大宅総合開発詳細情報


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

大宅総合開発

国内最古の伝説的企業。現行社長は元陸軍中尉の橋田京介。現在は首都ハンノバの再開発事業に従事している。

お知らせ

ハンノバ再開発工事に伴い総合開発部門の増員を行う。
委託事業現象に伴い新規開発部門を他社へ売却した。

会社情報

社員 1500名

部門紹介

 総合開発部門 所属員数 100名
国内の兵器からトラックなど幅広い部分をささえる部門
 新規開発部門 所属員数 100名
特に衛星を開発する特別部門
 製造部門   所属員数 200名
開発部が出した設計図を元に生産をする部門
 情報管理部門 所属員数 300名
主に商品への問い合わせを受ける部門
 試験実行課  所属員数 200名
製造部から来た試験品を試験し問題を発見する部門
 総合管理課  所属員数 400名
開発部の企画案、設計図を管理する部門。当然社員管理もする
 支社管理課  所属員数 400名
南樺太に2箇所と北樺太に3箇所ある支社を管理する課 
 幹部関係者  所属員数 100名
この会社の社長から直属までを指す

社長から

 わが社では国、そして消費者様に安心、安全な製品をお届けするために日々日々努力しております。
 わが社は長年の名誉を汚さないように、気をつけております。
私は、これからも長年ご愛顧していただけるような製品を作ってまいります。
これからもなにとぞお願いします。
          大宅総合開発 社長 橋田 京介
添付ファイル