※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

[2014/05/09 23:01:06] 深城 どらお: こんばんはー
[2014/05/09 23:01:16] 高里潤: こんばんはー
[2014/05/09 23:01:49] 風真 景: こんばんは!
[2014/05/09 23:02:15] 桐嶋 はな子: こんばんわ!
[2014/05/09 23:02:22] 桐嶋 はな子: 昨夜はさーせん!
[2014/05/09 23:03:08] 風真 景: 私は、最初寝てたしね、ある意味( ´∀`)人(´∀` )ナカーマ
[2014/05/09 23:03:14] 高里潤: いやいや。とりあえずサイコロ振るとこまでって最初に言ったし。
[2014/05/09 23:03:54] 深城 どらお: ラスボスはねむみ
[2014/05/09 23:04:30] 風真 景: なにげに、こえさんの「ねむみ」って言い方、かわいい
[2014/05/09 23:05:27] 深城 どらお: フォロワーさんが使っててかわいかったのでw
[2014/05/09 23:05:35] 桐嶋 はな子: 眠弥(ねむみ)ちゃん
[2014/05/09 23:07:37] 深城 どらお: この日の検索3回戦目からです
[2014/05/09 23:08:22] 高里潤: ではでは、それぞれ何を調べるかい?
[2014/05/09 23:08:46] 風真 景: 調べる内容がうむむ・・・
[2014/05/09 23:09:39] 深城 どらお: どらおは前述の通りネカフェで「ヤマモトジロー 弁護」
[2014/05/09 23:10:15] 深城 どらお: なにを調べたらいいのか分からなくなってきたよねw
[2014/05/09 23:12:18] 高里潤: 再度同じものにチャレンジでもいいよ
[2014/05/09 23:12:46] 風真 景: さっくり、オカルト本、リベンジする!!
[2014/05/09 23:13:30] 高里潤: OK
桐嶋姉さんはどうする?
[2014/05/09 23:13:59] 深城 どらお: そろそろ成功させたいね、がんば!>オカルト
[2014/05/09 23:14:50] 桐嶋 はな子: わお、考えてなかった!
[2014/05/09 23:15:01] 深城 どらお: そういえば技能のオカルトってなんだろう?いつ使うのかな?>GM
[2014/05/09 23:15:48] 風真 景: 次、失敗したら、うん、借りてかえって、夜もリベンジしようかなw
[2014/05/09 23:16:16] 高里潤: オカルト関係の知識補助。
たとえば、今回のオカルト本調べで、【オカルト】に成功したら【図書館】の成功率ボーナスを進呈しよう
[2014/05/09 23:16:43] 深城 どらお: おっ!?
[2014/05/09 23:16:55] 風真 景: どらおが調べたら、成功率あがるね!
[2014/05/09 23:17:35] 深城 どらお: どらおは35だけど、そこにはいないからねえw
[2014/05/09 23:18:24] 深城 どらお: もしくはオカルト本コーナーで目星とか?
[2014/05/09 23:18:27] 高里潤: 屋敷のかんぬきに貼ってあった例の物も、【オカルト】に成功したら、正体について何か推測できるかもしれない。
という感じ
[2014/05/09 23:18:28] 桐嶋 はな子: 飯塚が出ていた戦争の記録みたいのは探せない?
[2014/05/09 23:19:06] 風真 景: 一応、風真くん、「歴史」30ふってるけれど、「旧日本軍と黒魔術」の本、旧日本軍だからボーナスとか・・・むりかな?
[2014/05/09 23:19:44] 風真 景: あの、御札、オカルトでしらべたら、正体わかったのかもなのか・・・・!なんと・・・!
[2014/05/09 23:20:35] 深城 どらお: お札調べればよかったw 
[2014/05/09 23:22:55] 高里潤: 飯塚がだいたいどの地域に派兵されていたかっていうのは大雑把にならわかるかもしれない>戦争の記録

なるほど。旧日本軍方面で攻めるか!
OK。じゃあ、オカルトの軍事関連でせめるってことで【歴史】成功したら【図書館】ボーナスつけるよ!

