通常の脱退とは違い、盟主の受理を必要とせず、自分の意思で脱退できます。ただし、大きなペナルティーが課せられます。

ゲーム初期と同じようにエリアを選択して土地を選び、そこのエリアに城を移動できます。※ただし、現状と同じエリアは選べない。
そして、統治力15からスタートします。※元々15未満の場合はそのままの数字。
解放した土地は現状のままとなり、地下書庫、檻を解放したときの効果(生産施設、軍事施設、各拠点の建築可能数)は生きます。
城、指揮官雇用所、公共事業局のレベルが1、他の建築した施設は消滅します。
資源は初期状態、クエストは消化済のまま。雇用ポイントは0 CP、DPはそのままです。
分かりやすくまとめると、以下の通り。
本拠地・・・移動
統治力・・・15以下
解放済土地(本拠地City)・・・〇
ユニットコスト上限・・・〇
各拠点建築可能数・・・〇
城レベル・・・古城レベル1
指揮官雇用所レベル・・・1
公共事業局レベル・・・1
建築可能施設・・・〇※但し城・大賢院のレベルに準ずる
クエスト・・・進んだ所まで消化済
指揮官雇用ポイント・・・0
その他建築済施設・・・×
軍事・守備・資源・探索・カタパルト・・・消滅
土地・・・消滅
資源・・・×
魔獣・・・各魔獣カード・スキル〇
魔獣数・・・各100以下
※保護期間に離反した場合は、保護が消えます。

同盟をどうしても抜けたい場合は、戦争中で無い限り盟主に理由を添えて脱退申請を出してもらえれば、条件付で受理してくれます。  たぶん。