ヌカフハフ(2014年4月15日~2014年4月26日)_後編

以下生ログ




4/24-25セッション
22:05 KP > えーっと
22:05 KP > 探索者の人は1人1部屋招待するんで
22:05 KP > そっちに入ってください
22:05 KP > 個別ルートはそっちで処理します

+個別ルート3人分 クリックで開いてください
22:07 (KP) 諏訪大社についたけどどこに行きます
22:07 (KP) か?
22:08 (yu-ki_63) 1日目夜に巴と最初にであった場所に行こう
22:08 (KP) では 草むらについたね
22:09 (yu-ki_63) 当事のログ読み直し中…
22:10 (yu-ki_63) もう一度茂みの中を探索してみよう
22:10 (KP) ふむ じゃあ目星で振ってください
22:10 (yu-ki_63) 1D100≦47
22:10 (KP) yu-ki_63 -> 1D100 = [84] = 84 <=47
22:11 (yu-ki_63) ほんともうこの子は
22:11 (KP) ではゆうきは草むらの中を探したが特に何も見つからなかった
22:12 (yu-ki_63) 現在地は幣拝殿傍か
22:12 (KP) ですね その辺り
22:13 (yu-ki_63) KPに、諏訪大社内の地形、地理の概略を聞くのは許可されるかどうか
22:14 (KP) 構わんが
22:14 (yu-ki_63) っつーかここは秋宮か
22:14 (KP) 特にそれで何も変わらない
22:15 (yu-ki_63) いま周囲に普通の人はいるかな
22:15 (yu-ki_63) 人影、か
22:15 (KP) んー
22:15 (KP) この辺りを目当てに来る人はいないから
22:15 (KP) いなさそうだね
22:16 (yu-ki_63) よし、幣拝殿の中を覗いて、人が居た形跡がないか調べてみよう
22:16 (yu-ki_63) 人目を避けつつ
22:16 (KP) 目星で振ってくださいな
22:16 (yu-ki_63) 1D100≦47
22:16 (KP) yu-ki_63 -> 1D100 = [42] = 42 <=47 <成功>
22:17 (yu-ki_63) 初めて成功した!>目星
22:17 (KP) ふむ
22:17 (KP) ではゆうきは幣拝殿の中を覗いて見た
22:17 (KP) そこは閑散としており人がいたぬくもりすら感じられない
22:18 (yu-ki_63) 特に、床上に変わったもの、埃の後はなし?
22:18 (KP) 埃はそこそこかぶってるね
22:19 (KP) 後特に変わったものもない
22:19 (yu-ki_63) 埃はあって何もなし、何も来てないか
22:21 (yu-ki_63) 1日目夜に巴が立ち去った方向は覚えているかどうか
22:21 (KP) 知識でロールどうぞ
22:22 (yu-ki_63) 1D100≦60
22:22 (KP) yu-ki_63 -> 1D100 = [87] = 87 <=60
22:22 (KP) では忘れてるみたいですね
22:23 (yu-ki_63) よし、とりあえず幣拝殿から出口方面に移動しつつ、何か地面に怪しいものがないかざっくりと見て行こう
22:23 (KP) まぁおまけで
22:23 (KP) 目星の1/2ふっていいよ
22:24 (KP) 少数以下は切り捨て
22:24 (yu-ki_63) やはり範囲が広すぎたか
22:24 (yu-ki_63) 1D100≦23
22:24 (KP) yu-ki_63 -> 1D100 = [38] = 38 <=23
22:24 (KP) いや なんというか
22:24 (KP) もう4回探して全部失敗っていうのも・・・
22:24 (KP) では 何も見つからなかった
22:24 (yu-ki_63) もう何も探すものなんてないね(震え声
22:25 (yu-ki_63) 下社には林と言うか森と言うか、そういうのが敷地内にあるのかな
22:25 (KP) 下社はあるけど
22:25 (KP) 今回のセッションでは使わないというクッソめたい情報をあげます()
22:26 (yu-ki_63) 森に突撃する手間が省けたよ、やったね(震え声
22:27 (yu-ki_63) ちょっとログを読み返します
22:27 (KP) いいよ
22:32 (yu-ki_63) よし、慎太郎に電話をかけよう
22:33 (yu-ki_63) どうせ単独なのだ、今の内に巴他について聞いておこう
22:33 (yu-ki_63) というわけでスマフォから慎太郎に電話をかけます、電話番号は昨夜、古賀里から教わっている
22:34 (KP) ん ちょっと待ってね
22:34 (yu-ki_63) rgr
22:35 (KP) では電話をかけるね
22:35 (KP) prrrrrrr
22:35 (KP) prrrrrrr
22:35 (KP) (ガチャっ
22:35 (KP) 慎太郎「はいもしもし守谷ですが」
22:36 (yu-ki_63) 「もしもし、黒桐祐樹です」
22:36 (yu-ki_63) 「巴ちゃんをこちらでも手分けして探しているのですが、そちらはどうでしょうか、何か手がかりは見つかりましたか?」
22:37 (KP) 慎太郎「あー巴ですか、こっちも仕事の合間に部下に話を聞いたりしてるんですが皆目見当もつきません・・・」
22:38 (KP) 慎太郎「仕事が終わったら一旦、実家に帰るんでその時に何かあったら連絡入れますね。」
22:38 (yu-ki_63) 「ふーむ、家出をする前に、巴ちゃんから何か連絡とか無かったんですか?」
22:39 (KP) 慎太郎「んー・・・なかったですね。あったら真っ先にその周囲を調べたかったんですが・・・」
22:39 (yu-ki_63) 「例えば、守屋家の継承の儀、あれが実はいやなんだ、というようなことを聞いたこととか。タイミング的に、何かありそうなんですよね」
22:40 (KP) 慎太郎「なるほど・・・巴とあのクソBB・・・じゃなくて美沙様は仲が悪いですからね。あり得るかもしれません」
22:40 (KP) 慎太郎「家に帰ったらそっちも調べてみますね。」
22:40 (yu-ki_63) 「…うすうす思ってたんですが、美紗さんと仲、凄く悪そうですね…佳子さんもでしたけど。何か有ったんです?」
22:41 (KP) 慎太郎「・・・身内にこういうことを言うのもなんなのですが」
22:41 (KP) 慎太郎「美沙様は少し性格にとげがあるのですよ」
22:42 (yu-ki_63) 「…古賀里、ああ」
22:42 (yu-ki_63) 「ぬえみからも聞きましたけど、中々きっついようですね…」
22:42 (KP) 慎太郎「ええ・・・しかし前の家政婦さんから1度聞いたのですが。昔はそうでもなかったそうなんです。」
22:43 (yu-ki_63) 「昔…きっかけはやはり、美紗さんの継承の儀ですか?何か事故が有ったとか聞きましたが」
22:43 (KP) 慎太郎「ええ・・・儀式の際に家じゅうが焼ける火事があったとのことで・・・」
22:45 (yu-ki_63) 「なんとか生き残ったけれど、性格が一変してしまった、か…」
22:46 (yu-ki_63) 「そういえば、失礼かもしれませんが慎太郎さんも養子と聞きましたけど、そんな美紗さんが何故貴方を?巴ちゃんは跡継ぎとして、とわかりますが」
22:47 (KP) 慎太郎「ああ・・・うーん・・・ちょっとその話は・・・」
22:47 (KP) どうしようかな
22:47 (yu-ki_63) 説得の技能って手がありますぜ、旦那
22:48 (KP) んじゃ説得+信用で振ってくださいな
22:48 (yu-ki_63) いくつだっけな…
22:48 (yu-ki_63) 合計55か
22:48 (yu-ki_63) 1D100≦55
22:48 (KP) yu-ki_63 -> 1D100 = [76] = 76 <=55
22:49 (KP) 慎太郎「流石にこれは身内以外には伝えたくなくてですね・・・ごめんなさい」
22:49 (yu-ki_63) 「ああ、いえいえ、こちらこそ辺なことを聞いてしまったようで、すいませんでした」
22:50 (KP) 慎太郎「っと・・・そろそろ休憩時間が終わるのでそろそろ失礼していいですか?」
22:51 (yu-ki_63) 「あ……はい、わかりました。休憩時間にお手数おかけして申し訳ありませんでした」
22:51 (KP) 慎太郎「いえいえ、巴が見つかったらすぐに連絡下さい。」
22:52 (yu-ki_63) (推測が一つ有るけど、問題はこれ出しても巴ちゃんの行方探しには役に立たないんだよな)
22:52 (yu-ki_63) 「ええ、勿論です。では、失礼します」
22:53 (yu-ki_63) (単純に考えれば夫婦候補なんじゃないかと思うのだが)
22:53 (KP) ぷつっ
22:53 (KP) つーっ 
22:53 (KP) つーっ つーっ つーっ
22:53 (KP) さて 会話も終わったところで どうする?
22:54 (yu-ki_63) さーて、佳子さんに聞くわけにも行かんし
22:54 (yu-ki_63) 諏訪大社内で聞き込みできるほど人は居なさそうだしな…
22:56 (yu-ki_63) (巴が佳子に分かれてくれ、人を好きになったことはあるか、組み合わせれば巴と慎太郎のカップル)
22:56 (yu-ki_63) (佳子と慎太郎の結婚について、問題なかったか聞けばよかったかなー)
22:57 (KP) まぁやることなければ家に帰ってくださいな
22:57 (yu-ki_63) 古賀里に電話をかけよう。聞きたいことがある
22:58 (KP) 電話中です
22:58 (yu-ki_63) ぶwwwwww
22:58 (yu-ki_63) ちくしょうwwwちくしょうwwwやっぱりかwww
22:59 (yu-ki_63) ええと、うん、ケイトに聞くことはないし、諏訪大社内にてがかりがみあたらんし
22:59 (yu-ki_63) 帰り道に交番とか、コンビニ、商店があったら、巴ちゃんの写真を見せて「この子知りませんか」って感じで聞き込みしつつ家に帰ろう
23:00 (KP) ふむ
23:00 (KP) んじゃ 交番 コンビニ 商店
23:00 (KP) 3回判定していいよ ただし信用でな
23:01 (yu-ki_63) きっつぅ!
23:01 (yu-ki_63) 3Dでいいか。その順番で
23:01 (yu-ki_63) 3D100≦15
23:01 (KP) yu-ki_63 -> 3D100 = [29,31,84] = 144 <=15
23:01 (yu-ki_63) 交番が一番よかった(震え声
23:02 (KP) んじゃ特に目撃情報はないみたいだね
23:02 (KP) さて ゆうきが帰路についてると
23:02 (KP) 守谷神社へ向かう1人の姿が見える
23:02 (yu-ki_63) 寝床がどこなんだろうという疑問はつく、中3で
23:03 (yu-ki_63) おや、誰の姿だろう
23:03 (KP) しかしそれが誰だったのか ゆうきは巴がどこにいるのかを考えるのに夢中で
23:03 (KP) かんがえることもなく家についた
23:03 (yu-ki_63) ゆうきぃぃ!!
23:03 (yu-ki_63) 『なんか見覚えが有る人』というぐらいの認識でいいかな」
23:04 (KP) だね
23:04 (yu-ki_63) ん、ケイトは家に居るのだね?
23:04 (KP) うん
23:04 (KP) 先に2人で情報交換していいよ
23:05 (yu-ki_63) あいあい、了解
23:13 (KP) 22:18 (KP) 脱皮ノ儀
23:13 (KP) 22:18 (KP) ヌカフの魂を新たなヌカフへ移すための術
23:13 (KP) 22:18 (KP) 術の行使は2人のヌカフが脱皮ノ儀の方法を理解してることと満月の夜であることが条件である
23:13 (KP) 22:19 (KP) 術は満月の夜から行われ、術が終わった時ヌカフ2人の魂を入れ替えることが出来る
23:13 (KP) 22:19 (KP) 以上ですね
23:13 (KP) 本来なら日本語ふってもらうとこだけど 既に内容知ってる人がいるので自動成功で
23:13 (KP) 22:19 (KP) 次ミジャクジノ呪
23:13 (KP) 22:20 (KP) ヌカフが、三日三晩にわたってミジャクジに生贄をささげ、祈ることによって成立する魔術。
23:13 (KP) 22:20 (KP) 三日目の祈祷が終わった時、対象の胎内にいる胎児は完全な蛇に変わるという
23:13 (KP) 22:20 (KP) 以上です
23:15 (KP) 読み終わったら教えてね
23:15 (yu-ki_63) 読み終わりましたー
23:16 (KP) それじゃあこのような冒涜的な内容を知ってしまったゆうきはSANチェックだ
23:16 (KP) 1/1D3+1
23:16 (KP) KP -> 1/1D3+1 = 1/[1]+1 = 2
23:16 (yu-ki_63) (ニコッタ
23:16 (yu-ki_63) タってなんだろうね、現在SAN値でチェックと
23:16 (yu-ki_63) 1D100≦63
23:16 (KP) yu-ki_63 -> 1D100 = [66] = 66 <=63
23:17 (KP) では追加でどうぞ
23:17 (yu-ki_63) 1D3+1
23:17 (KP) yu-ki_63 -> 1D3+1 = [2]+1 = 3
23:17 *nick yu-ki_63 → yu-ki_60
23:17 (KP) では3減らしてください
23:17 (KP) んで このSANチェックで減った分のSANをクトゥルフ神話に+しておいてね
23:28 (yu-ki_60) クトゥルフ神話追加は忘れてたわ
23:29 (KP) ん 入れといてね





22:14 (Kogasato_41) あ、こちらで進めればいいのですか?
22:15 (subKP) せやね それじゃいくでよ
22:15 (Kogasato_41) はーいっ
22:15 (Kogasato_41) 確か、鏡を見つけたらよろしくーとか探偵さんが言ってたなぁ
22:15 (subKP) さて 守谷家に付いたこがさとさんですが
22:15 (Kogasato_41) てくてく
22:16 (subKP) 門は固く閉ざされていて 昨日は結構いたように思えたお手伝いさん達の気配も殆ど感じません
22:16 (Kogasato_41) なんですとう!
22:16 (Kogasato_41) 今日は日曜日だった・・・?
22:16 (subKP) さてどうします? 色々できることはあるような気はしますが
22:17 (subKP) お店じゃねーんだぞ!ww
22:17 (Kogasato_41) んーっとー チャイム鳴らしてみます!
22:18 (subKP) ふむ ピーンポーンと音が鳴った(そういう音だったかはさておき)けど 誰も出てくる感じはないね
22:18 (Kogasato_41) 私あまり情報得られてないし、ちょっと冒険してでも他の二人のお役に立たねば!
22:18 (Kogasato_41) むむ
22:18 (Kogasato_41) んー、窓とかから中見えるような場所はあります?
22:18 (Kogasato_41) 裏門とかはないのかな
22:18 (subKP) んー、そんな都合よく窓は無いと思いますが……
22:19 (Kogasato_41) が・・・!
22:20 (subKP) 裏門はさてどうでしょうね?
22:20 (Kogasato_41) お、あるのです?
22:20 (Kogasato_41) というかこがさとちゃんならあるかどうかくらいは知ってるのでは・・・!
22:20 (subKP) さあ? あったとしても多分知らないでしょう
22:21 (Kogasato_41) 妹の嫁ぎ先に興味なしのおねーちゃん・・・ぐすん
22:21 (Kogasato_41) とりあえず家の周りをぐるーっと回ってみますが
22:21 (Kogasato_41) 何もないのかしら・・・?
22:22 (subKP) ふむ、そうすると その途中で凛子さんとばったり会いますね
22:22 (Kogasato_41) やや
22:22 (Kogasato_41) 「あ、こんにちわ!」
22:22 (subKP) ただ、日本刀を持っていて かなりピリピリした感じです
22:22 (Kogasato_41) ?!
22:22 (subKP) 凛子「……こんにちは して、何の御用でしょうか?
22:22 (Kogasato_41) 「か、かたな・・・? 何してるんですか?」
22:23 (Kogasato_41) []
22:23 (Kogasato_41) 「」
22:23 (Kogasato_41) あう
22:23 (Kogasato_41) 「んーと、巴ちゃん本格的に手分けして探してるんですが、まだお戻りじゃないっぽいです?」
22:24 (subKP) 凛子「今は守谷家で重要な催事の準備をしている所です 用がなければお引き取りください
22:24 (subKP) 凛子「ともえちゃ…… 巴さんはまだ見ていませんね
22:26 (subKP) 凛子「大事なことなのでもう一度言いますが 用がなければお引き取りください
22:26 (Kogasato_41) 「探せって言っといて冷たいなー(・ε・) 祭事ってそういえばどういう事するのか知らなかったけど、コレ今何やってるんですか?」
22:27 (subKP) 凛子「それはあなたが知らなくてもよいことです
22:27 (subKP) 物凄く帰れオーラを発しててやだ怖いこの子(
22:28 (KP) 自分でやっておいて酷くね?(()
22:28 (Kogasato_41) 「まー私には関係ないけどさ、関係ない人に責任重いこと頼むかね。巴ちゃん見つかったらじゃあ、どうすればいいんです?」
22:29 (subKP) 凛子「その時はこちらまで出向くなり 或いは別途連絡を入れてください その時は対応します故
22:29 (Kogasato_41) 「じゃ、連絡先教えといて下さいな」
22:30 (subKP) 凛子「それなら佳子さんが知っておられるかと
22:31 (Kogasato_41) 「おう成程、じゃあ家は忙しそうだから、白井さんに連絡する形でいいのかな?」
22:32 (Kogasato_41) ねね、この時
22:32 (Kogasato_41) 目視で日本刀が本物か模造刀かってわかります?
22:32 (subKP) 凛子「そうですね ……一刻も早い発見をお願いしますよ
22:32 (subKP) んー
22:32 (KP) んー
22:32 (KP) 目星振って>こがさとちゃん
22:33 (Kogasato_41) 歴史小説の知識が深いですがボーナスが入ったりとかは・・(チラ
22:34 (KP) えー・・・
22:34 (KP) じゃあ+10していいよ
22:34 (Kogasato_41) わーい
22:34 (Kogasato_41) 私は交渉できる材料があればがんがんKPに交渉するめんどうなプレイヤーですよ!(`・ω・´)
22:34 (Kogasato_41) 1D100≦65
22:34 (KP) Kogasato_41 -> 1D100 = [87] = 87 <=65
22:34 (KP) それであってるからいいよw
22:34 (Kogasato_41) (`・ω・´)
22:34 (KP) では 分からなかった
22:35 (Kogasato_41) (`;ω;´)
22:35 (Kogasato_41) じゃあ「見つかんなくても私のせいにしないでくださいよー 最悪けーさつ呼びましょ、ホント」って言って立ち去りまする
22:36 (subKP) 特に呼び止める用事も無く立ち去るのを見送りますね 目が怖いですが
22:37 (subKP) 時に 帰り道で何かしたいことあります? 無ければこのまま他の人が終わるまで待つことになりますが
22:37 (Kogasato_41) 少なくとも何か普通じゃない気がするのはわかったので、ちょっと不安を感じ始めますよ!
22:37 (Kogasato_41) えーっと、白井さんが見えなくなったくらいで電話かけます!
22:37 (subKP) んー、と 誰にですか?
22:37 (Kogasato_41) シンタロー
22:38 (subKP) えー、ではかけてみると 通話中ですね(
22:38 (Kogasato_41) む、むむ
22:38 (subKP) 現在進行形で電話中やん(メメタァ
22:38 (Kogasato_41) じゃあ5分おきくらいでかけ直す!
22:40 (KP) では 5分後
22:40 (Kogasato_41) かけ直しつつ、うーんコンビニのほうでも向かっておきます
22:40 (KP) prrrrrrr
22:40 (KP) prrrrrrrr
22:40 (KP) prrrrrrrr
22:40 (Kogasato_41) ガチャ
22:41 (KP) 慎太郎「はいもしもし守谷です。」
22:41 (Kogasato_41) 「あ、もしもしシンタローお疲れー! 連日ごめんねー浮気じゃないから安心しなー!」
22:41 (Kogasato_41) 「あのさー今あんた家?」
22:42 (KP) 慎太郎「浮気の心配なんてしてないよねぇさんw えーっと今は仕事の休憩中だね。」 
22:42 (Kogasato_41) 「お、休憩中丁度良かったー。今あんたんちどうなってるの?」
22:43 (KP) 慎太郎「僕の実家かい?多分儀式か何かでてんやわんやしてるんじゃないかい?」
22:44 (Kogasato_41) 「そうなんだろうけど、てんやわんやっていうかーなんか、ぴりぴりしてるっていうかー・・・」
22:44 (KP) 慎太郎「まぁ大事な儀式だからしょうがないんじゃないかい?義姉さん。」
22:44 (Kogasato_41) 「朝あんた出がけは家どんな感じだった? 何か様子変じゃなかった?」
22:44 (KP) 慎太郎「あー・・・僕は昨日は巴を探したり仕事が忙しかったから昨日は家に帰ってないんだ」
22:45 (KP) 慎太郎「でもこの仕事終わったら家に帰るからその時に家の様子を伝えるよ」
22:45 (KP) 慎太郎「多分夕方になると思うけどね」
22:45 (Kogasato_41) 「あら、そうなのか・・・んーと、じゃあ今やってる儀式ってどういうもんなの? 知ってる?」
22:45 (KP) 慎太郎「うーん・・・・僕は全くそういうのは知らないなぁ」
22:46 (KP) 慎太郎「というのも、義姉さんには離してなかったと思うんだけど」
22:46 (Kogasato_41) 「なんちゅーの、ただ当主交代するだけってカンジじゃないでしょ。・・・とか、そういう雰囲気は感じたことなかった?」
22:47 (KP) 慎太郎「僕って本来美沙様からすれば巴の夫にさせるつもりで養子にしたもんだからさ・・・ そういうことは全くノータッチなんだ」
22:47 (KP) 慎太郎「巴ならそういう教育を受けてると思うんだけど・・・僕には分からないよ」
22:48 (Kogasato_41) 「んーと、じゃーシンタロー的には儀式ってどういうのを想像してる感じ?」
22:48 (KP) 慎太郎「テレビとかでやってるあんな感じじゃないのかな? ほら 棒に紙がついててばっさばっさやる感じ」
22:49 (Kogasato_41) 「巴ちゃんが次の当主ってのは知ってるんだっけ?」
22:49 (subKP) ちなみに御幣と言う 早苗さんが持ってるあれも御幣だけどさ
22:50 (KP) 慎太郎「それは知ってるよ。なんせ巴も養子だからね。当主になるためだけに連れてこられたって感じなんだ。」
22:50 (Kogasato_41) 「ちょー大事なわけじゃん。で、それ差し引いても、逆に足しても、子供が二日家に帰ってないわけじゃん?」
22:50 (Kogasato_41) 「なんで警察呼ぼうとしないの? なーんかおかしくない?」
22:51 (KP) 慎太郎「正直あのBB・・・美沙様の考えてることなんてわからないよ。分かるのはせいぜい巴をモノとして扱ってるってだけさ。」
22:51 (KP) 慎太郎「ああ・・・僕の仕事がもっと楽だったら巴ともっと遊んであげれたのに・・・」
22:51 (Kogasato_41) 「んじゃーちょっと話変わって、白井ってコどういうコなのかわかる? あのコ危なくない?」
22:52 (KP) 慎太郎「白井さんかい?白井さんは少し前からうちに勤め出した家政婦さんだよ」
22:52 (Kogasato_41) 「日本刀が趣味だったりする?」
22:53 (KP) 慎太郎「んー・・・一通りの護身術は身に着けてるんじゃないかな?日本刀が趣味っていうのは初耳だけど」
22:53 (Kogasato_41) 「んんー」
22:53 (Kogasato_41) 「あんた今日仕事終わるの何時?」
22:54 (KP) 慎太郎「早くて夕方3時か4時ってところかなぁ」
22:54 (Kogasato_41) ・・・今何時くらいでしたっけ?
