実験的観察法


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

標的行動に影響するとされる環境要因を設定して、それに応じて出現する行動の違いを観察すること。

条件と行動の関係を明確にすることができ、短期間で行動の環境要因を明らかにできる。

量的データの収集が可能となる。

 

ただし、子どもにとって非日常的で不自然になりやすく、その影響もあるため注意が必要である。