桐嶋さんと風真くんの二人がかりでオカルト本漁りでもいいよ。
[2014/05/09 23:24:44] 高里潤: 技能については、「そのことに関する知識がある」ってことで、この技能使えない?とか、ボーナスつかない?っていうGMへの交渉はどんどんしちゃっていいよ。
[2014/05/09 23:25:10] 風真 景: 調べる内容を考えるあまりに、交渉まで頭まわってなかったwwww
[2014/05/09 23:25:10] 桐嶋 はな子: 「どう?風真くん、そっちのほうは順調かしら?」
[2014/05/09 23:26:51] 風真 景: 「う~ん、さっぱり・・・だけど、この「旧日本軍と黒魔術」って本、飯塚氏の不老不死と関係があるかも・・・?」
[2014/05/09 23:28:00 | 23:28:21を編集しました] 桐嶋 はな子: 「コッチはひと段落ついたから探し物手伝ってあげる。わたしはどれを読めばいい?」
[2014/05/09 23:29:09] 風真 景: というわけで、二人がかりでオカルト本しらべるよ!この場合ってどうダイス判定になるの?
[2014/05/09 23:30:43] 桐嶋 はな子: 図書館デートですか
[2014/05/09 23:30:45] 高里潤: それぞれ普通に調べるみたいに振るのでいいよ。結果を見て適当に情報開示するから
[2014/05/09 23:30:56] 桐嶋 はな子: では投げるよ?
[2014/05/09 23:31:43] 高里潤: じゃあ、先に図書館組いきましょうか。
お二人ともどうぞ!あ、風真君は先に【歴史】振ってね
[2014/05/09 23:32:28] 風真 景: まずは【歴史】ね、そおれ 結果73 失敗。
[2014/05/09 23:32:31] 深城 どらお: 低い目でろでろでろでろ
[2014/05/09 23:32:49] 風真 景: また、数字あがってきたwwww
[2014/05/09 23:33:09] 高里潤: じゃあ、ボーナスは残念ながらなしで。風真君は続けて【図書館】どうぞ
[2014/05/09 23:33:44] 風真 景: 【図書館】45 結果49 ・・・・
[2014/05/09 23:34:00] 風真 景: 下がったけど、おしい!
[2014/05/09 23:34:04] 深城 どらお: 惜しい!
[2014/05/09 23:34:21] 高里潤: おしい!
桐嶋さんも【図書館】投げちゃっていいのよ
[2014/05/09 23:34:36] 桐嶋 はな子: うい
[2014/05/09 23:35:41] 桐嶋 はな子: 76 成功!
FEで80%は必中に近いことを知るゲーマー影絵劇場抜かりはない
[2014/05/09 23:36:07] 深城 どらお: やったね!
[2014/05/09 23:36:20] 風真 景: 技能振りも含め、さすがです!
[2014/05/09 23:42:14] 桐嶋 はな子: 。
[2014/05/09 23:43:52] 高里潤: おめでとう!
たしかに80はほぼ当たる。

では、風真君は残念ながら目ぼしいものは見つけられなかったね。
で、桐嶋さんは以下のものを見つけた。

  • 異形と契約し、不老不死の体を手に入れる方法というもの。ただし、闇の生き物となるため太陽の元で生きられないらしい。創作話、都市伝説っぽい内容ではある。

  • 「赤い魔術的な細工を施した宝石」を使って異界の異形を召喚するというもの。その宝石を使い、異形を制御するらしい。昔、イギリスの黒魔術会が軍事利用を目的にためしたとかなんとか。都市伝説に近いもの。
[2014/05/09 23:44:53] 深城 どらお: この内容、もしかして・・・
[2014/05/09 23:45:14] 高里潤: ・あと、例の御札と思われるものも発見。魔除けの御札だね。
[2014/05/09 23:45:38] 深城 どらお: なーんだSANチェックなしかw
[2014/05/09 23:46:13] 高里潤: 図書館の表にSANチェックするような本は置いてないよwww
[2014/05/09 23:46:14] 桐嶋 はな子: まあ図書館で一般閲覧できる程度の内容ですしお寿司はネギトロ
[2014/05/09 23:48:51] 風真 景: 「闇の生き物ってまるで、吸血鬼ですね、赤い宝石ってどんなものなんだろう」
[2014/05/09 23:50:02] 高里潤: では、お次はどらおくん、どうぞ!
[2014/05/09 23:50:28] 深城 どらお: 図書館だよね?
