参与観察


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

調査者自身が対象者の集団や社会に加わり、長期にわたって生活に関与しながら行動観察を行うこと。

新規場面では観察者の存在が不自然になりやすいため、行動が変化する可能性があり注意が必要である。

 

非参与(参加)観察法

→ビデオやマジックミラーなどを用いた、傍観者的立場による観察

 ビデオカメラやマイクの存在により行動が変化する場合もあるため、注意が必要である。