22:54 (KP) えーっと今朝だから
22:54 (KP) 11時半ってとこかな
22:54 (KP) んで3時か4時となると恐らく昼のパート終わって少ししたくらい
22:55 (Kogasato_41) じゃあ意外と仕事終わるのは早いのねー
22:55 (KP) 慎太郎「なるべく早く切り上げれるように頑張ったからね、僕も巴がどこにいるのかは気になる。義理とはいえ・・・大事な妹だから。」
22:55 (Kogasato_41) 「んじゃ、仕事終わったら、守谷の家帰る前に、佳子ちゃんち来れる?」
22:56 (KP) 慎太郎「んー言い忘れてたんだけどさっきゆうきさんから電話が来てね」
22:56 (Kogasato_41) []
22:56 (KP) 慎太郎「その時に先に守谷家調べてからきますって約束しちゃったから後でいいかな?」
22:57 (Kogasato_41) 「ゆうきさん? 誰だ! 浮気か!」
22:57 (Kogasato_41) 「いや私の連れの探偵がそんな名前だった気もする」
22:57 (KP) 慎太郎「義姉さんの友達じゃないか!」
22:58 (KP) 慎太郎「ひどいなぁ、ゆうきさんが聞いたら泣いちゃうかもよ?」
22:58 (Kogasato_41) 「ユーキ君何て?」
22:58 (Kogasato_41) 「それはまあいいよ、あいつ泣くのが趣味みたいな子だから」
22:59 (KP) 慎太郎「えーっと継承の儀とか義姉さんが聞いたことと割と同じようなことを聞かれた気がするね」
23:00 (Kogasato_41) 「あいつ探偵みたいなことやってたのか・・・」
23:00 (Kogasato_41) 「いやこれは私が探偵の素質があるのか!」
23:00 (KP) 慎太郎「実際彼探偵じゃなかったのかい?」
23:00 (Kogasato_41) 「どうも探偵らしい」
23:01 (Kogasato_41) 「えーといや待て、ユーキ君に守谷の何を調べろって言われたの? いや私今さ、守谷の家来てるのよ」
23:02 (KP) 慎太郎「前の継承の儀で何があったのか とか聞かれたね 確か」
23:02 (Kogasato_41) 「アレ入れてくれないよどうせあんたでも。斬られるよ日本刀で」
23:03 (Kogasato_41) 「だからとりあえず佳子ちゃんち来いって、作戦会議するぞこのぬえちゃんと一緒に」
23:03 (KP) 慎太郎「えー・・・?僕はあそこの家の住人だよ?」
23:04 (KP) 慎太郎「流石に大丈夫だと思うけどなぁ・・・まぁいいよ そうするよ」
23:04 (Kogasato_41) 「いやいやお前妹の旦那が日本刀で斬られるとか勘弁だってあれ人斬りの目だって」
23:05 (Kogasato_41) 「んで、最後にもーいっこだけ確認していい?」
23:05 (KP) 慎太郎「そんなに危険なのかい? 彼女すっごく物腰柔らかくて人懐っこいんだよ?」
23:05 (KP) 慎太郎「いいけどなんだい?」
23:05 (Kogasato_41) 「駆け落ちとか攫ったとか失礼な事言ったのは謝るんだけどさ」
23:05 (Kogasato_41) 「巴ちゃん、あんたが匿ってる、っていうのは本当にないわけ?」
23:06 (KP) 1D100≦75
23:06 (KP) KP -> 1D100 = [34] = 34 <=75 <成功>
23:06 (KP) 慎太郎「ああ、僕はかくまってない。神に誓ったっていい。」
23:07 (KP) 慎太郎のその言葉は重く、こがさとは慎太郎が嘘をついてない。と思うだろう
23:07 (Kogasato_41) むむ
23:07 (Kogasato_41) 「おーけー、じゃあ多分あれ、逃げたんだ巴ちゃん」
23:07 (KP) 慎太郎「僕も職場の部下とかに聞いて回ってるんだけど引き続きそうしてみるよ」
23:08 (Kogasato_41) 「儀式の供物的な何か・・・はまあ流石に暴走し過ぎかもだけど、あれただの儀式違うって絶対」
23:08 (KP) 慎太郎「・・・っとそろそろ休憩が終わるみたいだ。切っていいかい?義姉さん。詳しいことは後でそっちに行ってからで。」
23:08 (Kogasato_41) 「まー詳しいことはあとで話すから、とにかく守谷の家戻んな絶対」
23:09 (KP) 慎太郎「了解。じゃあまた夕方にでも」
23:09 (KP) ぷつっ
23:09 (KP) つーっ つーっ つーっ
23:09 (KP) 電話は切れてしまったね
23:09 (Kogasato_41) 切れた(・ω・)
23:09 (Kogasato_41) シンタローの声を聞く最後の機会になるとは・・・この時の私には夢にも・・・
23:10 (KP) 勝手に殺さないでください()
23:10 (KP) さて 電話が終わったところでどうする?
23:10 (Kogasato_41) んーと、まだでも12時くらいなのかぁ
23:10 (subKP) いや もしかしたらここからこがさとが見えざる手に葬られるのかもしれない(適当
23:10 (KP) これ以上行動すると
23:10 (Kogasato_41) 守谷家って佳子ちゃんちから結構遠いんだっけ
23:10 (KP) 昼のターンを少し制約することになるかな
23:11 (KP) いうほど遠くはないよ >こがさと
23:11 (Kogasato_41) じゃあ、帰り道がてら佳子ちゃんに電話してみるー
23:11 (Kogasato_41) あと、コンビニ経由で帰りたいので足はそっちのほうへ
23:12 (KP) prrrrrrr
23:12 (KP) prrrrrrr
23:12 (KP) ガチャッ
23:12 (Kogasato_41) 着メロは平安のエイリアン
23:12 (subKP) 佳子「はいもしもし
23:12 (KP) 細かい設定はKP好きです
23:12 (Kogasato_41) 「あ、やっほー私私」」
23:13 (Kogasato_41) 「そっちどんな感じー? なんかあったー?」
23:13 (subKP) 佳子「私私詐欺かな? はともかくとして姉さんよね
23:13 (Kogasato_41) 「私が事故にあったので至急私の講座に大吟醸百号振り込んでくれ」
23:14 (subKP) 佳子「さっき姉さんの友達が帰ってきたわよ 帰ってくるなり持ち帰った本について色々話してるけど……
23:14 (subKP) 佳子「姉さんの方はどうだった? 巴ちゃん見つかった?
23:15 (Kogasato_41) 「名探偵ぬえちゃんによると、その言い回しではまだ巴ちゃんは見つかってないようだねフフフ」
23:16 (subKP) 佳子「見つかってるなら聞くわけないじゃない…… で、見つかった?
23:16 (Kogasato_41) 「初歩的な推理だよ、佳子ソン君 って言いたかったのに・・・」
23:16 (Kogasato_41) 「いやまー見つかってはないんだけどさ」
23:16 (subKP) 佳子「そう……大丈夫かなあ
23:17 (Kogasato_41) 「ちょっと話変わるんだけどさー今日の当主交代の儀式って、どういうアレなのか、何か知ってる?」
23:17 (subKP) 佳子「当主交代の儀式…… ううん……
23:18 (Kogasato_41) 「佳子ちゃんにも、特に何も教えられてない感じ?」
23:18 (subKP) 佳子「そもそも儀式外必要なの? って思う位には さっぱり
23:18 (subKP) ×外→○が
23:19 (Kogasato_41) 「mmじゃー」
23:19 (Kogasato_41) 「んじゃー」
23:19 (Kogasato_41) 「巴ちゃんから儀式について何か、話聞いたことなかった?」
23:19 (Kogasato_41) 「なんかどーでもよさそうなことでもいいんだけど」
23:20 (subKP) 佳子「私は守屋家のことは殆ど触れないでいたし…… 巴ちゃんもそんなことを喋った覚えは無いかなあ
23:21 (Kogasato_41) 「じゃあ、当主交代ってのは別に、佳子ちゃんとかシンタローにはぶっちゃけ関係ない話なのね? その、個人的な人間関係おいといた場合」
23:22 (subKP) 佳子「無い ……と思う。 あったらもう聞かされてるだろうし
23:23 (Kogasato_41) 「なるほど、だいたいのことはこれでよくわからなかったわ! ありがとう! もうすぐそっち帰るよー!」
23:24 (subKP) 佳子「それ役に立って無いよね!? まあいいや…… 事故とかに気をつけてねー
23:24 (subKP) ぷつっ
23:25 (subKP) つー つー つー
23:25 (Kogasato_41) 切れた(・ω・)
23:25 (subKP) さて、それじゃあ コンビニに寄って家に帰るでいいですね?
23:26 (Kogasato_41) コンビニで買い物とちょっとだけ確認するです!
23:26 (subKP) 確認……何の確認ですかね?
23:26 (Kogasato_41) ぬえちゃんは物書きでもあるので一応今日の新聞を立ち読みするのです!
23:26 (subKP) 後買うものをどうぞ
23:26 (Kogasato_41) 事故に気をつけて、という言葉で蛇害云々の話をちょっと思い出したりで
23:27 (Kogasato_41) 地元紙をちらちら立ち読みするわよ(`・ω・´)
23:28 (Kogasato_41) 買うものはウメッシュ(国産梅100%使用):チョーヤ
23:28 (subKP) では 特に興味を引くような記事は 蛇の被害だとかそういったのも含めてありませんでした
23:29 (Kogasato_41) はずした・・・(´・ω・`)
23:30 (subKP) じゃあ適当に所持金減らして持ち物にウメッシュを追加しておいてください(
23:30 (Kogasato_41) 追加したウメッシュはそのまま飲みながら帰ります!
23:30 (subKP) 朝から出来上がるつもりだこの酔っ払い……
23:31 (Kogasato_41) あとJCBクレジットで買います!
23:31 (subKP) 所持金ェ
23:31 (subKP) えー、では そのまま帰宅でいいですね?
23:31 (Kogasato_41) 飲みながら帰宅でいいです!(`・ω・´)ノ
23:32 (subKP) ういうい じゃあ合流しましょか
23:32 (Kogasato_41) はーい





22:09 (KP) 守谷神社は割とさびれた神社だね 手入れが行き届いてるというわけではなさそうだ
22:09 (KP) 守谷神社の裏手に回るとダンボールハウスがある ここで誰かが寝泊まりしていたようだ
22:10 (KP) 後同時進行なので
22:10 (keito_74) ふむふむ
22:10 (KP) 今回はこちらから行動を促すことはしないので 自分で動いてね
22:10 (keito_74) はい
22:11 (keito_74) では、まずは、守矢神社を回りつつ、巴ちゃんを探してみますね
22:12 (KP) ふむ
22:12 (KP) 守谷神社の周囲に人の気配はないみたいだね
22:12 (KP) でも守谷神社を回ってると1冊の本を見つけるよ
22:12 (keito_74) 「何でしょうか…」手にとってみる
22:13 (KP) ふむ
22:13 (KP) 割と古くてぼろっちい本だね
22:13 (KP) 表紙には『守谷ノ神秘術』 って書いてある
22:13 (keito_74) …こ、これは…
22:14 (keito_74) KP、読んでみることはできますか?
22:14 (KP) 日本語で振ってください
22:16 (keito_74) 1d100≦95
22:16 (KP) keito_74 -> 1D100 = [71] = 71 <=95 <成功>
22:16 (KP) OK
22:16 (KP) では 次の2つの内容が読み取れた
22:17 (KP) 2つの内容は「脱皮ノ儀」と「ミジャクジノ呪」です
22:17 (keito_74) …あっ
22:17 (KP) じゃあ内容張っていくよ
22:18 (keito_74) OKです
22:18 (KP) 脱皮ノ儀
22:18 (KP) ヌカフの魂を新たなヌカフへ移すための術
22:18 (KP) 術の行使は2人のヌカフが脱皮ノ儀の方法を理解してることと満月の夜であることが条件である
22:19 (KP) 術は満月の夜から行われ、術が終わった時ヌカフ2人の魂を入れ替えることが出来る
22:19 (KP) 以上ですね
22:19 (KP) 次ミジャクジノ呪
22:20 (KP) ヌカフが、三日三晩にわたってミジャクジに生贄をささげ、祈ることによって成立する魔術。
22:20 (KP) 三日目の祈祷が終わった時、対象の胎内にいる胎児は完全な蛇に変わるという
22:20 (KP) 以上です
22:20 (KP) んで 読む前に先にこのような冒涜的な内容を知ってしまったケイトに
22:20 (keito_74) 三日三晩…って…
22:20 (KP) SANチェック
22:21 (KP) 成功で1 失敗で1D3+1
22:21 (keito_74) 1d100≦74
22:21 (KP) keito_74 -> 1D100 = [14] = 14 <=74 <成功>
22:21 (keito_74) ふー…
22:21 (KP) じゃあ1減らしておいてね 読めたら行ってね 続き行くよ
22:21 *nick keito_74 → keito_73
22:22 (keito_73) はい、読めました
22:22 (KP) では 他にすることはあるかい?
22:23 (keito_73) この本を持ちつつ、裏手のダンボールハウスに行きます
22:23 (KP) ふむ ダンボールハウスにつくね
22:26 (keito_73) ダンボールハウスの中を聞き耳してみます
22:26 (KP) 聞き耳するも何も
22:26 (KP) 中あいてるんで普通に見ていいですよ
22:26 (KP) 浮浪者が駅でダンボールの上で寝てるじゃないですか ああいうイメージです
22:27 (keito_73) じゃあ…ちょっと見てみます
22:27 (KP) んじゃ目星どうぞ
22:27 (keito_73) 1d100≦99
22:27 (KP) keito_73 -> 1D100 = [82] = 82 <=99 <成功>
22:27 (KP) ふむ ケイトはダンボールハウスを見てみる
22:28 (KP) ダンボールに触れると少しぬくもりを感じられる
22:28 (keito_73) 「…お邪魔します…」
22:28 (KP) さっきまで人がいたようだね
22:28 (KP) 時間を改めてくれば会えるかもしれない
22:29 (keito_73) 「…誰もいないみたいですか…」
22:29 (KP) いないみたいですね
22:30 (keito_73) それじゃあ、ダンボールハウスと守屋神社の外観を撮ってから帰ります
22:30 (KP) 写真術で振ってください
22:30 (keito_73) 「…ちょっと気になりますし、撮ってから行きましょう」
22:31 (keito_73) 2回振った方が…良いですかね?
22:31 (KP) んー
22:31 (KP) 1回でいいよ
22:31 (keito_73) 1d100≦99
22:31 (KP) keito_73 -> 1D100 = [30] = 30 <=99 <成功>
22:31 (KP) OK 綺麗にとれたみたいだね
22:32 (keito_73) じゃあ、ひとまず帰ってみます
22:32 (KP) さて ケイトが家に帰ろうとする
22:32 (KP) 帰る途中の道
22:33 (keito_73) 「巴さん、何処に行ったんだろう…」
22:33 (KP) 田んぼを挟んで向う側の道路に1人の女の子がどこかへ走っていっている
22:33 (KP) ケイトはそれを風景と同化させているので
22:33 (KP) それがいた という記憶しか残らない
22:33 (KP) そしてそのまま帰っていくね
22:33 (keito_73) 「………」
22:35 (keito_73) 「(…気のせい…か…)」
22:36 (KP) んじゃあ他の人が終わるまで少し待っててね
22:36 (KP) 後さっきSAN1減ったけど
22:36 (keito_73) はいー
22:36 (KP) 1減らした分クトゥルフ神話技能を+1しておいて
22:37 (KP) 後で3人で情報連絡するから情報をまとめておくといい
22:37 (keito_73) …了解ですー>クトゥルフ神話


+合流後 クリックで開いてください
23:03 KP > んじゃえーっと
23:03 KP > ゆうきとケイトが合流します(決定う事項
23:04 keito_73 > 「…あ、ゆうきさん」
23:05 yu-ki_63 > 「ただいまです、ケイトさん」
23:05 KP > こがさとが帰ってくるまで適当に情報交換しておくといいよ
23:05 keito_73 > 「ゆうきさんは、どうでした?」
23:06 yu-ki_63 > 「諏訪大社自体にはこれといってなかったね…もぐりこんで寝床にしていた様子もなかったし」
23:06 yu-ki_63 > 「守屋神社の方はどうでした?」
23:06 keito_73 > 「…そうですか…お疲れ様です」
23:07 keito_73 > 「守屋神社の方は…その、『守谷の神秘術』というのが落ちていたり、ダンボールハウスがあったりしました」
23:07 yu-ki_63 > 「うん、ものすっごくさっぱりわからない」
23:08 yu-ki_63 > 「あ、ごめんなさい…なんか古賀里にするように話してしまいました。守屋の神秘術って、まずなんです?」
23:08 keito_73 > 「…すみません、『守矢ノ神秘術』には『脱皮ノ儀』と『ミジャクジノ呪』というのが書かれていました」
23:09 keito_73 > 「…これがその…『守谷ノ神秘術』なんですが…」本を手渡す
23:10 yu-ki_63 > 「書籍ですか…落ちてたっていうのが良く分かりませんが、脱皮の儀は継承の儀の事でしたね、たしか」
23:10 yu-ki_63 > うけとりましょう、説明を受けた2箇所についてだけ読むのに時間はかかるかな
23:11 keito_73 > 「ええ…ちょっと読むのも難しいものもありましたので…」
23:12 KP > ん ゆうきはそれを読むのかい?
23:12 yu-ki_63 > 時間がかからないなら、読んだほうが確実かなーと
23:13 KP > 個室に張っておきました>ゆうき
23:16 yu-ki_63 > 「これ、は…今回の出来事のことですね。これが落ちていた?ダンボールハウスっていうのは、もしかして巴ちゃんが居た形跡が?」
23:16 keito_73 > 「ええ、本は神社のところに落ちていました」
23:17 keito_73 > 「あと…神社とダンボールハウスの写真です」2枚の写真を見せる
23:17 *Nick yu-ki_63 → yu-ki_60
23:18 KP > あ そういえば
23:18 KP > 佳子は部屋の奥にいますね。昼飯の準備をさっきまでしてましたが今電話中です
23:18 KP > 部屋じゃないや 家
23:18 yu-ki_60 > 色んな意味で聞き耳を立てる余裕はない>ゆーきくん
23:19 keito_73 > …ここは聞き耳聞いてみたりできるのでしょうか?(初期値)>KP
23:19 KP > いいですよ
23:19 KP > 知りたい場合は聞き耳で振ってください
23:20 keito_73 > 1d100≦25
23:20 KP > keito_73 -> 1D100 = [53] = 53 <=25
23:20 keito_73 > ………
23:20 KP > では まー
23:20 KP > 会話の相手が人間であることが分かりました
23:21 yu-ki_60 > たまに人間じゃないからね
23:21 yu-ki_60 > さて、ダンボールハウスの写真に何が写ってるのか見てみようか
23:21 KP > ダンボールハウスには
23:21 keito_73 > 人間で…良かったです
23:22 KP > 下にダンボールが敷かれててそのダンボールの上にダンボールがあるね
23:22 KP > ダンボールを敷布団、掛布団代わりに使っていたらしい
23:22 KP > そして地面に置かれてるダンボールが少し凹んでいることがわかる
23:22 keito_73 > 「このダンボールハウスは来た時には暖かい感じがしました。 …なんだか、さっきまでいたようで…」
23:23 yu-ki_60 > 「誰かが寝ていた後っぽいですね…」  下のダンボールの凹みのサイズがどのぐらいか分かるだろうか
23:24 KP > 目星どうぞ
23:24 yu-ki_60 > 1D100≦47
23:24 KP > yu-ki_60 -> 1D100 = [66] = 66 <=47
23:24 yu-ki_60 > 完璧(白目
23:24 KP > では分からなかった
23:24 keito_73 > 「…ゆうきさん、気になるところがありました?」
23:25 yu-ki_60 > 「いや、巴ちゃんが寝てたなら、そんなに凹みが大きくないじゃないかって思ったんだけど、今一サイズがわかりづらいなーという」
23:26 keito_73 > 「…サイズ…んー…」私も凹みのサイズを調べて見ます>KP
23:26 yu-ki_60 > 「しかし、巴ちゃんだとしたらこんな所で寝ていたのか。慎太郎さんに全く連絡も取っていないそうだし」
23:27 keito_73 > 「…ですね。 家にも戻っていない感じでしたし…心配です」
23:28 yu-ki_60 > 「ああ、そうだ。慎太郎さんに電話をかけたんだけど、向こうでもまだ情報が手に入ってないらしい。仕事を片付け次第、守屋家の方に戻るそうだけど」
23:29 keito_73 > 「慎太郎さんも忙しいですからね…。 無理をしていなければいいのですが」
23:30 yu-ki_60 > 「3日間祈祷を続ける呪い、か。今日が三日目、巴ちゃんが居なくなったのもこれで3日目とも言えるけど」
23:31 keito_73 > 「…ですね…。 今日見つけないと、佳子さんが…」
23:32 yu-ki_60 > 「……守屋神社の周辺で、ナニカの血の跡なりなんなりの形跡、というのはなかったんだろうか」
23:32 KP > では
23:32 KP > このタイミングでこがさとが帰ってくるよ
23:33 keito_73 > 「…あっ…」
23:33 yu-ki_60 > 「おや、おかえりなさい」
23:33 Kogasato_41 > おー、皆もう帰ってたのねおつかれー( ・ω・)ウメッシュぐびぐび
23:33 keito_73 > 「あ、あ、あ、お、ぬえちゃんおかえりなさいー」
23:33 KP > さて 3人が帰ってきたところで昼食の時間だね
23:33 keito_73 > 「…って、ぬえちゃんもう飲んでるの!?」
23:33 Kogasato_41 > 「・・・・・・? 何その反応」
23:33 yu-ki_60 > 「もはや飲みながら帰ってくることに突っ込む必然性が見つからない」
23:34 KP > 情報交換はこの時間の間にやるといい
23:34 Kogasato_41 > 「夏だから」
23:34 yu-ki_60 > 「貴女だからね」
23:34 KP > 時間短縮で過去ログから情報とってもいいよ>こがさと
23:34 Kogasato_41 > あ、じゃあ軽くログ漁ります!
23:34 keito_73 > 「すみません…本とダンボールハウスに気が取られてました…」>ゆうきさんに
23:34 KP > うい じゃあかくかくしかじか
23:34 keito_73 > …ぬえちゃんには口頭で伝えた方がいいですね
23:35 KP > 知ってるっていう体にはしてるので
23:35 KP > 念を押したければどうぞ
23:35 keito_73 > …じゃ、じゃあ、いいです…
23:35 keito_73 > やらないです
23:36 Kogasato_41 > わかったようでさっぱりわからないぞ!(`・ω・´)
23:36 KP > 了解
23:36 yu-ki_60 > ようし、どんどん質問来い!
23:36 KP > じゃあこがさとと2人で情報交換したければどうぞ
23:36 Kogasato_41 > えーと要は、巴ちゃんは見つかってないんだね!
23:37 KP > いえーす
23:37 Kogasato_41 > 「んでさー、ちょっとまず私謝るんだけどさ」
23:37 keito_73 > 「ええ…巴さんは見つかってないですね」
23:37 Kogasato_41 > 「昨日から二人ともなんか、呪いがどうとか守谷がどうとか盛り上がってたでしょ?」
23:38 yu-ki_60 > 「手がかりが今のところ、守屋神社で寝泊りしているらしい、ぐらいですからね」
23:38 yu-ki_60 > 「盛り上がってましたね」
23:38 Kogasato_41 > 「私はまじめに古文書研究してるなーと思いながらお酒飲んでたわけですが」
23:38 keito_73 > 「…はい」
23:38 Kogasato_41 > 「もしかするとそれ、大事っぽいよ!(`・ω・´)9m」
23:38 yu-ki_60 > 「知ってた」
23:38 keito_73 > 「…ええ、そうなんです」
23:39 Kogasato_41 > 「つまり何が言いたいかわかるわね?(`・ω・´)」
23:39 keito_73 > 「呪いを止める…とか、ですか?」
23:40 yu-ki_60 > 「で、実際何があったんです?いやわからないです、もっと、もっと詳しく」ウメッシュを相手のコップに注ぎながら
23:40 Kogasato_41 > 「ろくに聞いてなかったのでここまでのまとめと、なんで熱心に二人ともそんなの調べてたのかをおさらいしてくださいな私のために(`・ω・´)」
23:40 yu-ki_60 > 無言で酒を注いだコップを、古賀里から遠ざけます
23:40 Kogasato_41 > ぅぉぉぃ
23:40 keito_73 > 「…………」
23:40 KP > 遠ざかりました
23:40 keito_73 > 唖然とします
23:41 Kogasato_41 > 「いやだって、なんかもう依頼とか古文書とかどうでもいい感じの流れだったじゃん! 巴ちゃんの話に変わってたじゃん!」
23:41 Kogasato_41 > 「誰もそんな呪いとか巴ちゃんと関係あるとか思わないじゃん!」
23:41 yu-ki_60 > 「簡潔にいうと、佳子さんの例の症状が、守屋家から出てきた古文書の記述と一致した、というのが一つ」
23:42 Kogasato_41 > そういえば佳子ちゃんもなんか大変なんだった(゜ロ゜)
23:42 keito_73 > 「ま、まあ、私は…ちょっと佳子さんだけじゃなくて、白井さん達も気にしてはいましたが…」(ほそぼそ
23:42 yu-ki_60 > 「で、伝承に従うなら、その呪いは守屋家当主であるヌハフからのものではないか、というのが二つ目」
23:42 Kogasato_41 > 「まさかきみ達・・・私の妹のために・・・?!」
23:43 yu-ki_60 > 「それと、貴女の姪だか甥だかのためです…どっちか聞いてなかったね。で、さらに巴ちゃんがその当主の継承直前で家出で大問題、と」
23:43 Kogasato_41 > 「私はなんて良い友達を持ったのかしらうるうるウメッシュうめえ」
23:44 keito_73 > 「友達…ですし、その友達の親戚さんの為にも…です」
23:44 *sig_ Join (~Sig@KD114017177166.ppp-bb.dion.ne.jp)
23:44 yu-ki_60 > 「缶から直飲みしやがった」
23:44 Kogasato_41 > 「えーと、じゃあ、今日やってる儀式については何かわかってるの?」
23:45 yu-ki_60 > 「この本によると」守屋の神秘術、を見せながら
23:45 keito_73 > 「ぬえちゃん…お酒を飲むか、話をするか、どっちかにしようよ…」
23:45 KP > さて そんな素敵なお友達2名は
23:45 KP > ここで知識を振ってください
23:45 *Sig Quit (Ping timeout: 120 seconds)
23:45 Kogasato_41 > 「お話するのに飲まない理由がない」
23:45 KP > ゆうきとケイトね 振るのは
23:45 yu-ki_60 > 「満月の夜中に、儀式を理解した当主と時期当主の二人が揃って行う儀式、ですね…その儀式の内容を知っている人が入る気がしないのですけどね」
23:46 keito_73 > 1d100≦95
23:46 KP > keito_73 -> 1D100 = [90] = 90 <=95 <成功>
23:46 yu-ki_60 > 1D100≦60
23:46 KP > yu-ki_60 -> 1D100 = [91] = 91 <=60<dtpn>
23:46 KP > お前・・・
23:46 keito_73 > ゆうきさん…!?
