コピペ > 2014-007-08 【『週刊文春』7月10日号・要旨】 ☆塩村都議は選挙違反をしていた!


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【国内】塩村文夏氏、「妊娠したと嘘をつき1500万円の慰謝料をもらった」というデマが2ちゃんまとめサイトなどで広まる[7/7]★2
http://peace.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1404733301/13

コピペ用

【『週刊文春』7月10日号・要旨】
☆塩村都議は選挙違反をしていた!
・「都議選の際、塩村陣営の“実質的な選対本部長”だったA氏が、運動員に報酬を払う約束をしていた」(みん党関係者)
 →A氏を連れてきたのは、当時、塩村が交際していた“大企業の御曹司”
・「塩村は、A氏が連れてきた運動員が“金を払っているのに、なんで働かない”と不満を漏らしていた」(事務所スタッフ)
・「選挙が終わっても金をもらえず、A氏に“報酬はどうなっているのか”と問い合わせると
 “今、金がないので、ちょっと待ってくれ”と言われ、結局、もらえなかった」(塩村都議の運動員)
・「当選直後、塩村は金の面倒を見てくれるはずの御曹司と破局してしまったので、報酬を払えなかった。
 A氏は、塩村の選挙事務所だったビルのオーナー・B氏に200万円借りに行ったが断られた」(塩村の知人)
・「選挙運動中の報酬を約束したことはない。Bさんに借りに行ったのは自分の個人的な金」(A氏)
・「A氏は選対本部長でもポスター掲示責任者でもなく、選挙を取り仕切っていた事実はない。A氏が運動員に報酬を約束した事実は一切ない」(塩村都議)
.