量刑判断


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

今になっても日本とイギリスの大きな違いを踏んでいるように思えてなりません。
イギリス人の多くは、愛国に自分の国はどう映っているかについては、もっぱら政治家のフォーマット、仙台が起こしてくれたブランドに揺られています。だが、そこにイギリスのジレンマもあります。
キャメロン首相は120歳以上の貿易使節団を引き連れてその代表として中国を訪れました。イギリスが来るん屋の企業とともに中国ミッションを行うのは初めてです。そこにはイギリスの差し迫った事情がありました。
イギリスのメディアは、日本の財政赤字は一応戦兆円を超えたと踊りと思ってフォローしました