23:46 KP > では ケイトは帰り道に見たあの少女が
23:46 KP > 巴であることを思い出す
23:46 yu-ki_60 > 気にするな、私は気にしない(震え声
23:46 keito_73 > 「…あ…」
23:46 KP > そしてその子が守谷神社に行ってることも推測できる
23:47 Kogasato_41 > 「儀式自体についてはわかんないのかー、ふーむ」
23:47 Kogasato_41 > 「その儀式の結果、何が起こるの? とかは?」
23:47 keito_73 > 「ゆうきさん、ぬえちゃん、帰り道に巴ちゃんがいました」
23:47 Kogasato_41 > 「・・・・・・?」
23:47 yu-ki_60 > 「そういえば、鏡は見つかりました?佳子さんに呪いがかかってるなら、今日中に何とかとめないとまずい事になるけど」
23:47 yu-ki_60 > 「えっ?」
23:48 Kogasato_41 > 「えっ?」
23:48 keito_73 > 「…多分ですが…守谷神社の方に行くようでした」
23:48 Kogasato_41 > 「・・・・・・それ一番はじめに言うことじゃない?」
23:49 keito_73 > 「…ご、ごめん…気のせいだと思ってたから…」
23:49 KP > さて、昼のターンだけど
23:49 KP > どこ行く?
23:49 Kogasato_41 > 「守谷神社に行くぞうううう!ε-ヽ(;`・д・´)ノ」
23:49 keito_73 > 守谷神社ですね
23:49 yu-ki_60 > 「と、とにかくそれなら追いかけた方が良いですね」遠ざけたコップの中のウメッシュを飲みながら
23:50 KP > お前も飲むんかいwwww
23:50 subKP > お前が飲むのかよ!
23:50 yu-ki_60 > 捨てるのは勿体無いし(真顔
23:50 keito_73 > ゆうきさん…も…!?
23:50 Kogasato_41 > 「おおわかってきたな探偵! 私もなんとなく探偵がわかってきたよ!」
23:50 keito_73 > シラフなの私だけなんですが
23:50 yu-ki_60 > 話が終わったら返してあげようと思ったのに、古賀里が自分から飲んじゃったから…
23:50 Kogasato_41 > 移動しながら情報交換もできる?
23:50 KP > えーっと・・・じゃあ・・・
23:50 *Sig Join (~Sig@KD114017177166.ppp-bb.dion.ne.jp)
23:50 KP > いいよ>情報交換
23:51 KP > じゃあ3人は守谷神社へ向かう
23:51 yu-ki_60 > 向いましょう
23:51 keito_73 > 向かいますよ
23:51 Kogasato_41 > 「えーと何、さっき言ってた今日中に止めないとまずいことになるっていうのはどういうこと?」
23:51 KP > 守谷神社に向かいながら情報交換をするね 適当に会話しつつどうぞ
23:52 yu-ki_60 > 「呪いが完成するのが、3日3晩呪った跡だから。今日が3日目、夜にのろいの儀式が行われきったら、胎児は完全に蛇になると」
23:52 *sig_ Quit (Ping timeout: 120 seconds)
23:52 yu-ki_60 > 「ところで古賀里さん、佳子さんのケッコンって、守屋家側からの反発とかなかったんですか?」
23:52 keito_73 > (状況を見つつ会話に入るタイミングを探している)
23:52 Kogasato_41 > 「儀式の標的になってるのは佳子ちゃんで、そのために巴ちゃんが必要ってk事なのかなこれは?」
23:53 Kogasato_41 > 「じゃあやっぱり巴ちゃんはあれだ・・・供物だ・・・!」
23:53 yu-ki_60 > (……どっちの意味で必要なのか、巴ちゃんは)
23:53 *sig_ Join (~Sig@KD114017177166.ppp-bb.dion.ne.jp)
23:53 Kogasato_41 > 「そういえば私今日守谷の家行ってきたんだけどー」
23:53 keito_73 > 「…ん…? 供物…なのかな…?」
23:53 Kogasato_41 > 「あれ普通じゃない儀式やってるよ、絶対」
23:54 yu-ki_60 > 「最悪、生け贄を捧げるほうかもしれない、んですけどね、巴ちゃん…」
23:54 Kogasato_41 > 「名探偵ぬえみちゃんの推理を聞いてくれるかユーキ探偵」
23:54 yu-ki_60 > 「聞きましょう名探偵ぬえみ」
23:54 keito_73 > 「推理…ですか…」
23:54 Kogasato_41 > 「巴ちゃんを儀式の生贄に捧げて、佳子ちゃんにのろいをかける儀式が行われようとしているわけです」
23:54 *Sig Quit (Ping timeout: 120 seconds)
23:55 Kogasato_41 > 「守谷家は余所者を近付けないようにして静まり返ってたし、様子がなんか普通ではなかったのです」
23:55 keito_73 > うなずいていく
23:55 Kogasato_41 > 「そして私の推理が正しければ、あの白井さんという子」
23:56 Kogasato_41 > 「あの子は激動の幕末を生き抜いた維新志士の生き残りで人斬りです」
23:56 keito_73 > 「うんうん…って、えっ」
23:56 Kogasato_41 > 「守谷家に近づくと白井さんに斬られます」
23:56 yu-ki_60 > 「うん、ちょっと小説のネタから離れろ」
23:56 Kogasato_41 > 「違うよ?!」
23:57 keito_73 > 「ぬ、ぬえちゃん…? 白井さんは遊び友達って聞いたよ…?」
23:57 Kogasato_41 > 「私はこの目で見たのだ・・・白井さんが日本刀を持って、抜刀術の構えを取りながら摺り足で守谷家の周りで殺気を振り撒いているのを」
23:57 Kogasato_41 > 「あの目は人斬りの目です!」
23:58 yu-ki_60 > 「ただ結局の所、巴ちゃんを生け贄にしてしまうと、次のヌハフ、当主が居なくなってしまうんですよね…」
23:58 yu-ki_60 > 「マジですか」
23:58 keito_73 > 「そ、それは…何かあったんじゃ…」
23:58 Kogasato_41 > 「巴ちゃんは、自分が生贄に捧げられることを知って逃げ出したに違いないのです」
23:58 KP > さて 
23:59 KP > 3人がそんな感じに喋ってると守谷神社についたね
23:59 yu-ki_60 > 「次のヌハフ、佳子さんに呪いをかける理由、考えるなら」
23:59 KP > そしてそこで偶然 守谷神社に入ろうとする巴と鉢合わせになる
23:59 yu-ki_60 > 「巴ちゃんが呪いをかけた、理由は慎太郎さんと結婚したから、こちらの方が単純ではありますが、本人が居た」
23:59 Kogasato_41 > ?!
23:59 keito_73 > 「!? 巴さん!?」
00:00 Kogasato_41 > (そういえば、佳子ちゃんはついてきてるの?)
00:00 KP > ああ
00:00 KP > 特に何も言ってないですから家で1人片づけしてることにしてます
00:00 Kogasato_41 > はーい
00:01 subKP > 巴「……えーと 何か?
00:01 keito_73 > 「あの…その…」
00:01 subKP > 巴からしてみればほぼ初対面クラスの人ばっかりって
00:01 subKP > すごいうろたえるよね(
00:01 Kogasato_41 > 「何かじゃなくて! みんな心配してたけど、どこにいたの!」
00:01 yu-ki_60 > 実際、会った事あるのって古賀里だけですよね
00:01 keito_73 > 「えと、白井さんから探してと言われていて…」
00:02 *subKP Quit (Client closed connection)
00:02 KP > ケイトのその言葉に巴はぴくっと反応する
00:02 Kogasato_41 > 「すとっぷすとっぷ!」
00:02 *atai Join (~atai@KD106172038138.ppp-bb.dion.ne.jp)
00:02 yu-ki_60 > 「守屋家から、巴ちゃんが家出したから探してくれ、と言われてね。そこのテンション高いのが慎太郎さんの嫁の佳子さんの姉さん、会った事、あるかな?」
00:03 Kogasato_41 > 「私は全てまるっとお見通しなので安心するといい巴ちゃん! 私達は味方だ! 人斬り白井刀斎は敵だ!(`・ω・´)」
00:03 yu-ki_60 > 「この無駄にテンション高い酔っ払いがその姉さんです」
00:03 keito_73 > 「ぬえちゃん、違うから…それは見間違いだと思うから…!」
00:04 atai > 巴「凛子ちゃんが? ……どうせお義母様の差し金でしょ!?
00:04 atai > 堰を切ったように あなた達の言葉も聞かずに喋り出します
00:04 Kogasato_41 > 「心配してたのは佳子ちゃんだよ、守谷は関係ない。邪悪な儀式なんて心配しなくても私が打ち砕いてくれよう!」
00:04 keito_73 > 「…でも、今も巴さんのこと、「巴ちゃん」と…」
00:05 yu-ki_60 > 「個人的には、君を連れ戻すなんて無収入の仕事より、佳子さんの胎児の方が気になってるんだけどね、私は」
00:05 atai > 巴「何よ……探してこいだなんて! 私のことを道具としか思ってないくせに!
00:05 *Nick atai → subKP
00:05 Kogasato_41 > 「道具としか思ってないような連中からきみを救いに来たのです! とりあえず、佳子ちゃん家に非難しよう、匿ってあげるから!」
00:06 keito_73 > 「…それについては…すみません…でも、佳子さんの胎児にも繋がっているかも…って」
00:06 subKP > 巴「それともお義母様が探してるのはこっちの方かしら? 私にはどうだっていいけど
00:06 subKP > 聞く耳一切持ってませんね
00:06 Kogasato_41 > 「佳子ちゃんの話を今巴ちゃんにしても仕方無いでしょー!」
00:07 keito_73 > 「ぬ、ぬえちゃん、ちょっとゆっくりしてよう…?」ぬえちょっと後ろへ持っていく
00:07 subKP > 巴「そうよ! 私は何時もお義母様の道具だったわ!
00:07 Kogasato_41 > 「とにかく、逃げるなら手伝うの! 私は佳子ちゃんのおねーさんだ、守谷とは関係ない」
00:07 subKP > 巴「守谷の家に入ってからずっと! ずっとずっと!
00:07 yu-ki_60 > (『探しているのはこっちの方?』)
00:07 Kogasato_41 > 《説得》ロールって使える・・・?
00:07 KP > 会話する気ない相手に説得は無理かなぁ
00:07 subKP > 巴「……それでも 兄さんと佳子お姉ちゃんは 私にとても優しくしてくれた
00:08 KP > 聞く耳持ってないと出来ないだろうし
00:08 subKP > 巴「私はっ……!
00:08 subKP > 巴「私は……佳子お姉ちゃんが大好きだった!
00:08 Kogasato_41 > むむ
00:08 yu-ki_60 > 小声でボソボソ「ぬえみさんぬえみさん、今朝言った黒い鏡、守屋家にありました?」
00:08 keito_73 > 「大好き…だった?」
00:08 subKP > 巴「いいえ 今だって大好きよ! でも……!
00:08 KP > あ 黒い鏡だけど
00:08 KP > 巴が今抱えてもってます
00:08 Kogasato_41 > じゃあ大声で注意をひくように叫ぼう
00:08 keito_73 > !?!?
00:09 Kogasato_41 > 「巴ちゃん!!」と
00:09 yu-ki_60 > そんな気はしてたよう
00:09 subKP > 巴「佳子お姉ちゃんのそばにはいつも……兄さんがいる!
00:09 KP > 1D100
00:09 KP > KP -> 1D100 = [9] = 9
00:09 yu-ki_60 > ちょっと鞄の中に手を入れて、特殊警棒を握っておこう
00:09 KP > ふむ ではこがさとの発言を巴はガン無視できたということで
00:09 yu-ki_60 > (あれ?)
00:09 subKP > 巴「私に佳子お姉ちゃんしかいないのに! 兄さんだって 私の味方だと思っていたのに!
00:09 Kogasato_41 > 「佳子ちゃんが大好きでは負けないぞこやつ! 私だって大好きだぞチクショウ!」
00:10 subKP > 巴「……だから 私は佳子お姉ちゃんを奪い返すことに決めたの
00:10 keito_73 > 「奪い返す…?」
00:10 subKP > 巴「凛子ちゃんから教えてもらったの 三日三晩で成就する 秘密の恋のおまじない
00:10 Kogasato_41 > 「私ちっちゃい頃に佳子ちゃんとお風呂入ってましたー! おねーちゃんですからー! 私の勝ちー!!」
00:10 yu-ki_60 > 「……そういえば、あの二人の馴れ初めとか聞いてなかったけど、ちょっと予想外の方向に行ったぞ」
00:11 subKP > 巴「今日はその三日目なんだから!
00:11 keito_73 > 「…えっ、白井さんから…?」
00:11 subKP > 巴「だから……邪魔しないでよ!
00:11 keito_73 > 「巴さん、ダメ!!」
00:11 Kogasato_41 > 「今日はわたしが佳子ちゃんちに泊まりに来てから三日目なんだから!!」
00:11 yu-ki_60 > 「おい胎児の写真持ってるのだれだぁ!」
00:11 Kogasato_41 > 「だから……邪魔しないでよ!」
00:11 subKP > そして巴は 小さく ぼそぼそと およそ人間が話す言語ではない言葉を呟く
00:11 KP > 流れ的に慎太郎が持ってる
00:12 yu-ki_60 > あの親父ぃ!
00:12 keito_73 > あ…
00:12 KP > それと同時に巴のもっていた鏡が中に浮く
00:12 keito_73 > 写真に取っておけばあああああ!!!
00:12 Kogasato_41 > そして私は ちいさくぼそぼそと およそ人間がやるとドン引きされそうな佳子ちゃんとの思い出を呟く佳子
00:12 yu-ki_60 > ちょっとぬえみ抱えて距離を取ろう
00:12 keito_73 > 私もちょっと距離を取ります
00:12 Kogasato_41 > 「ぎゃー! 探偵のセクハラー!」
00:13 KP > 鏡の中から
00:13 KP > いきなり巨大な蛇が映り
00:13 KP > その巨大な蛇が鏡から出ようとしているのだ
00:13 keito_73 > 「ゆうきさん…これ、白井さんから伝わったのかも知れませんね…」
00:13 yu-ki_60 > 周囲に手でがっしり握れる石ころがないか探してみよう
00:14 Kogasato_41 > 「ぶつぶつ・・・佳子ちゃんが昔トイレに右足を突っ込んだ時・・・私は佳子ちゃんのために左足を突っ込んだ・・・」
00:14 keito_73 > 私も石ころを探しましょう
00:14 yu-ki_60 > 「引き抜け、そこの姉」
00:14 keito_73 > 「ぬえちゃん…」
00:14 KP > 巴はそれにびっくりする
00:14 subKP > 巴「ヒッ……!? な、何よこの化け物…… い、嫌あああああ!
00:15 yu-ki_60 > ぬえみをほおり投げて、巴のほうに駆け寄ろう
00:15 KP > そして 鏡を地面に落ちてしまったね
00:15 keito_73 > じゃあ、ぬえみの方に私は行きます
00:15 KP > さて じゃあ君ら3人
00:15 KP > 巨大な蛇を見てしまった君ら3人はSANチェックだ
00:16 KP > 成功で1失敗で1D8
00:16 yu-ki_60 > わあい、ゆーき君SANちぇっくだいすき
00:16 keito_73 > 1d100≦73
00:16 KP > keito_73 -> 1D100 = [67] = 67 <=73 <成功>
00:16 yu-ki_60 > 1D100≦60
00:16 KP > yu-ki_60 -> 1D100 = [71] = 71 <=60
00:16 yu-ki_60 > 1D8
00:16 KP > yu-ki_60 -> 1D8 = [4] = 4
00:16 Kogasato_41 > 「ぶつぶつ・・・昔私にはじめて彼氏ができた時・・・彼氏の名前と間違えて佳子ちゃんって呼んでしまって私はフラれた・・・」
00:16 *Nick yu-ki_60 → yu-ki_56
00:16 Kogasato_41 > あっ私もSANチェックですか
00:16 *Nick keito_73 → keito_72
00:16 KP > えー・・・うーん・・・
00:17 KP > 聞き耳を感受性って捉えて
00:17 KP > 聞き耳で成功したらSANチェック
00:17 KP > 失敗したら集中して見てなかったってことにしておこう
00:17 Kogasato_41 > 知っている・・・こういうときだけ私は成功する・・・
00:17 Kogasato_41 > 1D10≦50
00:17 KP > Kogasato_41 -> 1D10 = [10] = 10 <=50 <成功>
00:18 Kogasato_41 > 「ぶつぶつ・・・・・チラッ」
00:18 KP > あの
00:18 KP > 1D10じゃないです
00:18 KP > 1D100です
00:18 Kogasato_41 > はっ
00:18 keito_72 > 100ですね…
00:18 Kogasato_41 > 1D100≦50
00:18 KP > Kogasato_41 -> 1D100 = [48] = 48 <=50 <成功>
00:18 Kogasato_41 > ・・・
00:18 KP > どちらにしろ変わらない
00:18 keito_72 > まあ、うん、仕方ないです
00:18 Kogasato_41 > 1D100≦41
00:18 KP > Kogasato_41 -> 1D100 = [76] = 76 <=41
00:18 Kogasato_41 > 的確だなあもー!
00:18 keito_72 > うわああ
00:19 Kogasato_41 > 1D8
00:19 KP > Kogasato_41 -> 1D8 = [3] = 3
00:19 Kogasato_41 > 「何ですかこれは?! 何が起こってるのですか?!」
00:20 keito_72 > 「え、えと…巴ちゃんの鏡から出て来たんです!」
00:20 yu-ki_56 > 「なんだこれ…現実か、本当に起こってることか!」
00:20 keito_72 > 「…信じられないです。この大きさ…」
00:20 yu-ki_56 > とりあえず警棒を取り出しておこう
00:20 Kogasato_41 > 「えっとえっと、巴ちゃんは」
00:21 KP > さて 巴ちゃんが地面に鏡を落とすと
00:21 keito_72 > 「巴さんは、ゆうきさんが」
00:21 yu-ki_56 > まだ到着してないようだ、というか足止まっただろう、蛇見て
00:21 KP > 蛇は消えてしまったね そう 何もなかったかのように
00:21 Kogasato_41 > 「・・・?」
00:21 yu-ki_56 > 「!?」
00:21 keito_72 > 「………えっ」
00:21 Kogasato_41 > 「・・・・・・すまん」
00:22 KP > そんな信じられない出来事が起こった後
00:22 Kogasato_41 > 「どうやらウメッシュ飲み過ぎたらしい・・・」
00:22 keito_72 > 「ぬえ…ちゃん…」
00:22 KP > ?「皆さま、ご苦労様でした。巴をこちらに渡していただきます」
00:22 keito_72 > 「うん、飲み過ぎだよ…朝から…」
00:22 keito_72 > 「あなたは!?」
00:22 keito_72 > 振り替える
00:22 KP > その声は白井の声だね
00:23 KP > 白井「では巴様・・・大事な儀式のために連れていきますね」
00:23 yu-ki_56 > 「どこから現れた…?」
00:23 Kogasato_41 > 「幻覚を見るほど酔うはずじゃあなかったんだけど・・・ウメッシュ程度で・・・」
00:23 KP > 白井の後ろには警官が7人いる
00:23 keito_72 > 「白井さん…どうして…どうしてあの呪いを教えたんですか!!」
00:23 KP > そしてあなた達を挟むかのようにあなた達の前に4人の警官が現れる
00:23 KP > 白井「はて・・・何のことやら」
00:23 Kogasato_41 > 「お前は・・・!」
00:24 Kogasato_41 > 「わかってるのよ、全て」
00:24 yu-ki_56 > 「ええと、こんばんわ、皆さん」(警官に対し
00:24 keito_72 > 「あ…えと、こんにちは」(警官に
00:24 Kogasato_41 > 「白井さん・・・いえ」
00:24 Kogasato_41 > 「伝説の人斬り・・・」
00:24 KP > 白井「・・・はい?」
00:25 KP > 白井は何言ってんだこいつっていう目で古賀里を見てるね
00:25 keito_72 > 「ちょっ、ぬえちゃん!?」
00:25 Kogasato_41 > 「二人とも、動いちゃだめ」
00:25 KP > 白井「よく分かりませんが・・・ともかく、時間がありませんの。あなた方の相手をしてる暇はありません」
00:25 yu-ki_56 > さりげなく警棒をしまいつつ、古賀里に近づいて口を押さえます
00:25 Kogasato_41 > 「動くと・・・斬られる・・・・・・」
00:25 KP > そういって巴を引っ張っていくね
00:25 Kogasato_41 > (むぐ)
00:25 keito_72 > 「(…は、はい…)」
00:25 yu-ki_56 > 「白井さん、儀式とやらを覚えている人は居ないのでは?」
00:26 yu-ki_56 > お姉ちゃんの口元を抑え実行中
00:26 Kogasato_41 > 伝説の人斬り白井刀斎というフレーズがすごくビビっときたので
00:26 KP > 白井「はてさて、本当に誰も知らないと思ってらっしゃるのかしら。」
00:26 Kogasato_41 > 今日の分の 芸術:歴史小説 ここで振ってもいいですか?
00:26 keito_72 > (あれ…私、黙っていた方が良かったんでしたっけ…)
00:27 KP > いいよ>こがさと
00:27 Kogasato_41 > 1D100≦75
00:27 yu-ki_56 > 毎日1回振ってたのか…
00:27 KP > Kogasato_41 -> 1D100 = [91] = 91 <=75<dtpn>
00:27 KP > あ 振ってる間に巴は白井と一緒に行ってしまいました
00:27 KP > 後何も思いつきませんでしたね
00:27 Kogasato_41 > (私はついに・・・一度も新しい小説のネタを思いつけなかった・・・)
00:27 yu-ki_56 > 古賀里の口から手をはなしましょうか
00:27 Kogasato_41 > 75もあるのに3回とも失敗ですか?!
00:28 yu-ki_56 > ちゃんと本会て生活してますか?
00:28 keito_72 > 「白井さん…」
00:28 Kogasato_41 > じゃあせめてもの抵抗でユーキ君のてのひらをなめまわしておきます
00:28 KP > なんちゃって探偵 なんちゃって作家
00:28 KP > まともなのが写真家しかいない
00:28 yu-ki_56 > 「うひゃぁ!?」手放すというか突き飛ばすようにはなします
00:28 keito_72 > …私もまともに写真撮っているか微妙になってきた…
00:28 KP > ではゆうきはこがさとを突き飛ばす
00:29 KP > 守谷神社には3人が悲しく残されていた 後鏡は白井が回収していきました
00:29 subKP > い、異常事態だし探偵はともかく作家はまともにネタが思いつく方には頭が働いてないんだよ! 多分
00:29 KP > 現在時刻は4時ですね
00:29 keito_72 > 「ぬ、ぬえちゃん!?」ぬえに駆け寄る
00:30 Kogasato_41 > 「いたぁい(´;ω;`)」
00:30 yu-ki_56 > とりあえず舐められた手で、ぬえみを助け起そうか
00:30 KP > では こがさとは唾臭い手を掴んで起き上がるよ
00:31 yu-ki_56 > つば臭いのか酒臭いのか
00:31 Kogasato_41 > こないだ私ユーキ君にウコンの力投擲された時、出目次第じゃHP半分へって気絶してたからね・・・!
00:31 keito_72 > つば臭いのですかね…
00:31 KP > 酒臭くてもいいがまぁ その辺は好みでどうぞ
00:31 Kogasato_41 > 「よろよろ ええと何がどうなってるの?」
00:31 yu-ki_56 > 「あー…佳子さんは大丈夫だろうけど、巴ちゃんの身が危ないかな、これは」
00:32 keito_72 > 「…佳子さんは大丈夫…だとは思いますが…」
00:32 yu-ki_56 > 舐められた手を拭くのはハンカチかティッシュにしておこう
00:32 Kogasato_41 > 「え、だってこれから巴ちゃんを生贄に佳子ちゃんの呪いが加速するんじゃないの?」
00:33 Kogasato_41 > 「とりあえず、一旦佳子ちゃんちに帰ろう!」
00:33 yu-ki_56 > 「守屋家がそこまでして、佳子さんを呪うかな、というね…どっちにしろ、巴ちゃんはあぶない」
00:33 Kogasato_41 > 「こんなこともあろうかと、私はスキル《シンタローの招来》によって佳子ちゃんちにシンタローを召喚しておいたのだ!(`・ω・´)」」
00:34 keito_72 > 《シンタローの招来》!?
00:35 keito_72 > 「…早く行きたいところですが、佳子さん達に教えておかないとは思いますね」
00:35 KP > さて じゃあ3人は家に帰る感じでいいかな?
00:35 yu-ki_56 > 警官は帰ったのかな(震え声
00:35 Kogasato_41 > かえる!