[2014/05/09 23:50:38] 高里潤: うん
[2014/05/09 23:51:17] 深城 どらお: 図書館65 結果79 何しにネカフェ行ったんだかw
[2014/05/09 23:52:14] 桐嶋 はな子: 。
[2014/05/09 23:53:15] 風真 景: どらお、がんばったよ。うんがんばった。
[2014/05/09 23:53:36] 桐嶋 はな子: 。
[2014/05/09 23:53:43] 高里潤: じゃあ、以下の情報をどらお君は見つけたよ。
  • 山本弁護士はかなりすごい人だったらしい。(特に例の事件の弁護に関して)
残り時間でどらおくんはたまたま検索に引っかかったネコ画像にくっびったけだった。
[2014/05/09 23:54:20] 深城 どらお: 「はぁんニャンコかわいいよニャンコ///」
[2014/05/09 23:54:29] 桐嶋 はな子: 仕事しろw
[2014/05/09 23:55:03] 風真 景: どらおは猫好き・・・・とc⌒っ゚д゚)っφ 
[2014/05/09 23:55:35] 深城 どらお: どらおは犬猫好きだよー
[2014/05/09 23:56:48] 風真 景: そういえば、ワンコもすきだったね。どらお
[2014/05/09 23:57:23] 風真 景: 今、ゲーム内の時間はどのくらい?
[2014/05/09 23:58:10] 高里潤: 図書館は閉館しました。19時くらい
[2014/05/09 23:58:42] 桐嶋 はな子: 赤い目の老人は、もしや赤い魔石を眼に移植した姿…くっ、ちゅうにごころに火がついた!!
[2014/05/09 23:58:59] 風真 景: wwwwwwwちゅうにwww
[2014/05/09 23:59:38] 桐嶋 はな子: ではアジトにいこうかー
[2014/05/09 23:59:52] 風真 景: でも、私もそれ思った、移植ってより、自分の目を犠牲にしたとか、
[2014/05/10 0:00:04] 風真 景: アジトにて会議ですな!
[2014/05/10 0:00:06] 深城 どらお: どらおもアジト向かう。
[2014/05/10 0:00:44] 高里潤: OK
では君たちは桐嶋アジトへ向かった。
相談タイムどうぞ!
[2014/05/10 0:04:01] 桐嶋 はな子: 「深城くんも、今日はお疲れ様。二人とも今日の成果をまとめましょう?」
[2014/05/10 0:05:10 | 0:15:55を編集しました] 深城 どらお: どらおは特に収穫ナシ、国広哲夫がネットで叩かれてたことくらい あとねこ画像
[2014/05/10 0:06:05 | 0:06:20を編集しました] 桐嶋 はな子: 「ニャンコの話なんて今はどうでもいいわよ…まったく、もぅ」
[2014/05/10 0:06:45] 深城 どらお: はなこはどらおと風真くんの相談内容はすでに知ってる?三上さんとこ行こうか、みたいな
[2014/05/10 0:07:40 | 0:07:52を編集しました] 桐嶋 はな子: 「なるほどね。それなら三上さんに今電話で聞いてみる?それとも直接出向く?」
[2014/05/10 0:08:55] 桐嶋 はな子: 。
[2014/05/10 0:12:54] 高里潤: 前に住んでた山本さんと山本次郎の関係について、っていう件?(ログをたどってた
[2014/05/10 0:13:11] 桐嶋 はな子: そうですー
[2014/05/10 0:14:03] 深城 どらお: そう、イコールかどうかって点とかつての持ち主飯塚さんを知ってるか
[2014/05/10 0:15:18] 風真 景: 個人的には、飯塚哲司と国広哲夫に何か繋がりがあるか知ってるか
[2014/05/10 0:16:21] 深城 どらお: 電話できる時間?
[2014/05/10 0:16:35] 高里潤: OK
了解。電話をしてみるかい?
[2014/05/10 0:16:44] 桐嶋 はな子: じゃあしましょうか!
[2014/05/10 0:16:56] 深城 どらお: 桐嶋先生お願いします
[2014/05/10 0:17:40] 風真 景: お願いします!
