関連人物

ここでは渋谷のキングに関係のある人物たちを渋谷のキングに対する立場によって分類し、それぞれ50音順で解説している。

反キング側、およびたまご温泉関係者

アヘン
Mazonet9、パラレルワールドから来た純一(パラ純)とも。声の質や喋り方が渋谷のキングとよく似ているゲーム配信者で、渋谷のキングの活動停止後2016年に「渋谷のキング復活」などと銘打って ニコ生での活動を開始した 。2016年に渋谷のキング本人が復活してもなお同一人物ではないかと疑われることがあるが、かつて「チーターマン」という名前で 渋谷のキング本人と通話していた ことが分かっており、別人であることが確定している。ただし、パラレルワールドから来た別の本人であるという説に関しては否定できない。
うさ天使
渋谷のキングと親交が深かった女性配信者・えまの実妹に当たる人物で、8歳の頃からニコニコ生放送で活動していた女性配信者。
27歳の渋谷のキングがえまに執着した際に 彼を諭してあげた ことがある。自身の擁護のために語調を強め捲し立てる27歳男性を相手に小学生が恐怖心を覚えないはずもないが、この時の配信ではうさは涙を見せながらも頑張ってキングを説得した。当時のこのやり取りは、「27歳男性が小学生相手に必死になっている構図」として話題を呼んだとされる。
2017年1月18日母親が学校教育法(就学させる義務)違反の疑いで書類送検された。
えま
渋谷のキングから最も粘着被害を被ったと思われる女性配信者。
渋谷のキングがスカイプちゃんねるで配信活動を始める前のうさ天使(後述)と知り合った際に、 うさ天使の紹介によって 出会うこととなった。このあとさらに渋谷のキングによってsubuya.comの配信で紹介され、このときにリスナーたちの間でも知れ渡ることとなる。最初はスカイプのチャット文章のみでの登場だったが、やがて配信上で声を出すようになるとその頻度はだんだんと増えていき、渋谷のキングと共同でのゲーム実況動画が投稿されるなどの経緯を経て、ついにはニコニコ生放送で自分の配信を持つようになった。
しかし、アイドルユニット「トーンジュエル」(通称「豚汁」)の嘉山璃子としてデビューするなどして独自の人気を獲得するようになると渋谷のキングとの関係は悪化。これを受けてえまはトーンジュエルから離脱するが、結局のところ配信のリスナーは増加の一途を辿り、ついにサブコミュニティでのミラーが必要になるほどの人気を獲得したため、リスナーから「えまはキングを超えた」「渋谷のキングは踏み台おじさん」などといった評判が寄せられるにつれてますます二人の関係が悪化。口論が頻発し、渋谷のキングから荒らし誘導が行われるようになると、ついにえまは渋谷のキングに関する話題そのものをNG登録などによって拒否するようになった。
渋谷のキングのえまに対する執着は「嫉妬」と形容してもほぼ過言でなく、えまに接近する人物が誰であろうと、かつての渋谷のキングはその人物の悪口を言ったり、あるいは直接抗議を行うようなことを欠かさなかった。例として、えまがゲーム配信中に攻略方法を募った際には、渋谷のキングに質問しても答えられなかったために他の男性配信者から通話を通して教えてもらおうとしたが、渋谷のキングが通話に乱入して その男性配信者を大声で罵倒 し続けたことがある。
詳しくは外部サイトの解説『 えま、渋谷のキングとの出会いと決別 』を参照。
2017年1月18日母親が学校教育法(就学させる義務)違反の疑いで書類送検された。
温泉民
たまご温泉」と呼ばれるIRCチャットの住民を指す。subuya.comのIRCチャットにおいて、渋谷のキングによる言論統制や配信外雑談に対する規制が厳しくなったために、住民が新しいチャット(避難所)を移住先としたことが主な出現の経緯である。
温泉民同士の衝突などはあまり見られることがなく非常に平和であり、また恐ろしいほど強力な団結力を持っているのが特徴である。
窪塚悟史(TAO)
自転車に乗りながら渋谷のキングの自宅(実家)周辺の風景を映像に記録し、 「東越谷9丁目公園」 などと題して高画質でyoutubeにアップしていた。ただし、自責の念に駆られたのか「ゴブリン城」と題された自宅(実家)の動画だけはなぜか削除している。また、渋谷のキングがニコニコ生放送をする際にも無許可で悪意に満ちたミラー放送をしていた。
しかしその正体は、かつて渋谷のキングの配信用IRCチャットに常駐し、渋谷のキングの熱烈なファンであった前科持ちの固定ハンドル「TAO」(通称「TAOにぃ」)であったことが後になって判明した。
渋谷のキングが休止に入った後には、2ちゃんねるの渋谷のキングスレで「渋谷のキングは現在サイクルベースあさひ(自転車販売店)で働いている」というデマを流し続けたが、同店舗は大抵が高卒以上を採用対象としていることが判明したため信用されなかった。
