愛着障害

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

乳幼児期に、持続的に虐待を受けたり、養育者がくり返し変わったりして

養育者との安定した愛着形成が阻害されたことによって生じる障害。

 

○抑制型

対人的相互作用のほとんどすべてで、適切な相互作用の開始や反応ができない。

抑制が過度であったり、警戒が強かったりする。

情緒的な孤立傾向にある。

 

○脱抑制型

愛着が拡散しており、選択的な対象に対する愛着が見られない。

知らない人にも過度になれなれしいなど

無差別的な愛着傾向にある。

 

▼対応

問題のある家庭から距離を置き、適切な養育環境を提供する。