[2014/05/10 0:18:27] 高里潤: じゃあ、桐嶋さんが三上さんに電話を掛けると、ちょうど出てくれたよ
「これは、桐嶋さん。本日はどのようなご用件でしょうか?」
[2014/05/10 0:19:32] 桐嶋 はな子: 「夜分すみません。屋敷の件についてお伺いしたい事が数点ございまして…」
上記の疑問を聞いてみます。
[2014/05/10 0:22:33] 高里潤: では、
  • 例の山本さん一家に次郎という人はいない
  • 飯塚さんが元の持ち主というのは、いま初めて知った
  • というわけで、飯塚、国広の関係についてはわからない
[2014/05/10 0:23:29] 深城 どらお: 三上氏ーーー
[2014/05/10 0:23:30] 風真 景: 残念ー。
[2014/05/10 0:24:03] 桐嶋 はな子: 、
[2014/05/10 0:24:52] 深城 どらお: ま、わざわざ出向くほどではなかったですね。哲司哲夫つながりはどう攻めればいいんだろう
[2014/05/10 0:25:49] 桐嶋 はな子: 「ありがとうございます。因果関係がないと判明しただけでも調査の進展になりましたわ。お忙しい中、ご丁寧にお応えくださり本当に助かりました」
桐嶋は丁寧に電話を切ります。
[2014/05/10 0:27:14] 深城 どらお: (うーん、これが探偵のお仕事っぷりかあ)感心するどらお。骨董屋はゆるいからねえ
[2014/05/10 0:27:29] 桐嶋 はな子: 「なんだか、堂々巡りって感じね…ふう。あーもう。

どう?二人とも場所変えない?…よかったら、探偵事務所近くに行きつけのBARがあるんだけど」
[2014/05/10 0:28:26] 深城 どらお: 「ばばばBAR!?ぼくそんな小洒落たとこ行ったことないデス!」
[2014/05/10 0:28:52] 風真 景: 「ボクも・・・担当さんとは、居酒屋ばっかりになるから・・・」
[2014/05/10 0:30:06] 桐嶋 はな子: 「そんな大したとこじゃないわよ、あんまり期待しないでよね?」
と、言いつつも、ふふっと、ほくそ笑む桐嶋。三人は車で探偵事務所まで移動し、其処から徒歩5分のBARに移動します…いいですか?
[2014/05/10 0:30:38] 高里潤: OK。皆さんよろしければどうぞ―
[2014/05/10 0:30:47] 風真 景: おkですー
[2014/05/10 0:31:08] 桐嶋 はな子: BARの内装はどんなんですかね?(恒例のアレ)
[2014/05/10 0:31:24] 深城 どらお: おkです なにをほくそ笑んでいるのかw
[2014/05/10 0:31:41] 桐嶋 はな子: 二人とも、ウブな感じだから
[2014/05/10 0:31:54] 風真 景: なんか、怖いんだけどwww
[2014/05/10 0:31:58] 深城 どらお: www
[2014/05/10 0:32:25] 深城 どらお: 「へえ、居酒屋で打ち合わせとかするんだね!ぼくは伯父さんやお客さんとたまに焼き鳥屋いくぐらいだなー」
[2014/05/10 0:33:24] 風真 景: 「担当さんがビール好きだからね。割としょっちゅう行ってるよ。」
[2014/05/10 0:33:44] 深城 どらお: 自分で書いておいてなんだけど、どらおと焼き鳥の親和性はなかなかだと思うw
[2014/05/10 0:34:08] 風真 景: wwwwwww
[2014/05/10 0:34:30] 桐嶋 はな子: 車内にて
「へえー。お金持ってるんだから二人とも、もっと遊んでるのかと思った。ちなみにどんなお酒が好きなの?」
[2014/05/10 0:35:49] 風真 景: 「ボクは、飲めなくないんだけど、お酒はあんまり・・・」
[2014/05/10 0:36:31] 深城 どらお: 「焼酎や日本酒もたまに飲むけど、やっぱりビールかなー。桐嶋さんはお酒飲む方なんですか?」
[2014/05/10 0:39:04] 桐嶋 はな子: 。
[2014/05/10 0:40:19] 桐嶋 はな子: 「まあね、どうしても今日みたいにモヤモヤした気分の時は欲しくなっちゃうわね〜」

とお話もしつつ、BARにつきました。
[2014/05/10 0:40:37] 高里潤: おい、まじかよ。
じゃあ、BARは階段を下って、少し地下に入ったところにあるよ。階段手前に、電光看板が置いてある。主張しすぎず、控えめでありながらも品のある感じ。ブラックに近い青の背景に、白い色で筆記体で店名が書かれている。あと、階段の地上手すり部分にツタが巻きつけてある。

店内は暖かさを感じるオレンジに近い色の蛍光灯に照らされていた。天井には大きなシーリングファンがゆっくりと回っている。カウンターとテーブル席が2つほど。
奥にはダーツ台が二つある。
カウンターでは初老の男性がグラスを磨いているよ。
店内には古いジャズが流れているね。


どうだ!