5連ホーン先輩
配信中にゴブリン城前で5連ホーンを鳴らし実際に配信に音を乗せたり、 純一のオリジナル曲を爆音で鳴らしながら城周辺をドライブする 等の経歴を持つ。
そしてついに2014年8月15日、動く敬市の撮影に成功する。(純一の父親)
リア凸といえばリア充斉藤やサイコロのイメージが強いが実はリア凸回数3回、そして上記功績を収めるなど知る人ぞ知る影の功労者。
渋谷のキングの自宅にリア凸した多くの配信者は渋谷のキングに会うことなく警察へ通報されているが、彼だけは 渋谷のキングの父親に遭遇しカーチェイスを行っており 、そのことから渋谷のキングの実体に最も近付いた人物ではないかと思われている。
サイコロ(前田友)
渋谷のキングを突然標的に選んだ FC2配信者 、狼板住人。衝撃的なルックスと前歴、リア凸を恐れない行動力から温泉民からの評価も高い。配信開始2日目にして大手配信者に売名行為を行い視聴者数200人超えを記録した。リア充斉藤とゴブリン討伐計画を企てている中、14年4月8日にはニコ生にて某配信者と共に スターバックスへ爆竹を投げ入れた ため書類送検されたこともあったが、14年4月19日に自宅訪問を達成した。
その後リア充斉藤と同居しつつ、彼に生活を援助されながら配信を行うようになるが、ハーブを吸入しては 斉藤の暴言を吐く ようになり、斉藤のSkypeアカウントから彼に成りすまして えまに暴言を何度も吐いたり しているうちにその悪行が斉藤にバレて 家を追い出された
その後の14年5月13日、 彼が窃盗の容疑で逮捕されたという報道 新聞に掲載されていた ことがたまご温泉にて判明。この時交遊仲間含め4人が逮捕されており、記事によるとマンションに侵入して81万5千円相当の物品を盗んだという。
鮫島
敵対する配信者に対して容赦なく個人情報の特定等の粘着行為を行ったことから、配信者同士の対立では「ニコ生最強」と称される時期があった恐ろしい配信者。その「ニコ生最強」に挑もうとしたらしいキングから誹謗中傷や殺害予告を受け、報復として 個人情報を特定し実家まで電凸した 。間違い電話の相手に「純一君を海に沈めてもいいのか」とまで言っている。イエバスはいつもの調子で必死に鮫島に煽りコメントを打ったり配信を荒らしたりしたが、結局鮫島の勢いを止めることはできなかった。ついにキング宅に電話が繋がるが、まずキングは親に電話の対応をさせて自分からは出てこなかった。この時警察にも連絡をしていたようだが効果はなかった様子。成す術がなくなったキングは、ついに 鮫島に対して媚びへつらった
なお、キングの放送では「鮫島」は禁句であり自身の言葉で鮫島との出来事を語られることはない。これが俗に言う鮫島事件である。
ダルシム矢野
温泉全盛期に純一文学出版名義で正体を隠し、質の高い渋谷のキングMADを多数投稿。温泉民らから高い支持を受けた。代表作は「 越谷魔物こやま☆コシガヤ 」、「 純一文学傑作選 」シリーズ、「越」、「渋谷のキング完成までの道のりUC」など。個人の申し立てにより動画を全て削除され同名義での活動を停止するも、その後も「 ゴブリンっていやだな 」、「 ゴブリンバスターズ!ヒガシコシー 」などと言った名作の数々をたまご温泉にて投稿。削除されたものを含めた多数の作品が温泉民からニコニコ動画に代理アップロードされている。
正体はうんこちゃん(ゲーム実況配信者)の視聴者。配信者やゲーム実況者、MAD動画作者としても活動。ニコニコ全体で荒らし定型文として見られる「高田健志って偉いよなぁ!?」系コピペを生み出したことや、検索妨害行為を始めとする攻撃的過ぎる活動内容に加え、高校中退の後に大学中退という渋谷のキングにもある意味劣らない来歴が原因で多くの人からはあまり良い印象を持たれていない。しかしながらも妙な独創性を持っていることから、配信は過疎でありながらも録画職人やMAD職人を侍らせているほか、ゲーム実況者かつ「温泉民の母」のTENからも温泉民と同時に強い関心を持たれたことがある。ダルシム矢野名義での代表作は「 高田健志と色の無い友人 」、「 蛟の高田健志 - ZELE PRODUCTION ACTOR 」など。渋谷のキングに強烈な愛着を持っているらしい。
TEN
ゲーム配信者。渋谷のキングを好んで配信のネタにするばかりか、当サイトに掲載されている様々なコンテンツを積極的に宣伝してくれることから温泉民の高い支持を受け、「温泉民の母」という異名を得た。討伐部隊の朗読派に所属することを自ら宣言し、朗読を行ったり純一文学執筆を行ったりといった活動実績も残している。
トルネード純一
