要塞選択編


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

前作と異なり、本作には地域(エリア)という設定があり、自分の要塞が存在する地域を制圧しないと他の地域に遠征することができない、という仕様になっている。この仕様はNPCにも当てはまり、その思考に影響を与えているので覚えておきたい。

《地域の特色》
①遼
地域内の要塞は「燕京」1つ。隣接地域は「河北」のみ。
年間を通して曇りの日が多いが、雨の日は少ない印象。干ばつが起きやすい。冬には雪の日もある。
放浪中に無頼漢と出会う確率は低い印象(遼国の山人系の人物がほとんどのためと思われる)。
地域内要塞数が1つなので、ここで旗揚げをすれば(シナリオ1・2の場合)、自動的に隣接地域・河北への遠征が可能。
全シナリオを通じて、河北は複数勢力が存在する地域なので、攻められる可能性はとりあえずない。裏返して言えば、「河北」を統一する勢力が現れると、こちらの行動に蓋をされるということなので要注意。

②河北
地域内要塞数10。隣接地域は「山東」「遼」「陝西」「河南」「京畿」の5つ。
年間を通して曇りの日は多いが、雨の日は少ない。干ばつの発生率は「遼」に比べて低い印象。冬には雪の日もある。
放浪中に出会う無頼漢は、相性次第になるが、湯隆・楊林・楊雄・石秀あたりがおすすめ。
シナリオ1・2では、高俅勢力の要塞が大半。シナリオ3では田虎勢力が興起し勢力を伸ばしている。
地域内要塞数は山東と並びトップなので、地域統一に手間取ることも。とはいえ、放浪からの旗揚げでない限り、河北からスタートするのはシナリオ3の田虎だけ。
シナリオ1・2で河北旗揚げの場合は高俅勢力の、シナリオ3の田虎プレイでは山東の宋江勢力の動向に要注意。

③陝西
地域内要塞数2。隣接地域は「河北」「河南」「淮西」の3つ。
春夏にかけて曇りの日が多い印象。
放浪中に出会う無頼漢は、おおむね梁山泊関係以外の人物。
シナリオ1・2では史進勢力が存在し、シナリオ3では空白地域。
史進プレイの場合、河北への一方的な侵攻が可能な反面、空白地域「河南」をはさんではいるが、高俅の本拠・東京から遠征可能な地域でもあるので要注意。

④山東
地域内要塞数10。隣接地域は「河北」「京畿」「淮南」の3つ。
春から秋にかけて雨の日が多い印象(逆に、冬は雨が少ない)。そのためか、豊作も期待できるが、長雨により田畑からの食糧収入が減ることも。
放浪中に出会う無頼漢に梁山泊関係の人物が多い。相性次第だが、呂方・郭盛あたりが能力高めでおすすめ。
シナリオ1・2では地域内に存在する勢力数が多い激戦区。シナリオ3では梁山泊の独壇場。また、シナリオ2では隣接地域のいずれも激戦区となっている。

⑤京畿
地域内要塞数3。隣接地域は「山東」「河北」「河南」「湖北」「淮南」の5つ。
冬から春にかけて曇りの日が多い印象。
放浪中に出会う無頼漢は、目立った人物はいないが、シナリオ1であれば、孫二娘か施恩あたりが職業面でおすすめ。
高俅の本拠地・東京がある地域。したがって、ゲーム中で地域統一を果たすことができないので、他地域への遠征ができず、ひたすら内政と他勢力からの侵攻を防ぎ続けることで人気を稼いでいかなければならないという、河北や山東での旗揚げとは違った意味での高難度プレイが堪能できる地域(初心者の方にはおすすめしません)。

⑥河南
地域内要塞数2。隣接地域は「陝西」「河北」「京畿」「湖北」「淮西」の5つ。
天気の偏りはあまり感じられないが、冬は雨が少な目かも。
放浪中に出会う無頼漢は、おおむね梁山泊関係以外の人物。
シナリオ1・2では空白地域。シナリオ3では王慶勢力の要塞が存在する。
シナリオ1・2で旗揚げする場合、いずれの要塞も初期施設数が多めな点でお得だが、隣接地域が多いので、周辺勢力の動向に注意。シナリオ3の王慶プレイの場合は、河北を統一した田虎の標的になりやすいので、その動向に注意。また梁山泊の伸びも早いのでこちらも警戒しておくこと。