[2014/05/10 0:41:28] 高里潤: BARなんてドラマで見たことしかないんだよ
[2014/05/10 0:41:42] 風真 景: すっげぇ、細かい描写!
[2014/05/10 0:41:49] 高里潤: シーリングファンは各自ググってください
[2014/05/10 0:42:02] 深城 どらお: GM渾身の情景描写!居心地よさそうだね!
[2014/05/10 0:42:15 | 0:43:08を編集しました] 桐嶋 はな子: 西部劇のBARにありがちな、アレね
[2014/05/10 0:42:42] 深城 どらお: マスターに目星させろ
[2014/05/10 0:42:53] 高里潤: そうアレ。あとリゾートホテルにありそうなアレ。
[2014/05/10 0:42:57] 桐嶋 はな子: 探偵とシックなBARの親和性よ。ありがとう!!GMさん!!
[2014/05/10 0:43:21] 深城 どらお: 髭はあるのかヒゲは!
[2014/05/10 0:43:24] 高里潤: おい、嫌がらせか!目星どうぞ。失敗しろ。>マスターに
[2014/05/10 0:43:58] 風真 景: wwwwwwwwwwwww
[2014/05/10 0:44:05] 桐嶋 はな子: うちの働いてる紅茶屋さんにもあるよ。風速MAXにすると外れて飛んできそうなくらい凶暴になります
[2014/05/10 0:44:11] 深城 どらお: 目星85 結果29 ドヤァ
[2014/05/10 0:44:39] 風真 景: すっげえ低い数字wwwwwwwwwwww
[2014/05/10 0:44:55] 風真 景: なぜ、ネカフェででないんだwwwww
[2014/05/10 0:45:03] 深城 どらお: wwwwwwww
[2014/05/10 0:45:35] 深城 どらお: 煩悩が数字となって顕現したとしかwwww
[2014/05/10 0:46:39] 風真 景: シーリングファンってそんなに凶暴なのかwwww
[2014/05/10 0:47:24] 深城 どらお: ぐるぐる回ってるだけかとw 飛んできたら怖い
[2014/05/10 0:47:32] 深城 どらお: マスターの指輪の有無も教えておくれ>GM
[2014/05/10 0:47:54] 桐嶋 はな子: え?どらおは同性愛者?
[2014/05/10 0:48:35] 風真 景: wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
[2014/05/10 0:48:35] 深城 どらお: ちがうっす、プレイヤーの興味とモチベーションのためっす
[2014/05/10 0:48:43] 風真 景: なぁんだ・・・
[2014/05/10 0:48:57] 桐嶋 はな子: ミチミチ天井がしなります→ファン
[2014/05/10 0:49:20] 桐嶋 はな子: クトゥルフならば許される裏設定かと思いきや
[2014/05/10 0:49:40] 深城 どらお: あ、そっちの方がよかっただろうか!
[2014/05/10 0:51:10] 深城 どらお: その場合、この後のBARのシーンがより面倒なことになるがよろしいか
[2014/05/10 0:52:32] 高里潤: 水槽があるようなオシャレなとこと、どっちにしようか一瞬迷ったけど、きっとそっちは例の羽山が行ってそうだからやめた。

ちくしょう!!!
