鷺宮 浩司


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

名前:鷺宮浩司(さぎみやこうじ)
年齢:27歳
担当:数学教師兼反省室責任者
寮:506
誕生日:8月10日(しし座)
学生時代罪状:強盗罪

一人称:オレ
二人称:~ちゃん、呼び捨て、~くん、お前

外見:茶髪の癖毛ショートでメガネ。目の色は黄色。
服装はチェックのワイシャツにジーパン。アイロンとかかけるの苦手なので常にダルダル。


基本的にゆるゆる教師。普段は笑顔だし優しい顔してるので生徒達からの評判はいい。
授業はほぼ雑談だし課題は少ない。けど、試験はちゃんとやる。みんなにえええーーーとか言われるけど気にしない。

元強盗グループのリーダー。人望を集めるのは得意。
普段は優しいが反省室に来た生徒には厳しい。ルール守らない人には怖い。

元学生の内部教師。最下層地域の出身で母親が売春の果てに身ごもった子供。その母親を病気で亡くす。
その後ストリートチルドレンとなり同じ最下層で孤児を集め強盗団を作り上げリーダーとなる。
その強盗グループのメンバーを逃がすために囮になり逮捕、学園に入学することとなった。

学園では親友がおり、その親友にいつか学園を抜け出しこの管理世界を変えることが夢だと語ると賛同され、共に何れ社会を変えることを誓い合う。
しかし会議により更生の余地なしと判断され処刑対象者となりショックを受けていたが、親友に特別プログラムを受けることを勧められ参加。最終課題で親友に請われ彼を処刑することとなる。

元々2人とも不穏分子として処刑される運命だったが、親友が彼を教師にしようと嘘をつき自分を処刑させるよう仕向けたことで浩司は教師として生き残る。
それ以来ルールを守らず運命に逆らった自分のせいで親友が死んでしまったと悔やみルールを守ることを第一に考えるようになり、生徒達にもそれを強制させようとする。
学園に逆らう気は無く、できる限り多くの生徒をそのまま卒業させたいと願っている。

処刑については仕方ないことだ、これがルールだ、と冷徹に接する事なかれ主義。
処刑の話・行動は親友を殺したことを思い出してしまうので、事務的に行う。

部屋はごっちゃり物が多い。片付けはしてるけどすぐ散らかる。
ご飯はチキラー正義。栄養偏りすぎて周りからは不評。
腕っ節強く体力いっぱい。

外の元チームのメンバーにはまだ人望を寄せられており、色んな差し入れや情報が届く。

空き教室でカップ麺啜ってる姿がよく目撃されます。

性格は基本的に明るく、けらけらと笑い冗談を飛ばす気の良いお兄さん。
反省室送りになるとお説教モードで修羅の表情してる。

関係
有馬みちる:よく絡んでウザがられる