: 35
消費Psi: 40
射程: 10.0
半径: 2
再使用: 3 turns

超高温のガス球を投げつける、着弾地点で爆発し、巻き込まれたものにHeatダメージを与える

Feats:Pyromaniac 着火確率=50%

爆発の中心地点に近いほどダメージが大きくなる、グレネードと似た使用感。狙った地点に飛ぶかどうかはスキル値と距離次第。

習得:SGS Quinton

 

PyroKinetic Stream

行動ポイント: 20~
消費Psi: 25~
射程: 6.0

指定地点に向け炎の奔流を生み出す、その通り道にいるものにHeatダメージを与える。

これは3回敵にダメージを与え、さらに残っているAP 10, Psi point 5ごとに1回、それらを消費して追加攻撃を行う

Feats:Pyromaniac 着火確率=20%

位置次第では複数の敵を同時に攻撃可能。追加弾も合わせるとダメージ量はかなりのものとなるが、その場合APとPsi Pointを大量に消費する。

習得:SGS Quinton

 

Thermodynamic Destabilization

行動ポイント: 20
消費Psi: 30
射程: 10.0
再使用: 5 turns

対象は2ターンの間、倒されると爆発し、周囲にダメージを与えるようになる。このダメージ量は対象の最大ヘルスに依存し、MecanicalとHeat属性を持つ。

実際のダメージ量は対象のデバフアイコンにて確認できる。爆発範囲はグレネードと同等。

習得:Psionic Menor→ Foundryの病院にいるEstelleから購入

 

Exothermic Aura

行動ポイント: 25
消費Psi: 40
再使用: 12 turns

炎のオーラを身にまとい、4ターンの間Heatダメージを無効化し周囲を炎上させる、ただし4ターン目は炎上の効果は失われる。

炎上した床に立っているものは最大ヘルスの6%-15%、加えてHeatダメージを受ける。炎上した床を移動する際にはこれらのダメージの3分の1を受ける。

これらのダメージの大きさはその地点の炎の勢いに依存する。

Pyro系の超能力や、幾つかのグレネードに対して無効化が有効。ただしアーマー耐久度へのダメージは入る。

自身が移動することで次々と周囲を炎上させることができる、同じ場所に待機し続けるかターンごとに何度も通過することで炎の勢いが増す。

習得:Psionic Mentor→ Foundry Bunker(北西ブロック地下)のDeskから 

 

Cold

関連Feats: Thermodynamicity, Hypothermia, Cryogenic Induction

Cryokinesis

行動ポイント: 25
消費Psi: 15
射程: 12.0

氷の破片を生成し対象へ向けて放つ。cold、mechanicalダメージを与え、更にChillの状態異常を与える。この以上は2ターンの間、対象のMovement Pointを10減少させる。3回までスタックする。

APコストは高めだが、長射程、なかなかのダメージ、移動力減少付与と非常に扱いやすい。近接攻撃しか持たない相手ならこれ一つで完封も可能。

習得:SGS Quinton

 

CryoStasis

行動ポイント: 10
消費Psi: 65
射程: 6.0
再使用: 8 turns

対象をCryostasis状態にして2ターンの間行動不能とする、対象がChill状態なら、そのスタック数に応じて効果時間が伸びる。何らかのダメージを与えることでこの効果は解ける。

APコストたったの10で敵1人を行動不能に出来る、しかも超能力なので必中。敵が1人のみの場合はその敵を氷漬けにすると戦闘状態が解ける。

Feats: Cryogenic Induction この超能力で行動不能となっている対象に攻撃した際に、その残りヘルスの50%以上のダメージを与えた場合、対象は砕け散り即死する(mechanicalかcoldダメージでのみ発生)

習得:SGS Quinton

 

Cryokinetic Orb

行動ポイント: 35
消費Psi: 50
射程: 10.0
半径: 5
再使用: 3 turns

大きな氷の球体を指定地点に飛ばし、砕け散らせる。破片は全方位へ飛び、当たった相手にそれぞれcold、mecahnicalダメージを与え、chill状態にする。

着弾地点に近い対象には複数の破片が突き刺さり、遠く離れている対象には少ない数しか命中しないだろう。破片は50%の確率で命中した相手を出血状態とし、命中時に与えたmechanicalダメージの100%を3ターンかけて追加で与える。

非常に攻撃範囲が広いが、破片は障害物によって阻まれるために思ったほどの効果が出ないことも。出来るだけ開けたところで使いたい。

習得:Psionic Mentor→Core City Drop Zoneを抜けた先、 Black Crawler campから出たところの建物のshelvesの中

 

Cryo-Shield

行動ポイント: 25
消費Psi: 20
再使用: 10 turns

起動したものの周りに5つの氷の破片を生み出す。起動者が近接攻撃を受けた際、50%の確率で受け止めてmechanicalダメージで反撃、破片を一つ失う。破片をすべて失うか8ターンの経過で効果は切れる。

コストは安めで効果は長い、戦闘開始前に起動しておくのも手。周りに破片が浮いているからといって、ステルス状態が見破られやすくなるということはない。

習得:Psionic Mentor→Upper Underrail, Dolos Centerのshelves内、またはDeep Caverns, Caerus Residential Blockのbag内

 

 

*未確認事項

  • ベース及びスキル値による効果のスケール量、いくつかのものはダメージ量を表記せずにおいてある
  • 強化Featによる強化内容
  • 本家Wikiの内容にも記述が古いものがある、ゲーム中のテキストもチェック