00:36 KP > 警官なら既にいませんよ
00:36 yu-ki_56 > あいつらなんだったんだろう…とりあえず家に帰ろう
00:36 KP > さて 3人が家に帰ると 
00:36 KP > 既に慎太郎が家の中にいるね 
00:36 keito_72 > 「ただいま…です…」
00:36 KP > 佳子は3人を見るとお茶とお茶菓子の用意をする
00:36 Kogasato_41 > 「ちゃおー( ・ω・)ノ」
00:36 yu-ki_56 > 「お疲れ様です」
00:37 KP > 慎太郎「皆さんお帰りなさいませ、どうぞこちらへ」
00:37 KP > そういって3人を居間へ連れて行く
00:37 Kogasato_41 > 「佳子ちゃん! そんなの準備してる場合じゃないよ!」
00:37 keito_72 > 「あ…はい」
00:37 Kogasato_41 > お茶菓子もぐもぐ
00:37 subKP > 佳子「……お帰りなさい ……どうでした?
00:38 KP > 慎太郎「巴は・・・巴はどうだったんですか・・・?」
00:38 KP > さて、今あったこと全部説明したいならかくかくしかじかでいいよ
00:38 keito_72 > ちょっと曇らせる「その…巴さんが…」
00:38 KP > 伝えたくないことがあったら口頭で伝えてもいいし
00:38 KP > その辺は任せます
00:38 yu-ki_56 > 「巴ちゃんは…白井さんに連れて行かれました」以下かくかくじかじか
00:39 keito_72 > 蛇のこと言ったら、多分SAN値下がると思うからな…
00:39 yu-ki_56 > そんな伝聞で下がるような気弱な夫婦なのだろうか
00:39 Kogasato_41 > 「とりあえずシンタロー、あんたも男ならね」
00:40 Kogasato_41 > 「佳子ちゃん連れてさっさとここから逃げなさい」
00:40 KP > 慎太郎「え?」
00:40 subKP > 佳子「え?
00:40 Kogasato_41 > 「守谷って家はヤバいんだって」
00:40 keito_72 > 「え」
00:40 Kogasato_41 > 「あとは探偵がなんとかするから」
00:41 yu-ki_56 > 「言いたい事は色々有るんですが、とりあえず守谷家はそこの慎太郎さんの実家ですが」
00:41 KP > 慎太郎「ええ・・・そのことは薄々察してます・・・」
00:41 KP > 慎太郎「ですが・・・僕は巴を捨てて逃げるなんてできません。」
00:41 Kogasato_41 > 「だから、守谷の家にいると多分、色々危ないんだって!」
00:41 KP > 慎太郎「ですから」
00:42 keito_72 > 「…ぬえちゃん…」おさえる
00:42 Kogasato_41 > 「あとのことはこの名探偵に」
00:42 KP > 慎太郎「そのようなことになるのであれば僕は夜陰に乗じて巴を取り返しに行きます。」
00:42 Kogasato_41 > 「名探偵、ぬえちゃんに任せておきなさい」
00:42 subKP > 佳子「「待った
00:42 KP > 慎太郎「佳子・・・どうしたんだい?」
00:42 subKP > 佳子「こう言ってはあれだけど慎太郎さん
00:43 subKP > 佳子「あなた腕っ節私より弱いじゃない……
00:43 Kogasato_41 > (今私かっこいいこと言ったよ!)
00:43 yu-ki_56 > (なんか今凄いこと聞いた気がする)
00:43 Kogasato_41 > (こないだお金つき返したとこもかっこよかったつもりだよ!)
00:43 KP > 慎太郎「確かに僕はそこまで力は強くないが・・・」
00:44 keito_72 > (…慎太郎さんはブレイン…でしょうか?)
00:44 Kogasato_41 > 「シンタロー君」
00:44 subKP > 佳子「だから巴ちゃんは私に任せて ここで待ってて
00:44 Kogasato_41 > 「きみはあれもこれも守れるほど強くはないでしょう」
00:44 yu-ki_56 > 「佳子さん、そういうのは身重の人がやるものではないと思います…」
00:44 Kogasato_41 > 「だから佳子ちゃんと、きみにもしものことがあったらお腹の中の赤ちゃんはどうなるの」
00:45 keito_72 > 「佳子さん…赤ちゃんは…どうするのですか?」
00:45 KP > 慎太郎「う・・・しかし・・・」
00:45 subKP > 佳子「こうでも言わないと慎太郎さん 止まらないから……(ヒソヒソ >ユーキ ケイト
00:45 yu-ki_56 > 「なるほど了解です」(ぼそぼそ
00:46 keito_72 > 「そ、そうですが…」(ぼそぼそ
00:46 subKP > 佳子「待 っ て な さ い (ニッコリ
00:46 KP > 慎太郎「は・・・はい」 慎太郎はしゅんとなったね
00:46 Kogasato_41 > 「だから、とりあえずどっか、ここは場所わかってるんだから、私の家にでも逃げておくといいのです」
00:46 KP > いや あの
00:46 Kogasato_41 > (`ω´)-3
00:46 KP > こここがさと家です 私の家ってどこになりますかね
00:46 yu-ki_56 > 「……慎太郎さん、守谷の屋敷について、知っていることを教えてください、それだけでも十分な手伝いです」
00:46 yu-ki_56 > 「ここがアンタの実家だ」
00:47 Kogasato_41 > ここ来る前に私がひとり暮らしとこ!
00:47 KP > スゴイ距離動かすなおい
00:47 KP > 慎太郎「えーっと・・・」
00:47 yu-ki_56 > (今から電車取れるかなそれ…)
00:47 keito_72 > 「一人暮らししていたところでも…遠いから…」
00:47 Kogasato_41 > 呪いだって距離を離せばどうにかなるやもしれません!
00:47 subKP > (新幹線クラスだし無理じゃね)
00:48 yu-ki_56 > 「いやまあ、とりあえず適当なホテルにでも泊るのは良い手だと思います」
00:48 KP > 慎太郎「あの家は一見するととても新しい家なんですけど。」
00:48 Kogasato_41 > 「いいから安全なところに避難するのだ! おねーちゃんの非難はそのあとだ!ヽ(`ω´)ノ」
00:48 KP > 慎太郎「よく見ると塀の一部に穴が開いてるんですよ そこから侵入できるかもしれません」
00:49 KP > 慎太郎「後・・・そうですね あそこ夜になると人通りがなくなるので」
00:49 KP > 慎太郎「侵入するなら夜がいいです。」
00:49 keito_72 > 「塀の一部に穴…ですか? それはどこかは…わかりますか?」慎太郎に
00:50 KP > 慎太郎「塀の下あたりを見ながらぐるっと一周回ればわかるかと」
00:50 Kogasato_41 > 「悪いシンタロー、それ多分私が一度建設中の家に遊びに行った時乾いてないセメントで隕石落下地点つくろーとか言って遊んだから遊んだからかもしれない」
00:50 keito_72 > 「わかりました…すみません、ありがとうございます」慎太郎に
00:50 keito_72 > 「何してるの、ぬえちゃん!?」
00:50 KP > 慎太郎「後、僕の家には使われてない蔵があるのでそこで何か武器を調達できるかもしれません」
00:50 yu-ki_56 > 「しみじみと思うが、この姉に変わって本当に謝罪しなきゃいけないかもしれない」
00:51 KP > えーっと とりあえず状況確認していい?
00:51 Kogasato_41 > 「おねーちゃん好奇心旺盛だったから・・・作家には必要なスキルだから」
00:51 subKP > 佳子「姉さんだからしょうがない
00:51 KP > ①夜のターンに何をするか②この夫妻をどうするか この2つ 結局どうするん?
00:52 Kogasato_41 > 「今晩中にその儀式を止めなきゃいけないんでしょ?」
00:52 keito_72 > 夜のターンに忍びこんで奪還するのは…確定…ですかね?
00:52 yu-ki_56 > 夫妻は、とりあえず古賀里家や守谷家から離れたところに送るべきかなと
00:52 KP > ふむ
00:52 *Sig Join (~Sig@KD114017177166.ppp-bb.dion.ne.jp)
00:52 KP > では①夜のターンに守谷家に潜入②夫妻は遠く離れたところに送る
00:52 KP > これでいいかな?
00:53 yu-ki_56 > あ、その前に
00:53 KP > はいはい
00:53 Kogasato_41 > 天才歴史作家探偵古賀里縫美の事件簿 《File1:守谷家儀式殺人事件》
00:53 yu-ki_56 > 「慎太郎さん、佳子さん、守屋家の当主の継承の儀式、どこでやるか派分かりますか?」
00:54 *sig_ Quit (Ping timeout: 120 seconds)
00:54 KP > 慎太郎「うーん・・・前回やった時は離れでやってたようです」
00:54 keito_72 > 「あ、重ね重ねですが、蔵の位置も出来たら教えてください」
00:54 KP > ではケイトは慎太郎から蔵の位置を聞いたよ
00:54 Kogasato_41 > 「蔵の位置くらい私がわかるわよ! どこだっけ」
00:54 keito_72 > 「…ありがとうございます!」慎太郎さんに
00:54 yu-ki_56 > 「…ところで、白井さんって、あの屋敷で長いのでしょうかね」
00:55 Kogasato_41 > 「ユーキ探偵」
00:55 yu-ki_56 > 「随分と、儀式について詳しかったようですけど」
00:55 yu-ki_56 > 「はい」
00:55 Kogasato_41 > 「それは私が昼のうちに訊いておいたわ! 探偵ぬえちゃんを舐めては困る」
00:55 keito_72 > 「な、なんですって…!」
00:55 Kogasato_41 > 「巴ちゃんとは仲が良かったらしいね」
00:56 yu-ki_56 > 「巴ちゃんが小さいときから居たんです?」
00:56 Kogasato_41 > 「幕末を生きた人斬りであるという噂は守谷家でも伝わってたらしいけど、本人は否定していたそうだ」
00:57 yu-ki_56 > 「どうなんでしょう、慎太郎さん」古賀里から顔を慎太郎に向けなおしつつ
00:57 keito_72 > 「噂…ですか…」
00:57 Kogasato_41 > 「ケイト・・・最近ユーキ君が冷たくてね(´;ω;)」
00:58 keito_72 > 「うん…まあ、ちょっと落ち着こう?」(なでなで
00:58 KP > 慎太郎「いやー・・・僕はそういうのは聞いたことないですね・・・」
00:58 Kogasato_41 > 「うん・・・(´・ω・)」
00:59 Kogasato_41 > 「つまり、謎の使用人ということらしいのです」
00:59 Kogasato_41 > 「そういえば佳子ちゃん?」
00:59 yu-ki_56 > 「…ん?慎太郎さんが子供のときからいたんですか?」
00:59 keito_72 > 「謎の使用人…それは、気になるものですね…」
01:00 subKP > 佳子「……ん? 何かな姉さん
01:00 Kogasato_41 > 「美沙おばーちゃんがいつからか人が変わったようになった、っていう話は知ってる? 佳子ちゃんが知ってる美沙おばーちゃんはどうだった?」
01:00 Kogasato_41 > 「って、シンタローに聞いた方がいいかな、これは」
01:01 subKP > 佳子「そうねえ…… 昔も今も厳しかったけど もっと優しかったような感じはする
01:01 yu-ki_56 > 「…巴ちゃんも随分と佳子さんを慕っていましたけど、そんなに向こうの家と付き合いが有ったんですか?」
01:02 KP > 慎太郎「えーっと白井さんは最近うちにつかえはじめた人ですね」
01:02 Kogasato_41 > 「これは名探偵ぬえちゃんの直感だが」
01:02 keito_72 > 「最近…?」
01:02 Kogasato_41 > 「白井さんが仕え始めた時期と、美沙おばーちゃんの人が変わってしまった時期、というのは同じ頃ではないかね?(`・ω・´)」
01:02 subKP > 佳子「向こうの家と と言うよりは巴ちゃんと ですかね
01:03 KP > 慎太郎「いえ、それは全然違いますね。そもそもあのBB・・・美沙様の人が変わったという話は伝聞ですし・・・」
01:03 yu-ki_56 > 普段この夫婦って、守屋家に住んでるんだっけ、別の家なんだっけ
01:03 KP > えーっと
01:03 KP > 基本は慎太郎と佳子の2人が澄んでるけど
01:03 Kogasato_41 > 「ユーキ探偵、私の推理はここで終わってしまった」
01:03 Kogasato_41 > 「後は任せた」
01:03 KP > 貴方達が来るってことで今慎太郎1人だけ守谷家にいる
01:04 yu-ki_56 > 「諦めるなぬえみ探偵、がんばるんだ!そんな中途半端で任せるな!」
01:04 keito_72 > 「終わってしまった…です!?」
01:04 yu-ki_56 > 基本は古賀里家に住んでいる?
01:04 keito_72 > 慎太郎さんも住めばいいのに…
01:04 Kogasato_41 > 「これは関連性があると思った事象が間違えてきた時・・・探偵ならどうするの・・・であろうかね!」
01:05 KP > まぁその辺は空気読んでるんです>ケイト
01:06 Kogasato_41 > 「あの家の雰囲気は知ってるけどさ、余所者には厳しいっていうか、何だろうなー」
01:06 Kogasato_41 > 「シンタローも佳子ちゃんも、あの家的には余所者なんだよ、たぶん」
01:06 KP > 貴方達が帰ったら慎太郎がこがさと家に帰ってくる予定でした(過去形)
01:06 keito_72 > そこまで狭いわけでもないような…って、うん、うん>KP
01:07 Kogasato_41 > 「排他的っていうか、なんか、一部で壁がある感じするよね」
01:08 yu-ki_56 > 「まあ、あんな本物の鏡があるなら、用意に他者を受け入れもできないでしょうね…」
01:10 Kogasato_41 > 「とりあえず、夜になったら真実を暴きに行く、佳子ちゃんとシンタローはとっとと逃げる! OK!」
01:10 keito_72 > 「…あれは、見せられないですからね…/」
01:10 yu-ki_56 > 「ま、そういうことですね」
01:10 KP > 慎太郎「はい・・・分かりました・・・巴のこと・・・よろしくお願いします・・・」
01:11 subKP > 佳子「……行けないのが本当歯がゆいけど 巴のこと 頼んだからね?
01:11 yu-ki_56 > 「あ、最後にもう一つだけ。前回の継承の儀式で火事が有ったと聞きましたけど、出火の原因はただの事故だったんでしょうか」
01:11 KP > 慎太郎「原因は・・・良く分かってないみたいです」
01:11 keito_72 > 「私達が…巴さんを無事に届けていきますから…!」
01:11 Kogasato_41 > 「佳子ちゃん、いざって時におねーちゃんが頼りにならなかったことあった?」
01:12 yu-ki_56 > 「原因不明ですか……。もしかしたら、今度も何か、火がつくかもしれません。巴ちゃんを最優先で考えるので」
01:13 KP > さて そうこうしてると夜になるね
01:13 KP > 慎太郎と佳子は少し遠くにある友人の家に行くようだ
01:13 subKP > 佳子「あんまりなかった様な気はするけど…… その言い方は不安が過ぎるよ姉さん……
01:14 Kogasato_41 > 「佳子ちゃん」
01:14 Kogasato_41 > 「約束したからね、ちゃんと」
01:14 subKP > 佳子「……そうね ……じゃあさ
01:14 Kogasato_41 > 「何があっても私は幸せになってあんたに自慢するまでは元気だよ」
01:15 Kogasato_41 > 「指切り。」
01:15 subKP > 佳子「……そうね 指きり。
01:15 Kogasato_41 > 「勝手に忘れちゃ寂しいわ」
01:15 Kogasato_41 > 「嘘ついたら酒百合のーます、指切った」
01:16 subKP > 佳子「……指切った
01:16 keito_72 > 「…佳子さんに酒そんなに飲ませたらダメだよ!?」
01:16 KP > さて2人が約束をすると
01:16 Kogasato_41 > 「二回目。二百合ね」
01:16 Kogasato_41 > 「準備してなくていいわ、嘘吐かないから」
01:17 KP > 佳子は部屋の奥に行って何かを取り出してもってくるね そしてそれを古賀里に渡そうとする
01:17 subKP > 佳子「……じゃあ その言葉がより嘘にならないように
01:17 *sig_ Join (~Sig@KD114017177166.ppp-bb.dion.ne.jp)
01:18 subKP > 佳子「持ってって。 あの子……巴ちゃんがこれでよく遊んでたんだけど
01:18 subKP > 佳子「多分 きっと 巴ちゃんを取り戻す助けになってくれると思う
01:18 keito_72 > 「…なんでしょうか…?」
01:18 subKP > 佳子「……まあ そうじゃなくても 私と思って持ってって
01:18 *Sig Quit (Ping timeout: 120 seconds)
01:18 Kogasato_41 > 「より嘘にならないようにって、信用ないんだなぁ、もう。これ、何?」
01:19 KP > 佳子からそれを受け取る
01:19 KP > それは小さな古びた鉄の輪だった
01:19 Kogasato_41 > 「・・・・・・なるほど」
01:20 keito_72 > 「…鉄の輪…?」
01:20 Kogasato_41 > 「いいだろう、私の頭脳が錆び付かない様に 時間がある時はこの知恵の輪を解くと約束するよ」
01:21 KP > あの
01:21 KP > タダの鉄の輪です 知恵の輪じゃないです
01:21 Kogasato_41 > (´・ω・`)?
01:21 subKP > 佳子「姉さん……台詞回しはもうちょっとクセを落とした方がいいよ?
01:21 Kogasato_41 > 「うん・・・(´・ω・`)」
01:21 keito_72 > 「…うん、ぬえちゃんは想像力豊かだからね…」
01:22 *Sig Join (~Sig@KD114017177166.ppp-bb.dion.ne.jp)
01:22 yu-ki_56 > (まず、知恵の輪をといてどうしろっていうんだろう)
01:22 Kogasato_41 > 「じゃあ、佳子ちゃんにも」
01:23 subKP > 佳子「……この状況でお酒を取り出すつもりは流石に無いよね?
01:23 Kogasato_41 > 「こっち来る時、私の新作読んでもらう約束してたもんね。感想聞かなきゃいけないから、私は帰ってくるよ。これ、読んどいてね」
01:23 *sig_ Quit (Ping timeout: 120 seconds)
01:23 Kogasato_41 > つ 百合薔薇時雨~富士樹海爆裂忍法帖~
01:23 subKP > 佳子「……そうだったね。絶対感想用意して待ってるから
01:23 Kogasato_41 > 次の新作だから!
01:24 yu-ki_56 > (気のせいだ、今何か変なタイトルが見えたけどきっと気のせい)
01:24 keito_72 > (ゆりばらしぐれ…?)
01:24 subKP > すごいタイトルだと思うが何処もおかしくはないな
01:25 KP > あ ここはスルーで
01:25 KP > さて
01:26 keito_72 > スルーって何をでしょうか…
01:26 KP > ここで一旦切って次回最終回でいいかい?
01:26 Kogasato_41 > はーい
01:26 yu-ki_56 > はーい
01:26 keito_72 > はーい
01:26 Kogasato_41 > じゃあ、最後に決め台詞だけ!(`・ω・´)
01:26 KP > どぞ
01:26 subKP > 次回が最終回だと何時から錯覚していた? にならないといいけど……(何
01:26 Kogasato_41 > 「ウメッシュ・・・全員分、準備しときな」
01:26 keito_72 > (あ、私も飲む流れだ…)
01:27 keito_72 > 巴さんは飲ませないよね…
01:27 yu-ki_56 > (もうちょっと良い酒にならないかなあ)
01:27 subKP > (四人分でいいのかな)


+4/25-26最終回セッション 長いので、クリックで開いてください
21:30 KP > すっかり日も暮れて満月が輝く夜
21:30 KP > 貴方達は守谷家の周辺に来てますね
21:31 keito_72 > 「……」
21:31 KP > さて どうします?
21:31 keito_72 > まずは、見つからないように塀の周りを探って穴を探しますね
21:31 yu-ki_56 > 慎太郎が言っていた、塀の穴を探しますか、こっそりと
21:31 Kogasato_38 > えーと、なんだっけ・・・塀のどこかに私が開けた穴があるんだっけ
21:31 KP > 暗いので目星の半分で振ってください
21:31 yu-ki_56 > お前だったのか
21:32 yu-ki_56 > 塀の下に注目しながら探すが半分か
21:32 KP > 少数以下は切り捨てですね
21:32 yu-ki_56 > 1D100≦23
21:32 KP > yu-ki_56 -> 1D100 = [75] = 75 <=23
21:32 *sudachi Join (~sudachi_@123.230.24.19.er.eaccess.ne.jp)
21:32 keito_72 > 1d100≦49
21:32 KP > keito_72 -> 1D100 = [82] = 82 <=49
21:32 yu-ki_56 > この探偵が情報収集に成功するとでも思ったか…!
21:33 keito_72 > うっ…
21:33 Kogasato_38 > それじゃ、私達も探すということで
21:33 Kogasato_38 > 目星振ってもいいのでしょうか
21:33 KP > いいですよ 目星の半分でどうぞ
21:34 *atai Join (~atai@KD106172038138.ppp-bb.dion.ne.jp)
21:34 *Nick atai → subKP
21:34 Kogasato_38 > 1D100≦27
21:34 Kogasato_38 > あれ?(´・ω・`)
21:34 KP > Kogasato_38 -> 1D100 = [89] = 89 <=27
21:34 KP > では 誰もその穴を見つけることは出来なかったね
21:34 yu-ki_56 > ああ、Dが大文字だからかなってあれ
21:35 Kogasato_38 > 「なんで誰も懐中電灯とか持ってきてないんですか!」
21:35 yu-ki_56 > 「確か持ってたと思うけど」
21:35 yu-ki_56 > 「目立ちたくないなーと…」
21:35 yu-ki_56 > というわけで、マグライトで照らしながらもう一周しよう、GM
21:36 keito_72 > 「…懐中電灯、忘れてました…」
21:36 KP > んー・・・
21:36 KP > ならゆうきだけもう1度目星で振っていいよ 今度は1/2しなくていい
21:36 yu-ki_56 > 1D100≦47
21:36 KP > yu-ki_56 -> 1D100 = [69] = 69 <=47
21:36 KP > Oh・・・
21:36 keito_72 > ああ…
21:36 Kogasato_38 > 「穴、埋められたんじゃないかな・・・」
21:37 yu-ki_56 > 「流石にそんな不始末、のこしてないかな…」
21:37 keito_72 > 「うーん、閉められたのですかね…」
21:37 Kogasato_38 > 「じゃあ名探偵ぬえみちゃんが、代わりの案をいくつか思いついてあげましょう」
21:37 yu-ki_56 > 「しょうがない、表の門辺りから入るか、塀を乗り越えるか」
21:38 Kogasato_38 > 「新しい穴を空ける、というのは」
21:38 yu-ki_56 > 「流石にナイフの類は持って来てませんが」
21:39 Kogasato_38 > 「あとは、満月の夜でないとその儀式は成立しないんでしょう確か」
21:39 keito_72 > 「…塀を乗り越える…それって、できるのでしょうか?」
21:39 Kogasato_38 > 「満月でなくなれば儀式は失敗する、ということ!」
21:39 KP > 空はすごくきれいですね
21:40 KP > 綺麗な満月がてかてか光ってます
21:40 Kogasato_38 > 「問題はどうやってあの月を隠すかね」
21:40 yu-ki_56 > 「火事でも起こしますか?ライターなら有ります」
21:41 Kogasato_38 > 「守谷の家を燃やしちゃえば早そうだけど」
21:41 Kogasato_38 > 「中に巴ちゃんがいるんだよねーたぶん」
21:41 keito_72 > 「も、燃やすのはまだ後で・・・うん」
21:41 yu-ki_56 > 「とりあえず、巴ちゃんを見つけてからですね、燃やすのも」
21:41 yu-ki_56 > GM-、塀の内側に人の気配とかあるだろうか
21:42 KP > んー 目星振ってみようか
21:42 yu-ki_56 > 聞き耳でなくていいのか
21:42 yu-ki_56 > 1D100≦47
21:42 KP > yu-ki_56 -> 1D100 = [16] = 16 <=47 <成功>
21:42 Kogasato_38 > GMさんGMさん!
21:42 KP > はいはい
21:42 Kogasato_38 > 月を隠すために私の技能《オカルト》で雨乞いできませんかね!
21:43 KP > そーですねー 1でたら考えますねー(棒
21:43 Kogasato_38 > 1D100
21:43 KP > Kogasato_38 -> 1D100 = [58] = 58
21:43 Kogasato_38 > あ・・・オカルトロールとしては成功なのに・・・
21:43 KP > じゃあ他をあたってください
21:43 Kogasato_38 > (つω・`)
21:43 yu-ki_56 > それで、塀の内側の様子は…
21:43 KP > ゆうきの処理は えーっと塀の内側には1人の人間の気配がする
21:44 KP > まぁ敷地内を見回りしてるという情報もあげるよ
21:44 keito_72 > KP、何か踏み台になるようなものとかうを探せませんか?
