パイロット名 ショットガン・マリッジ

「ヒィィィィイイヤッハァアアアアアアーーッ!! 皆殺しの時間だぜェーーッ!!」

 ショットガンをこよなく愛し、ショットガンで敵を撃ち殺すことだけを生きがいにする男。28歳。
 寡黙な性格で、多くを語らず、しかし確実に依頼を遂行させる、まさしく不言実行を絵に描いたような傭兵……であった。
 しかしある日を境にその性格は一変する。
 下品な言葉を任務中だろうがなんだろうがお構いなしに叫びだし、状況も省みず単独で敵に特攻を仕掛ける、アッパー系の狂人へと変貌。
 彼の搭乗する機体にも変化があり、以前は重装甲型の脚部とスナイパーライフルによる狙撃重視のアセンブルだったが、
 軽量二脚型にショットガン4丁を構えるという超接近戦仕様の機体を好んで使うようになった。
 一体彼に何があったのか?
 彼自身に訪ねてみても「憶えてない」の一点張りで、彼の知人は撃破された時の衝撃で頭を強く打ってしまったから、
 またある者は悪霊に取り憑かれたなどと噂しているが、いずれも憶測の域を出ない。
 無謀な突撃を繰り返した結果、以前の高評価は地に落ち、傭兵ランキングでも最低のFランクとなる。
 そんなことを本人は大して気にした様子もないが、さすがに貯蓄が底を付きはじめ、あまり笑ってもいられない状況になりつつある。

 エンブレムは「四方八方に発射される無数の弾丸」。





機体名 メガ・スマッシュ

武装:ショットガン/ショットガン/ショットガン/ショットガン/サブコンピューター

高威力のショットガンを4丁装備し、それぞれ威力特化型。命中特化型の改造を施している。
両肩にサブコンピューターは、高速戦闘に対応すべく一瞬でロックオンを完了させるためである。
軽量二脚にしてはそれなりのTE装甲とKE装甲をもっているため上手く立ち回れば厄介な機体になるが、パイロットの「突撃癖」がその可能性を否定している。
結果的に、出撃時の撃沈率は99%を誇る。

|