ツイッター突撃部隊の一人。元はイエバス側だったが、モデレーターとしての役割を受け持っていた際に渋谷のキングの逆鱗に触れて恒例のロックオンと説教を受けたことから渋谷のキングに反感を覚え、避難所チャットに参入する動機を持つこととなった。
突撃部隊の中でも異彩を放つ存在で、マインクラフトで東越谷9丁目を再現する企画では24時間以上連続で配信し続けたり、他の配信者に積極的に接触したりとかなりの行動力によって温泉民の先頭に立った。ただし、渋谷のキングの無期限休止宣言文に動揺してアンチ活動をやめてしまったり、アンチ活動目的でえまのライブに行ったところ逆にえまを気に入ってしまったりなど意志が大きく変わりやすい側面がある。
ばくはげ画伯
キングと同じ「ニコ生四大癌」の肩書きを持つ配信者で、渋谷のキングの「イエローバスターズ」と同様に、自身の配信の視聴者らを「画伯会」として統率し、過去には大体渋谷のキングと似たようなスタイルの放送をして高い人気を得た頃があった。
他の配信者に関して盛り上がってる話題に便乗して自身の配信を盛り上げることが得意で、その一環として2013年にはどんどん落ち目になりつつあった渋谷のキングをネタにし、当時の渋谷のキングのアンチ勢力から「画伯解説員」「小山弄りの天才」などと賞賛されていた。渋谷のキングの自宅(実家)周辺をグーグルマップのストリートビューでバーチャル散歩した配信(通称「もぐ散歩」)は有名。また、生活保護の不正受給をネタに自身の放送を炎上させた一方で、アンチに扮した画伯会員が画伯の個人情報を晒して攻撃しているように見せかけながらキングの氏名や住所を書き込み、画伯を糾弾する初見リスナーにキングを攻撃させるという巧妙なチームワークを披露したこともある(ちなみにこの時画伯は一切キングについて触れていない)。
渋谷のキングはなぜか画伯の一方的なイジリを知りながらも反撃することができず、辛うじて配信上で画伯の本名を晒し上げ反撃に出ようとした際も、苗字の漢字を正しく読むことが出来ずかえって恥を晒すことになってしまった。
パシリゴブリン
たまご温泉チャット専属の雑談配信者。通称パシゴブ。渋谷のキングによる配信をミラーすることもある。アニメ視聴が趣味で、一説によると巨根であるらしい。パシゴブの配信は温泉民から好評を得ているが、外野からは渋谷のキングのネームバリューを不正に利用していると解釈される傾向が強いため非難の声が目立っている。
鳩家
かつてはキングと仲が良く、ゲーム配信などを共に行ったこともあった配信者。しかし、渋谷のキングがアマゾンアフィリエイトの収益を自身の宣言に反して私物化するようになると、 鳩家はこの件に関して渋谷のキングに直接抗議し 、これ以降は互いにずっと敵対している。
ぶさまん
熱狂的な渋谷のキングのリスナーであったにも関わらず、キングが休止中になぜかアンチ化するという意味不明な行動に出て信者かアンチかいまだに判別できない疑惑の人物。
彼の登場初期は温泉チャットでも「またキングの配信が見たい」、「キングに嫌がらせするな」「おまえらキングがかわいそうだろ」など温泉民を煽って完全に信者側だった。またFC2liveの自らの配信でも過去のキングの配信の面白かった部分を語り、キングが休止していることを心配する内容の放送をしていた。
だが数日後、自分のツイッターをキングの本名に変えたり、放送でキングを馬鹿にするような発言を加速させていく。突然の豹変の経緯の真相は不明だが、一説にはゴブリンウィルスに感染したからだと言われている。
そしてついに自らを「ゴブリン討伐隠密部隊」と名乗り渋谷のキングの家にリア凸する宣言を出し宣戦布告するまでに至る。
なおリア充齊藤を真似して合法ハーブを買い士気を高めているようだ。
ふろいちご
渋谷のキングを色仕掛けの罠にかけ、スカイプ通話での猥褻な発言をニコニコ生放送で公開した人物。
普段はFC2にて顔出し配信をしている女性配信者であり当時16歳とのこと。サンタコス写真を公開したり舌を出してコンドームを舐めている写真を公開したりとセクシーキャラで売っているような様子だが、その風貌は 画伯曰く「クソガキ」 。顔出しの際は眼帯を装備しており、また喋る際は語尾に「ござる」をつけているらしい。
そんな彼女自身は渋谷のキングに反発心を抱いていたらしく、一人の女性を大事にしているように振る舞いながらも様々な他の女性とイチャイチャしまくる渋谷のキングについて「クズだな」と言及していた。
マイコ
東越谷在住であり中学時代のキングの同級生。ツイキャスで放送をしているところをゴブリン討伐協会の一人に偶然発見された。