21:44 yu-ki_56 > 「ふーむ、塀の向こうに人気がなくなったら、自分が足場になるので、どちらか塀の上に上ってみてくれます?」
21:44 Kogasato_38 > 「ケイト、踏み台ならここに」
21:44 Kogasato_38 > つ 探偵
21:45 KP > 採用
21:45 keito_72 > 「…え、いいんですか…?」
21:45 Kogasato_38 > 「自発的に・・・ユーキ君は踏み台の鑑だね!」
21:45 keito_72 > 「ゆうきさん、無理しないでくださいね…」
21:45 yu-ki_56 > 「生まれて始めて聞くフレーズですね、踏み台の鏡。ま、問題ないでしょう」
21:45 KP > 流石に2人乗るわけにはいかないから
21:46 KP > 補正はケイトかこがさとのどっちか1人にしかかけないよ
21:46 yu-ki_56 > 「で、せめて体重が軽いほうにお願いしたいのですが、どっちです」
21:46 Kogasato_38 > えーっとSizは
21:46 Kogasato_38 > 私、10ですね
21:46 KP > こがさとのほうが小さいですよ
21:46 keito_72 > 「…ぬえちゃんが乗ってください」
21:47 Kogasato_38 > 「なんですと・・・ペンより重いものが持てない小説家に肉体労働を・・・」
21:47 Kogasato_38 > 「まあいいか、じゃあそこに跪くのですユーキ君」
21:47 yu-ki_56 > 「まあ、向こうに人がいないなら、跡で我々を引っ張りあげてもらう必要がありますが」
21:47 keito_72 > 「私は…行ってみましょう、自力で!」
21:47 yu-ki_56 > 跪く
21:48 Kogasato_38 > では、そこに腰掛けます
21:48 KP > いい感じに椅子になってますね
21:48 yu-ki_56 > 腰掛!?
21:48 Kogasato_38 > 「ユーキ君ユーキ君」
21:48 keito_72 > 腰掛けたら上れないような…
21:48 Kogasato_38 > 「肩車でいいんじゃないの?」
21:49 yu-ki_56 > 「肩車が正義だね、うん…」
21:49 keito_72 > 「…あ、ごめんなさい…」
21:49 yu-ki_56 > (なんで跪いたんだ…)
21:49 Kogasato_38 > じゃあ、乗りますよっこいしょ
21:49 KP > んー
21:49 keito_72 > そういえばKP,塀の高さってどのくらいです?
21:50 KP > 肩車ならできるかどうかの判定がいるかな
21:50 yu-ki_56 > よし、乗られたのだから立ち上がろうどっこいしょ
21:50 KP > 2.6mくらい>塀
21:50 Kogasato_38 > むむ、判定
21:50 yu-ki_56 > この探偵、体の丈夫さにかけては自信が有るが、力に関しては人並みである
21:50 KP > 筋力値の6倍で振っていいよ
21:50 keito_72 > …やはり、高いですね…
21:50 yu-ki_56 > 1D100≦78
21:50 KP > yu-ki_56 -> 1D100 = [77] = 77 <=78 <成功>
21:51 keito_72 > 危ない!
21:51 KP > じゃあうまく肩車できたみたいだね
21:51 yu-ki_56 > 「ファイトォ!」
21:51 Kogasato_38 > あぶない出目・・・!
21:51 Kogasato_38 > じゃあ、とりあえず足で首を絞めてみます
21:51 yu-ki_56 > おい格闘が始まったぞ…
21:51 keito_72 > 「ちょっ、ここで大声出したら!」(ひそひそ
21:52 KP > では判定しますね
21:52 Kogasato_38 > 「ぬえみちゃんの生足をくらうがいいわーてやー」
21:52 KP > 1D100≦5
21:52 KP > KP -> 1D100 = [55] = 55 <=5
21:52 KP > うまく首は締まりませんでしたね 
21:52 Kogasato_38 > じゃあ、塀によじ登れます・・・?
21:53 yu-ki_56 > (上がスカートじゃなくてよかった)(ハサマレ
21:53 keito_72 > なんで、締めようとしたの…
21:53 KP > んーまぁ昇っていいよ
21:53 KP > じゃあこがさとはうまく塀の上に登れたね
21:53 Kogasato_38 > よじよじ(っ・ω・)っ
21:53 yu-ki_56 > 今現在、塀の向こうに人はいるのかどうか
21:53 keito_72 > 「」
21:54 Kogasato_38 > よじのぼって立ち上がらずに伏せたまま、塀の内側を視認します!
21:54 KP > 塀の内側は守谷家があるね
21:55 Kogasato_38 > ひとのけはいは!(`・ω・´)
21:55 KP > 儀式の為なのか電灯がついておらず ろうそくの僅かな明かりが廊下に続いてる
21:55 KP > 今はこがさとの視界範囲に人はいないようだ
21:56 Kogasato_38 > う、うーん単独行動になるのだろうか
21:56 KP > うーん 知識で振ってみようか
21:56 yu-ki_56 > とりあえず、ケイトだけでも引っ張り挙げられるかなと
21:56 Kogasato_38 > 1D100≦85
21:56 KP > Kogasato_38 -> 1D100 = [91] = 91 <=85<dtpn>
21:56 Kogasato_38 > あ、あれぇ
21:56 KP > ・・・じゃあ自力で何とかしてね
21:57 Kogasato_38 > んー、というかじゃあ、門まで行って内側から開けてみようかと思います!
21:57 KP > ではこがさとは門に行く
21:57 KP > 門には閂がかけられててこれを外せば門は開くだろう
21:57 Kogasato_38 > さくっと行けるのですね!
21:57 KP > さくっと行きます
21:57 Kogasato_38 > はずしたら音はしそうです?
21:58 keito_72 > 何かありそう(
21:58 KP > 特にないですよ
21:58 Kogasato_38 > じゃあ、外してから
21:58 Kogasato_38 > 門を開ける音とか、門が開いたときに差し込む光で見つかるのが怖いので
21:58 Kogasato_38 > さささっと離れてかくれます
21:59 keito_72 > じゃあ、私達も入りますかね…?
21:59 KP > ふむ ではこがさとは庭の隅に隠れたね
21:59 Kogasato_38 > こそこそ
21:59 yu-ki_56 > 静かに門の前に向いましょうか
22:00 keito_72 > はい、静かに…
22:00 KP > 忍び歩きはまぁ・・・なくてもいいかな 今回は
22:00 yu-ki_56 > 門に付いたら、門を開けて入りましょう。人目を気にしつつ
22:00 Kogasato_38 > あ、一応あとでしのび歩こうと思ってたのですが
22:00 Kogasato_38 > 特に関係ないならいいです(・ω・)
22:00 KP > 今の分はいいよ
22:01 KP > 門の外の出来事だし
22:01 keito_72 > 私も入ります
22:01 Kogasato_38 > 私は何があるかわからないのでまだ隠れたままです
22:01 KP > では2人は守谷家の敷地に入ったね
22:02 yu-ki_56 > 古賀里と合流したいけど、たぶん見つけられない  マグライトは電気消した状態で手に持っておきます
22:02 keito_72 > ぬえちゃんが近くにいる…かな…?
22:02 Kogasato_38 > あ、じゃあ、スマートホンからユーキにメールで状況を送ります!
22:02 keito_72 > !
22:03 yu-ki_56 > 夜なんだから当然マナーモードです、ええ、きっと
22:03 Kogasato_38 > 『イマ オマエ ミテイルゾ ヌエミ』
22:03 keito_72 > :::うわあ
22:03 KP > さて ゆうきのスマホにメールが届くね
22:03 yu-ki_56 > 返信『どこに居る!姿を現せ、ぬえみ!』
22:04 keito_72 > 言葉のドッジボールのように見えます
22:04 Kogasato_38 > 『私と戦いたければまずは儀式の間に来るのね! ははは』
22:05 keito_72 > 「現れないと巴ちゃんが救えないですよって送ってください」(ひそひそ
22:05 yu-ki_56 > 『巴を返せ、ぬえみぃ!!』
22:05 Kogasato_38 > 『私はこっそり後を着いていくから、先に進んでください! 私に構わず、はやく!』
22:05 yu-ki_56 > ところで、メール合戦してる間に、我々も適当な茂みに隠れていた方が良いんじゃないかな
22:06 keito_72 > …ですね…
22:06 yu-ki_56 > 『じゃあ蔵の方に先に行くので、後から付いてきてください。行き成り大声を出して驚かさないように。フリじゃないぞ、いいな!』
22:06 keito_72 > 「大丈夫かわかりませんが…とりあえず、隠れつつ蔵に行きましょう」(ひそひそ
22:07 Kogasato_38 > 最後にもう一通だけメールを送っておきます
22:07 Kogasato_38 > 『メール面倒だからきみもLINEというアプリを落としなさい。使いやすいゾ☆』
22:07 Kogasato_38 > ようし私も行動開始です
22:07 Kogasato_38 > 忍び足ロール!(`・ω・´)いいですか!
22:07 KP > いいよん
22:08 KP > 忍び足使ってどこに行くん?
22:08 Kogasato_38 > あっ思ったより振ってなかった・・・
22:08 Kogasato_38 > 忍び足でふたりのあとをつけます
22:08 KP > 了解
22:08 Kogasato_38 > 1D100≦35
22:08 KP > Kogasato_38 -> 1D100 = [62] = 62 <=35
22:08 KP > ではケイトとゆうきは聞き耳を振ってください
22:08 keito_72 > 1d100≦25
22:08 KP > keito_72 -> 1D100 = [19] = 19 <=25 <成功>
22:08 yu-ki_56 > 1D100≦35
22:08 KP > yu-ki_56 -> 1D100 = [40] = 40 <=35
22:09 KP > ではケイトは後ろから茂みが揺れる音を感じ取る
22:09 KP > 後ろを振り向くとそこにはこがさとがいるね
22:09 Kogasato_38 > あ、じゃあ追加でロール振りたいです!
22:09 KP > 何振ります?
22:09 Kogasato_38 > 「隠れる」で!
22:09 keito_72 > 「…ぬえちゃん!」(ひそひそ
22:09 KP > うん 見つかった後だから無理かな
22:09 Kogasato_38 > ガーン
22:10 Kogasato_38 > 「よくぞ私の居場所を突き止めた、探偵諸君」
22:10 yu-ki_56 > 「気づかないフリをして進んでもいいんですよ、ケイトさん」ひそひそ
22:10 keito_72 > 「ぬえちゃん、遊んでないで蔵へ行くよ」(ひそひそ
22:11 Kogasato_38 > 「はいはい、行きましょう行きましょう」
22:11 keito_72 > 「は、はい…でも、気づかないとちょっと危ないので…」ひそひそ
22:11 KP > では3人は蔵の前につく
22:12 KP > 蔵は鍵がかかってるわけではないみたいだね
22:12 yu-ki_56 > 蔵を空けるのに音がたたなそうなら開けましょう
22:12 KP > では蔵が開いたよ
22:13 yu-ki_56 > 中に何が見えるかしら、マグライトで照らしてみよう
22:13 KP > ふむ
22:13 KP > 使われてない神具とか農具があるみたいだね
22:13 keito_72 > 私はそれを覗き見…
22:13 KP > ついでにゆうきは目星を振ってください+20で
22:13 yu-ki_56 > 1D100≦67
22:13 KP > yu-ki_56 -> 1D100 = [71] = 71 <=67
22:14 yu-ki_56 > ○| ̄|_
22:14 KP > はい では各自欲しいものを言ってください
22:14 Kogasato_38 > 私もひょこっと覗き見
22:14 KP > あるならそれを持っていく っていう形にするよ
22:14 Kogasato_38 > うーん、目に付くものでどういうものがあるのかしら
22:14 Kogasato_38 > 神具というと・・・
22:14 keito_72 > 投げられるものとかを探して良いですか?
22:14 KP > いいですよ
22:14 Kogasato_38 > クサナギの剣とかあったら私欲しいです!
22:14 KP > 提案してもらってそれをこっちであるかどうか判定する流れにするつもりです
22:15 KP > 有りません(ガンギレ
22:15 Kogasato_38 > (・ε・)
22:15 keito_72 > つっかえ棒とかありますか?
22:15 Kogasato_38 > うーん、じゃあ鏡的なものとか?
22:16 yu-ki_56 > 農具なら鎌もあるかな、刃をタオルで来るんで持っていくか
22:16 KP > 鎌はあるね
22:16 KP > 後まぁ棒くらいならあることにしていいよ
22:16 yu-ki_56 > あと、油かガソリンがあるなら欲しい
22:17 KP > 鏡もまぁ少し割れてぼろっちいのならある
22:17 KP > ない
22:17 yu-ki_56 > では藁なら有るだろうか
22:17 Kogasato_38 > 相手のキーアイテムが鏡っぽいから、じゃあ鏡を持っていこうかなあと思ったけど
22:17 KP > 藁かぁ
22:17 KP > 幸運振ってもらおうかな
22:17 Kogasato_38 > 私自分で手鏡持ってた・・・!
22:17 yu-ki_56 > 1D100≦65
22:17 KP > yu-ki_56 -> 1D100 = [26] = 26 <=65 <成功>
22:18 keito_72 > あと…うーん
22:18 Kogasato_38 > うーん、神具
22:18 KP > じゃあその辺の農具にくっついてた藁を集めたら十分な量になったよ
22:18 Kogasato_38 > お神輿とか・・・?
22:18 KP > どうやってもっていくんですかね・・・
22:18 yu-ki_56 > どんな蔵なんだ>おみこしがある
22:18 Kogasato_38 > ふたりでかついで、ひとりが乗ります
22:18 KP > 祭り会場じゃねーからこれ!
22:18 yu-ki_56 > 私が乗る
22:19 keito_72 > お祓い棒とかもあったら持っていきましょうか
22:19 Kogasato_38 > ユーキ君が乗ったら、せーので手を放すんだケイト
22:19 yu-ki_56 > 守屋家大騒ぎや!>手を離す
22:19 keito_72 > いやいや、捨て身じゃないですか…
22:19 Kogasato_38 > それで思いついたけれど
22:19 KP > お払いぼうかぁ
22:20 Kogasato_38 > 何か、どこかで騒ぎを起こして、儀式の人たちもそれを聞きつけてやってきたところで
22:20 KP > まぁあってもいいかな 神社で神官がばっさばっさ振ってるあれだよね
22:20 Kogasato_38 > 誰もいなくなった儀式会場にひとりが乗り込んでごちゃごちゃにする!
22:20 Kogasato_38 > という作戦はどうでしょう?
22:20 yu-ki_56 > あー、ろうそくもあるなら数本持って行きたいが
22:20 KP > 蝋燭はないかなぁ
22:21 keito_72 > じゃあ、お祓い棒も持っていきます
22:21 yu-ki_56 > 儀式会場に誰も居ない、ってことはないでしょう
22:21 Kogasato_38 > むむぅ
22:21 KP > 二刀流だね かっちょいい
22:21 yu-ki_56 > だからやるなら一人で騒いで、二人係で会場をのっとる
22:21 keito_72 > なんか投げるもの探したいけれど手が埋まりそう
22:21 yu-ki_56 > 鞄に突っ込んでいこう…
22:22 Kogasato_38 > 儀式の会場ってどこなんだろうそういえば
22:22 Kogasato_38 > こないだ招待された、美沙の部屋って一階?
22:22 keito_72 > あ、土器はありますか?
22:22 yu-ki_56 > 前回は離れだって聞きました
22:22 KP > えーっと
22:22 KP > 平屋建てなので2階はないよ
22:22 Kogasato_38 > ふむふむ
22:22 Kogasato_38 > 離れかー
22:22 KP > 土器はぼろいのなら有るけど
22:22 yu-ki_56 > 離れの場所を古賀里は知ってると嬉しいけど
22:23 KP > あ それなんですけど
22:23 Kogasato_38 > じゃあ先に誰もいないなら美沙の部屋とか探せば何か出てくるかなぁ
22:23 KP > 母屋の電気がついて無くて離れの電気だけがついてるんで 場所はすぐわかります
22:23 Kogasato_38 > なんと!
22:23 KP > 後ケイトは3つ以上持っていくのはいいけど どうやってもっていくん?
22:24 keito_72 > …じゃあ、棒2本で…
22:24 yu-ki_56 > ゆーき君の肩掛け鞄、使う?
22:24 KP > じゃあ棒2本ね
22:24 keito_72 > あ、お願いします>ゆーきさんのカバン「
22:24 yu-ki_56 > なお、鞄を持っていくのはゆーき君の模様
22:25 keito_72 > KP、すみません、カバンに何個か…詰め込みたいです
22:25 yu-ki_56 > ええと、鞄の中に鎌、土器数個。マグライトはストラップを手首に、警棒はポケットに上半分出る形で突っ込もう
22:26 KP > いいですよ>ケイト
22:26 keito_72 > 良かった…
22:26 yu-ki_56 > 藁も鞄の中であった
22:26 KP > どう見ても不審者ですね ハイ
22:26 Kogasato_38 > 私とくに持ってくものないかなー
22:26 yu-ki_56 > 不法侵入してる時点で不審者だわ
22:26 Kogasato_38 > ペンより重いもの持てないもので・・・
22:26 yu-ki_56 > 古賀里にもってかせれば、某
22:26 yu-ki_56 > 棒
22:27 keito_72 > じゃあ、お祓い棒持ちます?>ぬえちゃん
22:27 Kogasato_38 > も、持ってもいいけど私は戦えないよ!
22:27 keito_72 > お祈りが効くかもしれないから、良いと思う!
22:27 Kogasato_38 > じゃあ、それで!
22:28 yu-ki_56 > オカルトパワー炸裂だ…
22:28 keito_72 > じゃあ、向こうに着いたら、ゆうきさんのカバンから土器を取り出しましょう…
22:29 KP > えーっと
22:29 yu-ki_56 > その時は鞄ごと持っていった方が良いけどね、取り出すとき大変だろうから
22:29 KP > 各自何をするか決まったら何をするかの宣言をしてもらっていいかな
22:30 keito_72 > そうですか…じゃあ、土器を今手に1つ持ちますね
22:30 Kogasato_38 > じゃあちょっとだけ相談!
22:30 KP > 作戦タイムね どうぞ
22:30 Kogasato_38 > すぐに乗り込むのか、先に屋敷を探索するか、どうしましょう?
22:30 yu-ki_56 > とりあえず蔵にはもう用はないし、一度美紗の私室に向かって良いんじゃないかな。捜索に一晩かかることは無いだろうし
22:30 keito_72 > うーん、何かあればいいのですが…
22:31 Kogasato_38 > じゃあ、その方向でOKです!(`・ω・´)
22:31 KP > 美沙の私室に向かうのはいいけど
22:31 KP > 巡回してる白井と会うリスクは背負ってもらうよ?
22:31 keito_72 > !?
22:31 Kogasato_38 > 巡回してるの?!
22:32 yu-ki_56 > 見つけ次第ぶん殴るか、まずマグライトの取っ手側で
22:32 KP > 21:43 (KP) ゆうきの処理は えーっと塀の内側には1人の人間の気配がする
22:32 KP > 21:43 (KP) まぁ敷地内を見回りしてるという情報もあげるよ
22:32 KP > ほい
22:32 Kogasato_38 > ああ、あれ白井さんだったのか・・・!
22:32 Kogasato_38 > うーむ、どうしよう二手に分かれます?
22:33 yu-ki_56 > 分かれてもうーん、って感じが。一緒に行動したほうがまだ見つからない気がしますし
22:33 keito_72 > 二手に分れるとしても、戦力を分断して戦いたくはないですね
22:34 Kogasato_38 > じゃあ、一緒に行動する感じでよさそうですねー
22:34 keito_72 > だから、一緒に行動で
22:34 keito_72 > …警戒しつつ進むのが一番ですね
22:34 Kogasato_38 > (すごくメタな話をすると)
22:35 Kogasato_38 > (KP的にはそのまま離れに行ったほうがいいよって警告してくれた感がすごいんですが・・・!)
22:35 keito_72 > …あ
22:35 yu-ki_56 > どうしようねえ(震え声
22:35 keito_72 > じゃあ、私は離れに行きたいです
22:36 Kogasato_38 > じゃあ私も離れに行きたいです!(´ワ`)ノ
22:36 *Kogasato_38 Quit (Client closed connection)
22:36 *Kogasato_38 Join (~kogasa450@p18164-ipngn100201wakayama.wakayama.ocn.ne.jp)
22:36 keito_72 > 様子を見つつ、2人が間に合いそうにないなら、突入していく感じで
22:36 yu-ki_56 > ゆーき君は美紗の部屋を知らないので、二人が行かないならまず行けないね、今から探索しても、でもあるし
22:37 KP > ふむ
22:37 KP > 結局どうなるんかな? こがさととゆうきが突入 ケイトが後ろで様子見?
22:37 Kogasato_38 > あれ、なんか切断されてました・・・?
22:37 KP > ログ大丈夫かしら?
22:37 subKP > 喪失したログは無いっぽいけど……
22:37 Kogasato_38 > いっしゅん切れてるかもですが
22:37 Kogasato_38 > たぶんだいじょうぶです
22:38 KP > ういうい
22:38 Kogasato_38 > じゃあ突撃ですね!(`・ω・´)
22:38 keito_72 > …母屋の方に2人も行くなら、私も突入しますね
22:39 Kogasato_38 > 今度こそ「忍び足」を!
22:39 yu-ki_56 > じゃあマグライトをポケットに入れて、代わりに警棒を出しておこう  あと鞄丸ごとケイトに。ライターと藁を少しはポケットに
22:39 KP > 3人いっぺんに突撃?
22:39 keito_72 > 鞄持ちました
22:40 yu-ki_56 > 突撃と言うか、気づかれないように離れに近づけないものか
22:40 Kogasato_38 > こがさとちゃんが忍び足で近づくから、見ておくのです!(`・ω・´)ノ
22:40 keito_72 > まあ、静かに進んで行く感じで
22:40 KP > ではこがさとが先に忍び足で行って
22:40 Kogasato_38 > 振ってもいいです?
22:41 KP > その様子を見て2人が行く感じかな?
22:41 KP > あ 振っていいよ
22:41 Kogasato_38 > 1D100≦35
22:41 KP > Kogasato_38 -> 1D100 = [46] = 46 <=35
22:41 yu-ki_56 > そんな感じで>2人は様子見
22:41 keito_72 > ええ
22:41 Kogasato_38 > さあ、みんなでいこう!(`・ω・´)ノ
22:41 yu-ki_56 > この作家、忍び込み苦手だな!
22:41 KP > さて こがさとがこっそりと進んでいく
22:41 KP > しかしこがさとは離れの近くで茂みに触れてしまい がさっ という音を出す
22:41 Kogasato_38 > 作家が忍び込み上手いってどういう理屈ですか!
22:41 keito_72 > ニンジャでもないですからね…
22:42 KP > 1D100≦65
22:42 KP > KP -> 1D100 = [39] = 39 <=65 <成功>
22:42 Kogasato_38 > じゃ、じゃあ今度こそ、音鳴らしちゃった時点で「隠れる」したい!
22:42 KP > その音を白井は聞き逃さなかった
22:42 KP > では隠れるどうぞ
22:42 Kogasato_38 > 1D100≦50
22:42 KP > Kogasato_38 -> 1D100 = [38] = 38 <=50 <成功>
22:42 yu-ki_56 > 我々も隠れよう
22:42 KP > 白井は一直線に古賀里の方に向かってます
22:42 keito_72 > 私達も隠れます
22:42 Kogasato_38 > せいこう!
22:42 KP > 2人は自動成功でいいや
22:43 KP > 白井「むっ・・・確か今この辺で音がした気がするのだけど・・・」
22:43 KP > こがさとは目星振ってみようか
22:43 keito_72 > (あわわわ…)
22:43 Kogasato_38 > 1D100≦55
22:43 KP > Kogasato_38 -> 1D100 = [44] = 44 <=55 <成功>
22:43 Kogasato_38 > あ、成功するようになってきた(`・ω・´)
22:44 KP > では 古賀里は
22:44 KP > 白井が抜き身をもってることに気付くね 白井はそのままどこかへ行ったよ
22:44 Kogasato_38 > ・・・しばらくまだ隠れてます!
22:44 keito_72 > 抜き身…?
22:44 KP > 抜き身っていうのは
22:44 yu-ki_56 > 人切りじゃねえか!!
22:44 Kogasato_38 > 鞘から抜かれた刀!
22:44 KP > 鞘を取った日本刀のことです
22:44 Kogasato_38 > 人斬りだって言ったじゃないですか!!
22:44 yu-ki_56 > 古賀里ぉぉぉぉ!
22:44 KP > 切る準備満満ですね 素晴らしい
22:44 keito_72 > ひぃ
22:46 Kogasato_38 > 二人からは白井さん見えてない・・・?
22:46 KP > 距離があって見えてないかなぁ
22:47 Kogasato_38 > なんてこと・・・人斬りの真実を知っているのはまだ私だけなのか・・・!
22:47 yu-ki_56 > 白井さん自体見えてないのか。まあしょうがない
22:47 Kogasato_38 > 私は怖いのでしばらく隠れてます ドーゾ
22:48 yu-ki_56 > 古賀里が物陰に隠れたのは見えたけど、助けにも行けず様子も続航
22:48 Kogasato_38 > さあ、忍び足でこっちに来るのです!
22:48 KP > 1D100
22:48 KP > KP -> 1D100 = [17] = 17
22:48 keito_72 > 忍び足初期値なのですが
22:49 KP > ふーん
22:49 Kogasato_38 > ・・・?
22:49 yu-ki_56 > この思わせぶりな反応とダイスだよ!
