用語集


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

魔法
精霊の力を借り、使われていた超自然的な力。
しかし、魔族との戦いに於いて精霊は滅び、今では過去の力となっている。

マナフォシル
先の戦いで死んだ精霊の成れの果て。結晶化し、化石となって地中深くで眠っている。
主にエネルギー源として用いられている。
火、土、風、水といった属性がある。

精霊鉱物増幅具《マナフォシルツール》 (通称:ツール)
マナフォシルからエネルギーを抽出し、増幅する機械の総称。
主に、熱を利用しての蒸気機関として使われている。
(こっちの世界で言う電灯、電話、自動車、汽車、飛行機などもツール技術により存在している)
また、武器や防具に装着する事により、魔法の再現も可能にした。

文化レベルは産業革命くらい。

カラミティパーツ
地層に眠る、虹色に輝く魔族のかけら。
これに当てられた動物が各地で魔物化している。

マナハンター
マナフォシルの発掘を生業とする冒険家。近辺にカラミティパーツがある為、危険が伴う。

補足。
回復系魔法の制約
本人の自然治癒力を一時的に向上させて傷を癒す。反面、傷の具合によって体力を消耗する。
体力を超えた傷を癒そうとすると死に至ることも。そのため、扱うには資格が必要。
また、病気は治せない。=医者という職業がある。