放送中に泥酔しながら卒業アルバムを見せ、キングの同級生であることを証明しキングの中学時代の恥ずかしいエピソードを惜しげもなく披露した。キングが放送で何度も話しているエピソードの一つに「公園で先輩にリンチされて卒業アルバムに顔が膨れ上がった状態で掲載された」と言う話があるが、マイコからの情報によるとマイコとマイコの友達とに殴られてあのような状態になったと暴露され温泉民の失笑を買うこととなる。また、マイコの情報によると中学3年生の時、中学1年生のパシリだったと言う事実も判明する。
ustreamer-PPPPP
キングがUstreamを離れる一因となったと思われる荒らしの代表的人物(通称「ピピピ先輩」)。かつてUstreamのサーバーに設置されていたsubuyaのIRCチャットにて、キングが配信している最中に「P」の羅列をチャットにひたすら連投して配信を妨害し続けた。NAVERのまとめでは「Subuyaで有名な伝説の荒らし」と称される。対処には相当困ったらしく、結局Justin.tvやツイキャスに移動するなどして別のチャットを利用するに至ったという。
リア充斉藤
かつてはイエローバスターズの古参でありキングの身内扱いされていた人物。時が経つにつれてキングを馬鹿にしたような発言が数多くなり、渋谷のキングのオリジナル曲「fragile blue」を馬鹿にする 動画 が投稿されたのを機にその立場が明確となった。
リア充斉藤の放送は一時期、アンチやヘドロのたまり場となっていたが、斉藤自体は昔キングにお世話になった恩を忘れられず、キングが放送を休止している間もキングを励ましたりしており、結局はアンチやヘドロに成りきれない中途半端な存在となっていた。しかし、渋谷のキング@wiki(このサイト)の存在を知るようになると配信上で過激な発言が多々見られるようになり、14年3月2日には渋谷のキングとスカイプの通話において対峙した。その後は前田友と組むことによりさらに勢いが増し、ついには同年4月19日に渋谷のキングの自宅へ訪れる配信を行った。
現在は渋谷のキングの配信から完全に離れ、旧友であるガゼル足立と同人サークルで頑張っている。

中立、及び被害者

Resphoina
純一文学を自身の配信上で朗読した配信者。その様子が 動画として投稿されている が、プロの声優が如き朗読技術と演出力が純一文学の魅力をさらに引き立てていた。
石川典行(信長)
渋谷のキングと同じ「ニコ生四大癌」の肩書きを持ち、かつては渋谷のキングと同様に荒らし行為で人気を得た一方、現在もツイキャス等で大きな人気を集めている配信者。
かつて、コジマ店員騒動 *1 に関して、「キングはネタをパクった報復を受けただけに過ぎないし、普段荒らし行為しているのはキングなのだから、普段していることを自分の動画にされてそこまでキレるキングとイエバスはおかしい」という旨のコメントをして キングに絡まれた ことがある。この時キングは、あたかも自分が故意にパクったわけではなく偶然ネタが被ってしまったかのように騒動について言及し、「普段荒らし行為をしていたことはこの件に関係ない」と反論したが、信長はキングの主張を屁理屈と捉え、彼を「病気」と非難した。
月日が流れ2014年春になると、渋谷のキングのアンチによる活動が大規模化しているという情報がついに耳に入ったらしく、たまご温泉に入るなどしてその状況を知った模様。このときにキングに対して強い興味を抱いたらしく、東越谷へのリア凸に強い意欲を示しているとも取れる発言をするようにもなった。えまなどの配信者と共にゲーム配信をした際にはキングアンチの如き発言を繰り返して視聴者を楽しませた。
いなほ
えまと関係がある故に キングの嫉妬の対象 となった女性配信者で、一度引退したがその際の配信を イエバスに荒らされてしまった
うきょち
ニコニコ生放送でリスナーの多さに恵まれる女性ゲーム配信者。しかし、ニコ生で予約していたゲーム配信を放棄し、男性配信者とゲームを遊んでいたことで視聴者の反感を買うこととなってしまう。うきょちは涙声で弁解をしながらコミュニティ掲示板の読み上げを開始するが、 掲示板に投稿されていた純一文学の「息子を信じて何が悪い」をその際に何故か全文朗読し 、視聴者を呆れさせた。
ウナちゃんマン
ニコニコ生放送の古参、前科4犯のアウトロー配信者。キングが配信活動を始めた当初から有名だったため、しばしば彼やイエバスによる荒らし行為のターゲットとなった。前述の鮫島からピザの大量配達を呼ばれたり、虚偽通報によって消防車を呼ばれたりもした。彼も彼でなかなか恵まれていない。
うんこちゃん(加藤純一)
ニコニコ動画で有名な動画投稿者でありゲーム実況者。渋谷のキングとは下の名前が同じ。渋谷のキングがコメント連投や脅迫行為などの攻撃を加えた対象の中で、 あまりにも早く渋谷のキングのハッタリを見破った ことで知られる。
