※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

トゥルー・ヴェルド


出身 ティーヴァン
種族 ティーヴァン
性別 男性
所属 ジェダイ・オーダー

概要


トゥルー・ヴェルド(Tru Veld)ティーヴァンの男性で、ジェダイ・ナイト。

経歴


銀色の肌と、傾斜した銀色の瞳、そしてゴムのように柔軟な四肢を有している人間に近い種族であるヴェルドは、ジェダイ・マスター、ライ・ゴールのパダワンであり、アナキン・スカイウォーカーの親友として知られていた。それだけでなく、些か傲慢なアナキンがその実力を認めていた数少ない同期生の1人でもあったのだ。

初期の経歴


他のジェダイ達と同じく、ヴェルドも幼い頃に両親と引き離されジェダイ・オーダーに預けられた。しかしジェダイの規範は家族との別離を強制し、感情的愛着を禁じているが、ジェダイ・パダワンの生活は決して孤独ではない。師匠と弟子との絆は血よりも濃くなることがあり、多くのジェダイ訓練生は仲間のパダワンたちと強い友情を育むことになるのだ。ヴェルドにはすぐに友人が出来、またテクノロジーを愛し機械の修理が得意だったため偉大なジェダイ・マスターチルノ・トレバーの教えを何度も請い、チルノからもとても気に入られていた。

アナキンとの出会い


ヴェルドが10代のとき、廃品置き場で探し物をしていると、同じく探し物をしていたアナキンと出会う。二人は互いに同期生であると知ってはいたが会話を交わした経験は皆無だった。二人は互いの目的を話し、目的が同じと知ると意気投合しすぐに友人となった。ヴェルドとアナキンは毎日のように互いに製作した機械を見せ合い、訓練し、談笑した。いつしか二人は親友と呼べる間柄となっていった。


クローン大戦勃発


この頃にはライ=ゴールのパダワンとなっており、何度も任務に出ていた。ヴェルドとアナキンは数々の任務を共にしており、その結果は抜きん出たものであった。それからいくらか時が過ぎ、アナキン達がジオノーシスにて捕らえられ、救出任務のための攻撃部隊が編成される時、ヴェルドは友人を助けようと自ら志願した。しかしそれは却下されてしまいジェダイ聖堂にて待機を命じられてしまった。

クローン大戦


クローン大戦勃発が勃発すると、ヴェルドはマスターゴールと共に戦場を駆け抜けた。大戦初期にジェダイ・ナイトとなるとマスターとは別々の戦場で戦う機会が多くなっていった。それとは対照的にアナキンと共に戦う機会が極端に増えた。二人は協力して任務に当たり次々勝利を収めていく。時たまアナキンが捕らえられたり逆にヴェルドが捕らえられたりといった事態が起きたことも有ったが、そういった時は片方が必ず救い出していた。また、ヴェルドはアナキンがパドメ・アミダラ議員と並々ならぬ関係を築いていることに気付いていた。が、そのことを誰かに話すことは無かった。

ジェダイ粛清


大戦末期になるとヴェルドはマスターの命によって聖堂に戻っていた。アナキンがそうだったように、ヴェルドもパダワンを得る機会を得たのだ。しかしそれを待たずにしてクローン・トルーパーの反乱が発生し、それも無くなってしまった。その時ヴェルドは自室で機械の修理をしており、最初は反乱に気付いていなかった。そこにクローンがなだれ込み、攻撃を受けた。ヴェルドは驚きながらもその攻撃を凌ぎきり、そこで始めてクローンがジェダイを裏切ったと気付いたのだ。それが分かるとヴェルドの動きは早かった。持ち前の柔軟な四肢を駆使して縦横無尽に動き回り、次々クローンを斬り捨てていったのだ。最終的にはマスター共々聖堂を脱出し、惑星イラムに逃れていった。尚、幸か不幸かダース・ヴェイダーとなったアナキンと遭遇することは無かった。

その後


イラムにて訓練の日々の日々を送っている。ヴェルドが再びアナキンと相対する日はそう遠くないだろう。

力と能力

大戦中には数え切れない程多く行われたアナキンとのスパーリングや、単独でドゥークー伯爵を撃退するといった結果を鑑みると、少なくともアナキンとほぼ同等の能力を持つ。ヴェルドは柔軟な四肢を駆使した戦法を得意としていて、身軽さでいえばヴェルドはアナキンを上回っていた。フォームはアタルとジュヨーを使っていて、通常時はジュヨー、縦横無尽に動き回る時はアタルを使用していた。反面フォースの使いはそれなりといったところであったが、身体能力を強化することに関しては他のジェダイの追従を許さない程長けていた。