じゃあ、カウンターでグラスを磨いていたのはどうやらここのマスターのようだ。他に店員がいないところを見ると、彼だけで細々とやっているのかもしれない。
銀縁メガネをかけたロマンスグレーの品のある男性だ。姿勢が良く、生やした口ひげも丁寧に整えられている。服にも丁寧にアイロンがかけられているみたいだ。
グラスを磨く手つきが手馴れており、長いことこの仕事をしていたように思われる。
結婚指輪はしているよ。よく磨かれており、大事にされているようだ。

桐嶋さんを見ると、目を細めて
「これは、桐嶋さん。いらっしゃい」
と出迎えてくれる。

ダイス神は出す目を間違えている。
[2014/05/10 0:52:44] 桐嶋 はな子: 。
[2014/05/10 0:52:57] 風真 景: 羽山wwwwwww
[2014/05/10 0:53:07] 桐嶋 はな子: 羽山ww
[2014/05/10 0:53:23] 高里潤: シーリングファンってMAXにすると凶暴になるものだったのか
[2014/05/10 0:54:25] 深城 どらお: 羽山の行きつけのとこは水槽をブラックライトで照らしてありそうw
[2014/05/10 0:55:08] 風真 景: あぁ~ものすごい勢いで、イメージがわいた>ブラックライト
[2014/05/10 0:55:16] 高里潤: きっと水槽にはアロワナが泳いでいる
[2014/05/10 0:55:23] 深城 どらお: GMとダイスの神よ、ありがとう!妄想がはかどるよ
[2014/05/10 0:55:58] 高里潤: イラストは某影矢なんちゃらさんがきっと描いてくれる
[2014/05/10 0:56:17] 桐嶋 はな子: 「あ、マスターひさしぶり。わたしはいつものね」
BARの奥の、桐嶋にとっての定位置にある椅子に慣れた動作で座ります。
ちなみに、いつものといえばミントとラムを割ったモヒートが出てきます。
[2014/05/10 0:56:50 | 0:57:09を編集しました] 風真 景: え?これフラグwwww>影矢なんちゃらさん
[2014/05/10 0:57:19] 深城 どらお: どこに打球が飛んでくかわからないwwww
[2014/05/10 0:57:36] 桐嶋 はな子: 実写化したら、マスターはおひょうさんで決まりですな
[2014/05/10 0:58:45] 深城 どらお: 「ええと、何頼もう・・・黒ビールと生のハーフ&ハーフお願いします。」
[2014/05/10 0:59:31] 桐嶋 はな子: 「あとまだ晩御飯済んでないから、ナポリタンも。サイズ大きめでお願いしてもいいかな?」
[2014/05/10 0:59:55] 桐嶋 はな子: ちなみにこのBARは、いわゆるメニュー表のないBARですね?
[2014/05/10 1:00:18] 風真 景: 「ええと・・・すみません、ノンアルコール系、お願いしてもいいですか?」
[2014/05/10 1:00:40] 風真 景: (メニュー表がないBAR・・・・敷居たかそう・・・)
[2014/05/10 1:00:50] 深城 どらお: BAR初体験の子たちには高すぎるハードルwww>メニューない
[2014/05/10 1:01:40 | 1:01:50を編集しました] 桐嶋 はな子: 「風真くんも、ちょっとはお酒飲めないと女の子にもてないわよ〜?」
香りのいい生ミントが敷き詰められたモヒートのグラスを片手に、ちょっとからかう桐嶋さん。
[2014/05/10 1:02:50] 深城 どらお: 「ぼくもナポリタンで。桐嶋さん、夜はちゃんと食べるんですねえ」
[2014/05/10 1:03:10] 高里潤: 実写藤村さんは完全に同意。
ないですね。>メニュー表
注文には静かな笑顔で頷いて手際よく準備してくれるよ。
ノンアルコール系だと、ジュースやミルク、ノンアルコールカクテルを勧めてくれるよ
[2014/05/10 1:04:51] 桐嶋 はな子: 「ちゃんとみんな分ナポリタンは注文したから、だいじょーぶよ」
[2014/05/10 1:05:46 | 1:06:07を編集しました] 桐嶋 はな子: 「あとミックスナッツも。お一人なのに、いつもごめんなさいね」
[2014/05/10 1:06:22] 風真 景: 「それ、担当さんによく言われる。お酒の味、あんまり好きじゃないんですよっ 
ノンアルコールカクテルでお願いします。」
[2014/05/10 1:07:10] 桐嶋 はな子: 「マスター。このこはオマカセみたいよ」ふふっと、ほくそ笑む桐嶋。
[2014/05/10 1:08:10] 桐嶋 はな子: 「まあ、ここだとゆっくり話せるしね。今後の方針はどうしようかしら?」
[2014/05/10 1:11:43] 高里潤: 「いえいえ、私が好きでやっていることですから。
 お酒が苦手という方もよくいらっしゃいますよ。では、何かお好きな果物はございますか?」
と、風真君にきいて、答えてもらった系統に近いノンアルコールカクテルを作って出してくれたよ。
[2014/05/10 1:12:42] 深城 どらお: 風真くんよかったね!