⑦淮西
地域内要塞数3。隣接地域は「陝西」「河南」「湖北」「湖南」の4つ。
夏から秋にかけて雨の日が多い場合があり、その際には長雨が発生しやすい。冬は雨が少な目。
放浪中に出会う無頼漢は、おおむね梁山泊関係以外の人物(職業・漁師の人物多め)。
シナリオ1・2では空白地域。シナリオ3では王慶勢力の中核地域。
シナリオ1・2では隣接地域・湖南にある高俅勢力の要塞・江州の動向に警戒していれば比較的安全な地域なので、史進・李俊・欧鵬勢力を手早く吸収し、江州攻略までいければ盤石。シナリオ3の王慶プレイでは、河北・江南の動向を睨みながら侵攻先を決め、電撃戦で他勢力を圧倒したいところ。

⑧淮南
地域内要塞数3。隣接地域は「山東」「京畿」「湖北」「江南」の4つ。
春から秋にかけて雨の日が多い印象。豊作も期待できるが、長雨の可能性も。
放浪中に出会う無頼漢は、シナリオ1であれば、職業面で杜興がおすすめ。
シナリオ1・3では空白地域。シナリオ2では地域内要塞すべてが埋まっている混戦状態。
シナリオ1では、初期施設数が多いので旗揚げしやすい。シナリオ2では李応か樊瑞でのプレイとなるので、好漢別攻略法を参照。
物語の中心地である山東や京畿に隣接する地域なので他勢力の動向には警戒が必要だが、こちらからの遠征日数を抑えることができる点で、江南よりは便利かも。

⑨湖北
地域内要塞数2。隣接地域は「河南」「京畿」「淮南」「湖南」「淮西」の5つ。
夏から秋にかけて雨の日が多く、豊作も期待できるが、長雨被害もあり得る。
放浪中に出会う無頼漢は、梁山泊に関係のない人物が多い(職業・漁師の人物多め)。職業面では侯健あたりが登用できるとよい。
シナリオ1・2では地域内要塞が埋まっている状態。シナリオ3では空白地域。
基本的に、シナリオ2の李俊プレイの場合でしか、この地域にお世話になることはないので、あとは好漢別攻略法を参照。

⑩江南
地域内要塞数4。隣接地域は「淮南」「湖南」の2つ。
天気の偏りはあまり感じられない。ほどよく雨の日もあるので、穀倉地帯と言える。
放浪中に出会う無頼漢は、相性次第で杜微・王寅あたりがすぐれている。職業・漁師の人物多め。
シナリオ1・2では空白地域。シナリオ3では方臘(ホウロウ)勢力の中核地域。
地域全体が水源豊かで、天候も相まって穀倉地帯向け。地形的にも、楡柳荘だけはやや森林が多いが、平地が多いので、内政のやりがいがある。
隣接地域数が少なく、内政がしやすいなど、じっくりとプレイしたい人向けの地域であると言える。ただし、山東や京畿といった物語の中心地域からは離れているので遠征日数には注意が必要。シナリオ3の方臘プレイでは梁山泊の動きに注意。

⑪湖南
地域内要塞は「江州」1つ。隣接地域は「淮西」「湖北」「江南」の3つ。
年間を通して、秋以外は曇りの日が多い印象(特に冬)。ほどよく雨の日もあるので、穀倉地帯にしやすい。
放浪中に無頼漢に出会う確率は低い印象(というよりも、旗揚げできる空要塞がなく、中心地からも遠いので、あまり立ち寄らない)。
シナリオ1・2ではたった1つの要塞に高俅勢力が存在しているため、純粋に攻略対象地域と化している。シナリオ3では空白地域だが、初期状態で放浪している好漢はおらず、また方臘・王慶の2勢力に挟まれた地域であり、放浪して旗揚げするメリットもない。