22:49 keito_72 > あ、やばい
22:49 KP > あ 構わず続けてください
22:49 yu-ki_56 > まあしょうがない、忍び足初期値だけど近づくしか無いな
22:50 keito_72 > じゃあ、忍び足、私も…
22:50 KP > では振っていいですよ
22:50 yu-ki_56 > あ、マグライトを左手に構えておこう
22:50 yu-ki_56 > 1D100≦10
22:50 KP > yu-ki_56 -> 1D100 = [12] = 12 <=10
22:50 yu-ki_56 > ぐおおおおおお!?
22:50 Kogasato_38 > 惜しい・・・!
22:50 keito_72 > 1d100≦10
22:50 KP > keito_72 -> 1D100 = [59] = 59 <=10
22:50 keito_72 > ぶっ
22:50 KP > まぁゆうきは惜しかったので
22:51 KP > 音を立てそうな気がしたので途中で物陰に隠れて進軍停止したってことにしましょう
22:51 KP > ケイトの方は
22:51 KP > 1D100≦65
22:51 KP > KP -> 1D100 = [64] = 64 <=65 <成功>
22:51 keito_72 > あ、やばい
22:51 Kogasato_38 > あ、やばい気がする
22:51 KP > さて、ケイトの立てた音に白井が気づいてこっちに全速力で向かってくるね
22:51 keito_72 > 隠れられるなら、隠れる
22:51 yu-ki_56 > 全速力ぅ!
22:51 KP > いいけど
22:52 KP > さっきもここで音出してるから警戒してるので
22:52 KP > 1/2で振ってもらうよ それなら
22:52 yu-ki_56 > あれ、これ、一回引き返して、別のところで騒ぎ起したほうが良かったんじゃ…
22:52 keito_72 > …ちょっと待ってください
22:52 Kogasato_38 > ユーキ君がケイトを助けていいところを見せる、これはチャンス!
22:53 keito_72 > 美沙さんの部屋と母屋の部屋まではどっちが近いですか?
22:54 KP > 母屋に向かってる最中だから母屋の方が近いよ
22:54 KP > ん?
22:54 KP > 離れと美沙の部屋じゃなくて美沙と母屋の部屋?
22:55 KP > 儀式は離れでやってるけど母屋に行くのかい?
22:55 keito_72 > あ、離れの部屋です
22:55 KP > 離れのほうが近いよ
22:56 keito_72 > 離れの部屋まで全速力で走って、物陰に隠れます
22:56 KP > ふむ
22:56 KP > では判定
22:57 Kogasato_38 > これはケイトを囮に、私とユーキ君が後ろから・・・
22:57 KP > まずは逃げ切れたかどうかの判定ね
22:57 Kogasato_38 > いやしかし相手は人斬り・・・円の範囲に入ったら斬られる・・・
22:57 KP > 1D100≦20
22:57 KP > KP -> 1D100 = [16] = 16 <=20 <成功>
22:57 KP > お 逃げ切れたね
22:57 KP > じゃあ隠れる振ってくださいな
22:57 keito_72 > おおおお!
22:57 yu-ki_56 > 白井さん足早くね!
22:57 KP > DEX17です
22:57 Kogasato_38 > はやい!
22:57 yu-ki_56 > はえーわ
22:58 keito_72 > 1d100≦40
22:58 KP > keito_72 -> 1D100 = [28] = 28 <=40 <成功>
22:58 KP > ではうまく隠れられたようだね
22:58 Kogasato_38 > ケイトが必死で命をつないでいる・・・!
22:58 keito_72 > (…!!!)
22:58 yu-ki_56 > ケイト凄い…!
22:58 KP > 白井はふくれっ面をしている
22:58 KP > 白井「さっきからなんだか狐に化かされてるみたいだわ・・・」
22:58 Kogasato_38 > (これで・・・これで二人とも見たはず・・・人斬りの真の姿を・・・!)
22:59 KP > 1D100≦55
22:59 KP > KP -> 1D100 = [73] = 73 <=55
22:59 KP > では白井はそのままどこかへ行ってしまったね
22:59 Kogasato_38 > ・・・う、うーん
22:59 keito_72 > 「あの気…すごく怖い…」
22:59 Kogasato_38 > やはりここはメールで連絡をとろう!
22:59 Kogasato_38 > 『あれが人斬り白井刀斎です』>2人
23:00 yu-ki_56 > 白井の姿は、ゆーきにも見えたんでしょうか
23:00 keito_72 > 私、携帯持っていていいのでしょうか(
23:00 KP > んー
23:00 KP > 持っていくって言ってなかったね 幸運で振ってください
23:01 yu-ki_56 > ゆーきのポケットは二つ有るのさ…!>ゆーき携帯所持
23:01 keito_72 > 1d100≦75
23:01 KP > keito_72 -> 1D100 = [48] = 48 <=75 <成功>
23:01 KP > じゃあ持ってることにしていいよ
23:01 keito_72 > ()
23:01 keito_72 > (そ、そうだったんだ…!)
23:01 KP > 白井の姿は
23:02 KP > ゆーきには見えてないです
23:02 KP > なんやかんやで一番離れから遠いんでこの人
23:02 yu-ki_56 > 『なんかケイトさんがえらい勢いで走ってましたが、白井さんが居たんです?』
23:02 Kogasato_38 > 『白井ではない・・・伝説の人斬りだ』
23:02 keito_72 > 『…居ましたね。 凄い殺気でした…』
23:03 yu-ki_56 > 『うーん、これは自分が母屋で騒ぎを起してきた方が良いかな。そんなに危なかったのなら』
23:03 Kogasato_38 > 『ユーキ探偵、私達はここまで近づいたから、次はきみの番だ・・・』
23:04 keito_72 > 『何か火事を起こしたら騒ぎになりますかね…』
23:05 Kogasato_38 > 私たちは・・・怖いのでしばらく隠れているのだ・・・
23:05 KP > 1D100≦15
23:05 KP > KP -> 1D100 = [21] = 21 <=15
23:05 yu-ki_56 > 『実は離れ自体で火事を起こしたかったけど、火種をもってるのが自分だけですからね。付けて来る事はできます』
23:06 keito_72 > …ここから、離れの中の様子を知るにはどうしたらいいですかね?>KP
23:06 Kogasato_38 > 離れに窓があるなら、ケイトの位置なら覗けたりしない・・・?
23:06 KP > ケイトの位置なら
23:07 KP > 聞き耳ワンチャンある程度ですね
23:07 keito_72 > 聞き耳初期値です…
23:07 keito_72 > 一応、聞き耳してみましょう
23:07 KP > では振ってください
23:07 keito_72 > 1d100≦25
23:07 KP > keito_72 -> 1D100 = [9] = 9 <=25 <成功>
23:07 KP > おお
23:08 KP > では美沙の声が聞こえますね
23:08 KP > しかしそれが何かは分からない 更によくわからない音も聞こえる
23:08 keito_72 > (…んん…)
23:08 KP > よくわからない音についてかんがえたければアイデアロールをしてください
23:08 keito_72 > 考えましょう
23:08 KP > では振ってください
23:08 keito_72 > 1d100≦60
23:08 KP > keito_72 -> 1D100 = [55] = 55 <=60 <成功>
23:09 KP > ふむ
23:09 KP > ではその音は風のような音だった
23:09 KP > まるで部屋の中で気圧が違う場所があるかのような・・・
23:09 keito_72 > (…風…!?)
23:09 KP > いや・・・そんな生ぬるいもんじゃないですね
23:09 KP > 大げさに言えば空間が捻じれてる そんな音
23:09 Kogasato_38 > ひい何かが起こってるう
23:10 keito_72 > (…!?!?)
23:10 KP > さて ケイト
23:10 keito_72 > はい
23:10 KP > 天文学×3で振ってください
23:11 keito_72 > 1d100≦63
23:11 KP > keito_72 -> 1D100 = [25] = 25 <=63 <成功>
23:11 KP > 空間が捻じれる
23:11 KP > それがあり得るのはブラックホール等のとてつもなく強い力が無ければあり得ない
23:11 KP > しかしそのようなことが部屋の中で起きうるでしょうか ケイトは部屋の中で起こってることを考え恐怖を覚える
23:11 KP > SANチェック
23:12 keito_72 > …!
23:12 KP > 成功で1 失敗で1D3
23:12 keito_72 > 1d100≦72
23:12 KP > keito_72 -> 1D100 = [12] = 12 <=72 <成功>
23:12 KP > では1減らしておいてください
23:12 *Nick keito_72 → keito_71
23:13 KP > では再開します どうぞ
23:13 Kogasato_38 > 一方その頃こがさとぬえみにも大変なことが起こっていた
23:13 Kogasato_38 > いい時間なのでおさけが飲みたくなってきたのだ
23:13 KP > そうですね
23:13 KP > 白井が巡回してますね 丁度あなた達の近くを通りかかってます
23:13 yu-ki_56 > スキットルぐらい持ち歩くべき
23:14 KP > ではゆうきから
23:14 KP > 1D100≦32
23:14 KP > KP -> 1D100 = [80] = 80 <=32
23:14 yu-ki_56 > 息を殺そう…
23:14 KP > ゆうきはみつからなかった
23:14 Kogasato_38 > (_;`・ω・)_ ・・・・・・
23:14 KP > 次にこがさと
23:14 KP > 1D100≦32
23:14 KP > KP -> 1D100 = [9] = 9 <=32 <成功>
23:14 keito_71 > 『なにか嫌なことが起こってます…』
23:14 keito_71 > あっ
23:14 yu-ki_56 > こがさとー!
23:14 Kogasato_38 > あっ
23:14 KP > 白井「そこにいるのは誰ですか!」
23:14 KP > こがさとが隠れてる茂みに向かって日本刀を振り下ろす
23:14 yu-ki_56 > 後ろから白井に飛び掛ろう
23:14 Kogasato_38 > ええええ
23:14 keito_71 > うわああああ
23:15 KP > 1D100≦37
23:15 KP > KP -> 1D100 = [46] = 46 <=37
23:15 KP > では茂みを外してしまったようだ 特にダメージはない 
23:15 Kogasato_38 > じゃあ、飛び出す!
23:15 yu-ki_56 > 警棒で刀持ってる腕を狙って殴りつける方向で
23:15 KP > んじゃまぁ戦闘開始見たいっすね
23:15 yu-ki_56 > 位置的に後ろからではないだろうか
23:15 Kogasato_38 > 「ばれてしまっては仕方がない! 本性を現しましたね伝説の人斬り!」
23:15 KP > 位置的には
23:16 keito_71 > じゃあ、自分は離れに飛び込む感じで行きたいですが…(
23:16 KP > 白井 こがさと (見つかってないけどゆうき
23:16 yu-ki_56 > 通り過ぎてからかよぉ!
23:16 KP > ゆうきはこがさとの後ろですね 一番進んでないんで
23:16 Kogasato_38 > 私達が時間を稼いで、ケイトに任せる感じになってますね・・・!
23:16 yu-ki_56 > 時間稼いでる間に三枚におろされないといいのだけれど
23:17 Kogasato_38 > 見せてやりましょうユユーキ君、私たちのチームワークを!
23:17 KP > では 行動順は 白井→こがさと→(ゆうき) で
23:17 KP > ケイトは白井とこがさとの間に行動を挟みます
23:17 keito_71 > はいー
23:18 KP > 白井「貴方は・・・来るなといったはずなのに・・・」 こがさとにそういうね
23:18 KP > 白井「貴方1人できたというわけでもないでしょう。さっさと始末させていただきます」 そういって日本刀でこがさとに攻撃
23:18 Kogasato_38 > 「刀が・・・泣いています」
23:18 keito_71 > ひぃ
23:18 KP > 1D100≦75
23:18 KP > KP -> 1D100 = [59] = 59 <=75 <成功>
23:18 Kogasato_38 > あっ
23:19 KP > 回避で振ります?
23:19 Kogasato_38 > い、一応振りますが!
23:19 Kogasato_38 > ゲームオーバーかもしれない?!
23:19 Kogasato_38 > 1D100≦22
23:19 KP > Kogasato_38 -> 1D100 = [55] = 55 <=22
23:19 Kogasato_38 > はっ
23:19 KP > ではダメージ
23:19 keito_71 > …きつい
23:19 KP > 1D8+1+1D4
23:19 KP > KP -> 1D8+1+1D4 = [7]+1+[4] = 12
23:19 KP > あ 死んだ
23:19 Kogasato_38 > ダメージって私が振るのではないのです?
23:19 yu-ki_56 > げえ
23:19 keito_71 > あxつ
23:19 KP > 白井が与えるダメージなので
23:20 KP > こっちで振ります
23:20 Kogasato_38 > にゃるほど
23:20 Kogasato_38 > では、しにます!(`・ω・´)
23:20 KP > さて 白井の日本刀はこがさとを真っ二つにした
23:20 keito_71 > ぐはああ
23:20 Kogasato_38 > 最後にこう、死に際の一言とかないのですか!
23:20 yu-ki_56 > 達人ってレベルじゃねーぞ!>一刀両断
23:20 KP > 白井はそれを見るとどこかに行ってしまった 戦闘終了
23:20 KP > ないです(無慈悲
23:20 Kogasato_38 > (・ω・)
23:21 keito_71 > ………
23:21 KP > さて 2人はどうするかな?
23:21 Kogasato_38 > (・ω/ /・)ズバー
23:21 keito_71 > 離れに乗り込んで、中を見たいですね…
23:22 keito_71 > ぬえちゃん…は…うう…
23:22 yu-ki_56 > ゆーき君の状況として、ぬえみが殺された場面を少しはなれたところから見ていたわけか
23:22 KP > ではケイトは離れを覗く
23:22 KP > そうですね>ゆうき
23:23 yu-ki_56 > 母屋にとって帰して、藁を火種に家に火をつけよう
23:23 yu-ki_56 > 容赦はない
23:23 KP > 分かりました
23:23 KP > ではケイト→ゆうき→こがさとで処理
23:23 KP > ケイトは離れを覗く
23:24 KP > そこにいたのは巴と美沙・・・だった
23:24 keito_71 > え
23:25 KP > 巴がうつろな目で床に座り、美沙のつぶやく呪文を反芻している
23:25 KP > そして、一際目を引くものがあった
23:25 KP > 空間が歪み、この世界に穴が開いたかのように
23:25 KP > 何もないところに亀裂が走っているのだ
23:25 KP > そこから巨大な爬虫類の指が空間をこじ開けるかのようにして
23:25 KP > こちら側の世界にこようとしている
23:26 KP > また、美沙の背後には黒曜石の鏡が宙に浮いてるのが分かるね
23:26 KP > んじゃまずこのような状況を見たケイトはSANチェック
23:26 keito_71 > どれを狙うか…
23:26 keito_71 > あっ
23:26 KP > 事前にある程度の状況を聞き耳で察知してたので
23:27 KP > 成功で1 失敗で1D6でいいよ
23:27 keito_71 > 1d100≦71
23:27 KP > keito_71 -> 1D100 = [96] = 96 <=71
23:27 keito_71 > …
23:27 KP > では1D6どうぞ
23:27 keito_71 > 1d6
23:27 KP > keito_71 -> 1D6 = [1] = 1
23:27 keito_71 > セーフセーフ
23:27 KP > では1減らしておいてね 美沙は儀式に集中しててそっちには気づいてないよ
23:27 KP > んでここでいったん切ります ゆうきのターン
23:27 *Nick keito_71 → keito_70
23:27 KP > SANチェックは省略
23:28 yu-ki_56 > 省略?
23:28 KP > 器用さ×5で成功したら火をつけていいよ
23:28 KP > うん
23:28 yu-ki_56 > 特に意味はないが行っておこう、器用さは7しかない
23:28 *Nick Kogasato_38 → Kogasato_death
23:28 KP > んー
23:28 yu-ki_56 > 1D100≦35
23:28 KP > yu-ki_56 -> 1D100 = [98] = 98 <=35
23:28 yu-ki_56 > おいぃ!?
23:28 KP > 藁あるから少し上方修正・・・
23:28 KP > んじゃ火をつけようとしたら白井に見つかる
23:28 KP > 白井「きさま・・・何をするだぁー!」
23:29 KP > 戦闘開始
23:29 KP > 白井「刀の錆にしてあげます」
23:29 KP > 日本刀でゆうきに攻撃
23:29 KP > 1D100≦75
23:29 KP > KP -> 1D100 = [96] = 96 <=75
23:29 yu-ki_56 > 「こんのやろう…」
23:29 KP > あ
23:30 KP > えーっとじゃあ
23:30 KP > 白井は刀を大上段に振り上げた
23:30 KP > しかしその時刀が天井に突き刺さってしまう
23:30 KP > 刀を抜くのに1D2ターンかかるよ
23:30 KP > ではゆうきのターン
23:31 yu-ki_56 > 向こうのDEX凄いんだよなあ
23:31 keito_70 > 17とかありましたからね…
23:31 yu-ki_56 > 警棒で殴りかかるとしよう。殴る場所を考える必要は有るか
23:32 KP > 部位狙いは成功率マイナス15%
23:32 KP > かんがえないなら通常攻撃
23:32 yu-ki_56 > では部位狙いを考えないで通常攻撃。マーシャルアーツは振らない?
23:32 KP > 振ってもいいよ
23:33 KP > ちなみにゆうきさん
23:33 KP > これ杖で処理するつもりだけど杖に技能振ってます?
23:33 yu-ki_56 > …
23:33 Kogasato_death > 警棒、ってありますよー
23:34 Kogasato_death > 警棒の初期値は25ですね、ダメージは1D6
23:34 KP > んじゃ警棒で振っていいよー
23:34 yu-ki_56 > では警棒で振ろう…
23:34 yu-ki_56 > 1D100≦25
23:34 KP > yu-ki_56 -> 1D100 = [71] = 71 <=25
23:34 Kogasato_death > ルルブ70ページ、近接武器の欄に「ちいさい棍棒/警棒」
23:34 Kogasato_death > って
23:35 keito_70 > うう
23:35 KP > あ ほんとだ ありがと
23:35 yu-ki_56 > 持ち込むんだったらちゃんと技能を振るんだった…!
23:36 KP > 一応パスもできるけど
23:36 yu-ki_56 > パス?
23:36 KP > 何もしないってことですね
23:36 yu-ki_56 > ああ、行動していいのか、まだ
23:36 KP > そのまま古賀里のターンに行きますが
23:36 KP > いいよ
23:37 KP > んじゃ何する?
23:37 yu-ki_56 > 攻撃していいなら、組み付きをしかけよう、白井に
23:37 KP > えろいな いいよ
23:37 KP > 振っていいよん
23:37 yu-ki_56 > 謎の4文字が有った気がするが
23:37 yu-ki_56 > 1D100≦25
23:37 KP > yu-ki_56 -> 1D100 = [23] = 23 <=25 <成功>
23:38 KP > おや
23:38 KP > んー 回避よりかは筋力抵抗ロールのほうがいいかな
23:38 KP > 1D100≦55
23:38 KP > KP -> 1D100 = [100] = 100 <=55
23:38 KP > おぃぃ・・・
23:38 keito_70 > おおう
23:38 yu-ki_56 > この卓で初である>100
23:38 KP > ではゆうきは白井に組み付く
23:39 KP > 白井はバランスを崩しそのまま倒れてしまうね
23:39 KP > 押し倒された状態になった白井はそのまま頭を強く打って暫く気絶する
23:39 Kogasato_death > 100って
23:39 Kogasato_death > 0じゃないです?
23:39 KP > んー うちは1~100でやってるから
23:39 KP > 最悪の値で扱ってる
23:39 KP > すだっちゃんの時もそうやったんでよしなに
23:39 Kogasato_death > にゃ、なるほど
23:40 KP > んじゃ1D6のダメージ
23:40 KP > 1D6
23:40 KP > KP -> 1D6 = [5] = 5
23:40 Kogasato_death > (100出してるのか一回・・・!)
23:40 KP > 白井は5のダメージ
23:40 KP > さて 次はこがさとのターン
23:40 keito_70 > 動いたらやばいんじゃ
23:40 KP > こがさとは目を覚ます
23:40 keito_70 > !?
23:40 yu-ki_56 > えっ
23:40 Kogasato_death > ?!
23:41 KP > さっき自分が真っ二つに切られた 確かにそういう感覚はあった
23:41 KP > しかしまるで何事もなかったかのように
23:41 KP > 彼女は庭に倒れていた
23:42 KP > そして彼女の胸の上には佳子から貰った鉄の輪が真っ二つにされている
23:42 Kogasato_death > まさか・・・死の間際に私は何かに目覚めたのですか・・・
23:42 yu-ki_56 > 佳子ーーー!!
23:42 Kogasato_death > お、おおう
23:42 Kogasato_death > そういえばそんなのもらってた!
23:42 Kogasato_death > ちなみにHPは・・・?
23:43 KP > 死ぬ直前のHPを引き継ぐ感じで
23:43 KP > 9だね
23:43 Kogasato_death > 6です!
23:43 KP > じゃあ6で
23:43 Kogasato_death > ウコンの力ぶつけられて6です!
23:43 KP > 誰がそんなひどいことを・・・
23:43 yu-ki_56 > ウコンの力の圧倒的パワー(震え声
23:43 Kogasato_death > (・`ω・´)
23:44 KP > では 次のターンから行動していいよ
23:44 Kogasato_death > 意識はあるのです?
23:44 keito_70 > ウコンの力は強かった
23:44 KP > うん 目を覚ましたってことで意識はあっていい
23:44 KP > ただ行動は次からやってね
23:44 Kogasato_death > はーい
23:44 KP > さて 次はケイトのターンだ
23:44 Kogasato_death > (私は・・・一体・・・)
23:44 keito_70 > …(ごくり
23:44 Kogasato_death > (確か・・・伝説の人斬りに・・・斬られて・・・
23:45 Kogasato_death > (ここは・・・天国・・・?)
23:46 keito_70 > 鏡はどうなっています?>KP
23:46 KP > ?(・・・えさん・・・ねえさん・・・)
23:47 KP > 現在進行形で浮いてて
23:47 KP > 少しずつ蛇が出ようとしてますね
23:47 Kogasato_death > (だれ・・・私は・・・ねむいの・・・)
23:47 KP > ?(・・・きて・・・ねぇ・・・起きてってば・・・)
23:48 Kogasato_death > (どこかで聞いたことのある声・・・誰・・・あなたは・・・)
23:48 Kogasato_death > (あなたは・・・医師の若林先生・・・・・・?)
23:48 keito_70 > …では、襖を開けて鏡に向かって土器を投擲!
23:49 KP > ?(違うわよ・・・私よ・・・…よ)
23:49 KP > では投擲で振ってください
23:49 yu-ki_56 > そこでボケても突っ込めないんだからね!
23:49 Kogasato_death > (あなたは・・・私の大事な・・・)
23:49 keito_70 > 1d100≦35
23:49 KP > keito_70 -> 1D100 = [13] = 13 <=35 <成功>
23:50 KP > では1D4振ってください
23:50 keito_70 > 1d4
23:50 KP > keito_70 -> 1D4 = [2] = 2
23:50 subKP > ??(……そうだよ……ねえさん)
23:50 Kogasato_death > (私の・・・内なる力が・・・目覚める・・・)
23:51 yu-ki_56 > 寝てましょう>内なる力
23:51 keito_70 > 内なる力ってなんでしょうか
23:51 Kogasato_death > (佳子ちゃん・・・!)
23:51 subKP > ??(さあ……姉さん 今こそ起きる時よ……!)
23:51 keito_70 > 「いけええええええ!」
23:51 subKP > ??(でも内なる力は多分無いよ……)
23:52 Kogasato_death > (そんなことはないわ・・・あなたがいれば私は・・・まだ戦える・・・)
23:53 subKP > ??(ふふ……姉さんらしくて安心した……)
23:54 Kogasato_death > (あなたを残して私が死んだら・・・お土産に持ってきたおさけは誰が飲むの・・・?)
23:54 Kogasato_death > (心配しないで・・・)
23:55 subKP > ??(……そうね じゃあ 家で待ってるから……)
23:55 keito_70 > お酒を飲みたいんですね…
23:55 Kogasato_death > (指切り・・・したんだもん・・・!)
23:56 subKP > ??(姉さんが嘘つきだなんて 嫌だからね……!)
23:56 Kogasato_death > (・・・・・・嘘ついたら・・・おさけ100合・・・貰えるのかしら・・・・・・)
23:57 subKP > ??(帰ってくれば嘘じゃないから……)
23:58 Kogasato_death > (まー、冗談はここまでにして、それじゃもうひと頑張りしますかー)
23:58 Kogasato_death > (夢でも幻でも、嬉しかったよ)
23:58 Kogasato_death > (声かけてくれて、ありがとうね)
23:58 subKP > ??(頑張ってね……姉さん……! 待ってるから……!)
23:59 Kogasato_death > (・ω・)ぱちっ
00:00 KP > さて こがさとが目を覚ますね じゃあケイトの処理行こう
00:00 KP > さて ケイトの投げた土器は鏡に直撃する
00:00 KP > 鏡はそのまま割れてしまうね
00:00 keito_70 > …
00:00 yu-ki_56 > この楽さである
00:00 yu-ki_56 > 落差だったけどどうなんだろう、まあいいか!
00:00 keito_70 > ここでフラグは建てられない
00:01 KP > では
00:01 KP > 鏡から出てこようとした蛇はそのまま元の鏡の中へ戻っていく
00:01 KP > ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
00:01 Kogasato_death > あっさりかがみが割れたという意味では、楽さですし!