[2014/05/10 1:12:58] 桐嶋 はな子: 細かい気づかい!さすがマスター!(GM)
[2014/05/10 1:13:38] 高里潤: なぜか私の紳士力が試されている気がする。(ロール的な意味で)
[2014/05/10 1:14:01] 風真 景: 「ホッ・・・ ありがとうございます」柑橘系のノンアルコールカクテル作ってもらったよ
[2014/05/10 1:14:19] 風真 景: 今回GMが別の意味で大変wwww
[2014/05/10 1:14:50] 深城 どらお: どらお、自分も「ぼくのイメージで(キリッ)」とかやってみたいけど桐嶋姉さんに笑われそうなので思いとどまった
[2014/05/10 1:15:47] 高里潤: ひどい無茶ブリだな、おいwww
[2014/05/10 1:15:56] 風真 景: wwwwwwwwかわいいどらおwwwww
[2014/05/10 1:16:24] 深城 どらお: イメージも何も今が初対面である
[2014/05/10 1:16:36] 桐嶋 はな子: たぶん腹抱えて笑うと思うよ
[2014/05/10 1:17:09] 深城 どらお: だよねwww
[2014/05/10 1:17:45] 桐嶋 はな子: 「さ、いま疑問に感じてる事があれば相談しあいましょ」
[2014/05/10 1:20:27 | 1:21:17を編集しました] 桐嶋 はな子: 「赤い目の老人の正体は飯塚で間違いはなさそうよね」
[2014/05/10 1:27:30] 風真 景: 「そう・・・ですね、赤い目の老人がなぜ、怪異をおこすのか・・・別の怪異がおこしてるのか
そもそも、雇い主である佐藤さんは、不気味だから調べてくれってことだけど、こんなオカルトっぽいの信じてくれるのかな?」
[2014/05/10 1:27:41] 桐嶋 はな子: 。
[2014/05/10 1:29:39 | 1:30:04を編集しました] 桐嶋 はな子: 「過去の史実の事件をキチンと提示できれば、佐藤さんだって納得してくれるはずよ。彼は、そういったトコに関しては筋が通ってるから」
[2014/05/10 1:30:52] 深城 どらお: 「現にお屋敷に入ったぼくらはこうしてケガしてるし、実害もあるって言えるんじゃない」
[2014/05/10 1:32:26] 風真 景: 「・・・あ、そういえばそうだったね。
となると、惨殺事件をもっと掘り下げるしかないのかな・・・?」
[2014/05/10 1:34:17] 桐嶋 はな子: 「それか、飯塚の因果を私たちが断ち切って館自体を無害なモノにするか…」
[2014/05/10 1:36:26] 風真 景: 「飯塚の不老不死の研究が、あの家で行われてたってことは、もしかしたら、異形の何かを召還してる可能性があるよね・・・・あ、」
[2014/05/10 1:37:13] 桐嶋 はな子: 「ん?何か気になることあった?」
ナポリタンを人数分取り分けながら
[2014/05/10 1:37:22] 風真 景: 「図書館で桐嶋さんが調べてくれた本に、御札があったよね、地下で見たやつと似てたかなって。」
[2014/05/10 1:37:46] 桐嶋 はな子: 「ああ、あったわね」
[2014/05/10 1:41:11] 風真 景: 「その、魔よけの御札って説明にあったけれど、あの地下に貼ってあったってことは、ナニかいる、いや、いたのかな?
あの屋敷に貼られてたってことは、この辺で手に入れることできるのかな?」
[2014/05/10 1:43:55] 深城 どらお: 「地下への扉には『いかにも何かを封印してある』って感じに貼ってあったね。御札ってどこでもらうんだろう、お寺か神社かな」
[2014/05/10 1:44:45] 風真 景: 「この辺にお寺か神社ってあったけ?」
[2014/05/10 1:45:26] 高里潤: バスで20分くらい行ったところにあるよ
[2014/05/10 1:45:36] 風真 景: お寺?神社?