渋谷のキングは高校を中退し引き籠り続けたことが原因で渋谷に対する恣意的かつ時代錯誤なイメージを抱いており、その上で「渋谷のギャング」を自称してうんこちゃんの配信チャットに大人数を率いてコメント連投行為や誹謗中傷、脅迫行為や殺害予告をし続けた。しかし、対するうんこちゃんは当時からしてそれほど昔ではない大学時代に週4日のペースで渋谷に通っていたため、その「渋谷のギャング」の正体を即座に看破してしまう。さらにうんこちゃんの視聴者によって荒らしのIPアドレスが特定され、その時「渋谷に来いや」と発言していた渋谷のキングが埼玉県越谷市からインターネットに接続していたということまで看破されてしまう。
自称「渋谷のギャング」の渋谷に対する時代錯誤で恣意的な印象の持ち方や、ギャングであるにもかかわらず相手に対してわざわざ「渋谷に来いや」と要求するその回りくどさ、しかも発言に反して渋谷ではなく越谷にいるということなどが片っ端からうんこちゃんに指摘され、渋谷のキングはたちまちうんこちゃん側の配信視聴者の笑いものと化してしまう。その後渋谷のキングは荒らし行為を終了してうんこちゃんの配信から撤退したが、その後もうんこちゃんから「可哀想な人」などと見下され続けていた。うんこちゃんの渋谷のキングに対する同情心は決して偽りではなく、渋谷のキングが中学時代に女子生徒から嫌がらせされていたことが明らかになるとうんこちゃんも自身に似たような境遇があることを配信上で明かして同情したことがある。
2014年になり渋谷のキングへのアンチ活動が全盛期を迎えると、うんこちゃんもこれについて頻繁に言及するようになった。例として、自身のチャンネル生放送による収入の使途に関しての提案を視聴者に対して行った際、募金という使途のデメリットとして渋谷のキングによるアフィ収入私物化の例を挙げ、当サイトを参照するように宣伝してくれたこともある。ただし、うんこちゃん自身もかつては配信で収入を得ることに否定的だった人物であり、2016年に入って有料イベントへの出演などを行うようになると、「下等矛盾一」などと渋谷のキング並にひどいアダ名で中傷されることも少なくないようになった。
エセアカ
元は雑談配信者だったが2010年ごろに渋谷のキングの模倣のような荒らし配信を続けたことで全盛期を迎えたニコ生の配信者。ERB(エセアカ・レッド・バスターズ)という視聴者の徒党を率いていた。上から目線のトークやチンパンぶりはキングに似通っていたが、貧困なボキャブラリーから生み出す一般人には真似できない神がかった発言の数々(だんじりじゃーい、俺の生き様よーく見とけや、敬語つかえーや、うどん・・・etc)はキングを越えていたと言われており、他にも電気が止められる(通称「電気BAN」)と言うキングのプロバイダーBANを越える伝説も残している。
2014年には荒らし路線を完全に離脱して復活し、雑談配信者に戻った。
敬市
渋谷のキングの父親。キングが実家暮らしであったため、キングの個人情報が特定された際に真っ先に名前が知れ渡った。当初は「健一」という名前で、7丁目の会社でリフォーム業を営んでいるとされていたが、特定作業が進むにつれてこれらの情報は否定されていった。
渋谷のキングのアンチからは父親としての責任を問われており、最終的には早朝に家の前で釣りに出掛ける準備をしていたところを5連ホーン先輩に発見され、 車で追い回された
コレコレ
渋谷のキングと同じ「ニコ生四大癌」の肩書きを持つ配信者。2013年にイラストを不正利用してグッズの販売をしていると渋谷のキングから指摘され関係が悪化、それ以降はしばらく対立関係にあった。2014年にスカイプで通話した際に少し仲直りしそうないい雰囲気になったのだが、 キングの一言で結局決裂した 。渋谷のキングが2015年に配信に復活した後また配信上で通話を行うが、その際も自身とあんちゃんとの関係を暴露し緊迫した雰囲気を生む。
渋谷のキングがアンチ被害で活動を休止して以降はコレコレが自身の有料会員向け配信に匿ってあげるということが多々あったらしく、結局は渋谷のキングが恩を受けることになったようだ。
ちーめろでぃ
えまの師匠という立ち位置にある女性配信者。故にキングの 嫉妬の対象であり愚痴のネタ
ちくわちゃん
「ちくわちゃんランキング」(ちくラン)というニコ生のランキングサイトを作った人物。
キングがアフィリエイトをBANされた際、ちくわちゃんは応援メッセージをちくランに載せてあげるという献身的な一面を見せたが、キングは気に入らなかったのか これについてスカイプで直接抗議 。しかし結局通じなかった。
渋谷のキングが楽曲の剽窃を行った際には彼を「盗作おじさん」と評し、それが話題にもなった。
チョビ