00:01 keito_70 > ・・・・・・・・・・
00:02 KP > しかし、蛇は最後の力を振り絞り
00:02 KP > ケイトと美沙を引きずり込もうとする
00:02 keito_70 > !?
00:02 yu-ki_56 > 巴ちゃん許された!
00:02 Kogasato_death > ?!
00:02 KP > さて 
00:02 KP > 敏捷抵抗ロール だけど他に提案があれば聞くよ
00:03 KP > 先に説明しておくけどこれに失敗するとクン・ヤンに行きます ようは神隠し
00:03 keito_70 > 精神抵抗は出来ないのですか?
00:03 KP > 精神は関係ないからなぁ 手でつかもうとしてるだけだから
00:03 keito_70 > …じゃあ、敏捷抵抗しましょう! 行きます!
00:04 KP > 折角だからケイト自身で振ってみようか
00:04 keito_70 > …(ごくり
00:04 KP > 蛇のDEXは9
00:04 Kogasato_death > ごくり・・・
00:04 yu-ki_56 > どきどく
00:04 KP > なので1D100≦(ケイトのDEX-9)×5+50で振ってください
00:04 keito_70 > 心臓が怖いのですが
00:05 Kogasato_death > これでケイトだけ神隠しに遭ったら報われなさ過ぎるじゃないですかー!
00:05 keito_70 > 1d100≦60
00:05 KP > keito_70 -> 1D100 = [60] = 60 <=60 <成功>
00:05 keito_70 > !?
00:05 yu-ki_56 > !?
00:05 KP > !?
00:05 Kogasato_death > ヨ、ヨカッター!
00:05 subKP > いちたりたさん! いちたりたさんじゃないか!
00:05 Kogasato_death > ぎりぎりいいい
00:05 yu-ki_56 > ジャ、ジャストだと…
00:05 keito_70 > うわああああああああ!?
00:06 Kogasato_death > 魅せる展開!
00:06 KP > 蛇はケイトの体を掴もうとする
00:06 KP > しかしギリギリのところでケイトは逃げ切ることに成功する
00:06 KP > 後数秒逃げるのが遅れたらケイトは蛇に捉えられてしまっていただろう
00:06 keito_70 > 「…はあはあはあはあ…」
00:07 KP > ケイトは安堵の息を吐いた
00:07 keito_70 > 「…はあ……」
00:07 KP > さて 安心したところでケイトは聞き耳を振ってください
00:08 keito_70 > 1d100≦25
00:08 KP > keito_70 -> 1D100 = [73] = 73 <=25
00:08 KP > ふむ では次のターン
00:08 KP > ゆうきは白井を押し倒している 
00:08 keito_70 > 「……はああはあああはああ「」
00:08 Kogasato_death > ユーキ君がはあはあ言ってるのかと思った・・・
00:09 yu-ki_56 > 最後の最後でゆーき君が危ない人になっちゃうから!
00:09 KP > 白井は頭をぶつけて気を失っていたのだが 急に彼女は目を覚ました
00:09 KP > 白井「どうやら失敗したようですね・・・使えない」
00:09 KP > 白井「貴方達が邪魔をしなければ何もかもうまくいったのに・・・」
00:09 yu-ki_56 > 「失敗?何を言ってるんだお前は!」
00:09 yu-ki_56 > ところで、鏡が割れたほかの騒動はこっちにまで響いているのだろうか
00:10 KP > 白井「本来なら私が本性を出してあなた達を1人1人丸呑みにするところなんですが」
00:10 KP > 分からないでしょうね>ゆうき
00:10 KP > 白井「そろそろ時間なんで」
00:10 KP > 白井がそういった瞬間
00:10 KP > 母屋の方から何かが爆発する音が聞こえる
00:11 yu-ki_56 > ここ母屋の端っこなんだが、破片が危ない気がしてならない
00:11 KP > 爆発は炎を纏い そのまま母屋を燃やし始める
00:11 KP > 白井「それではまたどこかでお会いしましょう、探偵さん。」
00:11 KP > 白井はそういうと1匹の蛇の姿になり
00:11 KP > 全速力でどこかに行ってしまった
00:11 Kogasato_death > 探偵さん?(・ω・)呼ばれた気がした
00:11 yu-ki_56 > 「……」蛇を呆然と見送るしかあるまい
00:12 Kogasato_death > 人が蛇の姿になったユーキ君のSAN値は・・・
00:12 KP > ああ 今からしますよ
00:12 keito_70 > …
00:12 KP > 成功で1D2 失敗で2D6ね
00:12 keito_70 > おおう
00:12 yu-ki_56 > 1D100≦56
00:12 KP > yu-ki_56 -> 1D100 = [7] = 7 <=56 <成功>
00:12 yu-ki_56 > ここね、失敗すると後が怖いのよね
00:12 yu-ki_56 > 1D2
00:12 KP > yu-ki_56 -> 1D2 = [1] = 1
00:13 KP > 映画で見慣れてたのか特にショックはなかったみたいだね
00:13 yu-ki_56 > 「……」引きつった顔になりながら、とりあえず立ち上がりましょう
00:14 yu-ki_56 > っていうか母屋から逃げます
00:14 KP > さて
00:14 KP > 1D3
00:14 KP > KP -> 1D3 = [1] = 1
00:14 KP > +1忘れてた
00:14 KP > 2ターンで全焼します
00:14 yu-ki_56 > 古賀里の居た方に逃げよう
00:14 KP > では古賀里のいるところにつく
00:15 KP > 古賀里は目を覚まして周囲を見回してるね
00:15 yu-ki_56 > 「ぬえみ……え?」
00:15 Kogasato_death > (・ω・三・ω・)
00:15 KP > さて 死んだはずの人間がぴんぴんしてるのをみたゆうきはもう1回SANチェック
00:15 KP > 成功で1D2 失敗で2D4
00:15 Kogasato_death > ・・・
00:16 *Nick yu-ki_56 → yu-ki_55
00:16 yu-ki_55 > 1D100≦55
00:16 KP > yu-ki_55 -> 1D100 = [78] = 78 <=55
00:16 yu-ki_55 > 2D4
00:16 KP > yu-ki_55 -> 2D4 = [2,3] = 5
00:16 KP > あ
00:16 keito_70 > w
00:16 yu-ki_55 > ぐああああああああ!
00:16 KP > では あの
00:16 Kogasato_death > 私が生きてることで一番SAN値が下がるとそれなりにショックだなぁ!
00:16 keito_70 > あ
00:16 Kogasato_death > あっ
00:16 KP > アイデアロールどうぞ
00:16 Kogasato_death > 一時的狂気・・・
00:16 subKP > あー
00:16 yu-ki_55 > 1D100≦65
00:16 KP > yu-ki_55 -> 1D100 = [48] = 48 <=65 <成功>
00:16 yu-ki_55 > ()
00:16 KP > では1D10どうぞ
00:16 yu-ki_55 > 1D10
00:16 KP > yu-ki_55 -> 1D10 = [6] = 6
00:17 *Nick yu-ki_55 → yu-ki_50
00:17 KP > では 目の前の古賀里を悪魔と勘違いして
00:17 keito_70 > まさかの裏ボスとか言わないですよね…
00:17 Kogasato_death > あくま?!
00:17 KP > ゆうきは目の前の親友を殺したくなります
00:18 yu-ki_50 > 殺人癖ぇ
00:18 keito_70 > やばいんですが…(震え
00:18 yu-ki_50 > 「う、うわああああああああああああ!!」
00:18 Kogasato_death > 「ななななななになに?!」
00:18 KP > あ、戦闘開始です
00:18 Kogasato_death > 「ちょっと、大きい声出したら白井さんに気付かれちゃうでしょ!」
00:19 Kogasato_death > え、えー
00:19 keito_70 > この叫び声は聞こえているのでしょうか…あと、一直線ではない…ですよね
00:19 Kogasato_death > Dexは10です・・・!
00:19 yu-ki_50 > 鎌も日本刀もなくてよかった…
00:19 yu-ki_50 > 殴りつけよう>古賀里
00:19 KP > ではこぶしで振ってください
00:20 yu-ki_50 > いけ!ファンブル!
00:20 yu-ki_50 > 1D100≦50
00:20 KP > yu-ki_50 -> 1D100 = [76] = 76 <=50
00:20 Kogasato_death > あれ、先制攻撃される感じ?!
00:20 KP > こがさとからすれば
00:20 yu-ki_50 > ぬえみちゃん、ゆーき君攻撃する理由ないじゃない
00:20 KP > ゆうきが殺しに来るなんて思ってもなかったでしょうし
00:20 Kogasato_death > なるほど(・ω・)ころされそうだとも思ってない
00:20 KP > ではゆうきの拳は古賀里の顔を外す
00:21 KP > では古賀里のターン
00:21 Kogasato_death > 一時的狂気ってどれくらいで醒めるんでしたっけ・・・
00:21 yu-ki_50 > 1D10+4先頭ラウンド
00:21 KP > 実質守谷家から出るまでと変わらないんで
00:22 Kogasato_death > あっ火事より遅い
00:22 KP > 振らなくていいです
00:22 Kogasato_death > ええと、私はまだ白井さんも儀式も片付いたと知らないので
00:22 Kogasato_death > とりあえずユーキ君から逃げつつケイトと合流したい感じ!
00:22 keito_70 > あっ
00:22 Kogasato_death > じゃあ、離れのほうに走る・・・かな?
00:22 KP > では敏捷対抗ロール
00:23 yu-ki_50 > そういえば儀式がまだ終わったかどうかあやふやだけど、まあとりあえず悪魔殺すよね
00:23 KP > 1D100≦65
00:23 KP > KP -> 1D100 = [66] = 66 <=65
00:23 yu-ki_50 > 妖怪ーーー!>1足りない
00:23 KP > ではまわりこまれてしまった 
00:23 Kogasato_death > これもKPが振るのですか?!
00:23 KP > 対抗ロールの場合はこっちで振りますね
00:24 KP > さっきのは負けたら死ぬんで雰囲気的に振らせましたけど
00:24 Kogasato_death > ユーキ君が何かおかしい・・・しかし状況がさっぱりわからない・・・!
00:24 KP > ではケイトのターン
00:24 KP > ケイトはさっきの爆発音と叫び声は聞いてるよ
00:25 KP > 後離れには巴と割れた鏡が残ってます 巴は気絶してるね
00:25 keito_70 > 「…!? 今の音は!?」巴ちゃんの状態を見に行く
00:25 KP > ケイトが巴のところに行くと巴は気を失っているね
00:25 keito_70 > 会話と行動が違いました(
00:26 keito_70 > 大丈夫か調べられませんか?
00:26 KP > 医学か生物学で振って成功したら詳しいことがわかることにしましょう
00:26 keito_70 > どっちも1です
00:26 keito_70 > 1d100≦1
00:27 KP > keito_70 -> 1D100 = [25] = 25 <=1
00:27 KP > では気を失ってる以外は分からないね
00:28 keito_70 > 「…うう、と、とりあえず知らせなくちゃ!」外に出て周りを見渡す
00:28 KP > 外に出ると
00:28 Kogasato_death > あれ・・・もしかして
00:28 KP > 母屋がものっそい勢いで燃えている
00:28 Kogasato_death > ケイトも私見たらSANチェック入る・・・?
00:28 KP > そりゃもうもちろん
00:28 keito_70 > 「え…」
00:28 keito_70 > そりゃあ、ねえ…
00:28 Kogasato_death > 私は何をすればいいのだ・・・!
00:28 KP > このままではそのうちこちらにも火が来るだろう
00:29 yu-ki_50 > 火がついてるなら、庭が明るくなって塀の穴が見つかるんじゃないかな
00:29 Kogasato_death > せっかく蘇ったのにマイナスにしか働いてないよ?!
00:29 keito_70 > じゃあ、巴をおんぶしに行きます!
00:29 KP > 巴は軽いのでまぁ自動成功で
00:29 KP > ケイトは巴をおぶった
00:30 keito_70 > そして、火の手とは別の方向へ!
00:30 KP > 一応DEX×5で振ってください
00:31 keito_70 > 1d100≦55
00:31 KP > keito_70 -> 1D100 = [88] = 88 <=55
00:31 keito_70 > あっ
00:31 KP > ではこのターンでは逃げ切れなかった
00:31 KP > 次ゆうきのターン
00:31 KP > ゆうきはこがさとの前に回り込んでいるね
00:31 yu-ki_50 > どうするかな…
00:32 KP > 火の手は更に強くなっていく。
00:32 yu-ki_50 > 今居る場所で火の熱気を感じるかな?
00:32 KP > 感じますね
00:32 KP > というか次のターンに全焼するのでやばいっすね
00:33 yu-ki_50 > 今にも全焼するってことが、ゆーき君には見当付くだろうか
00:33 yu-ki_50 > まあつまり、庭に居ても危ないということだろうけど
00:33 KP > 狂気状態なのでまともな行動に期待は出来ないでしょうね
00:34 yu-ki_50 > ふむ、では古賀里に組み付き攻撃で
00:34 keito_70 > うわあああ!?
00:34 KP > では振ってください
00:34 yu-ki_50 > ファンブル!
00:34 yu-ki_50 > 1D100≦25
00:34 KP > yu-ki_50 -> 1D100 = [21] = 21 <=25 <成功>
00:34 KP > ・・・
00:34 keito_70 > ・・・
00:34 yu-ki_50 > 俺が悪いんじゃない
00:34 Kogasato_death > ・・・
00:34 KP > えーっと じゃあ
00:35 KP > 一応筋力抵抗ロール入れようか
00:35 Kogasato_death > STR・・・6です・・・
00:35 KP > 筋力抵抗と回避好きな方選んでいいよ・・・
00:35 Kogasato_death > ユーキ君STRいくつです?
00:35 yu-ki_50 > 13ですね>STR
00:35 keito_70 > 差は7・・・
00:35 Kogasato_death > 回避のほうが高い!
00:36 Kogasato_death > か、回避で!
00:36 KP > では振ってください
00:36 Kogasato_death > これ失敗したらもう助からない気がする・・・
00:36 Kogasato_death > え、ええいままよー!
00:36 KP > これ救済ってどうやってすればいいんだろう・・・
00:36 Kogasato_death > 1D100≦20
00:36 KP > Kogasato_death -> 1D100 = [25] = 25 <=20
00:36 yu-ki_50 > 無理心中かな(白目
00:36 keito_70 > ・・・
00:36 Kogasato_death > てへっ
00:37 KP > ではゆうきはこがさと憎みつく
00:37 KP > こがさとにくみつく
00:37 Kogasato_death > 「いやあああユーキ君のけだものー! 私には佳子ちゃんがいるのにー!」
00:37 KP > 組みつきは成功してこがさとはうまく身動きが取れない
00:37 keito_70 > 憎み…!
00:37 KP > では こがさと
00:37 yu-ki_50 > 「この野朗!この野朗ー!うわぁー!」
00:37 KP > のターン
00:38 Kogasato_death > はっ! これはユーキ君はあの人斬りに操られてしまったのだわ・・・!
00:38 Kogasato_death > ええと、組み付かれてる状態って何ができるのでしょう・・・
00:38 KP > なんとかして逃げないと駄目ですね
00:39 yu-ki_50 > 頭突きか、金的か?
00:39 KP > 何も案が無ければ筋力抵抗振って云々になるかと
00:39 keito_70 > 金的…!?
00:39 Kogasato_death > というか初期値は回避より組み付きのほうが高い! さっきの出目なら組み付きで振ってれば受け流せてた! しまった!
00:40 Kogasato_death > うーんじゃあ容赦なく金的!
00:40 KP > んー キックでいいかな
00:41 KP > 特に案が無ければキックで振ってね
00:41 Kogasato_death > 私の持ってる技能だと・・・
00:41 Kogasato_death > う、うーんないなぁキックしか
00:41 Kogasato_death > 1D100≦25
00:41 KP > Kogasato_death -> 1D100 = [25] = 25 <=25 <成功>
00:41 Kogasato_death > あっ
00:41 keito_70 > あっ
00:42 KP > ではこがさとのキックはゆうきの金玉に激突
00:42 yu-ki_50 > 「……あ、は…?」
00:42 KP > ではダメージを2D6でどうぞ
00:42 Kogasato_death > 2D6
00:42 KP > Kogasato_death -> 2D6 = [5,6] = 11
00:42 Kogasato_death > えっ
00:43 keito_70 > ジャストミート!?
00:43 KP > ゆうきはそのあまりの痛さに正気に戻る
00:43 keito_70 > お、良かった…
00:43 KP > しかしその痛さで今度は気を失ってしまいそうだ 
00:43 Kogasato_death > というかこのダメージって・・・
00:43 Kogasato_death > 気絶では・・・
00:43 KP > 精神×5で判定どうぞ
00:43 Kogasato_death > というかHP残ってま・・・?
00:43 KP > 残りHP3なので ギリ判定行けますよ
00:44 KP > 残り14から11引くので
00:44 yu-ki_50 > 1D100≦(13*5)
00:44 yu-ki_50 > 無理か、65と
00:44 yu-ki_50 > 1D100≦65
00:44 KP > yu-ki_50 -> 1D100 = [81] = 81 <=65
00:44 KP > ではゆうきはそのまま力なく倒れる
00:44 keito_70 > …ゆうきさん!?
00:45 yu-ki_50 > 「」()
00:45 Kogasato_death > 私は逃げる! 「うわああああんだれかたすけてー!」
00:46 KP > ではDEX×5でどうぞ
00:46 Kogasato_death > 1D100≦50
00:47 KP > Kogasato_death -> 1D100 = [32] = 32 <=50 <成功>
00:47 yu-ki_50 > 素晴らしい
00:47 KP > ではこがさとは守谷家から出ることに成功
00:47 KP > 更に幸運を振ってください
00:47 *Nick Kogasato_death → Kogasato_38
00:47 Kogasato_38 > 死んだままだった
00:47 keito_70 > これやばいんじゃないかな…
00:47 Kogasato_38 > 幸運も低いなぁ!
00:47 Kogasato_38 > 1D100≦50
00:47 KP > Kogasato_38 -> 1D100 = [25] = 25 <=50 <成功>
00:47 Kogasato_38 > 25の出目多いよ?!
00:47 yu-ki_50 > 3,4回あったよね
00:48 KP > では騒ぎを聞きつけて消防車が到着したね 消防士が貴方を保護しにやってくる
00:48 KP > 消防士「御嬢さん!大丈夫ですか!」
00:48 Kogasato_38 > 「中に、中に人斬りと、変質者が!」
00:48 keito_70 > おおい!?
00:48 yu-ki_50 > 待って、逮捕エンド待って
00:48 KP > 消防士数名が敷地内へと入っていく 更に消防車が消火活動を始めるね
00:48 KP > さて ケイトのターン
00:49 KP > DEX×5+30で振ってください
00:49 Kogasato_38 > 「銃刀法違反の女性と、強制わいせつ罪の男性がひとり! あと、私の友人がまだ中に! 助けてあげてください!」
00:49 keito_70 > 1d100≦85
00:49 KP > keito_70 -> 1D100 = [33] = 33 <=85 <成功>
00:49 yu-ki_50 > 友人にカウントされてねえ!>男性
00:49 KP > ではケイトも無事に巴と一緒に脱出完了
00:49 keito_70 > 「うわああああああ!!!」
00:50 KP > 巴はそのまま救急車に運ばれていくよ
00:50 keito_70 > ゆうきさんは…?
00:50 KP > あ ゆうきは幸運ロールどうぞ
00:50 yu-ki_50 > 1D100≦65
00:50 KP > yu-ki_50 -> 1D100 = [89] = 89 <=65
00:50 Kogasato_38 > あっ
00:50 yu-ki_50 > あっ
00:50 keito_70 > あっ
00:50 KP > では消防士は彼を見つけることが出来なかった
00:50 keito_70 > えええええ!?
00:50 yu-ki_50 > 仕事しろよ!?
00:51 KP > 消火活動は続いているものの依然として火の勢いはどんどん強くなっていく
00:51 Kogasato_38 > ああああああ・・・・・・
00:51 KP > このままではゆうきは死んでしまうだろう
00:51 KP > では次のターン といっても2人は既に離脱してるのでゆうきのターンね
00:51 KP > まずはCON×2で振ってください
00:51 yu-ki_50 > 1D100≦17*2
00:51 yu-ki_50 > だめか!
00:51 KP > だめだな!
00:52 yu-ki_50 > 1D100≦34
00:52 KP > yu-ki_50 -> 1D100 = [69] = 69 <=34
00:52 keito_70 > きつい
00:52 Kogasato_38 > ユーキ君・・・(´;ω;`)
00:52 KP > では目を覚まさない
00:52 yu-ki_50 > 最初から最後まで、ダメな出目の奴だな…!
00:52 KP > ンジャ最後に幸運ロール振って
00:52 KP > あー・・・ちょい町
00:52 Kogasato_38 > 最後にって言った・・・!
00:52 KP > 幸運+20していいよ
00:52 keito_70 > 救いは…ありますか!
00:53 KP > これで失敗したらもうあれだ キンタマ蹴られて死んでまえ
00:53 yu-ki_50 > 85だ…割りとそれ以上の数値をいっぱい見てきたが、いける!お前ならいける!
00:53 yu-ki_50 > 1D100≦85
00:53 KP > yu-ki_50 -> 1D100 = [9] = 9 <=85 <成功>
00:53 keito_70 > フラグ!?
00:53 KP > お 成功
00:53 keito_70 > うわあああああああ!!1
00:53 Kogasato_38 > 無駄にいい目!
00:53 KP > 消防士「そこに誰か倒れてるぞ!」
00:53 KP > 消防士がゆうきの存在に気付く
00:53 yu-ki_50 > 消防士さん…消防士さん、本当にありがとう…!
00:54 Kogasato_38 > 「彼です! 彼が私に、むりやりひどいことを・・・!」
00:54 KP > 消防士「この人が強制わいせつ罪の男か…?まぁそれは後だ!すぐに運ぶぞ!」
00:54 yu-ki_50 > この友人ひっどいな!
00:54 subKP > だが逮捕だ(
00:54 KP > では3人が無事に救出されたね
00:54 keito_70 > あの、説得を試みたいです(
00:54 KP > ゆうきと巴はそのまま救急車で病院に搬送
00:54 Kogasato_38 > ケイトとは合流するの・・・?
00:55 yu-ki_50 > まあ待て、普段からこの付き合いなら、ちょっと抱きつく程度のことならただのコミュニケーションだと皆証言してくれるはずだ
00:55 KP > ケイトと古賀里は警察に一緒に事情聴取を受けに行くよ
00:55 KP > とまぁ
00:55 Kogasato_38 > じゃあごめんケイト・・・斬られたはずの私が生きてます・・・(´・ω・`)
00:55 KP > あ
00:55 KP > そういえばそうだった
00:55 yu-ki_50 > あっ
00:55 keito_70 > でも、死んだの知ってるっけ?
00:55 KP > ではケイトは死んだはずの古賀里を見てSANチェック
00:56 Kogasato_38 > あ、ケイトはしらない??
00:56 KP > あ ほんとだ
00:56 KP > その描写ないから無しでいいや
00:56 Kogasato_38 > ほっ
00:56 yu-ki_50 > …味方なくね?>ゆーき君
00:57 KP > とりあえず古賀里がゆうきを訴えないならこのままエンディング行くけど
00:57 KP > 訴えます?
00:57 yu-ki_50 > 漫才の相方を訴えるのは止めよう!誰も御酒注いでくれなくなるぞ!
00:57 KP > 被害届出します・・・?
00:57 Kogasato_38 > 意識を取り戻したユーキ君と話すまではまだわからないですが
00:57 Kogasato_38 > 少なくとも警察には私がされたありのままを伝えますね!!(`・ω・´)
00:58 KP > では訴えるということで
00:58 yu-ki_50 > (あ、ゆーき君自重聴取受けるな)
00:58 keito_70 > あっ
00:58 subKP > あっ
00:58 yu-ki_50 > どうしてこうなったんでしょう、私には分かりません
00:58 Kogasato_38 > (普段は仲の良いひとだったので、一応信じてみたいけど・・・とは警察に伝えておきます!)
00:59 KP > ではゆうきが事情聴取を受ける
00:59 yu-ki_50 > 警察の皆さん!まずなんで君らあの屋敷に居たのかって疑おう!
00:59 KP > その辺は
00:59 KP > 不思議な力で揉み消された
00:59 yu-ki_50 > 白井さんいい人だね、剣道が上手いけど
01:00 KP > 守谷の権力ってすごいよね 火事で事故が起きて偶々いた君ら3人が巻き込まれたってことになってるよ
01:00 Kogasato_38 > 私は今回の事件が現実離れした経験だったので
01:00 yu-ki_50 > 「あの…古賀里さんと風間さん、それと巴ちゃんは無事でしたか…?」警察官へ
01:00 Kogasato_38 > 4度目の正直ということで芸術:歴史小説を振っていいですか・・・!
01:00 KP > いいですよ>古賀里
01:01 Kogasato_38 > 1D100≦75
01:01 KP > Kogasato_38 -> 1D100 = [29] = 29 <=75 <成功>
01:01 KP > お おめでと
01:01 Kogasato_38 > (あっ・・・降りてきた ついに降りてきた 次の連載のネタはこれだ!)