[2014/05/10 1:46:45] 高里潤: 神社
[2014/05/10 1:48:26] 風真 景: よし、じゃあ、マスターに教えてもらったていにしようかなw
[2014/05/10 1:51:04] 高里潤: OK。じゃあ、君たちの話を聞いていたマスターが神社の場所と行き方を教えてくれたよ
[2014/05/10 1:53:32] 深城 どらお: バーテンダーさんとかマスターさんって全然会話聞こえてないよーって体でお仕事してるけど、絶妙なタイミングで助言くれたりするよねえ
[2014/05/10 1:55:13] 風真 景: ドラマとかだとそんなイメージなんだけど、実際もそうなんだw
[2014/05/10 1:55:53] 高里潤: ね。
じゃあ、翌日は事務所からの連絡をもらった後に神社へ?
風真君は帰ったら本を読むんだっけ?
[2014/05/10 1:57:22] 風真 景: オカルト本、もっかい挑戦してみたいなぁ!最終的には、また担当さんよびつけようかなとか考えてた
[2014/05/10 1:59:43] 深城 どらお: どらおは翌日どうしようかなー オカルト調べ手伝うか ネカフェでリベンジか 館で襲ってきたナイフ調べ(怖いけど)
[2014/05/10 2:00:07] 風真 景: とりあえず、館ひとりはやめておこう
[2014/05/10 2:00:30] 深城 どらお: うん、やめとく(即答)
[2014/05/10 2:00:57] 風真 景: 風真くんちなら、パソコンあるけれど、調べる?
[2014/05/10 2:02:47] 深城 どらお: 風真くんのオカルト調べにあまり手を出さなかったのは、こないだの飯塚ノートの内容がえぐかったからw 基本オカルトには首つっこみたいよー 風真くんち行っていいの?
[2014/05/10 2:04:20] 深城 どらお: トーン貼ったりベタ塗ったりしにw
[2014/05/10 2:04:34] 風真 景: wwwwwwwww仕事手伝ってくれるのかwwww
[2014/05/10 2:05:03] 風真 景: 風真くんち、ひとりくらい余裕で寝泊りできるスペースあるからいいんじゃないかな?
[2014/05/10 2:06:44] 高里潤: 2時を回ったわけですが、私の翌日の都合により次回の方針が決まり次第本日は区切ろうかと
[2014/05/10 2:07:21] 風真 景: はなちゃん、きっと寝オチしてるっぽいので、よいと思いまーす。
[2014/05/10 2:07:23] 深城 どらお: じゃあ、風真くんが本読んでる間 ネットでもう少し調べる →禁断の夜が明けたら二人で神社 とかどう?
[2014/05/10 2:07:51] 風真 景: 禁断の夜ってwwww
[2014/05/10 2:09:28] 深城 どらお: そろそろトーン削りくるかなってwww
[2014/05/10 2:09:50] 高里潤: wwwwwww
じゃあ、次回は風真宅にどらおが泊まって読書&ネットで情報収集。
翌日は神社ということでよろしいか?
[2014/05/10 2:10:15] 深城 どらお: おkでーす!
[2014/05/10 2:11:12] 風真 景: はなちゃんが、どうするのかは、また明日、はなちゃんにきこう。はなちゃんも風真くんちきてもいいし(もう、一回入られてるから)
[2014/05/10 2:11:18] 風真 景: おkですー!
[2014/05/10 2:12:39] 深城 どらお: 原稿が完成するか否かのサイコロが見たいw では明日23時?
[2014/05/10 2:12:57] 高里潤: うむ。では、明日の23時に!
[2014/05/10 2:14:15] 風真 景: 漫画ロールが使えてるだけで、うれしいw明日23時りょうかいー!
[2014/05/10 2:14:49] 深城 どらお: おつかれー、おやすみなさーい!
[2014/05/10 2:17:08] 風真 景: おやすみなさーい!
[2014/05/10 3:30:08] 桐嶋 はな子: おお、もうわかってらっしゃる
[2014/05/10 3:30:16] 桐嶋 はな子: おやすみさい