マイコの配信で当サイトのツイッター突撃部隊を挑発したことからロックオンされ、粘着されるようになったらしい人物。突撃部隊の一人が好意的な女性に成りすまして彼に接触したため、彼の陰茎の写真が流出してコラ画像素材にされるなどやりたい放題状態にされてしまった。彼の強烈な個性も含め、この出来事はたまご温泉史に根強く残っているようだ。
まこと
ニコニコ生放送で配信活動を開始する前もPeerCastで配信をしていた老舗の女性配信者。かつてはキングと一緒にゲーム配信をしたりすることもあったが、やがて一緒に配信する機会がなくなるとキングはまことの配信やコミュニティ掲示板を荒らし始め、まことは「キング」をNGコメントに設定するなどして距離を置くようになった。
しかし、2014年12月22日に渋谷のキングが発表した無期限休止宣言文を読んで完全に情が移ったらしく、号泣しながら文章を読んだり渋谷のキングにツイッターで応援メッセージを送ったりしたようだ。
水樹めぐみ
ニコニコ生放送における自身の配信で渋谷のキングのラップ『666』を延々と流し続け、その奇行だけでなぜかちくわちゃんランキング11位まで登り詰めた女性配信者。その後の配信は温泉民の溜まり場となり、多くの純一文学朗読動画を輩出した。

イエローバスターズ、及び親キング側

イエローバスターズ
渋谷のキングのリスナーを指す単語。略してイエバス。キングがネット上に結成したギャング集団という設定らしい。キング全盛期のイエバスはもういなくなり、今やリスナーが離れても現実を見ようとしないキングの主張に相槌を打って機嫌を取るだけのイエスマンバスターズ(略してイエバス)と化したと言われている。そのため現在のキングリスナーはかつてのイエバスと区別をつける意味で「ゴブバス(ゴブリンバスターズ)、子ゴブ(子ゴブリン)」という名前で呼ばれている。
ちなみに「イエバス」でググればわかるのだが、「 iebath(イエバス) 」という名称の高齢者住宅向け介護浴槽が存在する。これに沿ってイエローバスターズも、もはや要介護高齢者同然のキングを介護するための「ぬるま湯で満たされた浴槽」に化したと言われている。
また、逆に、現在のキングの配信で彼の言動を擁護したりなどしているリスナーたちを「キングに腐敗を招く人々」として「アンチ」と呼び、対して、彼に反抗したり彼の言動を指摘して現実に気付かせ、正そうとする人々を「真のイエローバスターズ」と呼ぶ声もある。
アクエリアス
16歳(2014年時点)と若い年齢ながら渋谷のキングの配信をニコ生時代から見てた古参リスナー。小山純一名義でyoutubeに動画を投稿して当初はアンチと思われてたが、放送中に自分の体を燃やしたり体を張った凸をしてキングやイエバスに認められた人物。
キングのマリオ配信が画伯の無断ミラー被害に遭った際はキングやイエバスに対し画伯への反撃を煽るなど好戦的な一面を見せたが、その際はキングから「ニコ生ではそんなことしない」ときっぱりと断られ、イエバスからも「空気読め」と罵声を投げつけられた結果、キレ芸をして後戻りができなくなり消えてしまった。
歌丸
大学時代に留年するほど渋谷のキングの放送にのめり込んでた。放送スタイルや口調も意識はしてないにも関わらずキングからの影響を受けていることがわかる。かつて憧れたキングがあまりにも落ちぶれている惨めな姿を見て最近では放送を見ないらしい。
逆凸放送やスカイプBANなど過激な放送スタイルでコミュ人数1万人に到達した時代もあったが、現在では放送内容をガラリと変え落ち着いたゲーム放送をしてニコ生でもじわじわとリスナーが増えてきている。
ちなみに渋谷のキングのリスナー時代からえまが放送に出るとブラウザを閉じるくらいえまのことは嫌いらしい。それは今でも変わらないようだ。
KAZ
基本コテハン禁止であるキングの配信においてコテハンの使用を許されている数少ないリスナー。その理由はキングにしばしばそれなりのチップを支払うからであり、キングからは「スポンサー」と呼ばれ親しまれている。また、しばしばキングの配信に出演することもあり、他のリスナーからも「KAZにぃ」と呼ばれ慕われているように思わているが、実際のところ「出しゃばり」「低学歴相応」「喋り方が根暗臭くて気持ち悪い」「金だけ出して配信出てくるな」と陰口が囁かれ拒絶反応が示されている。
恐らくリアルでもネットでも注目されることのない人生なので、チップを出して自分の存在をイエバスに知ってもらえるのが快感なのだろう。お酒で自分を見失う性格から将来ホームレス確定であり、今から利根川の河川敷にキングと住める土地を確保しておくのがKAZにぃの必須命題と考えているリスナーは多い。
クリーミーココア