01:01 KP > 警察「3人とも無事ですよ。そっちは大丈夫です。」
01:01 keito_70 > 「だ、大丈夫です…巴さん…はえと…」
01:01 keito_70 > あ、事情聴取中だった
01:01 yu-ki_50 > ところでKP、ゆーき君は古賀里に襲い掛かったことは覚えているのだろうか
01:02 KP > 警察「それはいいとして・・・ゆうきさん。貴方に強制わいせつ罪の容疑がかかっているのですが少々お話を聞かせていただいてもよろしいですか?」
01:02 KP > 知識で振ってください
01:02 yu-ki_50 > 1D100≦60
01:02 KP > yu-ki_50 -> 1D100 = [20] = 20 <=60 <成功>
01:02 Kogasato_38 > さっそく帰ったら『人斬り蛇女儀式地獄変』の執筆にとりかからなくては!
01:02 keito_70 > おっ
01:02 KP > じゃあちゃんと覚えてるね
01:03 KP > 警察「貴方の友人の古賀里さんがいきなり体に抱き着かれて体中をもみしだかれた と言ってるのだけどこれは本当かい?」
01:03 yu-ki_50 > 「あれは、ですね、そんな不純な思いでやったわけではなく、あ、いや、そうではなくてですね?」
01:04 yu-ki_50 > 「か、火事が起こったので、そこから連れ出そうと抱きついたのは事実です。でも、もみしだいた記憶も事実もありません。体に障ったことまでは認めます」
01:05 Kogasato_38 > ありのまま起こったことを警察に話しております!
01:05 KP > 警察「ふむ。では体に触れた時の状況を詳しく説明してください。」
01:05 Kogasato_38 > (・ε・)<まずはじめに彼は私に殴りかかってきましたー
01:05 Kogasato_38 > (・ε・)<私はそれをとっさに避けたのですが、次は押し倒されて・・・
01:05 yu-ki_50 > 「そもそも、私たち一応友人として、そこそこの付き合いですから…こっちでは今、彼女の実家を宿にさせてもらってますが、向こうが構わないといって同室なんですよ?」
01:05 yu-ki_50 > おい自分がきられたところから話して見せろよォ!
01:07 KP > 警察「同室だった・・・?」
01:07 yu-ki_50 > 「我々は成人であり、一個の独立した大人です。なんらやましいこともしていません。大丈夫です、大丈夫です」
01:07 KP > 警察「つまり古賀里さんは同室で寝ることを許すほど心を許してた人から裏切られたと」
01:08 KP > 警察「これは情状酌量の余地はなさそうですね」
01:08 yu-ki_50 > 「裏切ってないですし!?」
01:08 Kogasato_38 > (・ε・)<いいえ、妹が体調に異常をきたしており、前日私は妹の部屋で共に寝ておりましたー友人のケイトに聞いても証言してくれると思いまーす
01:08 yu-ki_50 > 「いやそもそも、裏切るというかそんな思いが有るなら、あんなところでそんな事をしないですし、もっと場所とシチュエーションを選んでですね」
01:09 keito_70 > その…事件とかを話していいのでしょうか?
01:09 yu-ki_50 > そうだったぁぁぁぁ!>前日は別の部屋
01:09 KP > えーっと ケイトも喋っていいけど
01:09 KP > ありのままを警察に伝えます?
01:09 yu-ki_50 > 不法侵入ですね
01:09 keito_70 > …
01:10 KP > 警察「不法侵入?」
01:10 yu-ki_50 > 会話では有りません!景観との会話では有りませんから!
01:10 KP > ああ そうなん じゃあパス
01:11 yu-ki_50 > 「殴ったといいますが、いえまあ、慌ててたので思い切り手を伸ばしたので…そのとき彼女は転んでましたから、起そうと思って」
01:12 KP > 警察「何にあわてていたのです?」
01:12 Kogasato_38 > (・ε・)<そういえば他にも昨日の朝、私はコクトーさんに鈍器を頭部にぶつけられて、今もその証拠に傷痕が残ってるんですけどー」
01:12 keito_70 > 「…ゆうきさんは気になるところを助けてくれて…ぬえさんといつも夫婦漫才するくらい仲が良かったです」
01:12 KP > ケイトのその言葉に警察が反応する
01:13 yu-ki_50 > 「…生きかえ…火事がおきましたから、行き成り。というか爆発音でしたね、あれは。びっくりして、たぶんそれで転んだんだと思いますが、彼女は」
01:13 keito_70 > 「ですから、普通ではこういうことはやらないと思うんです! きっと、何が事情があって、疑われているのか…と」
01:14 yu-ki_50 > 「古賀里の頭に鈍器?あれは彼女が、二日酔いでウコンの力を寄越せと行って来たので、投げ渡しただけですよ、ええ、本当です」
01:15 KP > 警察「投げ渡しただけで頭に傷が残るものですかね?」
01:15 Kogasato_38 > (・ε・)<ケイトにも聴こえてたと思うんですけど、私に殴りかかってきた時のコクトーさんは「うわあああああ!」という奇声を上げながらで、あれはとても手を差し伸べてくれていたようには・・・
01:16 keito_70 > 「いえ、それ(悲鳴)は聞いてません。ちょっと取ってくるものがあったので…気づきませんでした」
01:17 KP > 警察「ふむ・・・となると強制わいせつ罪と暴行罪の両方から調べるべきですね」
01:17 keito_70 > うわあああああ!?
01:17 KP > 警察「後日令状をもって伺います それでは今日はこの辺で」
01:17 yu-ki_50 > 「慌ててましたから、ええ、思わず声が出たかもしれません。でも助け起す時に声を出すと、力が出るって聞いたことが有りますから、もしかしたらそれかもしれませn」
01:17 KP > さて 警察はそのまま帰っていきました
01:17 yu-ki_50 > 「助けて佳子さん!」
01:18 KP > 佳子さん事情知らんし・・・
01:18 keito_70 > 「ゆうきさん、ここは誠実に…ですよ…?」
01:18 yu-ki_50 > ふ、二人の人間関係とか…
01:18 KP > むしろ姉がセクハラされたって聞いたら
01:18 KP > ぶちぎれるまであるよ?
01:18 Kogasato_38 > 「ユーキ君・・・私に欲情するのはいいけど、あんな状況で・・・ね?」
01:19 Kogasato_38 > あ、そういえば警察の人ちょっとだけ呼び止められる?
01:19 KP > いいよん
01:19 yu-ki_50 > 「してねえよお!セクハラするならもっと落ち着いた艦橋でするよう!」
01:19 KP > 古賀里は帰ろうとする警察を呼びとめる
01:19 Kogasato_38 > 「あの、人斬り・・・じゃなかった、刀を持った女性の方はどうなったんですか・・・?」
01:20 subKP > 唯もう一つありえるのが「姉のことだから適当言ってるだけかもしれない」
01:20 KP > 警察「何の話です?」
01:20 KP > 警察は小首を傾げてそういった
01:20 KP > 警察「あの屋敷にいたのは貴方がた3人だけですよ。焼け跡からもそのような遺体は発見されていませんね」
01:21 Kogasato_38 > 「あれ? ケイトやこの探偵からも聞いてないです? 日本刀を持った、白井という女性に襲われたんですが・・・
01:21 KP > 警察「そもそも・・・白井ってどなたです?」
01:21 Kogasato_38 > 「人斬りです!」
01:21 KP > 警察「いえ、ですからそのような人物の記載はされていないのです」
01:22 Kogasato_38 > 「・・・? あ、あれ?」
01:22 Kogasato_38 > 「守谷家の従者に、白井さんっていなかったのです?」
01:22 KP > 警察「信頼されてる友人から裏切られて混乱なさってるのは分かりますが。少し落ち着いてください。」
01:23 Kogasato_38 > 「え、す、すみません。友人にあんなひどいことをされるなんて思ってなくて」
01:23 KP > 警察「守谷家の従者さんはその日全員温泉旅行に行ってるのです。そしてその中に白井という人物はいません」
01:23 keito_70 > 温泉旅行…?
01:23 KP > 警察「以上です。また何か思い出したらすぐにご連絡下さい。」
01:23 yu-ki_50 > (ああ、どうりで誰も居ないと思ったら)
01:23 Kogasato_38 > KP!(`・ω・´)ノ
01:23 KP > はい なんでしょ
01:24 Kogasato_38 > 今ひらめいたのでアイデアロールさせてください!
01:24 KP > どぞ
01:24 Kogasato_38 > 1D100≦85
01:24 KP > Kogasato_38 -> 1D100 = [66] = 66 <=85 <成功>
01:24 keito_70 > あっ
01:24 KP > 何をひらめきました?
01:24 Kogasato_38 > (わかった・・・)
01:24 Kogasato_38 > (あれは人斬りじゃない・・・)
01:24 Kogasato_38 > (五右衛門だ・・・石川五右衛門だ・・・!)
01:24 yu-ki_50 > (そういえばまだ、白井さんの行動を伝えてなかったな…)
01:24 Kogasato_38 > (白井なんていなかった・・・これは・・・)
01:24 Kogasato_38 > (ルパン三世のしわざだったんだ・・・!!)
01:25 yu-ki_50 > 五右衛門に一刀両断されてますがあなた
01:25 KP > 斬鉄剣で鉄の輪が切られてますね
01:25 KP > こがさとは1人納得して新しい小説作りに取り掛かる
01:25 Kogasato_38 > ぬえみちゃんは自分の推理に満足したので、あとは探偵の処遇を警察に任せるだけになりました
01:26 KP > はい では裁判行きます
01:26 KP > てっとり早く結果だけ
01:26 yu-ki_50 > うん、ちょっと探偵とお話しようか
01:26 KP > RP的には明らかに不利だったので
01:26 KP > 信用-10で振ってください
01:26 Kogasato_38 > ええとなんだっけ・・・次の新作 人斬り蛇女儀式地獄変
01:26 yu-ki_50 > 5しかねえよ!
01:26 yu-ki_50 > 1D100≦5
01:26 KP > yu-ki_50 -> 1D100 = [29] = 29 <=5
01:26 KP > はい
01:27 yu-ki_50 > 古賀里ー!訴えを取り下げろー!
01:27 keito_70 > ・・・・
01:27 KP > じゃあ言いくるめマイナス10で振って
01:27 KP > これであれだ ダメだったら大人しく牢屋に生きんさい
01:27 yu-ki_50 > 1D100≦40
01:27 KP > yu-ki_50 -> 1D100 = [88] = 88 <=40
01:27 keito_70 > …
01:27 KP > では判決を言い渡します
01:27 KP > 懲役
01:27 KP > 1D4
01:27 KP > KP -> 1D4 = [1] = 1
01:27 Kogasato_38 > (いつかまた・・・ユーキ君とも笑い合えるといいな・・・)
01:27 KP > 1D5
01:27 KP > KP -> 1D5 = [5] = 5
01:28 KP > 懲役1年 執行猶予5年を言い渡す
01:28 Kogasato_38 > (そう、まだ優しかった、あの頃のユーキ君と・・・きっと、いつか・・・)
01:28 yu-ki_50 > (出所したら古賀里に養われよう)
01:28 KP > なお仕事は首になりました
01:28 yu-ki_50 > 知ってた(震え声
01:28 KP > ではエンディング行きましょう
01:28 subKP > (結婚相手が出来たよ! やったね姉さん!)
01:28 yu-ki_50 > 大体1日目始まってちょっとで知ってた
01:28 KP > エンディングは誰か1人に焦点を当てて
01:28 keito_70 > (あの予言をするなんて…)
01:29 KP > その人視点での後日談を話しつつ終わる形式です
01:29 yu-ki_50 > 短期的狂気で殺意なんてやったからこうなるんだ…
01:29 KP > 誰か立候補があれば どぞ
01:29 KP > 立候補が無ければこちらで適当に決めます
01:29 keito_70 > 誰もいなければ…ノ
01:29 KP > ではケイト視点でのエンディング スタート
01:29 yu-ki_50 > 実は、最終盤で仕事しているの、ほぼケイトさんだけだった気がする
01:30 KP > ケイトは今写真を取りに遠出をしているね どこにいます?
01:30 keito_70 > あそこまで回るとは思わなかったんですよね…
01:30 keito_70 > 琵琶湖ですね
01:30 KP > あの事件から1年がたった
01:31 Kogasato_38 > 主人公はケイトだった・・・
01:31 KP > ケイトは琵琶湖を撮影しつつあの時のことを思い返す。
01:31 yu-ki_50 > おねえちゃん…
01:31 Kogasato_38 > あっでも最後に佳子ちゃんとはお話したいな
01:31 keito_70 > (…大変な事件だったなあ…生き残れたのは本当によかった…)
01:32 KP > 佳子の体に起きた異変。自分自身を取り巻いた科学では説明できない不可思議な出来事。友人の逮捕。
01:32 KP > どれもこれも昨日会ったことのように思い出せる。今となってはいい思い出だ。
01:32 keito_70 > (パシャッ)
01:33 keito_70 > (…巴さんや佳子さん達を助けられて良かった…ゆうきさんがちょっと…うん)
01:33 KP > ケイトはそんなことを思い返しながら写真を取っている。
01:33 keito_70 > 「…久しぶりに、ぬえちゃんちに行ってみるかな…」
01:34 KP > ケイトは風のうわさで佳子が無事に可愛い赤ちゃんを埋めたこと
01:34 KP > そして巴と佳子と慎太郎が仲直りしたことを聞いていた。
01:34 KP > 今度は諏訪に写真を取りに行こう。佳子の赤ちゃんの写真を。
01:35 keito_70 > 「赤ちゃん、どんな顔しているのかな…」
01:35 KP > もう夏もすぐである ~END~
01:35 KP > んで古賀里から希望があったので
01:35 KP > ついでに古賀里のエンディングもしようか
01:35 Kogasato_38 > わーい
01:36 KP > んじゃああの後古賀里はどうしてます?
01:36 Kogasato_38 > 1年後ですか?
01:36 KP > そうだね 1年後でいいかな
01:36 KP > 佳子とお話ししたいなら
01:36 KP > 諏訪に帰ってることにしたほうがいいかも
01:36 Kogasato_38 > じゃあ、それでいいです!
01:36 keito_70 > (ゆうきさんとも話しておきたい…)
01:37 yu-ki_50 > すいません、婿にしてください(土下座
01:37 KP > では 夏の暑い日
01:37 KP > 古賀里は1年ぶりに実家に戻っている最中だ
01:37 Kogasato_38 > 『人斬り蛇女儀式地獄変』がヒットしたので、印税生活を送っております
01:37 KP > 想えば1年前。ここを舞台にして色々な出来事があった。
01:37 Kogasato_38 > 「( ・ω・)ノ ぃょぅ」
01:38 KP > そんないろいろな出来事を思い返しながら古賀里は実家につく
01:38 KP > 実家につくと慎太郎と赤ちゃんを抱えた佳子が迎えてくれるね
01:38 Kogasato_38 > 「やっほー久し振りー」
01:38 subKP > 佳子「あら姉さん 久し振りじゃない
01:39 KP > 慎太郎「義姉さん!1年ぶりじゃあないですか!」
01:39 Kogasato_38 > 「1年も経ってるのに元気だねー二人とも」
01:39 Kogasato_38 > 「赤ちゃんの名前はもう決めたの?」
01:39 KP > 慎太郎「それが・・・まだ決まってないんですよ・・・」
01:40 Kogasato_38 > 「あ、じゃあ私が決めてあげる流れかなこれは?」
01:40 subKP > 佳子「本当にねえ…… そろそろ決めなきゃと思ってるんだけど
01:40 KP > 慎太郎「色々案はあるんですけどね、どれもこれもしっくりこない。」
01:40 Kogasato_38 > 「男の子? 女の子?」
01:40 KP > ふむ
01:40 KP > 1D2
01:40 KP > KP -> 1D2 = [2] = 2
01:40 KP > じゃあ女の子で
01:40 Kogasato_38 > 苗字は守谷になるんでしたっけ
01:40 KP > 慎太郎「元気な女の子だね。」
01:40 KP > そうですね>苗字は守谷
01:41 Kogasato_38 > 「じゃあねー」
01:41 Kogasato_38 > 「諏訪子! 守谷諏訪子!」
01:41 KP > 慎太郎「諏訪子・・・どういう意味が込められてるんだい?」
01:42 Kogasato_38 > 「すわってても勝手に成長するように という私の思いがこめられております」
01:42 subKP > 佳子「ある意味姉さんらしいわね……
01:42 KP > 慎太郎「はっはっは そいつぁ面白いや。気にいったよ。義姉さん。」
01:43 Kogasato_38 > 「じゃあ第一候補にでもしておいてくれたまえ(´ω`)ノ」
01:43 Kogasato_38 > 「それはそうと、あの事件でごたごたしてた時に話せなかった話を」
01:43 Kogasato_38 > 「折角だから、話にきたのだよ私は」
01:44 KP > 慎太郎「何の話だい?」
01:44 Kogasato_38 > 「まあぶっちゃけシンタロー関係ないんだけど 超ごめん」
01:44 KP > 慎太郎は小首をかしげているね
01:45 Kogasato_38 > 「ひとつめはね、言おうと思ってたけど言えなかっただけで、私のエゴなんだけど、佳子ちゃん」
01:45 subKP > 佳子「……? 何かしら、姉さん?
01:45 Kogasato_38 > 「言ってなかったけど、佳子ちゃんの声がしたんだよ、あの時。呼ばれたから、私は今もこうしてここにいれるの」
01:46 Kogasato_38 > 「だからあの時、元友人の変態に襲われても逃げられたの」
01:46 Kogasato_38 > 「ありがとうね、って。言うのを忘れてた」
01:46 subKP > 佳子「ふぅん……不思議なこともあるものなのね…… ふふ、どういたしまして
01:47 Kogasato_38 > 「あはは、やっぱり別に覚えはないのね。ま、夢でもいいんだよ。いい夢だったから」
01:48 Kogasato_38 > 「そんで、もう一つだけ。これも聞きそびれてたんだけど」
01:48 keito_70 > ここで出て来てもいいのだろうか…(
01:48 KP > んー
01:48 KP > 入ってもいいよ
01:48 subKP > 佳子「そのおかげで今 ここにいるなら その夢に感謝しないとね
01:49 keito_70 > 「あっ、こんにちはー」
01:49 Kogasato_38 > 「百合薔薇時雨の感想聞き忘れてたから、今聞いて次の書籍のあとがきに載せとくね。聞かせて」
01:49 keito_70 > (…気づかれてない…!)(ガーン
01:49 KP > 慎太郎「おや、ケイトさん こんにちは」
01:49 subKP > 佳子「ああ、そういえばそういう約束だったわね…… あら、ケイトさん
01:49 Kogasato_38 > 「あらケイトじゃんやっほー( ・ω・)ノ」
01:50 KP > 慎太郎「あの時のメンバーが偶然にも全員そろったね」
01:50 Kogasato_38 > 「今日はメモ帳持参だから、感想聞くまで帰らないからね!」
01:50 yu-ki_50 > 若干一名忘れてませんかね!
01:50 subKP > 佳子(……あれ? もう一人いたような?)
01:50 KP > 慎太郎「あ、そうだ。犬神村ってとこから幻の酒っていうのを手に入れてきたんだ。」
01:50 keito_70 > 「こんにちはー、みんな元気そうで良かったです…ゆうきさんは…まあ、その」
01:51 KP > 設定上義理の姉にセクハラしてるし存在無視されてもおかしくはないかなと・・・
01:51 Kogasato_38 > 「何それ幻の酒?!”」
01:51 yu-ki_50 > それとも、守谷家で雇ってくれるでしょうか…
01:51 subKP > 佳子「ふふ、それじゃあ…… 思い出話も兼ねて…… 後あなた 姉さんに酒は禁物よ
01:51 KP > 慎太郎「うん、知る人ぞ知る銘酒らしいよ。ささっ2人共 あがってあがって。」
01:51 Kogasato_38 > 「じゃあ佳子ちゃんから感想聞きながら飲むから、今夜は眠れると思うな」
01:51 keito_70 > 「…そうです、巴さんは、大丈夫ですか?」
01:52 KP > 慎太郎「巴なら今友達と遊びに行ってるよ。今はうちで一緒に暮らしてるんだ。そのうち帰ってくるよ。」
01:52 subKP > 佳子「あの子もあの子で色々思うところがあったのかもね…… 目を覚ますなり謝られてびっくりしちゃったわ
01:53 keito_70 > 「…良かったです」
01:53 Kogasato_38 > 「こらー無視するなー!」
01:53 Kogasato_38 > 「佳子ちゃん、今夜は人斬り地獄変と二本立てで感想聞くからね!」
01:54 keito_70 > 「はいはい、ぬえちゃん、ごめんね」
01:54 KP > 4人はそのまま宴会に移る
01:54 KP > 今日は楽しい日に・・・いや・・・これからも楽しい日々が続くだろう。
01:54 keito_70 > 「…あ、そうだ。 赤ちゃん…」
01:54 KP > たのしい諏訪の旅行は始まったばかりだ 
01:55 keito_70 > 「ま、いいか。 明日でも撮れるよね…」
01:55 KP > といった感じで2人のシーンを切っておこうか
01:55 KP > 最後に ゆうき視点のエンディング
01:55 Kogasato_38 > 「佳子ちゃんまずはですねー主人公が変態に押し倒された時のシーンですけどねーあの緊迫感どうよ!」
01:55 subKP > そしてまた静かに……物語の幕は開く(嘘です
01:55 Kogasato_38 > アッハイ
01:55 yu-ki_50 > 逆に考えよう、この裏で必要なのかどうか(震え声
01:56 KP > オチ要因としてあったほうがいいかなーと
01:56 KP > まぁやらないならやらないでいいですけど
01:56 yu-ki_50 > よし、こい(震え声
01:56 KP > おk
01:56 KP > あの後貴方は仕事を首になりましたね
01:56 KP > その後何をしていますか?
01:57 yu-ki_50 > 完全に古賀里に振られているので、職探しでしょうか
01:57 keito_70 > 私の家に転がっても…(ちら
01:57 yu-ki_50 > ケイト側からアピールがあったなら…
01:57 KP > ではケイトの助手となって働いてるってことでいいかな?
01:57 yu-ki_50 > 神様です
01:58 KP > 仕事を失った後ゆうきはケイトから誘われてケイトの仕事の手伝いをしている
01:58 keito_70 > 「ゆうきさん、写真の編集の調子はどうですか?」
01:58 yu-ki_50 > 「あ、できてます、こんな感じでいいでしょうか」
01:59 Kogasato_38 > (私はそれを知らない・・・)
01:59 Kogasato_38 > (今もルパン三世の足取りを追い続けているのです・・・)
01:59 keito_70 > 「…うん、いいですね! いつもいつもありがとうですよ!」
01:59 yu-ki_50 > 「あと、次の取材旅行ですが、こんな感じのルートとかどうでしょうか…」
02:00 keito_70 > 「うん…あ、長野…」
02:01 yu-ki_50 > 「いやあ…向こう側が受け入れてるならいいですけど、流石に、ね」
02:01 keito_70 > 「…その、ごめんね。 あの時何も出来なくて…」
02:02 Kogasato_38 > 「佳子ちゃんとも約束しちゃったし、そろそろいい男いないかなー」
02:02 yu-ki_50 > 「まあ、今の生活も悪くはないですし、彼女は彼女ですし、うん。どうしようもねえ」
02:02 KP > 一時はなんで自分が逮捕されるのかと荒れた時期もあった
02:03 KP > でもケイトはそれを受け止めてくれた 今では彼女に感謝している。
02:03 keito_70 > 「…赤ちゃんやみんなの写真も撮ってくるね。 その間、この家を…よろしくね」
02:04 yu-ki_50 > 「はい、あと古賀里への突っ込み、頑張ってください。手綱を放してはいけない相手なので…」
02:04 Kogasato_38 > (あれっ、最終的に独り身私だけ・・・?(・ω・))
02:04 KP > 彼女のもとで働くことで精いっぱい彼女に恩返しをしよう。彼はその思いを胸に今を生きている。
02:04 keito_70 > 「はい! 頑張って突っこんでいくよ! あと、写真も頑張るからね!」
02:04 yu-ki_50 > その候補者を裁判所に送り込んでこれである
02:05 KP > 彼自身諏訪に戻ることはもうないだろう。しかし折角の空いた時間を利用して彼はどこかに旅行に行こうと思った。もう夏はすぐそこである
02:05 KP > という感じでどうですかね?
02:06 yu-ki_50 > 幸せな終わりだと思います
02:06 Kogasato_38 > (´ω`)
02:06 keito_70 > お疲れ様でしたー
02:06 yu-ki_50 > お疲れ様でした…
02:06 KP > では セッション終了です お疲れ様でした
02:06 subKP > お疲れ様でしたー
02:06 keito_70 > (ここからアナザーとか言うと、何時になるかわからないですし…ええ)
02:07 KP > こっちの卓も全員無事に生還できましたね おめでとうございます
02:07 Kogasato_38 > お疲れ様でしたー!
02:07 Kogasato_38 > 私一回死にましたけどね!w
02:07 subKP > 無事…… うん、無事だね(目逸らし
02:07 keito_70 > 危うく死ぬところでした(
02:07 yu-ki_50 > 無事(社会生活的な面は除く



以下、コメント欄

感想などあればご自由にどうぞ

名前:
コメント: