※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

多くの人が、突然気にし出す。そのきっかけは、赤ちゃんではないでしょうか。出産して、我が子の病気などを気にするようになると、突然、カーペットやラグは洗えて当たり前!という気持ちになりますね。カーペットは、選び方が別になるので、ラグの話をします。ラグは勿論洗えた方がよいです。子供の健康のためにというより、飛んでもなく汚されるからです。

ミルクはもちろん、離乳食、そして排泄物。小さな子供(もちろん大きな人でも)と一緒に生活していると、洗えないラグはありえないと思います。今は、どのメーカー・店でも、自宅で洗える表示がされているものが、たくさんあります。でも、注意しなくてはいけないことがあります。まず、洗えるとはいえども、ラグの役割を果たしていなくてはいけません。固いフローリングの上に使う場合は、クッション性があったり、滑り止め加工しているものが望ましいです。また、洗濯機の洗濯容量を確認しましょう。そのラグは、入るでしょうか?小さめの洗濯機の場合、滑り止め加工してあったりする、しっかりしたものは、入りきらないこともあります。こまめに洗うことを考えると、あまりしっかりした厚いものは選ばない方がよいかと思います。経験談ですが、あくまでも参考程度にしておいてください。