渋谷のキングへ頻繁に凸する博多が生んだ低身長、低学歴、底辺リスナー。主に山口組への電凸で有名になった。ニコ生第3世代の配信者と仲がいいがはっきり言って本人自体は無名である。イエバスの典型的なリスナーらしく厨2病をこじらせたトークスキル0の凸でほとんどのリスナーが呆れている(つまらない)。またBIGになるために東京に出てきたものBIGになる片鱗すら見せていない。頭が悪く何一つ取り柄のない彼だがDJとしての腕は光るものがある。本心ではキングを馬鹿にしてるものの最近ではひたすら媚びて持ち上げることしかできなくなった牙の抜けた狼状態になっている。
渋谷の社長(やっちょくん)
極度の人間不信のキングが放送外で唯一相談でき心を許してるリスナーの一人。渋谷のキングの悪行として有名なスカイプBANをする際の音源として使う「たこぼーる」の音源提供者でもある。同じ中卒でありながら経営者として成功しておりキングのスポンサーでもあった。親心的な目線からキングを見守っていたが、近年のキングの女々しく愚痴を言う配信を見て一定の距離を置いている。経営者の立場から人間的成長が全く見られないキングを見てどう思うのか本音が語られたことはない。キングと社長はいつか数年後リアルで会おうと約束しているらしいが、その夢が現実になることはないだろう。
現在では結婚をし子供も生まれ忙しいとの理由で渋谷のキングの放送に出ることはないが今の精神状態のキングとはあまり関わりたくないとの見方がリスナーの概ねの意見である。
除悪(竹井聖寿)
千葉県柏市連続通り魔殺傷事件の容疑者。主な活動拠点はYahoo!チャットであったが、ニコニコ生放送でも除悪と言う名前で放送していた。好きな配信者の1人に渋谷のキングを挙げており、少なからずキングの影響を受けていたことが推察される。
しょっしー
通称「出戻りのイエバス」。かつて画伯会とイエバスを行き来して両者から嫌われており、それでもキングの放送に前面的に介入したことから顰蹙を買っていたとされるが、渋谷のキングに限っては彼のことを気に入っていた。にもかかわらず、アンチがよく使う用語をしばしば用いてキングを戸惑わせたり、意図していないのかキングを陥れるような行動に出たりすることから「画伯会寄りで実はキングアンチ」「最強のアンチ」と呼ばれている。
22:12 (ustreamer-356282) チャットのログ見るにしょっしーゴブにquadro買わせようとしてたの?あれって3DアニメレンダリングとかCADとかの精密で間違いあっちゃ困る用途ののグラボでしょ
22:12 (ustreamer-356282) パンピーのゴブが買っても… 無駄すぎる
22:13 (ustreamer-001619) 買わせよう
22:13 (ustreamer-126412) ショッシーは最高のアンチなんだよ
22:14 (ustreamer-356282) ネトゲとかゲームとかのホビーユーザーは3分の1の価格で同程度の性能が得られるGTXシリーズになるらしじゃん
22:14 (ustreamer-356282) quadro買ったらおもしろいなぁ…
22:15 (ustreamer-356282) 何も作らないのになにするんや って話になっておもしろい
22:15 (ustreamer-126412) ショッシーは買わせようとしてるからなww
22:15 (ustreamer-126412) ショッシー最高だわww
2014年中旬になると妻の出産を理由として渋谷のキングのもとを離れた。
零崎
渋谷のキングの元優秀なモデレーターの1人。中学時代から渋谷のキングを崇拝していた狂信者だったが近年はヘドロ化しアンチとも思われる言動をツイッターにつぶやく。ツイッターやスカイプではそれなりの存在感で一目置かれる存在だが、リアルでは人生初のコンビニのバイトすら人間関係で逃げ出すへタレ野郎である。ハゲ、チビ、低学歴の3重苦で茨城の恥さらしと陰では言われている。現在はイエバスに距離を置きスカイプ会議などでネットのお友達と「友達ごっこ」を楽しんでいる模様。渋谷のキングと同様、将来性0の現状を変えられるのか今後の注目するところである。
たぬき
温泉民による渋谷のキングへのアンチ活動がようやく下火になった頃、突然ツイッターでイエバスを自称、リア充斉藤や温泉民を2ちゃんや温泉チャットで誹謗中傷し挑発的な態度を取るようになった人物。「自分はスカウトのお仕事をしている」と吹聴し、エグザイル風のオラオラ系を演じていたが、後の配信で顔が一瞬映り、実際は色白で小太りの不細工な24歳ニートだったと判明した。
2015年初頭に渋谷のキングが復活すると、今度はそのときの配信を「糞配信」と批判し、アンチへの転向を宣言するとともに「渋谷のキングの自宅に訪問して彼の母親を撮影・公開する」と宣言したが、実際に行ったと思われる証拠は提示されていない。
