金ヶ崎城


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

福井県敦賀市金ヶ崎町
金ヶ崎城(かながさきじょう・かねがさきじょう)は、越前国敦賀郡にあった城で
別名敦賀城。(つるがじょう)
敦賀湾に突き出した小高い丘(金ヶ崎山)に築かれた山城であり
治承・寿永の乱(源平合戦)の時、平通盛が木曾義仲との戦いのために
ここに城を築いたのが最初と伝えられている。
足利氏と新田義貞の戦いで陥落。
それと同時に捕縛された恒良親王と、新田義顕とともに自害した
尊良親王を祀った金崎宮(かねがさきぐう)がある。
短剣を携えた焼きおにぎりが好きな元気っ娘。


入手方法    
コスト         
能力 (攻撃) (耐久)
進化前
進化 条件




名前:
コメント:
添付ファイル