その後は渋谷のキングへの興味を失ったのか、「しんやっちょの弟」というタイトルでの釣り配信(当時しんやっちょという配信者が逮捕され話題になっていた)、エセアカの弟と偽っての配信などを行うようになる。実際は話題の人物に関係する配信をして売名をしたいだけなのではないかと噂されるようになった。その後も2015年7月6日に暗黒放送の横山緑の有料動画をFC2で垂れ流して注目を集めていたという。
温泉民とも友好的な時期もあったようだが徐々に単調な配信内容と重度のアルコール中毒による暴走により、少しの間友好関係にあったパシゴブ、ぶさまんと敵対し今では完全に温泉民の嫌われ者になっているようだ。
秀丸(芳賀秀明)
自らをエリートイエバスと名乗り、全身をギャングファッションで身を固め、キングと同じ金髪にするイエバスきっての狂信的なリスナーのひとり。高齢にも関わらず若作りしすぎているファッション、イエバスパーカーを独自のアレンジで着こなしツイッターでの痛いアピール、発言などが温泉民の目に止まり脚光を浴びることとなる。
ツイッターでキングの女性リスナーとよく絡むためキングを利用して女性リスナーと知り合いたいだけの出会い厨とイエバスから叩かれ、キングにもそう思われてると不安になり落ち込む豆腐メンタルの持ち主。キングのリスナーは基本的に中高生の低年齢層のリスナーが多いが、秀丸のように世間からは相手にされない、社会から逸脱したタイプの大人のリスナーが少数だが存在する。彼のような社会のつまはじき扱いされた大人のリスナーはキングやイエバスにすがり孤独感、虚無感を解消しているのかもしれない。
前川
何年経っても一向に進歩しないキングのスパ4放送を見て技術的なことを思わず自身のツイッターでつぶやいたらキングの逆鱗に触れ凸するはめになり、この時初めてキングの放送で声を出して凸をすることになる。
それまではスパ4に4000時間を費やしたリスナー程度の認識だったが、中1の時点で身長125cmしかなかったホビット族(背が極端に低い)であることや自分の家にクーラーや扇風機すらない惨めなエピソードを凸中に白状しイエバスだけでなくヘドロやアンチからも愛される存在になり放送でも固定ファンがつく。スパ4の上級者だがあまりの豆腐メンタルのためにこれまではスパ4大会ではことごとく結果を残せないていない。
現在では宅建の勉強をすると言い残し渋谷のキングの放送からは離れている。
まみこ
元ニコニコ生放送の生主。キングの同世代と言うこともあり渋谷のキングの理解者であり古くから親交のある数少ない女性リスナーの1人。夜の仕事をしたり普通の会社で勤めたりイエバスの中では社会性がある反面、関ジャニの追っかけにはまり婚期を逃す可能性もある。性格は渋谷のキングと対照的でサバサバしている。
yurisa
ツイッターのつぶやきが常に渋谷のキングのことばかりと話題になり注目を浴びたリスナーである。元彼が渋谷のキングに似ているために未練を断ち切れずにいまだにキングの放送に依存しているおばさんである。声は言語障害でもあるような喋り方とおばさん特有の笑い方で気色悪く話す内容からして知的障害者かと錯覚するほど話の内容に統制がとれていない。陰では病気女と揶揄されている。
亮介
生粋とも言えるほどのイエローバスターズ脳を持っている人物。本スレや温泉チャット等で接続元を変えて延々とコピペ荒らしをし続けるなど過激な立ち回りを演じているとされる。リア充斉藤の実名を連呼しひたすら誹謗中傷をするのが口癖のように見える。スカイプでは肉声で喋れないため、棒読みちゃんという文章読み上げツールに発話をさせる。2014年10月10日に斉藤と実際に面会する予定を立てたようだが、実際にどうなったかは不明。
リア充斉藤に対して「ゴミ食いゴブリン」という蔑称を執拗なまでに用いる(ここでの「ゴミ」とはコンビニの廃棄弁当を指しているという)が、そのことからそれ以下の「クソ食いゴブリン」という蔑称で呼ばれている。
関連動画: リア充斉藤VSアンチ斉藤の亮介くん(イエバス)
ワンワン
元声真似生主という特性をいかし吐き気を催すような自称イケボボイスで渋谷のキングの放送中に寒い凸を頻繁にかけてアンチやイエバスからも気持ち悪がられてる人物の一人。キングがニコ生で配信する際は大抵バックステージに常駐してBSPコメを投稿している。オロナインやコレコレなどニコニコ生主との交流も多いが実態は人気生主に媚びてるだけとの見方もある。実際、渋谷のキングへの媚び方は異常性すら感じる。恐らくリアルでも媚びて媚びて媚びまくる性格なのだろうと推測できる。画伯曰く「癇に障るのでイエバスには何とかしてもらいたい」とのこと。40歳前後なのにいまだにニコ生にしがみつくおじさんを見て若い人は何を思うのだろうか。